お土産

2021年09月19日

仙人のリアボックスがなせる業

2021.9.10

岩出山で「おおくぼのかりんとう」を買い付けて、坪田菓子店を出発したのが午前11時15分でした。

国道457号を南下し、加美町中新田で給油しました。遅山仙人のスーパーカブはリトルカブと1リットル以上の差を付け、相変わらずの高燃費をマークしています。

そのまま、457号を南下し、宮床ダムのあさひな湖畔公園に四阿(あずまや)を見つけましたが、火器厳禁とあり、諦めて国道に戻り、宮城県宮床ダム管理事務所の隣の駐車場にコンクリート製の四阿(あずまや)を発見し、昼食場所としました。

IMG_4575

仙人のリアボックス初公開!

この中にたくさんのコレクションが埋もれています。道の駅や坪田菓子店で買ったピーマン、大根漬け、大福もち、かりんとう、シソ巻きが辛うじて入っています。

これでは、普段の買い物は入りません。コレクションは増えていくばかりで、少なくなることがありません。

仙人が現役の教師時代、マイカーの中もコレクションが散乱し、生徒たちの間でも超有名人でした。また、我が家にマイカーで現れて、妻が車の中を見てビックリしたことを覚えています。

IMG_4576

クーラーボックスのノンアルコールビールとカップラーメンと前の日に作っておいたホットプレスサンドで昼食を取りました。

昼食後、定義の三角油揚げを求めるため、岩出山へ 定義の三角油揚げと同じルートを走り、定義とうふ店に向かいました。

IMG_4579

平日の金曜日、コロナの影響もあり、観光客はまばらで三蜜になる可能性は皆無でした。

名物の三角油揚げは、家族からのリクエストで、息子たち家族と2袋購入しました。

5枚入りで600円です。揚げたては、もちろん美味しいのですが、冷凍しておき、軽く電子レンジで解凍した後、オーブンレンジやトースターで焼き、唐辛子やショウガ、醤油で食べると、とても美味しく、定義に来たら必ず買って帰ることになっています。

IMG_4578

本当は、買って、すぐに帰りたかったのですが、仙人が食べたいと言うので、「どうぞ」と言いました。しかし、自分だけ食べたくないと、いつものように私を道連れにしようとしました。

昼食を取ったばかりなので、食べたくありませんでしたが、「としょりんぼこ」と思って付き合うことにしました。

「としょりんぼこ」とは、古い山形弁で「としょり」は年寄り、「んぼこ」は子供という意味です。年寄りが子供のようにわがままを言うことを揶揄する方言です。

IMG_4581

歯の悪い仙人が美味しく三角油揚げを食べ、愚痴っていました。

IMG_4585

昨年秋、バイク屋で交換してもらった仙人のタイヤが消耗が激しく、特に前のタイヤの方が劣化が激しく、実質1年で終わりそうです。

高燃費といい、タイヤの消耗といい、これもそれも、重たいリアボックスがなせる業です。

IMG_4586

腹いっぱいのお腹を抱え、二口峠を越えるため、秋保に向かいました。

定義を出てすぐ、息子からFacebookのメッセンジャーに入電がありました。いつもツーリングの途中経過をFacebookに載せていますが、三角油揚げの写真をアップしたので息子が反応したようです。

三角油揚げを買ってきて欲しいということでした。一袋買ってきたと言うと安心していました。

我が家族では三角油揚げは絶大な人気を誇ります。

岩出山へ 二口林道と同じルートで二口峠を目指しました。



himajintaro at 08:00|PermalinkComments(0)

2021年09月18日

また、おおくぼのかりんとう

2021.9.10

あ・ら・伊達な道の駅でROYCE'のポテトチップチョコレートを買い付けて、元来た道を逆戻りし、有備館の駐車場近くの陸羽東線の踏切まで戻ってきました。

有備館

有備館の前を通ると臨時休業の張り紙がありました。伊達家が作った学校も歴史的建造物なので社会教育施設です。

栗原市の孤雲屋敷(千葉周作ゆかりの家)と同じように大崎市の有備館も休業の措置が取られていました。

そして、向かったのが「おおくぼのかりんとう」の坪田菓子店です。

IMG_4572

実は、このブログの人気度No.1がタコメーター付けましたで、No.2が岩出山へ おおくぼのかりんとうなのです。なにゆえに、「おおくぼのかりんとう」がヒットしているのかわかりません。

IMG_4568

相変わらず、一斗缶のかりんとうが並んでいました。前回は香典返し用に二缶、自宅に送ってもらいました。どちらも、事業所でしたが、皆さんには大変喜んでいただきました。普通の黒砂糖の棒状のかりんとうとは、全く異なる形状と様々な味付けが人気のようです。

たまたま、妻が近くのスーパーで一斗缶の安売りを見つけて買ってきて、美味かったので我が家でも人気に火が付きました。岩出山に行ったら、必ず、買ってくるとなってしまいました。

