山菜取り

2021年06月14日

美味しいタケノコのニシン汁

2021.6.10

蔵王エコーライン・御田ノ神湿原の散策を終え、山仲間と供に一旦、猿倉スキー場まで下った後、さらに蔵王温泉へと上っていきました。

次の目的地は、中央高原の片貝沼です。この辺りには、食べごろのササダケがたくさん出ています。昨年の6月12日の蔵王温泉スキー場でタケノコ取りで偶然、この沼の周辺でタケノコが出ることが分かって収穫しました。

IMG_2008

3人バラバラにササダケの林に入りました。

IMG_2010

ちょっと伸びた物もありましたが、出始めの太い物が昨年同様たくさん出ていました。親株の根元に数本のタケノコが取れるので、座ったままでたくさん取ることができました。

IMG_2011

11時から12時ちょっと過ぎまでの小1時間ほど取りましたが、腰に取り付けたハケゴが重くなり、背負って竹林を出ました。

IMG_2012

遅山仙人と山仲間S氏は、体力不足で30分も取らずに駐車場に戻っていたようです。他の人が取った跡が無く、半日も取るなら、30~40キロは簡単に取れたと思います。

疲れた仙人はベンチで昼食が取りたいと言うので、ドッコ沼まで下ることにしました。

IMG_2023

ドッコ沼には半分朽ちかけたテーブルと椅子があったので、早速、昼食の準備に取り掛かりました。

IMG_2013

IMG_2015

二人に皮を剝いてもらい、味噌汁の具にしました。

IMG_2016

自宅から、味を出すために軽く焼いたニシンと油揚げを持参し、タケノコと一緒に煮込みました。

IMG_2017

IMG_2018

美味しいタケノコのニシン汁の出来上がりです。

IMG_2019

さらに、タケノコを焼きました。

前回、大井沢での山菜取りの時は、取り立ての山菜で天ぷらをし、私とS氏はご飯を持って行きましたが、仙人はパンを持って行きました。

今回は私とS氏はパンを持って行き、仙人はご飯を持ってきました。仙人のご飯は白米ではなく、必ず、炊き込みご飯です。時々、ドクダミが入ることもありました。

仙人曰く、「なんとタイミングが合わないのか」と。

IMG_2021

午後3時ごろまで長い昼食の時間となりました。

午前中、御田ノ神湿原でのコーヒータイムでS氏が生命保険の見直しをしたという話題になりました。死亡保険は辞めて、通院重視の保険に切り替えたと言うのです。

高額医療費の制度があり、保健が効かない自己負担100%以外は、保険会社のCMで言うような高負担にならないのが現実です。

通院では病院の場所によっては交通費が馬鹿にならないので、堅実なS氏は通院型にしたというのです。

食事が終わったところで、仙人に、かんぽ生命から保険加入の確認の電話が入りました。

午前中にS氏の話を聞いていた矢先、仙人はバツが悪くなり、しらを切ろうとしましたが、S氏と私から散々追及されてKO負けを期しました。

携帯電話の加入の時もそうですが、相談できる仲間がいるのに、薄学の知識で契約をして損をしてきました。甘いリップサービスに心が躍ったに違いありません。今回も同じパターンのようです。

仲間に相談しないのは、要らぬプライドが邪魔をしているのだと思います。

私は、ブラックバス釣りのミミズを買うために釣具屋に行く必要があったので、3時で切り上げて、解散としました。仙人も釣具屋に同行し、毛鉤を見ていきました。

IMG_2024

帰宅してすぐに、焼いて味噌マヨをつけ、冷たいビールで楽しみました。

IMG_2025

明日は、休業日なのでブラックバス釣りに出かけます。


himajintaro at 20:58|PermalinkComments(0)

