登山

2021年09月23日

トップライトは面白みがない

2021.9.10

定義の三角油揚げを買い込んで、二口峠を越えるため、秋保に向かいました。

IMG_4587

コーヒータイムをするための場所を探して彷徨い、二口のビジターセンター手前の駐車場で一服としました。

秋保周辺は、一服できる手ごろな四阿(あずまや)が少なく、秋保温泉の湯本公園には、それらしきものがあるのは確認しています。有料施設が多く、ガスボンベを持参してレギュラーコーヒーを飲む、貧民ツアー客にはとっては、あまり有難くないところです。

以前、知人で、いつも遊んでもらっている山形市内の老舗料亭、鰻・郷土料理あげつまの八代目当主が言っていたことを思い出しました。

「観光客は座る場所が無いと観光地を歩いてくれない。休む場所が無いと来なくなってしまう。」

歩き疲れて、タダで座って休めるところが無いと観光地を歩いてくれなくなると言うのです。高齢化が進めば進むほど座って休む場所が必要です。水でもお茶でもタダで飲めれば最高です。

遠くに二口の名勝・磐司岩(ばんじいわ)を眺める駐車場で、いつものようにジベタリアンで一服としました。

IMG_4589

IMG_4590

遅山仙人があ・ら・伊達な道の駅で買ってきた大福餅と私が持って行ったポテチで三時のコーヒータイムとしました。

IMG_4591

今回もフレンチプレス器を持って行かずに、豆にお湯を注いだダイレクトなコーヒーとしました。前回の白布峠で同じ飲み方をしてから、自宅でも、同じやり方で飲むようになりました。豆かすは多少気にはなりますが、香りと味には勝りません。

IMG_4616

相変わらず、仙人は期限切れの自賠責のステッカーを貼っていました。警察にパクられると警告しましたが、馬耳東風です。仙人にとっては、ステッカーを剥されたことがトラウマになっています。トラウマは、国内法に勝るのです。

これが警察にパクられると、パクられたことがトラウマになり、バイクのエンジンをかけるたびに、ステッカーが貼られているか確認するようになります。

乗る前に必ずと言っていい程、カブの周りを1,2回まわります。本人は点検だと言いますが、ただ、回っているだけです。不良に気が付くほど、カブを知りません。

さらには、乗ってからも、乗りながら、その場所を回ります。

多分、過去に忘れ物をして豪い目に遭ったのだと思います。なので、カブに限らず、その場所を離れるときは、注意深く観察してから、出発します。

無事に一服を終え、二口林道を走り始めました。

IMG_4601

キャンプ場は臨時休業でした。

IMG_4603

少し、西に傾いた太陽からの木漏れ日は、林道の路面をマダラに映して、いい雰囲気でした。走っていて、気持ちの良いものです。

福島市飯坂温泉から山形県高畠町に抜ける国道399号も夕方近く通ると、同じような所があり、私の好きなコースになっています。

IMG_4605

横からの光が磐司岩を青い空に浮き上がらせていました。

IMG_4606

IMG_4609

つづら折りの続く林道を一気に駆け上がると、遠くの左手に磐司岩、右手に磐司岩(日陰磐司)が視界の高さになってきたのがわかります。

IMG_4613

日中のトップライトの時は、立体感が無く、面白みに欠ける風景になりがちですが、朝晩の横の光は、とても感動的な風景を演出してくれます。

人の一生と同じで、陰影があってこそ、素晴らしい人生になるのだと思います。平坦な人生は面白みも感動もありません。

私たち人間は、生き物である以上、大自然の法則から逆らっては生きられないのだと、つくづく感じます。

IMG_4614

IMG_4615

仙人は、いつものように、遅れて二口峠に到着しました。

IMG_4617

峠で、縦走路の話題になりました。

まだ、私が若かりし頃、山形駅から始発の仙台行きの仙山線に乗り、面白山高原駅で降りて、ひたすら、今は無き、面白山スキー場のゲレンデを登り、南面白山、小東(こあずま)峠、二口峠、山形神室岳、笹谷峠の県境の縦走路を歩き、関沢で最終午後5時の山形駅行きのバスに乗るという登山を山仲間4,5人で2回踏破しました。

縦走

本来、このルートは一泊二日のコースですが、尾根伝いなので水場が無く、泊まるには難儀するコースです。関沢で午後5時というタイムリミットがありましたが、1回目は5時ギリギリ、2回目は余裕で4時には到着しました。

