山菜取り

2020年06月13日

最高!美味しい山菜と魚とお酒

2020.5.30 山菜取り

IMG_6073

本日の収穫はワラビとウドとフキです。まず、ウドを油炒めにします。

IMG_6075

硬い所を除き、食べやすい大きさに切ります。

IMG_6076

山菜特有のアク味を少しでも抜くために、しばらく水に漬けておきます。

IMG_6104

水きりしたものを有り合わせの調味で油炒めにします。油は風味を増すためにゴマ油を使いました。

IMG_6078

ゴマ油で炒めた後は、白だしと本みりんで味付けします。

IMG_6105

IMG_6107

塩加減を調整して、一部は夕食のおかずにし、残りは粗熱を取った後、タッパーウェアーに入れて冷蔵庫に保存し常備食にしました。

IMG_6103

ワラビは丸くなっている葉の部分を落とし、入れ物(発泡スチロールの魚箱が良いのですが、今回は無かったので大きめの保冷バッグを使いました。)に入れて木灰を振ります。

IMG_6108

熱湯をワラビがひたひたになるように入れます。

IMG_6109

皿を落し蓋にします。この時、保冷バッグの上蓋は開けたままにします。蓋をすると柔らくなり過ぎて食べられたもんではありません。このまま一晩放置すると翌朝には食べられるようになります。

重曹を使う方がいらっしゃいますが、どうしても苦味が残り、使いすぎるとワラビが柔らかくなり過ぎます。調整が難しいです。木灰が手に入らないのなら生ワラビはもらったり買ったりしない方が無難です。

フキは翌日、奥さんから佃煮にしてもらいました。

さて、夕食の時間です。

IMG_6081

食卓に載ったのは、ウドの油炒め、ウドとワカメの味噌汁、
東根のご馳走屋「青野」で買ったフグの唐揚げ、アジと炙りタコの刺身、そして、吟醸酒「山川光男」です。

IMG_6084

この時期のウドは生のままではとても香りが強く、人によっては嫌いな人が多いと思います。私はウドの香りが好きなので、生のまま熱湯を掛けて味噌汁にしました。油炒めにしたら、強い香りが和らぎました。

フグは予想通り美味しい唐揚げでした。アジはこの時期しか生が食べられません。
元々、青い魚が好きなので好物の一つです。そして、炙りタコが奥さんに大変好評でした。

IMG_6085

美味しい肴には美味しいお酒ですね。

青野さんで買った吟醸酒
「山川光男」は最初に一口飲んだ時よりも何度か口に含んでくると味が口の中に広がってくるお酒です。
IMG_6083

四つの酒蔵が交代で同じ名前
「山川光男」の酒を造るという、おもしろい企画です。

山形正宗(水戸部酒造)の「山」、楯野川(楯の川酒造)の「川」、東光(
株式会社小嶋総本店)の「光」、羽陽男山(男山酒造)の「男」 

今回は「山川光男 2020 なつ」で
水戸部酒造のお酒でした。

ラッキーな昼食と美味しい山菜と魚とお酒、最高の一日でした。



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2020年06月02日

ちょっとだけ、山菜取り

2020.5.30 山菜取り

松橋峠

舟形町松橋から林道松橋滝の沢線に入り、いよいよ、本日のメインイベントの時間となりました。

林道を進むと右側にスズランテープやビニールテープが張られた場所に遭遇します。ここは観光ワラビ園の下の斜面に当たる所で、山の所有者が山菜取りに入られないように目印にしておくものです。マツタケの山も同じような光景が見られます。通称、止め山(留め山)と呼ばれて、「入るべからず」の目印となっています。最近では、大きな看板を立ていることもあります。

IMG_5997

べからずの場所で山菜を取ってしまえば窃盗になるので、テープのない場所で山菜を探しました。

前回の最後の部分で紹介したように、ワラビの葉が大きくなったものが下の写真です。手前右下にある葉の広い植物はフキで、それ以外の植物はワラビです。

IMG_6021

前回のツーリングで目星を付けていただけに、ワラビはすぐに見つかりました。でも、最初に取ったのはウドでした。

IMG_5995

「独活(ウド)の大木」という諺があります。ウドは小さいうちは柔らかく、独特の風味は春の香りを十分楽しめる山菜です。ところが、大きくなると硬くなって食べられなくなることから「役立たず」の代名詞に使われています。

上の写真は、まさしく、「独活の大木」です。ところが、実は先の部分は比較的柔らかく、山菜として料理に十分使えるのです。

IMG_5996

ウドは春先早くに栽培物が東京市場で高値で出荷されますが、味も香りも私的には落第です。天然物には敵いません。「独活の大木」になってしまうと味も香りも相当強くなりますが、料理方法一つで、まろやかに変化します。料理方法は後日紹介します。

IMG_6016

実はこの日、遅山仙人の隠れ家に迎えに行ったら、敷地と道路の境界にあったウドが何者かに掘り起こされて盗まれたとエライ剣幕で怒っていたのです。ですが、ウドをたくさん見つけたのでご機嫌麗しくなってしまいました。