2021年05月21日

ちょっとだけ贅沢な取れたて山菜の天ぷら



2021.5.14

午前中の山菜取りを終え、大江町古寺(こでら)の古寺キャンプ場で昼食を取りました。

古寺地区は大江町側からの朝日連峰の表玄関です。以前は集落から古寺川を遡った所に古寺鉱泉朝暘館というランプの宿があり、多くの登山客や山菜、キノコ採りの客で賑わいました。古寺に車を置き、トロッコ道を歩いて朝暘館向かいました。

私も朝日登山や芋煮会で何度か利用しましたが、今は無くなってしまいました。代わりに案内センターができて、車で行けるようになりました。

古寺地区から古寺川下流には神通峡という渓谷をトレッキングできるルートもあり、夏に涼を求め、秋に紅葉狩りを楽しむハイカーが行き交いますが、現在は通行止めになっていました。

集落は過疎化が進み、廃村になってしまいましたが、キャンプ場とトイレがあります。トイレはまだ閉鎖していました。

キャンプ場には関西ナンバーの車があり、泊りで渓流釣りを楽しいでいる方がいらっしゃいました。

炊事場から木製の椅子とテーブルを引っ張り出して、昼食の準備を始めました。

IMG_1315

箸よりも重たいものを持ったことのない遅山仙人は、椅子、テーブルを持ち上げただけで疲弊して運べなかったので、箸よりも重い竹ぼうきで掃除をしてくれました。

IMG_1317

みんなに天ぷらをすると案内していたので、山仲間S氏は大根おろしと天つゆを準備してくれました。

まず、初めにフキノトウで味噌汁を作りました。春の香りが漂いました。

IMG_1320

最初の天ぷらは、ウドです。

IMG_1319

IMG_1321

マイカーでいっしょに山菜取りをした山仲間S氏はキンキンに冷えたノンアルビールを持ってきてくれました。仙人はというと、マドロスパイプをくわえるだけでした。

IMG_1323

IMG_1324

IMG_1325

カセットボンベが使えるようになり、ガス代が浮いて大助かりです。火力は全く問題がありません。

天ぷらに大根おろしと天つゆは最高です。

IMG_1326

次にタラノメです。たくさん揚げました。

IMG_1327

IMG_1328

そして、コゴミ(クサソテツ)です。これも、たくさん揚げました。これで、本物のビールがあれば、屋外としては、とても贅沢なのですが。

IMG_1329

天ぷらで腹を満たし、食後のコーヒーを頂きました。仙人には天ぷらなので、ご飯を持ってくるように伝えておいたのですが、ご飯も炊けなくなっていました。コーヒーのタイミングでサンドイッチを出してきました。

IMG_1331

午前中の曇天から昼過ぎに太陽が顔を出し、暖かくなっていました。

椅子、テーブルを炊事場に戻して、キャンプ場を後にしました。

古寺からちょっとだけ南下して山毛欅(ぶな)峠を越えました。途中でゼンマイとウドを取り、この先、通行止めなので、同じ道を引き返しました。

朝に集合した寒河江ダムは丁度噴水のタイミングでした。

IMG_1332

山仲間S氏とは、ここで別れ、仙人と私は取り締まりを避けるため往路と同じルートで帰宅しました。

本日の収穫は下の写真の通りです。

IMG_1334

右からゼンマイ、タラノメ、ウド、イワダラ(トリアシショウマ)、コゴミです。

IMG_1335

IMG_1336

ゼンマイとイワダラは湯がいて干して、冬の食料にしました。

IMG_1540

その他の山菜は天ぷら、お浸し、サラダ、味噌汁、酢味噌和えなどにして、一杯やりながら堪能しました。

IMG_1403




himajintaro at 07:21|PermalinkComments(0)

