2021年09月01日

赤べこが迎えてくれる無人駅

2021.8.27

日本三大虚空蔵尊の福満虚空蔵尊で参拝を済ませ、赤べこが迎えてくれる只見線の無人駅、会津柳津駅に向かいました。

IMG_4127

駅の道路を挟んだ向かい側に赤べこの大きな案内板が立っています。

IMG_4128

駅の玄関右側に赤べこが乗った郵便ポストがあります。

IMG_4129

駅舎の左側にC11という蒸気機関車が展示されています。山形市の第二公園に鬼滅の刃の無限列車と同じ蒸気機関車が展示されており、柳津駅のC11と比べると大きな機関車です。

IMG_4131

IMG_4130

ホームには3人のお客さんがいました。間もなく、上りの列車が入ってきました。この駅で降りる人は誰もいませんでした。

IMG_4132

会津川口駅よりも先は豪雨災害で不通区間になっているようです。

ここから西に只見線と只見川と鉄橋の絶景スポットがあるようでしたが、今回は行きませんでした。

新潟県中越地震の時に、発災から一週間後に災害ボランティア活動のため、4人で震源地の川口町に向かいました。このとき、新潟県内のいたる所が通行止めで、魚沼市に抜ける国道252号が被害を受けなかったので、只見線と只見川と並行に走る、この国道を走りました。

IMG_4133

途中、六十里越峠の手前、田子倉湖の縁を回る国道を走っていると駅舎のようなものがあることに気が付きました。確か浅草岳の登山口だったような気がします。浅草岳を含め、六十里越付近は高い樹木があまり生えていない岩山だった記憶があります。

IMG_4134

私は、列車が入線して出発するまで見送りましたが、遅山仙人はヤニが切れて、我慢できずに駅前に止めていたバイクに戻りました。

列車を見送り駅を出ると仙人はバイクごと倒れかかっていました。辛うじて私のリトルカブに引っ掛かっていました。

仙人はリアボックスに向かって座り、タバコを飲みます。バランスを崩して倒れたのですが、リアボックスがコレクションで一杯で重すぎて自力では起き上がれない状態でした。

私はボックスを抱えて起こしました。もしも、リトルカブが無かったら、一気に転倒して、骨の一本も折っていたことでしょう。

私は虚空蔵尊でこの機会にタバコを止めるように忠告したのに、無視したので、こういうことが起きたのだと諫めました。私が言ったのではなく、神様仏様が私の体を使って言わせたのだと再度忠告しました。

その後、仙人は、このツーリングでは一度もタバコを口にしませんでした。

駅を出て、また、虚空蔵尊の方へ戻りました。


himajintaro at 21:10|PermalinkComments(0)

2021年08月28日

ノスタルジックな旧国鉄駅舎

2021.8.27

1ヵ月以上前から、歯の痛みと格闘してきた遅山仙人ですが、遂に観念して、歯医者で抜いてもらいました。このため、抜歯の前日に誘っていたツーリングは断念するかと思いましたが、抜歯後の痛みが相当残っている翌々日、キャンセルの申し出が無く、出かけることになりました。

私が仙人を誘ったのは福島県柳津(やないづ)町にある日本三大虚空蔵の福満虚空蔵尊でした。仙人は柳津の温泉に泊まったことはあるようでしたが、福満虚空蔵尊に行ったことがなかったので、二つ返事でOKしました。

米沢市から国道121号を走って、喜多方に抜けることにしました。途中、間違って小野川温泉方面に走ってしまいましたが、国道121号に抜けるルートを走って修正しました。

IMG_4078

道の駅 田沢 なごみの郷でトイレ休憩をしてましたが、気温が20度でバイクでは寒く感じました。

IMG_4079

IMG_4081

県境の長い大峠トンネルを抜けて、トンネルが連続する121号を一気に下り、大峠トンネルから数えて10本目のトンネルを抜けた先を右折すると喜多方町の中心部に繋がる旧国道に入ります。

ちょっと、時間に余裕があったので、旧国鉄の旧日中線熱塩駅舎に立ち寄りました。

IMG_4083

ここは、30年以上前に職場の旅行で会津若松の東山温泉に泊まった時に、観光バスで来たことがあります。また、登山サークルの登山の帰り道でも立ち寄ったことがあります。

多分、仙人は知らない場所だろうと思い、行ってみましたが、案の定、来たことが無いとのことでした。

IMG_4088

木造の駅舎で木造の改札口。時刻はかなり不正確ですが、柱時計が動いており、ちょうど半の鐘を打っていました。

IMG_4087

IMG_4086

とてもノスタルジックな旧国鉄駅舎です。仙人が立っている所に線路が敷かれていたわけです。この先に機関車を回転させて方向を変えるターンテーブルの跡地がありますが、今回は行きませんでした。

