登山

2021年06月13日

田んぼの神様の湿原へ

2021.6.10

年休消化のため、いつもの遅山仙人と山仲間S氏を誘って、蔵王エコーライン沿いにある御田ノ神湿原に行ってきました。

ここは、昨年の6月12日に単独で行ったところです。チングルマの楽園へで紹介しています。御田ノ神は多分、五穀豊穣、田んぼの神様なのでしょう。

水源である湿原に祠があるのですが、蔵王には、もう一か所、地蔵岳の西側、観松平(かんしょうだいら)という湿原地帯の東側の登山道沿いにも御田神の祠があります。まずは樹氷高原駅まで歩いて下るで紹介しています。

仙人は朝早く起きて、再び寝てしまって15分遅れで、刈田駐車場に全員集合。

IMG_1989

IMG_2007

宮城県側にある駐車場に車を置いて山形県側に戻り、湿原の入り口に到着。

IMG_1990

昨年は無かった「注意 熊出没」の看板が目立ちました。

IMG_1991

昨年とは打って変わって快晴です。

IMG_1992

葉山、月山、朝日連峰、飯豊連峰、吾妻連峰の大パノラマです。

IMG_1993

あまりにも天気が良く、湿原の花々も光が当たりすぎでメリハリがなく単調という贅沢な感じがしました。

IMG_1994

避難小屋の先の御田ノ神の祠の前でコーヒータイムとしました。

IMG_1995

祠の前にはお賽銭がたくさん積み重なっていました。最近、賽銭泥棒の話題がTVで賑わっているので、仙人が泥棒に盗られると言い出すと、S氏が賽銭を自由に持っていける神社もあると返しました。

私も、困っている人は賽銭を持っているという神社のテレビは見ました。こんなところまで来て賽銭を失敬する不心得者はいないだろうと話はまとまりました。

IMG_1996

S氏にとって、この場所は嫌な思い出の場所です。

2016.6.12に山仲間5人で、この祠の前でコーヒータイムを取っていた時のことです。当時、腰が悪く、胡坐をかくことのできなかったS氏とK氏は木道から片足を出して腰かけていました。

そこに、山岳パトロールの女性が来て、木道以外の場所を荒らすなと注意しました。腰が悪いことを告げましたが、詫びもせずに帰っていきました。最初に理由も聞かずに、注意するだけして帰って行った女性に、一同、場が白けてしまいました。

そんなことを思い出してしまいました。蔵王御田ノ神湿原 20160612で当時の思い出を紹介していますが、その時は、そんな嫌な話は書きませんでした。

コーヒータイムを取った御田ノ神の祠のそばの水の流れに無数のオタマジャクシがひしめいていました。



どんな両生類なのか見当もつきませんでした。

IMG_1999

この頃、暑い日が続き、後、一週間でコバイケイソウの花が満開になりそうです。

IMG_2002

昨年よりもコバイケイソウの数が多そうです。花芽も半分ぐらいは持っているようです。できれば、日の出前に来て、日の出に輝くコバイケイソウの花の群落を見たいものです。

IMG_2006

駐車場に戻り、中央高原パラダイスゲレンデの片貝沼に向かいました。


himajintaro at 18:17|PermalinkComments(0)

2021年03月20日

千歳山の松の緑が無くなる!?

2021.3.19

今年初めての山登りに行ってきました。いつもの革の重登山靴をリトルカブの前かごに載せて午前9時に自宅を出発しました。今回は体力の無い遅山仙人と腰を痛めている山仲間S氏は誘いませんでした。

IMG_8630

ピラミダルな千歳山に近づいて写真を撮ろうとしたとき、南斜面にやけに光るものが多いことに気が付きました。そして、本来なら斜面一面が常緑のアカマツの緑色で覆われているはずなのに、緑色がとても少なく感じました。

