釣り

2021年06月19日

余の辞書に河床の変化はない

2021.6.12

前日、夕食の仕込みをしていたら、遅山仙人から電話が入り、渓流釣りに行かないかと誘いを受けました。

以前、仙人に誘われて最上町へ釣りに行ったときは、遅くに出かけ、雨が降ってきたので、自分は竿を出さずに見ているだけで、私だけが竿を振っていました。

釣りは日の出前に現地に到着して釣り始めるのが絶対的セオリーなのですが、日が高くなってからしか出かけない仙人にクレームしていました。

すると、「日が高くなってから釣るのが名人だ」と宣うので、「それなら、手本を見せろ」と言っていたので、急遽出かけることにしました。

最近走っていない、県道山形羽入線を北上し、山形空港、東根市長瀞を過ぎて、村山市名取に向かう途中に、山形県内では二例目となるロータリー式交差点が出来上がっていました。

一例目は、長井市の長井ダムに向かう途中の広域農道との交差点にあります。

IMG_2100

ヨーロッパや南アジアではロータリー式の交差点は一般的ですが、交通量があまり多くない所に作るのは試験的なのかもしれません。

Shapla_Chottor_(17013833678)

私が20年以上通ってるバングラデシュはロータリー式が一般的で、首都ダッカでも信号機のある交差点が珍しいのです。上の写真は、多分、日本の資金も入って作られたホテル・パン パシフィック ショナルガオン ダッカ の近くの交差点だった気がします。

ロータリー中央にはバングラデシュの国花である睡蓮の花のモニュメントがあります。ちなみにベンガル語(バングラデシュ公用語)では睡蓮の花をシャプラと言います。

IMG_2101

村山市新山寺地区のスイカ畑を横切り、大石田町で国道347号と合流し、そのまま尾花沢市に入り、国道13を北上し、猿羽根山トンネルを抜けて、舟形町に入りました。

IMG_2104

仙人によると、鮎釣り解禁までの間は釣り人がいないので、この時期は絶好のチャンスだと言うのです。

IMG_2105

仙人のリクエストにより、鮎釣りのメッカ小国川を遡上し、最上町との境付近に行きたいとのことでした。

IMG_2106

仙人が昔、この時期に盛んに釣ったというポイントに着きました。しかし、たくさんあったポイントが無くなり、河床は平坦になっていました。仙人は首をかしげるばかりです。

止む無く、違うポイントで釣ったらどうかと提案しましたが、人から見られる場所で釣りたくないと言うのです。ポイントを知られることを危惧しているのではなく、入漁料を払うのが嫌だと言うのです。

小国川の入漁料を払って、正々堂々と釣ってはどうかと進言しましたが、仙人には耳がありませんでした。

耳が無い仙人には、実は本当に行きたいところがあって、そこに向かうことにしました。

IMG_2110

標高1,365mの神室山の登り口、新庄市の土内川です。

IMG_2112

IMG_2114

IMG_2122

上の吊り橋の下を流れる土内川が仙人本命の川です。

IMG_2127

仙人の十八番はテンカラ釣りで、毛鉤を使いますが、竿が長いのでスーパーカブには載せられないので、ブドウ虫を使って釣ることになりました。

IMG_2143

IMG_2128

IMG_2131

IMG_2133

IMG_2136

結論から言うと二人とも坊主でした。

仙人も私も当たりがありました。仙人は途中まで釣り上げて逃げられました。この辺はヤマメなので、一回逃げられると、ヤマメが警戒して同じポイントでは釣ることができません。

一番の失敗は、仙人が餌のブドウ虫を少なく買ってきたことにあります。私は、前日に釣具屋にブドウ虫を買いに行くと言ったら、俺に任せろと言うので任せました。

川に入って川虫を捕まえて釣るやり方もありましたが、仙人には、そんな元気が残っていませんでした。

それと言うのも、先の小国川と同じように、河床の様子が違うことで気落ちしていたことも理由にあります。

IMG_2134

昨年、大雨が続いたので、間違いなく、小国川も土内川も河床が大きく変化したのです。そのことに、仙人は気が付きませんでした。「変だ、変だ」を連発していました。

IMG_2135

川の至る所に根が付いたままの流木がたくさんありました。激しい雨が降ったことの証拠です。

昔の栄華に酔いしれたい釣り名人の遅山仙人でしたが、自分の辞書に載っていないポイントでは釣ることができなくなっていました。

気落ちした仙人に気持ちを切り替えしてもらうべく、以前から誘っていた山形県境の近くの及位(のぞき)駅に行くことにしました。

土内川を出発したのは午前10時30分でした。


himajintaro at 14:58|PermalinkComments(0)