現在の山形駅は山形新幹線の開業により建て替えられましたが、その二つ前の駅舎は木造で、小さい頃の記憶があります。

IMG_4089

駅舎の北側にラッセル車と客車が置かれています。

IMG_4084

客車には自由に入れることできます。木造の客車です。これも記憶があります。二人掛けの席は狭く感じました。

IMG_4091

朝早い時間なので、観光客は私たちだけでしたが、コロナの影響を考えると早起きは三文の徳です。

朝から昭和の郷愁を十分堪能して、喜多方方面に向かいました。


himajintaro at 08:10|PermalinkComments(0)

2021年06月27日

逃がした器は大きい

2021.6.12

JR奥羽本線大滝駅で昼食を取り、次の釜淵駅に向かいました。

IMG_2178

IMG_2179

駅名の由来が書いてある銘板がありました。この中にアユがたくさん取れると書いてありました。

以前、遅山仙人が釜淵の人からアユをたくさんもらったことがあると言っていました。仙人の父親に世話になったとアユや山菜をたくさん持って、仙人の父に会いに来たそうです。

また、この話を持ち出して得意げに語っていました。

IMG_2180

ホームには駅員ではない、測量業者か何かの人が発光体のようなものを取り付けた三脚を立てていました。列車の運行状況のような無線が聞こえていました。

IMG_2181

これで、真室川駅から北側の三駅は訪問できました。新庄以北、県境までの駅は全て訪れました。

そして、いつものように真室川駅で買い物をしました。

IMG_2182

IMG_2184

私はシイタケとコーヒータイムのお茶請けにせんべいを買いました。

IMG_2183

仙人はというと、実は一週間前にも真室川駅を訪れ、気に入ったコーヒーカップを買おうかと思案している隙に、他の客から買われて悔しい思いをしていました。陶器の100均市をしていました。

その時の様子を店員さんが覚えていました。店員さんによると、その時、客は100個以上の陶器を買い求めたそうです。器や皿など同じ物をたくさん、何種類も買っていったので、飲食業の人ではないかと言っていました。

IMG_2185

悔しい思いが冷めない仙人は、残っているコーヒーカップから500円の白いものを買い求めました。

IMG_2186

鮭川の支流、真室川の堤防の桜の下でコーヒータイムとしました。久しぶりにフレンチプレスを持って行きました。

仙人は二日前にタケノコ取りに行ったときは、アルミ製(アルマイトでない)のやかんが良いと言っていましたが、山仲間S氏から純アルミは鋳物でないと熱ですぐに劣化すると言われ、今度はステンレスが良いと言い始めました。

IMG_2188

仙人は買ったばかりのコーヒーカップでコーヒーを飲み、美味しいを連発していました。

仙人は同じホーローのマグカップ一つでご飯を炊いたり、味噌汁を作るという極意を持つ達人です。

しかし、渋や汚れをクレンザーや重曹、ハイターなどで落とすという基本的動作が緩慢というか、大きく傷がつくという幻想に駆られているため、汚れを落とすということはせず、内側はコーヒー色をしています。

外に出るときぐらい、別の器を持ってくるように進言しますが、どこのあるのか分からないと言います。どうも、食器ダンスは多くの珍品で埋もれているようです。

相変わらず、逃がしたコーヒーカップには未練タラタラでした。

IMG_2187

仙人は真室川駅の店員から、朝取りで美味しいと勧められたキュウリでコーヒーを飲んでいました。

IMG_2189

渓流釣りが不発に終わり、急遽、無人駅の旅に切り替えたことが正解でした。最初から予想できた結果ではありましたが、天候に恵まれたことが幸いでした。


himajintaro at 07:48|PermalinkComments(0)