IMG_8633

IMG_8634

昨年、山仲間3人で登った時と同じように9時30分に北側の登山口から登りました。久しぶりに千歳山登山で紹介しています。

IMG_8636

IMG_8638

IMG_8639

岩五郎稲荷神社に登山の安全を祈願し、登山道を登り始めて異変に気が付きました。

IMG_8641

樹幹注入対象物と表示されたアカマツが登り始めてすぐの所にありました。これは、アカマツの栄養と水分を吸い上げて枯らすマツノザイセンチュウに侵された木です。

IMG_8642

この木は切り倒される運命にあり、倒した後に薬剤を木の中に入れてビニルで覆い、センチュウを媒介するマツノマダラカミキリが逃げられないようして封じ込めるのです。

IMG_8648

IMG_8650

もう、至る所でアカマツが切り倒され、無残としか言いようがありませんでした。

IMG_8654

IMG_8655

下の写真は、千歳山に向かう途中、最初に異変に気づいて撮影した場所です。

IMG_8652

IMG_8654

IMG_8661

IMG_8662

今年2月には伐採作業が行われていたことがわかりました。さらに、下の写真にのように、ナラ枯れにより雑木までもがたくさん切られていました。

IMG_8663

千歳山は国有林です。管理は林野庁になります。久しぶりに千歳山登山で紹介したように林野庁は千歳山のアカマツを守るつもりは毛頭ありません。自然の遷移に任せるつもりなのです。先駆植物であるアカマツから雑木林に代わることは自然の成り行きとしても、その雑木までも枯れてしまうのでは、千歳山がムソルグスキーの音楽のようになってしまわないかと心配です。

これから春に芽吹きが始まると多くの山形市民が千歳山の変貌に驚くことになるのでしょう。

IMG_8664

IMG_8665

山頂には10時10分に到着しました。ゆっくり登って40分でした。

いつもは、ガスコンロにフレンチプレス持参ですが、今回はフレンチプレスで煎れたコーヒーを真空式ステンレス魔法瓶に詰めて持って行きました。バナナ一本とコーヒーで休憩です。

平日にもかかわらず、次々に登ってくる方がいました。そのほとんどの方は、休憩もせずに、そそくさと下りてゆきました。千歳山のような山であれば大した体力も使いませんが、どんな山であっても、登山の鉄則は、十分に休憩時間を取るということを先輩たちから教えられました。それが不測の事故を防ぐ最大のマナーだと思います。

IMG_8670

十分休んだ後、西から登ってきた道を下らずに、南側へと下りていきました。

IMG_8685

南斜面も同じように伐採された跡がたくさん残っていました。今は草も生えていないので、丸見えの状態です。

IMG_8686

途中から、西側にトラバース(横断)するルートに分かれて、西側の登山道に戻りました。

IMG_8690

後半は太陽が顔を出し、山形市街地はもちろん、遠くに真っ白な朝日連峰、月山、葉山が良く見えました。

IMG_8691

IMG_8694

無事に下山しました。登り40分、下り30分です。久ぶりに、千歳山こんにゃくを買って帰ることにしました。

IMG_8695

店の人によると、コロナの影響で客足はさっぱりだそうです。逆に千歳山の登山客が増えたそうです。増えた登山客イコール店の客にならないところが厳しい現実のようです。

IMG_8697

IMG_8697

山形のソウルフード、醤油の出汁に煮込んだ玉こんにゃくを包んでもらっている間、お茶を一杯いただきました。

IMG_8698

IMG_8699

玉こんにゃくを3本注文し、自宅にお土産に持って帰りました。

IMG_8700

IMG_8704

袋の中に辛子も3つ入っていました。千歳山こんにゃくは大きくて硬くて味が染みていて美味しいのです。そして、この辛子がとても効くのです。鼻にツーンとくることは分かっているのですがたくさん付けて食べてしまうのです。

IMG_8705

今回、千歳山に軽く登れました。これから、少しずつ高度を上げてゆき、今年は宮城県との県境にある翁山と船形山(山形県側の呼称は御所山)に登ることを目標にしたいと思います。


himajintaro at 06:41|PermalinkComments(0)