2021年05月18日

コゴミは終わり、タラノメは丁度良く、ウドはこれから


2021.5.14

西川町大井沢の最南端の集落・根子(ねこ)から根子川林道に入り、朝日連峰の表玄関口・日暮沢小屋を目指しました。

IMG_1298

IMG_1308

林道を走ってすぐ、太くて大きなタラノメをたくさん見つけました。そのほとんどが、まだ誰も手を付けていませんでした。

IMG_1300

さらに林道沿いには、所々、コゴミ(クサソテツ)の群生地が点在し、あまり、伸び切っていないものを収穫しました。

IMG_1297

遅山仙人は「こんなにたくさん取ると目が青くなりそうだ。」と意味不明な言葉を発しながら、取っていました。彼の生誕後、どこにでもコゴミが生えている場所を見かけたのは、歴史上、初めてのようでした。

まだ、この辺りは、ほんの序の口で、林道の奥に広大なコゴミの群生地を知ってるので、仙人の驚愕も放っておきました。

IMG_1301

途中、個人の所有地にウドが出始めていました。

IMG_1304

さらに、奥に進み、大井沢出身で私と同じ研究室の同期が言っていたアメリカ橋を渡ると、通行止めのバリケードがありました。アメリカ橋は、戦後、進駐軍が架けたので、その名前がついたと言っていましたが、正直、この橋だったか、記憶に薄いところがあります。

IMG_1302

通行止めの場所から先が面白かったのですが、度重なる通行止めには勝てず、引き返すことにしました。

大井沢3

引き返す途中、イワダラ(トリアシショウマ)↓を見つけたので、急斜面を下りて行ったら、

IMG_1305

出始めのウド↓を見つけました。イワダラは、お浸しや干して保存し、煮物などに使います。

天然物のウドは香りが高く、天ぷら、煮物、味噌汁、酢味噌和え、味噌付けサラダなど多彩な料理で楽しむことができます。今回の山菜取りのメインイベント的な存在です。

IMG_1307

IMG_1306

根子から地蔵峠に向かいました。

通行止め禍中での山菜取りへで紹介したように、大江町からの県道は通行止めのバリケードが立っていました。

IMG_1309

県道に入らず、大規模林道を古寺(こでら)方面に向かいました。この付近は、道路を拡張する以前は、ウドがたくさん自生していた場所です。

以前、両親と若くして亡くなった山仲間O氏と、この付近でウドをたくさん取ったことがあります。最近は、ほとんど見かけることが無くなりました。

IMG_1310

少ないウドの自生地となった場所で仙人がウドを見つけました。

IMG_1311

同じ緑なので、どれがウドかわかりにくいと思います。

IMG_1312

地蔵峠では先ほどの大江町へ行く県道の迂回路として利用できるはずだった町道大頭森(だいずもり)線(旧田の沢林道)も通り抜けできないので、バリケードが立っていました。

この先を行くと、大頭森山の麓の峠から眼前に巨大な朝日連峰を眺望できる絶景スポットがあります。

このまま、古寺へと大規模林道を進みました。

IMG_1313

そして、山仲間S氏が林道の間知ブロックの擁壁の上にタラノメの群生地を見つけました。

普通の人なら高い擁壁の上に登ろうとはしないはずですが、私は道路の設計や工事の管理も経験したことで、道路の構造物をよく知っています。そこで、すんなりと擁壁の上の法面に上がり、タラノメをたくさんいただきました。

IMG_1314

もちろん、全部芽を取るのではなく、1本の木に複数の芽を残して今年も成長するようにします。

あるはずの無い巨石を見に 子安観音へで紹介したように、簡単登れる斜面ではタラノメはノコギリで全部切り落とされていました。

ちょうど昼近くになりました。古寺で昼食を取ることとしました。


himajintaro at 20:55|PermalinkComments(0)

2021年05月16日

通行止め禍中での山菜取りへ

2021.5.14

コロナ禍中で、いつもの山仲間3人で山にも行けず、花見もできませんでしたが、久しぶりに山菜取りに行こうと企画しました。

場所は、西川町大井沢です。大井沢は日本一の栗の木へで紹介した、映画「いしゃ先生」のモデル、女医の志田周子(しだちかこ)が生涯を地域医療に捧げた雪深い無医村でした。