IMG_6003

次に取り始めたのは、私はフキ、仙人はアザミです。

IMG_6001

太くて柔らかくて、旨そうなフキでした。これは、奥さんから佃煮にしてもらいました。

IMG_6002

仙人は民宿で食べたアザミの味が忘れられないというので一生懸命に取っていました。アザミは美味しいのですが、今回は取らずに帰りました。仙人は硬いものばかり狙って取っていました。私が柔らかいものを示すと、なぜ、柔らかいとわかるのかと言われるのです。見ればわかることですが、仙人に理論的に教えるのは難しいので教えません。

前述のウドについても、遠くからウドがあるのがわかります。それについても仙人は不思議がるのです。私は近眼です。ですが、植物の色や形状を見分けるのは得意です。小さい時から親に連れられて山菜取りをした経験と植物について勉強した経験が得意にさせてだけです。

IMG_5999

IMG_6005

そして、大本命のワラビです。

IMG_6006

食べごろの良いワラビです。ワラビは取らないでいると葉が広がり、硬くなって食べることができなくなります。それはそれで、地下茎に十分栄養が蓄えられ、来年、また柔らかいワラビが出てきます。通常はそれを繰り返します。

IMG_6007

ところが、一度ワラビが取られると地下茎にある養分を使って、新しいワラビが出てきます。それを取ると、また、新しいワラビが出てきます。何度も同じことを繰り返すと、だんだん、地下茎の栄養分が無くなります。ついには、次の年はワラビが出なくなります。

IMG_6013

私の経験上、旧盆(8月半ば)の頃までワラビを取ったことがあります。観光ワラビ園は、肥料を与えながら、取る間隔をあけて、有料でワラビを取ってもらいます。

IMG_6019

下の写真は大きくなったタラノ木です。ウドと同じウコギ科の植物です。小さいうちはタラノメと称して天ぷらや油炒めにして食べます。これも栽培物が東京市場に出ます。最近は、山形ではコシアブラの方が香りが高いので人気が出ています。

IMG_6020

IMG_6018

正味40分ぐらいの山菜取りでした。この時期では、かなり遅いタイミングでしたが、来年はもっと早く来るための偵察と考えると十分楽しめました。

仙人も取り過ぎると保存ができないと言って早々に切り上げました。山菜は手間さえかけて加工すれば、いくらでも保存が効くのですが、仙人には長期保存できる加工技術がありません。隠れ家に自生するドクダミを炊き込みご飯して食べる野人でありながら、普通の山菜については技術を持ちえないのです。

ワラビは重曹(炭酸水素ナトリウム)でアク抜きをすると言っていました。重曹では十分アクは抜けず苦みが残ります。私は木灰(あく)でアクを抜きます。

ゼンマイのように軽く茹でて、揉んで乾燥させるとアク抜きの必要がありません。

久しぶりの山菜取りを山菜論議をしながら十分楽しみました。仙人は水を得た魚状態でした。時計は11時を過ぎていました。林道を進み、大蔵村四ケ村の昼食場所へと向かいました。


himajintaro at 21:08|PermalinkComments(0)

2020年06月01日

仙人と山菜取りの場所へ

2020.5.30 山菜取り

次年子

村山市富並(とみなみ)で国道347号に別れを告げ、一路、大石田町次年子(じねんご)へと坂を上って行きます。ピークを過ぎて緩やかな下りを進んでいくと「七兵衛そば」という看板が道路左手に立っています。

IMG_5988

昔、「太陽」という雑誌に紹介されてから、全国放送のテレビで放映され、特に秘密のケンミンショーでは何度も取り上げられました。

IMG_5987

食べ放題の蕎麦店です。県外からたくさんのお客さんがお見えになり、一日で100人以上来店することもザラだと言う有名店です。残念ながら、私は一度も、この店の蕎麦を食べたことがないばかりか、この先に何軒もの蕎麦屋さんが点在しますが、どこの店にも行ったことがないのです。

その最大の理由は、次年子はツーリングの通過点で、朝8時前後か、午後なら4時前後に通過するので店が閉まっている時間ばかりです。次年子には蕎麦を食べる目的では行ったことがないのです。

山形県内にはたくさんの美味しい蕎麦屋さんがあり、ラーメンも山形市が年間消費量日本一の町にもなっており、山形県は麺類の激戦地なのです。味の競争が美味しい蕎麦屋さんやラーメン屋さんをたくさん生んでいます。

そんな激戦地の一つの次年子の途中から、林道のような狭い県道に入ります。

IMG_5989

上の写真の斜め左側に伸びている細い道路が、山形県道36号新庄次年子村山線です。村山市富並から次年子に向かって走ってきた道路も同じ県道です。南から走ってくると道路の案内標識が無いのでわかりにくいのです。逆に北側から走ってくると標識があります。上の写真の右上、仙人の頭の上に写っています。

ここから、林道のような幅の県道を舟形町松橋に向かって走ります。途中、宮城ナンバーの車が数台停まっていましたが、その先で数人がワラビ取りをしている光景が目に入りました。