2020年11月20日

とりあえず、二口峠に向かう

二口林道02

秋保大滝を出発したのが午前12時過ぎでした。雨が降り出して、雨雲レーダーを見ると雨雲がこちらに向かっていました。秋保大滝の駐車場にあるレストハウスや向かい側に蕎麦屋さんもありましたが、弁当を持ってきたことと、観光客の多さを考えると、屋外で昼食を取った方が良いと考えて二口林道を目指しました。

雨が本降りになってきたので、仙台市秋保ビジターセンターでしばし雨宿りをしました。

IMG_3997

IMG_3998

ここは蔵王連峰の面白山から山形神室方面の登山の案内所になっており、この先にあるキャンプ場の申し込み受付もしています。ちょうど、キャンプ場を借りたいという女性が申し込みにきていました。

IMG_3999

IMG_4002

館内は様々な展示物やパンフレットなどの資料が置いてあります。仙台市は登山客や観光客に対するサポートが充実しています。

山形県側といえば山寺という全国的な観光地はあるのですが、観光客相手の商業ベース的な案内所はあるのですが、登山客に対するサポートは見劣りします。

それはなぜかと言えば、一つは圧倒的に山寺への観光客の方が多いということと、山形県内には他にたくさんの有名な山があるので、この山域だけに対するサポートは薄くなります。

蔵王連峰の登山客は山形県側よりも宮城県や福島県の方が多いような感じがしますし、よく宮城県のハイカーに言われるのは、山形の人たちは羨ましいそうです。

鳥海山、月山、朝日連峰、蔵王連峰、飯豊連峰、吾妻連峰などの山々に囲まれて、住んでいる所からすぐにでも登れることが羨ましいと言うのです。

私たち山形県民は自然の豊かさに慣れ過ぎて、山形は何もない所だと卑下しているところはあると思います。

IMG_4003

雨が小降りになってきたので出かけることにしました。ここから二口林道の始まりです。雨雲レーダーでは30分後には雲の塊が切れるという予想です。

二口林道01

IMG_4005

磐司岩(ばんじいわ)(写真上)は磐司磐三郎(ばんじばんざぶろう)という伝説の狩人にちなんだ名前の柱状節理の岩の名所です。

IMG_4009

金曜日で昼の時間帯ということもあり、通り過ぎるマイカーの数も少なめでした。姉滝までは車がありましたが、そこから上は、秋保温泉や秋保大滝に比べると静かなものでした。

IMG_4010

IMG_4014

IMG_4016

IMG_4024

見晴らし台まで来ました。今まで走ってきた、くねくね道が眼下に見えます。磐司岩の谷を挟んだ右側にも岩が見えます。

昔、新緑のころ、列車で山寺駅に行き、そこから歩き、二口峠を越えて、ビジターセンターの所から仙台市営バスに乗って陸前白沢駅に行き、列車で帰ったことがあります。

新緑が芽吹き、山全体が萌黄色になり、ちょっと春霞的な淡い色の中に、左右の大きな岩の対照的な色合い。あの時の感動は今でも忘れられません。

私にとっては紅葉の秋保よりも新緑の秋保のインパクトが大きいのです。

郷愁に浸りながら、雨の中を二口峠に向かいました。

himajintaro at 07:49|PermalinkComments(0)

2020年10月23日

翁山のリベンジならず、白鷹山へ

2020.10.16

昨年11月22日、山仲間3人で山形県尾花沢市と宮城県加美町にまたがる翁山(おきなさん)に登山をする予定で登山口に向かいましたが、予想より多い積雪により途中で断念しました。この時の様子は蕎麦屋「ふくろう」の天ぷらは増量進行中で紹介してます。

そこで、今年こそはリベンジとして10月16日に翁山を登る計画を立てましたが、山仲間S氏が腰を痛め、遅山仙人が音信不通となり、翁山はあきらめて、単独で白鷹山に向かうことにしました。