山形で登山をする者にとっては大井沢は朝日連峰への表玄関です。志田周子先生の実家の甥で同じ研究室の同期から朝日連峰縦走を誘われたのがきっかけで、本格的な登山にのめり込むようになりました。

大井沢へはどう行くかということで、山形市内から最短の朝日町宮宿から朝日川を遡り、木川ダムの先から大規模林道(スーパー林道)を北上して、大井沢根子(ねこ)に入るルートを考えました。

しかし、

通行止め1
白倉、朝日自然観へ交差点の先、朝日橋から上流は冬季通行止めが解除されていませんでした。朝日自然観から大規模林道の山毛欅(ぶな)峠へ抜ける林道も冬季閉鎖のままです。

朝日鉱泉ナチュラリストの家は今年の営業を4月29日に再開したようですが、朝日橋から11km、大規模林道との交差点から4km歩いて行かなければなりません。昔は、登山をする人は11kmぐらいの距離は当たり前でしたが、車で登山口まで行くようになってからは、正直、抵抗があります。

それではと、次に近い、大江町から大井沢トンネルを抜けるルートを調べました。

通行止め2

大井沢トンネルは昨年から土砂災害で通行止めが続いており、町道大頭森線が走れそうでしたが、大江町役場に電話して確認してみました。

すると、大江町側のゲートは締まっており、大江町側の県道に土砂崩れがあり、大頭森線までは行くことができないとのことでした。

止む無く、一番遠回りの国道112号寒河江ダムの先から北回りで大井沢に入ることにしました。

当日、交通取り締まりがあちらこちらで行われるという情報がありました。このところ、山形県内では死亡事故が続いており、先日も40代のカブライダーが右折しようとした車と衝突し死亡したばかりでした。

そこで、われらポンコツカブライダーは、隣町山辺町から交通量の少ない広域農道(スーパー農道)の山道を走り、寒河江市谷沢まで一気に北上しました。そこから、交通量の多い国道112号を走らずに、寒河江川の右岸の県道を西川町本道寺まで遡りました。

大井沢5

ところが、またしても通行止めでした。

大井沢4

本道寺から国道112号に逆戻りし、ようやく、集合場所の寒河江ダムに集合時間より10分早い、午前8時50分に到着しました。

IMG_1294

車で待ち合わせしていた山仲間S氏は通勤ラッシュを避けるために早くに家を出たそうですが、午前8時には到着していました。

遅山仙人が仁田山放牧場方面に行きたいと言い出しました。放牧場から大井沢に抜けられると言い張りましたが、速攻却下しました。以前も同じようなことがあり、引き返す羽目になりました。

そこで、放牧場へのルートから分岐して寒河江川の右岸を走るルートを選択しました。

IMG_1295

途中、コゴミ(クサソテツ)の群生地がたくさんありましたが、だいぶ伸びてしまって、2、3日早ければ丁度良い状態でした。それでも、まだ、伸びていないところを取りました。

最終目的地の根子川上流には広大なコゴミの群生地があり、この辺りよりも標高が高いので丁度良いかもしれません。

しかし、しばらく道を進むと土砂と倒木で道を塞いでいました。

IMG_1296

引き返して、寒河江川左岸の県道を走り、途中から右岸に戻りました。

大井沢6

つづく。



himajintaro at 06:45|PermalinkComments(0)

2020年10月29日

日本一の栗の木へ

2020.10.9

西川町大井沢の山の中にある日本一の栗の木へ行ってきました。本当は、ツーリングで遅山仙人と行く約束をしていたのですが、仙人は音信不通となり、マイカーで愛妻と行ってきました。

