イベント

2021年06月14日

美味しいタケノコのニシン汁

2021.6.10

蔵王エコーライン・御田ノ神湿原の散策を終え、山仲間と供に一旦、猿倉スキー場まで下った後、さらに蔵王温泉へと上っていきました。

次の目的地は、中央高原の片貝沼です。この辺りには、食べごろのササダケがたくさん出ています。昨年の6月12日の蔵王温泉スキー場でタケノコ取りで偶然、この沼の周辺でタケノコが出ることが分かって収穫しました。

IMG_2008

3人バラバラにササダケの林に入りました。

IMG_2010

ちょっと伸びた物もありましたが、出始めの太い物が昨年同様たくさん出ていました。親株の根元に数本のタケノコが取れるので、座ったままでたくさん取ることができました。

IMG_2011

11時から12時ちょっと過ぎまでの小1時間ほど取りましたが、腰に取り付けたハケゴが重くなり、背負って竹林を出ました。

IMG_2012

遅山仙人と山仲間S氏は、体力不足で30分も取らずに駐車場に戻っていたようです。他の人が取った跡が無く、半日も取るなら、30~40キロは簡単に取れたと思います。

疲れた仙人はベンチで昼食が取りたいと言うので、ドッコ沼まで下ることにしました。

IMG_2023

ドッコ沼には半分朽ちかけたテーブルと椅子があったので、早速、昼食の準備に取り掛かりました。

IMG_2013

IMG_2015

二人に皮を剝いてもらい、味噌汁の具にしました。

IMG_2016

自宅から、味を出すために軽く焼いたニシンと油揚げを持参し、タケノコと一緒に煮込みました。

IMG_2017

IMG_2018

美味しいタケノコのニシン汁の出来上がりです。

IMG_2019

さらに、タケノコを焼きました。

前回、大井沢での山菜取りの時は、取り立ての山菜で天ぷらをし、私とS氏はご飯を持って行きましたが、仙人はパンを持って行きました。

今回は私とS氏はパンを持って行き、仙人はご飯を持ってきました。仙人のご飯は白米ではなく、必ず、炊き込みご飯です。時々、ドクダミが入ることもありました。

仙人曰く、「なんとタイミングが合わないのか」と。

IMG_2021

午後3時ごろまで長い昼食の時間となりました。

午前中、御田ノ神湿原でのコーヒータイムでS氏が生命保険の見直しをしたという話題になりました。死亡保険は辞めて、通院重視の保険に切り替えたと言うのです。

高額医療費の制度があり、保健が効かない自己負担100%以外は、保険会社のCMで言うような高負担にならないのが現実です。

通院では病院の場所によっては交通費が馬鹿にならないので、堅実なS氏は通院型にしたというのです。

食事が終わったところで、仙人に、かんぽ生命から保険加入の確認の電話が入りました。

午前中にS氏の話を聞いていた矢先、仙人はバツが悪くなり、しらを切ろうとしましたが、S氏と私から散々追及されてKO負けを期しました。

携帯電話の加入の時もそうですが、相談できる仲間がいるのに、薄学の知識で契約をして損をしてきました。甘いリップサービスに心が躍ったに違いありません。今回も同じパターンのようです。

仲間に相談しないのは、要らぬプライドが邪魔をしているのだと思います。

私は、ブラックバス釣りのミミズを買うために釣具屋に行く必要があったので、3時で切り上げて、解散としました。仙人も釣具屋に同行し、毛鉤を見ていきました。

IMG_2024

帰宅してすぐに、焼いて味噌マヨをつけ、冷たいビールで楽しみました。

IMG_2025

明日は、休業日なのでブラックバス釣りに出かけます。


himajintaro at 20:58|PermalinkComments(0)

2021年04月12日

お花見の穴場発見!