2021年06月22日

私の気になった無人駅

2021.6.12

奥羽本線の秋田県境近くにある及位(のぞき)駅を基点として、リトルカブによる無人駅の旅がスタートし、前回、及位駅を紹介しました。

及位駅から南下した次の駅は大滝駅です。

IMG_2159

新及位まで戻り、国道13号に別れを告げて、真室川駅に向かう県道に入りました。

nozoki02

IMG_2160

大滝駅は周りには全く家が無く、ポツンと立っていました。

IMG_2161

県道に面した入り口から入り、プラットホームまで階段で下ります。

IMG_2162

玄関から入って、すぐ左手に待合所があります。腰板とベンチが木製で、木の香りがする、とてもいい待合所でした。

IMG_2163

IMG_2171

ちょうど、下り列車が入線する時間だったので、階段を下りていきました。

IMG_2164

階段も腰板が木製でした。手すりは身長の違いを考えてか二段になっていました。

IMG_2167

IMG_2166

秋田行きの下り列車が入ってきました。以前は、新庄から秋田行きの列車は少なかったような気がします。今は大半が、秋田行きでワンマンカーが多いようです。

10年ぐらい前に会議のため新庄から普通列車で秋田まで往復したことがありますが、この時はトイレ付きの車両が多い列車でした。

今は、秋田までトイレ付きでないワンマンカーに乗ろうものなら、飛んでもない目に合うのではないと思います。

IMG_2172

IMG_2170

丁度、昼間になったので、大滝駅で昼食を取ることにしました。クーラーバッグに保冷剤をたくさん詰め込んでキンキンに冷やしたサントリーのオールフリーを持って行きましたが、遅山仙人はあまりの美味しさに目を丸くしていました。

IMG_2168

久しぶりにというか、一年に一回食べるかどうかのカップ麺をコンビで買って味噌汁代わりにしました。基本、インスタント麺は食べません。人工調味料や酸化防止剤、増粘剤などが入っている食品はできるだけ取らないようにしてます。

IMG_2174

前日炊いて余ったタケノコご飯をおにぎりにし、残り物のハンバーグとキャベツなどの野菜をおかずにしました。

実は、この駅は以前から気になっていた無人駅の一つでした。以前から、来たいと思っていました。

木の香りがして、落ち着いて、とてもいい駅舎です。

さらに、トイレは臭いが少なく、とてもきれいでした。

IMG_2175

男子トイレに小さな子供が座れるイスがありました。

IMG_2176

便座はウォシュレットではありませんでしたが暖房便座でした。

IMG_2177

近くに集落がないので、ともすれば、目が行き届かない所かなと思いましたが、思いのほか、手入れが行き届き、きれいで良い駅舎でした。

ここまで来た甲斐がありました。

昼食済ませ、次の釜淵駅に向かいました。


himajintaro at 21:00|PermalinkComments(0)

2021年06月20日

県境の駅へ

2021.6.12

釣り餌が無くなり、河床も変化して萎えた遅山仙人の気持ちを奮起させるべく、早々に普通のツーリングに切り替えました。

金山町に向かう途中、カラスが道路の真ん中で何かをついばんでいました。近づくと、なんとシマヘビでした。逃げたカラスは田んぼ一枚離れて、私たちの様子をうかがっていました。

IMG_2147

毒を持たない丸腰のシマヘビは、道路の真ん中では、何でも食べるカラスから逃れるのは、ほぼ不可能です。私たちが立ち去れば、再度、カラスの攻撃を受け、餌食になってしまうのでしょう。

これ以上、カラスの邪魔をすることなく、金山町の国道13号へと向かいました。

nozoki01

金山町から国道13号に入り、そのまま北上し、主寝坂(しゅねざか)トンネルを目指しました。

途中、高規格の主寝坂道路の金山北インタチェンジの手前で、睡蓮の池を見つけました。

IMG_2148

睡蓮といえばクロード・モネの「睡蓮の池」を想像しますが、前回のブログでも紹介したようにバングラデシュの国花です。

IMG_2150

原付は高規格道路には入れないので、元々の国道を走りました。

今は、無料の高規格道路ですが、近い将来は東北中央自動車道となる道路です。有料となれば、今は静かな国道13号も、たくさんの車が戻ってくる可能性があります。

IMG_2151

IMG_2152

そして、久しぶりの主寝坂トンネルです。

IMG_2153

馬蹄形で車幅が狭く、大型車のすれ違いは大変だと思います。最近の大型車はハイデッカーと呼ばれる背丈の高いバスや箱型車が多くなっており、すれ違いざまに、トンネルの壁に天井の角を擦り付けるのではないかと心配になってくるトンネルです。

IMG_2154

トンネルを抜けて新及位の集落を過ぎると高規格道路の真室川インタチェンジと合流します。ここから間もなくで、及位駅となります。

IMG_2155

及位駅は、一般的な外見で、特筆する所はありません。

IMG_2156

駅内部の写真はピンボケになってしまいました。真室川町営バスのバス停になっていました。

IMG_2157

IMG_2158

ここからJR奥羽線は院内トンネルを、国道13号は雄勝トンネルを抜けると秋田県です。

山形県の最北の町は金山町というイメージがありますが、実際は真室川町なのです。

shunezaka04

県境の及位駅をスタートに無人駅の旅の始まりです。


himajintaro at 08:07|PermalinkComments(0)