白鷹山03

山形市の西部、白鷹丘陵の最高峰・白鷹山(しらたかやま)は山形市におけるお天気情報の山として昔から市民に親しまれてきました。白鷹山が曇ると雨が降ってくるという言い伝え通り、しばらくすると雨が降ってきます。現に、白鷹山から西に延びる尾根には東日本をカバーする雨雲レーダーが設置されています。

白鷹山は県民の森湖沼群の南西部に位置し、カルデラ外輪山を形成しています。

干ばつの年に白鷹山に登る途中、水の入った瓢箪を転んで落としたため蓋が外れて沼がたくさんできたという昔話が残っています。

湖沼群の中の曲沼(まがぬま)は10月2日のツーリングで紹介したジュンサイの生息地です。

白鷹山01

登山ルートはたくさんありますが、私は山辺町畑谷の嶽原(たけばら)から登って、山形市門伝の大平に下りてくるパターンが大半です。

嶽原は私の母が生まれ育った所で、私は幼いころから従弟たちと何度も白鷹山に登っています。しかし、台風9号の土砂崩れにより通行止めになっていました。

IMG_3412

IMG_3413

やむなく、大平に引き返して、大平から登ることにしました。

白鷹山02

IMG_3414

大平のT字路には道標が立っていますが、登山道の入り口には標識が無いので分からにかもしれません。そのまま、道路なりに進んでも登山口に出ますが、大回りなので、登山道に入ります。

IMG_3416

沢沿いの畑の中の道を進むと、ようやく案内標識が出てきます。

IMG_3419

IMG_3420

IMG_3421

杉林の中に入ります。

IMG_3422

IMG_3423

杉林を抜け、尾根の立ち上がりの所に「うがい場」と呼ばれる水場があります。ここから先は水場が無いので、ここで美味しい水を汲みます。

IMG_3425

IMG_3426

うがい場周辺は平成天皇で有名になったユキツバキの群生地になっています。

IMG_3428

尾根を登り始めると東北電力の送電線の鉄塔が立っています。私たちの生活にとっては欠かせない電力線ですが風景を台無しにしていると言っても過言ではありません。

IMG_3429

IMG_3430

ここから急登が始まります。階段になっているので歩きやすいのですが、このルート最大の難所です。

IMG_3431

ブナ林になり、途中に大きなブナの木が登山道の真ん中に立っています。

IMG_3432

今年の5月に作ったのか、「大鷹ぶな」という手作りの看板が枝にかけてありました。白鷹丘陵では最大のブナの木です。もっと低い山で、このぐらい太いブナの木は鶴岡市の日本海側にある高館山にあります。

IMG_3433

上から見ると、こんな感じです。写真下

IMG_3434

大鷹ぶなを過ぎると登りは緩くなり、右斜面はカラマツの林に変わります。

IMG_3435

左はブナ、ナラ、右はカラマツの登山道を進むと上山市の放牧場からのコースと合流します。

IMG_3436

IMG_3437

ここから、尾根を800m進みます。尾根のトップを走る以前からの登山道と幅の広い登山道が並行して走ります。幅の広い登山道もしばらく前にできたものです。

20年以上前、山仲間O氏と山スキーで大平から放牧場に登り、そこから幅の広い登山道を登っていきました。山頂直下までスノーモービルが走っていたので、山スキーで登りやすく、帰りも快適に下ることができました。

IMG_3438

私は右の道を歩きました。

IMG_3439

尾根沿いにブナが続き、真っ赤になるモミジなどは、まだ色が付いていませんでした。

IMG_3440

まだ、朝の8時半ごろで空気も澄んでいて、カルデラの外輪山である東黒森山、その奥に山形盆地が広がり、蔵王連峰、甑岳、村山葉山の山々が良く見えました。

IMG_3441

IMG_3442

幅の広い登山道はここで終わりです。ここから、少しだけ登りがきつくなります。

IMG_3443

朝の横からの光がブナの影を登山道に落としています。

IMG_3444

昔、嶽原の祖父から「天狗の相撲取り場」という場所があると教えられました。急斜面で夏はとても登れないので、3月の初め、雪が硬くなったところを見計らって、その場所に登って行ったことがあります。その場所が、上の写真の奥になります。