2021.4.3

前日に遅山仙人と真室川に行き、咲き始めた梅の花を見、千本だんごを買占めして帰宅しました。

翌日、恒例の親類縁者の墓参りに出かけました。

IMG_9922

IMG_9925

IMG_9926

IMG_9930

IMG_9932_1

IMG_9933

桜とともに様々な花が咲き始めて、まさに百花繚乱の季節が到来しました。

一昨年は、福島市の花見山に花見ならぬ人見に出かけましたが、昨年はコロナで開催中止となりました。今年は、開催されたようです。

一昨年、行けなかった船岡の千本桜を見るために大河原駅の駐輪場にリトルカブを止め、歩いて、花見に行こうと計画を練っていましたが、山形市が非常事態宣言を発令したため、しばらく、県外はお預けとなりました。

IMG_9936

妻の実家の墓の帰りに昔から使われてきた道路を走ったところ、今シーズの大雪で竹林が倒れていました。かつて、こんなにひどい状況は見たことがありません。実は、県内至る所で大雪による倒木が見られるのです。ということは、林道が通行止めという場所もたくさんあると思われます。

つまり、私たちの行動範囲も、それだけ狭くなるということです。

IMG_9937

妻の実家の集落は過疎化が進み、下の写真は田んぼがたくさんあった場所ですが、現在は荒れ放題です。真ん中に木が生えている場所に実家の田がありました。毎年、子供たちと田植えや稲刈りの手伝いをしました。この10年で全く様相が変わりました。

IMG_9943

IMG_9946

IMG_9947

墓参りの後に、以前から気になっていたJR左沢線の柴橋駅に向かいました。

IMG_9952

柴橋駅は高台にあり、駅舎とホームの上に桜の木があることをGoogle マップで見つけていました。

IMG_9953

IMG_9954

高台にあるため眺望もよく、残雪輝く朝日連峰が一望できます。

IMG_9955

駅舎は狭いのですが、トイレがあり、Googleマップどおりに桜の駅になっていました。

IMG_9958

IMG_9956

この桜が満開になるころ、朝日連峰や蔵王連峰を見ながら、花見に一杯ができれば最高のロケーションとなります。

無人列車の旅のお花見の穴場の発見です。


himajintaro at 21:07|PermalinkComments(0)

2020年09月02日

仙人、カラスに起こされる

2020.8.22

IMG_0760


キャンプ場の朝5時。遅山仙人は起きていました。仙人よると日除けに利用したケヤキの木にカラスがとまり、テーブルの上に残っていた食べものを狙って、カアカアと鳴いていたので、追い払っていたというのです。

仙人には、教職時代に様々な武勇伝やエピソードが残っています。

その中の一つ。私の職場に仙人の教え子がいます。彼によると仙人は生徒たちからカラス先生と呼ばれていたそうです。

中学校の敷地でカラスの幼鳥が保護され、最初は学校で飼育していたそうです。そのうち、学校で面倒見切れなくなり、仙人が引き取ったそうです。そこまでは普通にありうる話です。

仙人は、毎日、引き取ったカラスを車に乗せて通勤していたというのです。車の中で仙人を待っているカラスを見た生徒たちから、いつしかカラス先生という仇名がついてもおかしい話ではありません。

本当は野鳥は許可なく捕獲し飼育することはできません。

ついでに武勇伝を一つ。

仙人は中学時代、山形県の400m徒競走の記録を塗り替えました。本当は100mも200mも800mもリレーもレコード記録を持っていたのですが、正式な記録会には今のように複数出られず400mだけの記録になりました。

中学の教員時代、部活のランニング中に竹刀を持ち、遅れる生徒たちを追いかけ回したというのです。教師になっても足の速さは中学生には負けなかったために尾ひれがついた武勇伝になったようです。

今回驚いたことがあります。仙人は山仲間S氏が持ってきたテントの中で横になっていました。仙人は普段は椅子に座って寝ているために、横になって寝ることができないはずなのです。このため、S氏が仙人ために椅子を準備していたのですが、テントの中には椅子はありませんでした。