IMG_4569

遅山仙人は、かりんとう一袋とシソ巻きを買っていました。リアボックスに入るスペースがあるのか?はなはだ疑問です。

私たちがこの店に到着した時、店主が店の前に出ていて、カブで来たことを知って、これから観光地を回るのかと尋ねられました。

すでに、花山湖とあ・ら・伊達な道の駅に行ってきたことを伝えると驚かれていました。

IMG_4570

IMG_4571

ROYCE'のポテトチップチョコレートをクーラーボックスに入れて、前カゴに移し替えたのは、かりんとうのスペースを空けるためだったのです。

IMG_4573

家族のリクエストを無事にリアボックスに収め、岩出山へ 今回も昼食は蕎麦岩出山へ 定義の三角油揚げと同じルートを南下して、昼食場所を探しました。今回も昼食は弁当持参です。


himajintaro at 07:12|PermalinkComments(0)

2021年09月17日

あ・ら・伊達な北海道

2021.9.10

伊達な

道の駅 路田里 はなやま自然薯の館から折り返して、来た道を逆戻りしました。本日、第二の道の駅、あ・ら・伊達な道の駅に向かいました。

実は、今回のツーリングの目的は、妻と娘からポテトチップチョコレートのリクエストを受けて、この道の駅にある北海道のROYCE'(ロイズ)に行くことだったのです。

チョコ好きで、方々に彼氏と遊びに出かけている我が娘も、行ったことがない道の駅です。デパートで北海道展でもしない限り、ROYCE'の製品を山形で買うことはできません。その、デパートも山形には全く無くなってしまいました。通販で求めるしかありません。

出発前にFacebookに「北海道に行ってきます。」とアップしたところ、同級生たちが、「えっ?」とか「海渡りますか?まだ雪はふりませんね!」とコメントをくれました。

IMG_4558

遅山仙人には、この道の駅に来る目的は伝えていませんでした。チョコレートには全く興味を示さないだろうし、まして、お土産として、あげる人もいないだろうと思っていました。

案の定、ROYCE'を知りませんでし、買うこともありませんでした。

IMG_4561

この道の駅は、全国の道の駅の中でも顧客満足度No.1になったところです。岩出山伊達家が北海道当別町の開拓に関わったことが縁で出店したROYCE'の直営店が本州ではここだけということです。

仙人は岩出山伊達家が北海道当別町の開拓に関わったことは知りませんでした。ROYCE'の直営店の意味も分かりませんでした。

IMG_4559

駅に入って、一番最初に、ROYCE'の店舗に向かい、目的のポテトチップチョコレートを買い求めました。

IMG_4560

今回、チョコレートを買う目的があったので、クーラーバッグを二つとたくさんの保冷材を持って行きました。昼食時に飲むためにノンアルビールを忍ばせていました。

チョコレートは大きなクーラーバッグに詰め、ノンアルビールは小さなクーラーバッグに詰め替えました。リアボックスに入れてあった大きなクーラーボックスは前カゴに載せ替えました。

IMG_4566

クーラーボックスにチョコレートに入れた後、再度、駅の中に戻りました。入り口手前右側にROYCE'のソフトクリームもありましたが、仙人が抜歯後の長らくの痛みに耐えかねていることを考えれば、自分だけソフトクリームを買って食べることはできませんでした。本当は、私は大のアイスクリーム好きなのですが。

道の駅はハイカラな店舗で、ROYCE'の辺りは国際空港の免税店を思わせるような雰囲気がありました。産直の野菜も道の駅 路田里 はなやま自然薯の館よりも種類が格段に多く、安いので、仙人としてはもっと買ってきたかったのですが、リアボックスに入れられるスペースが限られています。

ポテトチップチョコレート購入という目的を達成し、国道108(47)号を南下せずに小僧街道踏切に戻り、裏道を走って岩出山に向かいました。






himajintaro at 09:20|PermalinkComments(0)

2021年09月16日

期待するだけ無駄

2021.9.10

岩出山03

社会科見学のメッカ、花山ダムから道の駅 路田里 はなやま自然薯の館に到着しました。

IMG_4546

Googleマップには午前8時30分開店とありましたが、実際は9時30分が開店時間でした。30分ほどベンチで暇をつぶしていました。

ダムから来る途中、遅山仙人が城の看板を見つけたと言うので、それなら、「開店まで30分もあるので引き返して見てきたらどうか」と勧めました。「遠慮なくどうぞ」と、けしかけましたが、私が行かないと行きません。連れションでないと行けないのです。

私は、この周辺に「館(たて)」と呼ばれる城下の家臣たちの屋敷(城)跡がたくさんあることを調べていました。その中の一つを案内する看板が国道398号沿いにあったのです。そのことを知らない仙人は、城と聞くと落ち着いていられなくなります。