とても、相撲が取れるほど広い場所ではありませんが、ちょっとだけ尾長が平らになっています。天狗は宙に舞うことができるので、ちょっとだけ平らな場所があれば良かったのかもしれません。

IMG_3447

山頂直下で、一旦、南側にトラバース(巻いて)します。

IMG_3448

トラバースした先はT字路になっており、南陽市小滝から登ってくる石段と合流します。こちらが白鷹山の表玄関となります。

IMG_3449

IMG_3451

石段はとても急で、経年変化で水平の部分がとても狭くなっていて、大人の足では蟹股かカニの横歩きでないと登れません。

少なくと40年前は水平部分は、もっと広かったことを記憶しています。多分、登山人口が増え、特に、毎年、多くの小学生が山形市少年自然の家の宿泊学習で大挙して訪れているので、だんだん石が土の中に食い込んできたためと思います。

日陰で湿度があり苔生しているため滑りやすく、下りが特に危険です。脇にロープが張ってありますが、大人の手が届く高さでないため、慎重に下りる必要があります。

IMG_3452

山頂付近には太い杉の木があります。雷で何本か幹割れしたために伐採されて、以前より本数が少なくなりました。

伐採された杉を製材して作った柱が実家に使われています。山辺町畑谷の製材所が母方の遠縁の親戚にあたり、大工だった父が実家を建てました。かなり樹齢が古いため、とても細かい木目の良い柱です。

IMG_3453

IMG_3454

大平から、ちょうど1時間。時刻は午前8時40分です。この時間は、誰もいません。

行基開山により丑寅の守り神の虚空蔵菩薩を安置しています。毎年5月13日はお祭りです。昔から、この日は「高い山」といわれて、参拝客が山形市内から徒歩の行列をなしていたそうです。

この日、祖母と母は、山頂でワラビの味噌汁を売ったそうです。

IMG_3455

山頂からは外輪山の西黒森山、その奥に村山葉山、頭だけ見える鳥海山、月山、朝日連峰の障子ケ岳、小朝日岳、大朝日岳を見ることができました。

この日、月山は初冠雪でした。

IMG_3460

IMG_3461

山頂の南西側には小屋があります。

IMG_3472

以前は、山仲間と元日に白鷹山に元朝参りをしていました。早朝に山辺町長御一行が登った後、私たちが登りました。この小屋で毎年同じグループや畑谷の親戚たちと顔を合わせ、新年の挨拶をしました。

IMG_3473

泊まることも可能ですが、近くには水場が無いので水を汲んで登る必要があります。小屋の裏にバイオトイレがあります。

IMG_3467

IMG_3469

トイレは比較的きれいに利用されていました。

IMG_3470


IMG_3465

白鷹町で建てた米沢藩主上杉鷹山にまつわる碑が立っています。

山頂で30分休憩を取りました。

IMG_3478

気温が低いので、アルマイトのやかんから湯気が立っています。軽量化のため、いつものフレンチプレスは持ってきませんでした。

魚肉ソーセージをお茶請けに、仙人が好きなブルックスのモカをいただきました。

IMG_3498

30分の休憩後、同じ道を戻りました。

IMG_3445

途中、大鷹ぶなの近くでシメジ2本を見つけましたが、他には全く見つけることができませんでした。

IMG_3500

うがい場の近くでナラタケ、ナラタケモドキを見つけました。ナラタケモドキはピークでした。いつもより、3週間から1ヵ月遅れています。

先に見つけたシメジもナラタケモドキ、ナラタケの後に出るので、まだ出始め、2週間後ぐらいにピークになると思われます。

昨年は秋に雨が降らず水不足でキノコは殆ど出ませんでした。

今年は、猛暑で遅れています。マツタケもマイタケも遅れています。ほかのキノコも遅い状態です。遅れて出たころには気温がぐっと下がって、ろくに出ないで終わることも考えられます。