日本一の栗の木はGoogleマップで大井沢周辺を見ていた時に偶然見つけたものです。

大井沢は映画「いしゃ先生」のモデル、女医の志田周子(しだちかこ)が生涯を地域医療に捧げた雪深い無医村でした。

NZFD6658

上の写真は昭和50年に発行された「周子の生涯 鈴木久夫著」の章の扉です。癌の治療ため東北大学病院に入院中の写真です。中央が周子先生、左手前は私の大学の同期で、長男が戦死して、先生の実家を継いだ弟の長男(甥)です。

同じ研究室の同級生が大井沢出身であったことから、学生時代に同級生の父上(周子先生の弟)の案内で朝日連峰を縦走したり、同級生の家に泊まったりしていました。

そんな縁もあり、毎年のように大井沢に遊びに行っていました。

日本一の栗の木には林道を走っていくのですが、間違って行き過ぎてしまいました。こういう時に、気が付いて引き返すのは地味に痛いです。これが、二輪ならば、360度視界とはいかないまでも、雰囲気で目的地がわかるものです。

引き返した戻り路でキノコを発見しました。

IMG_3277

上の写真の白いキノコはスギヒラタケです。何年か前までは普通に美味しく食べていたのですが、中毒症状を起こす人が現れて、一気に毒キノコに指定されてしまいました。

IMG_3279

次はヌメリイグチ。ナメコのようにツルツルしてますが、傘の裏がスポンジ状になり、消化が悪いとされています。カラマツ林などに大量に発生します。

IMG_3281

キノコを採った後、栗の木の入り口の駐車場を見つけました。目立たない案内板があり、見落としていました。

IMG_3299

栗の木は案内板にもあるように炭を焼く原料にされていましたが、硬くて簡単に腐らないことから線路の枕木や住宅建築の柱を立てる土台に使われてきました。

私の父は大工職人でしたが、職人気質で土台は腐りにくい栗しか使いませんでした。

IMG_3285

IMG_3297

とにかく、大きな木です。木道が敷かれ、踏み付けで根を傷めないようにしてありました。

IMG_3296

IMG_3295

イガがたくさん落ちていて、早速、栗拾いとなりました。

IMG_3288

イガの中に大きな粒が一つ入っているのが特徴です。

IMG_3290

栗がたくさん拾えるとは予想がつきませんでした。キノコも栗も、例年より2週間から3週間は時期が遅れています。

昼食は、西川町の名物、山菜そばを渓声庵でいただきました。

IMG_3317

駐車場には県外ナンバーのお客さんがたくさん入っていました。

IMG_3301

IMG_3302

山ブドウのジュースと山ブドウで染めた大根漬け、山形名物青菜(せいさい)漬けがお通しで出ました。これだけでも、県外の人はテンションが上がると言います。

メニューは山菜そばだけです。

IMG_3303

西川町の山菜そばは、春は山菜、秋はキノコの煮汁を付けて味わいます。今年は、前述のようにキノコが遅れているので、一部栽培物のキノコが入っていました。例年なら、すべて天然物になります。天然のキノコから出た味と香りが出汁になり、とても美味しい付け汁になります、

IMG_3304

秋の味覚で満足して、秋の味覚を自宅に持って帰りました。

IMG_3323

夕食は、妻の友人からもらったマイタケの炊き込みご飯、秘密のケンミンショーで度々紹介された山形のソウルフード芋煮(出典:農水省)、それに大井沢で取ってきたヌメリイグチです。

ヌメリイグチはゴミを取って十分水洗いし、大根おろしでいただきました。キノコの天然物は味も香りも強く、秋の味覚の代表的な物です。

IMG_3324

粒の大きい大井沢の日本一の栗の木の実は、栗の頭と尻にキッチンバサミで傷を入れて圧力鍋で蒸すと皮が剝きやすくなり、妻が栗ご飯と渋皮煮にしてくれました。

日本一大きい栗の木を見て、キノコ取りと栗拾いができてラッキーな一日でした。


himajintaro at 16:52|PermalinkComments(0)