2018年6月21日、宮城県牡鹿半島のツーリングで泊まった民宿「後山荘」で仙人は布団で眠れず、壁に背をもたれて寝ていました。

仙人も進化しました。

IMG_0759



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2020年08月31日

天体観測 in キャンプ

2020.8.21

段々、暗くなった来ました。

IMG_0749

今回のキャンプの目的の一つは天体観測です。

IMG_0750

山仲間S氏は天体観測を趣味に持ち、社会人サークルでキャンプをすると、彼から星座の基礎知識を教えてもらいながら、みんなでロマンチックな夜空を眺めたものです。

その中で恋愛に発展した仲間がいたかどうかは分かりません。

IMG_0751

彼が持ってきたのは反射望遠鏡です。レンズ型の望遠鏡に比べると軽くて長さが短くできるのが特徴です。

一眼レンズカメラのレンズにもレフレックスと呼ばれる反射型の物が使われることがあります。スポーツ観戦時のマスコミのカメラはレンズ型の長くて大砲のようなレンズが使われています。まさしく、Canonと呼ばれるにふさわしいレンズです。

反射型の場合はレンズ式のような絞りと呼ばれる光の量を調整する機能はありません。このため、ピントが合っている奥行きを調整することはできませんし、露出はシャッタースピードだけで変える必要があります。光の反射でリング状のボケが出るのが特徴です。

IMG_0752

真っ暗になってから、木星や土星を見ました。彼によると木星の目と呼ばれる丸い模様や縞模様が見えることもあるそうですが、空気の湿度や上空の風の流れ具合で見えるときと見えない時があるそうです。今回は確認できませんでした。

土星は周りのリングを確認しました。土星のリングを肉眼で確認したのは生まれて初めてです。

彼によると望遠鏡や双眼鏡は倍率が大きければ大きい程良いのではないそうです。明るさや視野の広さ、歪が問題になることは知っていましたが、倍率が高くなると目的の物がすぐに動いて、捉えられなくなるそうです。実際、今回の木星や土星も、すぐに視野の輪の中から動いてしまい、素人では望遠鏡を動かして捉えるのは不可能でした。

流れ星は、トイレに行く途中に見つけたもの一つだけでした。

星空を眺めながら、まだまだ、四方山話は続きました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2020年08月30日

仙人の知らない話題で沸騰

2020.8.21

前回のタンドリーチキンパーティで遅山仙人が知らなかった鶴岡市の玉川寺(ぎょくせんじ)の話題に続いて、また仙人が知らなかった話で沸騰しました。

IMG_0745

社会人サークルの例会山行きで福島県裏磐梯の雄国沼(おぐにぬま)に行ったことがあります。檜原湖の南西に入る雄子沢川沿いの登山道を歩いて、黄色いニッコウキスゲが一面咲き乱れる雄国沼に入りました。この時は、私も山仲間S氏も一緒に行きました。たくさんメンバーが参加者し、帰ってからサークルの中で話題になっていました。

当時、この話題を聞きつけた仙人が30年近くたった今でも自分が行かなかった雄国沼のことが気になってしょうがなく、キャンプの話題にしました。自分が行かなかったことよりも自分が知らないことが気になるのです。

続いて、同じ裏磐梯にある五色沼の話を持ち出しました。五色沼は単独の沼の名称ではなく、水面が様々な色合いを持つ湖沼群の総称です。散策できるコースがあり、駐車場に車を置いて歩くと1時間半ぐらいかかるコースです。反対側の駐車場から路線バスに乗ると元の駐車場に戻れます。

ここも、私もS氏も行ったことがある場所でしたが、仙人は行ったこともなく、名前の由来も知りませんでした。山仲間二人が知っているのに自分が知らないことに大変ショックを受けたようです。

ソクラテスではありませんが、静かに穏やかに無知の知で良いと思うのです。針小棒大というか、誰に対しても、時には店員さんにもオーバーアクションで話をするので、S氏が仙人のそばにいたくないと言い出すことがあります。教職員経験者の性なのでしょうか。彼の性格なのでしょうか。

仙人とは話題が尽きません。

五色沼には連れて行こうと密かに計画しています。

IMG_0748

だんだん暗くなってきました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)