IMG_5990

小さく鳥海山が写って見えました。今日は、多分、年間に数回しかない鳥海山が良く見える特異日だと思います。鳥海山は、なかなか、山全体を現してくれる日がありません。昨年の5月5日に鳥海山の麓の玉簾の滝にマイカーで行った時も特異日でした。

下の写真は昨年の5月5日の鳥海山の写真です。

1557028138770

昨年は、大雨による土砂崩れで通行できなかった期間がありました。一昨年、最初に、この県道を走った時は路面に大量の杉の葉が散乱し、車がほとんど走っていない状態に見えました。今年は、路面がきれいに清掃されて、走りやすい状況でした。

IMG_5991

林道のような県道も終わりごろになると舟形町松橋の集落が見えるようになります。

IMG_5992

上の写真の木が生えていない部分が観光ワラビ園です。今年は、コロナウイルスによる自粛の影響により閉園したままになっています。山形県にはたくさんの観光ワラビ園がありますが、南陽市小滝にあるワラビ園のみが営業しているようです。他のワラビ園は電話による予約販売をしているようです。

IMG_5994

いよいよ、ここから本命の山菜取りの場所です。林道松橋滝の沢線へ入ります。前回は棚田で有名な大蔵村四ケ村(しかむら)から松橋に向かって走ってきました。

その様子は「四ケ村の棚田 四ケ村~次年子編」で紹介しています。

林道の途中で、道路わきに大きくなったワラビをたくさん見つけていたのです。今回は、最初から目星を付けて、林道松橋滝の沢線に向かって走ってきました。山菜取りの様子は次回ということで、今日はおしまいです。

himajintaro at 21:11|PermalinkComments(0)

2020年05月31日

遅山仙人とのツーリング解禁

2020.5.30 山菜取り

コロナウイルスの影響というより、今年に入ってからの実家のリフォームや自宅の駐車場拡張やアプローチ改良工事で休み毎に肉体労働に勤しんでおり、なかなか、ツーリングに行けない状況にありました。

最近はあまり紹介していませんでしたが、これから実家は勝手口のドアの設置やホームタンクの交換など、まだまだ、工事が残っています。何せ、一人親方なので、時間がかかってしょうがありません。

しかし、全国的な緊急事態宣言も解除されたので、昨日、遅山仙人を誘い山菜取りに出かけました。

IMG_5972

好天と暑さが予想されていたため、いつものように水分だけはたっぷり持参しました。

IMG_5975

相変わらずの自堕落な生活を続けている遅山仙人ですが、いつものように読みもしない新聞を野積みしている中から今日の新聞を取り出し、仙人が現れるまでの間、新聞を読んでいました。

IMG_5974

因みに我が家は新聞を取っていません。何故なら、数か月ごとに訪れる新聞勧誘員の威圧的な言動が娘の逆鱗に触れて新聞勧誘員は出入り禁止になってしまいました。

昔から「エリートが作る新聞、〇〇〇が売る新聞」という実態が無くならないようです。

IMG_5976

いつも通りの風貌の仙人は、開口一番、堰を切ったように言葉の機銃掃射でした。買い物以外は全く出かけなかったというので、ストレスが相当溜まっていたようでした。元々、仙人なので当たり前と言えば当たり前なのですが。

仙人の隠れ家からは、遅い時間帯のスタートだったので、遅い時間帯になると交通量が多くなる県道山形羽入線を山形空港の西を走るルートを走らずに、山辺町、寒河江市から比較的交通量の少ない国道347号を北上して、河北町谷地、村山市富並(とみなみ)に抜けるルートを取りました。

途中、河北町から村山市に抜ける辺りで前の車が急に停まり、センターラインを越えて走り去ったので、道路を見たら、白と茶のネコが横たわっていました。写真は撮ってきませんでしたが、頭から血を流していました。まだ、時間が経っていないようでした。

このまま、複数の車に轢かれて内臓が飛び出し、スルメのようになってしまうのは忍びないので、路肩にそっと移動しておきました。

平日ならば、三桁国道の道路管理者である山形県県土整備部の出先である西村山総合支庁に電話をかけて、処分をお願いするところですが、あいにくの土曜でお役所は休みなので置きっぱなしにしておきました。

IMG_5985

最上川の三ケ瀬橋で小休止しましたが、どこを見ても雲一つありません。快晴です。

IMG_5984

ごてん

村山市富並(とみなみ)から国道347号に別れを告げ、左折し、蕎麦で有名な次年子(じねんご)へとアクセルを吹かしました。

IMG_5986



himajintaro at 07:28|PermalinkComments(0)

2018年12月09日

本当に今年最後のキノコ採り


11月23日の「今年最後のキノコ狩り」で最後のキノコ採りのはずでしたが、実は一昨日の12月7日にもう一度キノコ採りに行ってきました。

リトルカブで行けたのですが、雪の予報もあり、マイカーで出かけました。

写真アップしておきます。

























himajintaro at 07:07|PermalinkComments(0)