2021年06月18日

38cmの大物

2021.6.11

前日のタケノコ取りの後、釣具屋でミミズを仕入れて、日の出前に自宅を出発して、いつもの上山の前川ダムに向かいました。

IMG_2026

先客は皆無で、いつもの忠川合流地点に向かいました。

IMG_2028

前回(2021.4.28)とは違って、無数にバスが泳ぎ回っていました。見える魚は釣れないのは当たり前ですが、今回、産卵の時期と重なり、メス一匹を大勢のオスがつけ回して、産卵のタイミングに自分の精子をかけようと必死になっていました。

あちらこちらの岸近くでメスの体が跳ねる音がして、ミミズごときには目もくれません。

1時間以上粘って、やっと、ヒットしました。ただ、今までにない大物で、上げるのに苦労しました。

IMG_2030

写真はスマホケースが左下に写ってしまいました。

9時過ぎまで粘りましたが、釣果はこれ一匹でした。血抜きと神経締めをして帰宅しました。

IMG_2033

今まで釣り上げたバスでは、一番の大物で38cmでした。さらに、産卵前のメスでした。

IMG_2042

早速、三枚におろし、皮を剥ぎ、キッチンペーパーにくるんで冷蔵庫で寝かせました。

今日は、炊事軍曹だったので、午後から、南蛮漬けの準備を始めました。

IMG_2072

IMG_2074

IMG_2076

今回は大物だったので、身も大きく、一口大に切ったものを片栗粉にまぶして、表面がカラッとなるまで揚げました。

IMG_2078

IMG_2079

途中、遅山仙人から電話が入りました。明日、渓流釣りに誘われ、行くことにしました。

IMG_2080

出汁と野菜と一緒にして冷蔵庫で漬け込みました。途中、身を天地返しをして、味を染込ませました。

IMG_2081

もう一品、前日取ったタケノコでタケノコご飯を炊きました。

IMG_2083

IMG_2085

IMG_2086

IMG_2087

夕食は、ブラックバスの南蛮漬けとタケノコご飯にタケノコの味噌汁です。


himajintaro at 11:41|PermalinkComments(0)

2021年05月06日

今年初めてのバス釣り

2021.4.28

今年初めてのバス釣りに行きました。

IMG_0402

いつもの上山市の前川ダムに日の出前に到着。車が1台停まっていました。

IMG_0403

例年よりも1か月近く早い時期だけに、雪解け水が多く、水位が高い状態でした。バスラーは一人だけで、ダムに入ってくる前川の方へと姿を消しました。いつもなら、所々でラインが伸びていく音がするのですが、全く、気配が感じられませんでした。

IMG_0404

いつものように、一匹目はブルーギルでした。少しだけ大き目です。

IMG_0408

いつもなら、ブラックバスやライギョの魚影が見えるのですが、この日は泳いでいる姿が見えませんでした。ここは見えるバスが釣れるという面白い所なのですが、姿が見えない以上、釣れるわけがありません。

それでも、ギルをすぐに釣り上げないで遊ばせていると何処からともなくバスが現れて、ギルを食べるわけではありませんが、追っかけているのがよくわかりました。

水温が低く、まだ繁殖期にならないためか、活性化せず、食欲不振なのでしょう。ただ、動きの速い物には反応があるようです。

結局、バスは一匹も上げられませんでした。

IMG_0190

今回、ミミズの餌釣りと併用して、ロッドとリールを新調しました。二男が使っていたロッドがお釈迦になったのをきっかけに、購入しました。

ただ、二男とは違って、キャスティングは下手なので、十分に練習してから、本番に臨みたいと思います。

尺八なら首振り十年と言いますが、釣りも竿振り十年でしょうか。


himajintaro at 20:24|PermalinkComments(0)

2020年07月10日

2020年最初のバス釣り

2020.7.10 前川ダム

梅雨の合間の休業日、本当は遅山仙人と大井沢に出かける予定でしたが、前日の予想で午後から雨ということになり、予定を変更して、降らない午前中を利用し、ブラックバス釣りに行くことにしました。