そんなことをしているうちに9時半の開店になりました。

IMG_4555

店先でピーマンの袋詰めが安いと仙人が一袋買うことにしました。

IMG_4554

IMG_4552

自然薯(じねんじょ)の館というぐらいだけに、本物の自然薯が売られていました。

IMG_4550

値段を見てビックリです。嵐の相葉雅紀とバイキングの小峠英二、ハライチの澤部佑が自然薯を掘る番組を何度か見ましたが、その苦労を考えれば、天然物ならば、決して高くはありません。

ただ、疑い深く考えれば、天然物にしては、すらっとしている感じが否めません。栽培物は、田んぼの暗渠排水に使う穴あきの塩化ビニールパイプの中で作れるはずです。

店の人に天然物か栽培物かの確認はしませんでした。

この店の奥にある食堂では自然薯料理が名物だったはずです。

IMG_4551

仙人は、ピーマンの他に大根漬けを買いました。最初、秋田のいぶりがっこ風の漬物を手にしていましたが、よく見ると、九州で作られたものでした。抜歯後の痛みが取れず、ご飯をやっとの思いで食べている人間とは思えません。

道の駅や土産物屋で見られることですが、他県で作られているものが半数近くを占めるところが多いと思われます。こういう店は魅力を感じません。

さて、鶴岡市でメロンを買ってこられなかった恨みつらみがある仙人のために、前もって二つの道の駅に立ち寄るので、リアボックスを空にするように伝えておきましたが、その結果はどうだったかというと、見事に期待を裏切ってくれました。

仙人は普段の買い物もリアボックスに入れることができず、前カゴと両ハンドルに買い物袋をぶら下げて帰るという、一見、不自由な買い物生活をしているようです。

不自由ではあっても、事故らない限り、リアボックスは空にならないと思います。事故って、痛い目に遭って初めて、それがトラウマになり、必要もないぐらい毎回同じ行動を取るようになります。

仙人と同じような人格というか、性格といういうか、本来は別な言い方をするのですが、ここでは、その程度に止めて、私には同じような知り合いや身内がたくさんいますが、彼らの行動の規範の一つになっているがトラウマのようです。

これ以上の話は、別の機会にするとして、先ほどの「館」については、仙人に私が解説して、次の道の駅に向かいました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2021年08月09日

笹川の流れと塩アイス

2021.8.5

笹川の流れ

新潟県村上市街地から日本海沿いの国道345号を北上しました。途中、笹川の流れという風光明媚な景勝地があります。

IMG_3573

この日は天気が良く、波は穏やかで、透明感が高く、久しぶりの日本海に感動しました。遠くに淡島が見えます。

IMG_3574

間もなく、朝の通勤時間にかかってくるのですが、比較的交通量が少なかったこともあり、快適なツーリングとなりました。

IMG_3576

途中、JR菊川駅と併設している道の駅の駐車場で小休止としました。遅山仙人曰く、この先に塩アイスが食べれるところがあると言うのですが、時間が早いので期待せずに走っていくことにしました。

IMG_3575

とにかく、きれいでした。

IMG_3577

眼鏡岩の狭い砂浜に、たくさんのテントが張られていました。駐車場も一杯でした。世間は、学校の夏休みです。子供連れの家族で賑わっていました。

IMG_3578

IMG_3579

IMG_3580

こんなにきれいな海で釣りがしたいという欲望にかられました。

IMG_3581

IMG_3582

笹川の流れ2

仙人の言う塩アイスが食べられると思われる「ソルト アンド カフェ 笹川流れ塩工房」が国道の左側にありました。

IMG_3585

朝8時を回ったばかりなので、塩アイスが食べられるかどうか、仙人が偵察に行きました。工房は開店していました。

IMG_3586

工房の中には、塩を作る窯が白い湯気を立てて5基並んでいました。

IMG_3587

塩を作っている所だけに塩が売られていました。

IMG_3589

IMG_3590

仙人が言う塩アイスとは藻塩が入ったソフトクリームのことでした。一つ350円でした。工房の方から、藻塩を追い塩すると、さらに美味しいと言われて、藻塩をふりかけました。

IMG_3592

こんなに美味しいのなら、普通にアイスクリームを買い、藻塩をふりかければ良いのではないかと、藻塩を一袋買い求めました。

鉄腕DASHのDASH島でリーダーの城島が藻塩を作っていたのを思い出し、料理に使おうと思いました。

IMG_3593

工房の人によると笹川の流れと言われている奇岩と潮流が見られるのは、この辺りが北限とのことでした。

IMG_3594

工房から北上し、村上市勝木で国道345号(日本海パークライン)とお別れし、給油しました。

155kmを2.02リットルで76.7km/リットルでした。ほとんど平坦部の走行なので、80km/リットル以上のはずでしたが、リアのスポロケットを2丁増やした分のロスかもしれません。

国道7号に入り、府屋から寄り道することにしました。





himajintaro at 07:57|PermalinkComments(2)