IMG_3501

大平に戻り、11時前には帰宅しました。

IMG_3512

写真上 ナラタケモドキ(山形ではオリミキと言います)

IMG_3510

写真上 ナラタケ(山形ではクリモダスと言います)

IMG_3511


写真上 シメジ(傘が取れてしまいました。山形ではネズミシメジとか、色、形で様々な呼び名があります)

少しだけ取ったキノコは味噌汁にして食べました。

遅山仙人の動向が気になる読者の方がいらっしゃいます。多分、番組制作会社の方々もそうだと思いますが、後日、アップします。




himajintaro at 12:30|PermalinkComments(0)

2020年09月28日

あこや姫伝説の松

2020.9.22

千歳山山頂の展望台で山形のソウルフード芋煮を食べ、相変わらずの取り留めもない話でゆっくりした時間を過ごし、午後3時過ぎに下山を始めました。

下りのルートは東側の萬松寺(ばんしょうじ)に下りるコースを選択しました。

上りは北側の千歳山こんにゃく店から岩五郎稲荷を経由してつづら折りに登るので、ゆっくり登れば、さほど負担とも思われませんが、昼食をしていたら70代と思われるご夫婦から、同じコースは道が悪くて同じ道を帰りたくないので、別のコースは無いかと尋ねられました。

千歳山

南側に下るルートがあるのですが、国土地理院2万5千分の1地形図に表示されていないルートがあり、五合目付近で北側ルートと東側ルートに等高線沿いに行ける道があるので、そちらも選択肢の一つと説明しました。

千歳山はアカマツが生えるぐらいの岩山なので登山道の所々に岩のあることは仕方のないことです。

千歳山では東側ルートが尾根沿いを直登する、まさに三角形の斜辺をストレートに登るという最大の難コースです。

IMG_2387

IMG_2388

最初は緩い下りでしたが、途中から切れ落ちるような急な下りになってきます。

IMG_2390

IMG_2391

IMG_2393

まさしく、尾根を下っています。

IMG_2394

IMG_2397

こういう岩の多い場所では、甲の高い革靴が安定しています。また、ビブラムソールというゴム底が岩に食いついて歩きやすいのです。

仙人は登山靴を履かなくなりました。こういう場所では、登りよりも下りで事故が発生します。足をくじかないかと心配して見ていました。

高校の部活で千歳山を走り回った元アスリートの遅山仙人もこのコースを忘れていたと言っていました。

IMG_2399

階段になると岩が無くなってきた証拠です。

IMG_2400

平らな所に出てくると、千歳山の由来になった、あこや姫伝説の阿古耶(あこや)の松に到着します。

IMG_2402

太いマツは枯れてしまったのか、若いマツがたくさん囲いの中に生えていました。

現在の萬松寺の住職が副住職時代にあこや姫伝説について雑誌に投稿されています。

あこや姫伝説

あこや姫については、まんが日本昔ばなしでも放映されました。
http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=1265

京都精華大学の研究対象にもなっています。
あこや姫伝説の諸相 - 京都精華大学
https://www.kyoto-seika.ac.jp/researchlab/wp/wp-content/uploads/kiyo/pdf-data/no40/kitoh_naoyoshi.pdf

IMG_2404

今回は萬松寺の本堂の方に下りずに墓地の方に下りました。

IMG_2405

IMG_2406

時刻は午後4時過ぎ。一時間ちょうどで下りてきました。ここから千歳山の北側を巻くように走る市道を歩き、最初の登り口まで戻ってきました。

路駐の車や、自転車、バイクもなく、私たちのバイクだけが残っていました。

IMG_2407

軽く汗をかく、良い運動でした。仙人は疲れたようです。次回のツーリングを約束して解散としました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)