IMG_7574

このところ、自宅で養殖しているミミズの成長が芳しくなく、職場からの帰宅の途中、釣具屋さんからミミズを仕入れてきました。

41A0615C-083E-4331-A053-0D980827DA06

朝は雨の心配はなく、前日仕入れたミミズと道具一式を持ち、上山にあるバス釣りのメッカ前川ダムへとリトルカブを走らせました。

このダムは以前も紹介しましたが、元々、忠川池という池があり、山形県の農業土木事務所が農業用水のため池として整備したものです。このダムがいつの間にかバス釣りのメッカとなり全国に知れ渡ることになりました。

CEEE9CBC-BDEC-440D-A1E2-1F054C5AEF05

金曜日の平日にもかかわらず、先客がいらっしゃいました。もちろん、皆さん、バスラーと呼ばれるルアー釣りの覇者の方々です。

IMG_7579

私がいつも釣るポイントにはバスラーの方がいましたので、別のポイントで釣り始めました。

D2395D4D-740A-4D59-B58F-F294D83FACF2

最初に掛かったのはブルーギルでした。ここのギルは小さいものばかり。中々、大物にお目にかかったことがありません。ギルは、ミミズを水に入れた瞬間、さっと現れて、おちょぼ口で細かくミミズをちぎって食べていくという、嫌らしい食べ方をします。浮の動き方ですぐにわかります。

忠川という川から水が供給されているので、比較的水がきれいです。こちらも魚に見られているわけですが、魚の動きも見ることができるので、魚が餌に食いついた瞬間がわかります。

普通、見える魚は釣れないのですが、ここの魚たちの中には例外もいるので、結果的に釣果になってしまいます。

23DD9A2E-98F3-461F-9F79-95BD2893ABF0

釣れるのはギルばかりです。周りのバスラーからヒットした音が全くしません。仕舞にはロッドを振り、ラインが伸びていく音もしなくなったので、いつものポイントに行ってみました。

IMG_7587

最初にいたバスラーがいなくなったので、竿を出しました。ここは、前川ダムの南端、忠川の合流口です。

IMG_7588

それでも釣れるのはギルです。

IMG_7594

上の写真でもわかるようにギルはオオクチバスから比べれば、おちょぼ口です。

実は、この場所は、早朝、無数のバスとギルとライギョが行き交う場所です。川の合流地点なので比較的浅く、肉眼で容易に確認できます。いわゆる見える魚がウジョウジョ泳いでいるのです。投網があれば、一網打尽です。

今回わかったことですが、飛び跳ねる小魚をバスの一群が大挙して追いかけていました。飛び跳ねるのはバスから逃げているのだと思います。この光景が何度も何度も繰り返し行われていました。ルアーだったら何を使うのでしょうか。ペンシルのような小魚風の物でいいのでしょうか。

S__4546562

2016.8.8に、ほぼ同じポイントでライギョを2本釣り上げました。(写真上)大きいし、とてもヒットする魚です。物知りの遅山仙人からライギョは美味しいと聞かされるまで食べることを知らなかったため、この日はリリースしました。その後、1本も釣れていません。

IMG_7595

釣り始めて約2時間、ようやく、今年初めてのオオクチバスです。ミミズに食いついた瞬間が見えました。見える魚でした。

IMG_6490

私がバス釣りに使う道具は安い釣竿の他、上の写真ような道具です。持ち帰り、食料にするため鮮度を保たたせます。

千枚通しで脳に刺し、出刃包丁でエラの奥の血管を切り血抜きし、専用の針金で神経締めをします。このやり方は、農水省のYouTubeで覚えました。

IMG_7610

IMG_7614

本日の釣果はオオクチバス3本、ブルーギル15本でした。最初に釣り上げたものが33cm、残りは26cm、25cmでした。

死後硬直せずに、自宅に持って帰れました。ここからはグリル厄介です。一番大きなバスは消化しかけた小魚を抱えていました。さらに、カニも食べていたようです。

IMG_7617

IMG_7625

IMG_7618

いつものように三枚に下し、皮をはぎ、冷凍しました。

IMG_7619

IMG_7620

今回のバスは、今までと違う料理にしたいと思います。今後、尺物をたくさん釣り上げられたら、燻製に挑戦したいと考えています。

それにしても、大物を釣り上げるにはルアー釣りもする必要があるようですが、初期投資がかかり過ぎます。ビギナーでも10万円はかかることを考えると躊躇しています。メルカリから安いものを探してもらった娘からは、これから一生バス釣りをすることを考えたら高くないのではと言われました。

確かにヒットした時の醍醐味と食料確保と料理ができることを考えれば安いのかもしれませんが、釣る方法は餌釣りやルアー釣りだけではありません。金を掛けないでも大物を釣り上げる方法は頭を使うしかないようです。 

himajintaro at 21:45|PermalinkComments(0)

2019年08月19日

久しぶりにブラックバス釣りに 2019.8.9

昨年は養殖しているミミズの成長が悪く、ブラックバスは釣ることができませんでした。今年は、生育状態も良く、久しぶりに上山市の前川ダムに食料調達に出かけました。

IMG_1014

IMG_1016

IMG_1019

ガソリンが少なかったので携行缶で給油し、日の出前の朝4時30分に出発しました。

前川ダム

前川ダムへは、いつも裏口から入ります。国道13号からが正面になりますが、二桁国道は走りたくないので裏街道を走ってきます。

IMG_1022

IMG_1020

平日なので、バスラーは全くいないことが多いのですが、この日は平泉ナンバーの車が一台止まっていました。

このダムはブラックバスのメッカで全国的に有名で大会などが行われると聞いたことがあります。多分、大物がいるのでしょう。

前川ダムは、元々、忠川池という農業用の小さなため池でした。農林水産省の補助金をもらって、山形県の県営事業で作られたロックフィルダムです。

IMG_1025

夏の渇水期なので、水はかなり少なくなっていました。

IMG_1048

見える魚は釣れないといいますが、ここは例外です。

IMG_1027

動いているミミズを食べにくる魚たちが見えます。

一番最初にヒットしたのはブルーギルでした。ブルーギルは小さい口で少しずつ食べにくるので、ウキの動きが小刻みに動くでブルーギルであることがすぐにわかります。

ブラックバスが見えている状態でよく観察すると、直ぐに食べにくるのではなく、一回、立ち止まってミミズの動きを見ます。本物だと確信すると大きな口で一気に飲み込みます。今回は、ウキの動きに関係なく、ミミズが口の中に消えた瞬間釣りあげることができました。

案外、人間に警戒することなく、餌を食べてくれました。

IMG_1041

ただ、大きいサイズでゆったりと泳ぐバスや白と黒の二匹で泳いでいるバス、水面に口を出して泳ぎ回るバスは、ミミズには見向きもしません。

バスラーの釣りは、バスのいそうな所にルアーを放って食い気を誘って大物を狙いますが、ミミズ釣りの場合は、ミミズを放っておいて泳いで来るバスに食べてもらうというフナ釣りと同じやり方です

釣りあげたバスは、脳を千枚通しで刺した後、出刃包丁でエラの裏の血管を切り血抜きします。その後、専用の針金を使って脊椎を貫通させて、神経締めします。

こうすることで、死後硬直せずに、新鮮なまま、持って帰ることができます。この方法は、宮古島の漁師相手に水産庁の職員が神経締めの講習をしているYouTubeを見て覚えました。

IMG_1049

朝5時から8時までの3時間の釣果はブラックバス6匹、ちょっと大きめのブルーギル1匹でした。

IMG_1060

早速家に持ち帰り、一次処理をしました。神経締めをしているので死後硬直せず、処理が大変楽になります。

IMG_1061

一番大きいもので28cmでした。いわゆる、尺ものを釣りたいところです。1cm違うだけで身の付きが大きく違います。35cmなら、かなり身が厚くなります。大きいサイズのバスは、ルアーで上手に騙して釣るしかないのかと思います。

ブルーギルは元々平たい魚なので、大きいサイズにならないと食べられるほどの身を付けてくれません。

IMG_1065

先ずは頭と内臓を落とします。

IMG_1072

IMG_1078

次に三枚に下します。

IMG_1079

IMG_1082

この後、皮をはぎます。ここが臭みのあるところです。

IMG_1083

IMG_1084

きれいな白身の魚です。三枚に下して、皮をはいでしまうと、身が小さくなってしまいます。一枚一枚、ラップに包んで冷凍します。虫がいるので冷凍保存しておきます。

IMG_1086

これで一次処理は終了です。次回は、調理例をご紹介します。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)