ほとんど、走っていると言っても過言ではありませんでした。有り余る体力にものをいわせて、無茶な登山をしました。

アスリートだった仙人もこのルートは歩いたことが無いようでした。

PICT0005_1

私は、このルートをクロスするコースも歩いたことがあります。同じ始発の列車で山寺駅で降り、上の地図の黄色い登山道を二口峠まで登り、磐司岩を見ながら二口まで降りていき、午後3時過ぎの仙台市営バスで陸前白沢まで行き、そこから仙山線で山形まで戻りました。

この時の写真が上の写真です。今よりも二口峠付近は木が高くなく、開けていて、秋保方面がよく見渡せました。

この時は春で、芽吹いたばかりの山の全てが萌黄色をしていて、感動したことを覚えています。

実は、上の地図の二口峠までの登山道は山形県道です。なぜ、登山道が県道なのかは、またの機会に説明させて頂きます。

登山の話で遠回りしましたが、山形県側も素晴らしいロケーションでした。

IMG_4631

無事に二口林道を走破し、ちょうど、午後5時に山寺に到着しました。平日でもあり、コロナでもあり、観光客はほとんど見かけず、店も閉まっているところが多かったです。

IMG_4635

私は、山形市の市街地を走りたくないので、仙人と別れて、スーパー農道に入り、映画おもいでぽろぽろのロケ地の高瀬を走って紅花トンネルを潜り、山形市の東部から山沿いを走って、自宅へと戻りました。


himajintaro at 17:43|PermalinkComments(0)

2021年08月10日

日本国の麓へ

2021.8.5

日本海パークラインを北上し、ソルト アンド カフェ 笹川流れ塩工房で塩アイスを食べた後、村上市勝木で国道7号線に合流しました。本来なら、そのまま北上し、山形県との県境の港町・鼠ケ関(ねずがせき)に入るのが一般的ですが、府屋から東へ寄り道しました。

日本国02

4年前、山仲間4人で山形市の山寺上流にある紅葉川渓谷に散策に行った時の昼食時に、同行した悪友K氏に山形県と新潟県の県境にある日本国への登山の企画を依頼しました。鶴岡市在住のK氏に地元の強みで計画してもらおうと考えました。

IMG_3599

ところが、待てど暮らせど、K氏からの計画は届きませんでした。痺れを切らして、K氏に催促しました。すると、「考えると頭が痛くなる」と逃げられてしまいました。

IMG_3603

K氏は、兄弟ブログ「バングラデシュ珍道中記」に登場しますが、とても頭が良くて、助成金の企画書を書かせればピカ一で、何千万円もの助成金をバングラデシュの貧しい子供たちのための学校・アロアシャ学園にもたらしたのです。

IMG_3602

ところが、助成金の実施は、毎回苦労の連続でした。机上で理論的に作り上げる企画なので、いざ、実施となると企画通りに行かないのです。実行計画はとても苦手でした。

IMG_3600

彼は、毎回、渡航途中にトラブルに見舞われます。その理由のほとんどが、前もって下調べをせずに、場当たり的な行動を取るために、飛行機の遅延に巻き込まれたり、盗難にあったり、泊まるホテルまでの行き方が分からなかったりと、事前に回避できるトラブルを想定できないのです。

40年来の友人です。私も、ここ数年でわかったことですが、K氏は助成金の企画は作れても、遊びの計画は作れないのです。彼が人を誘って登山や遊びに行った記憶があまりありません。

IMG_3601

登山の計画を作って誘わないのなら、今後、K氏を誘わないと三下り半を突きつけました。お互い様ができないのなら、仕方がありません。

IMG_3604

そういうことで、今回のツーリングで日本国の麓の登山口を探すために寄り道をしました。今までの写真は、登山口1での写真です。

日本国01

遅山仙人も来たかった場所だと言っていました。縄文人や弥生人が山の頂で集落を形どっていたという、日本のマチュピチュとは言わずとしても古代ロマンに溢れる場所です。

IMG_3606

日本国麓郵便局の先に旧出羽街道堀切峠に向かう道に出ます。

IMG_3607

IMG_3610

峠の手前に登山口2があります。

IMG_3609

IMG_3611

IMG_3612

登り切って、ちょっと下ったところに堀切峠があります。ここから先は、山形県鶴岡市です。

IMG_3613

IMG_3615

峠を下って、小名部集落の手前に登山口3があります。

これで、日本国の登山口の様子がわかりました。必ず、日本国に登りたいと思います。

小名部集落から、鼠ケ関に向かいました。



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2021年06月13日

田んぼの神様の湿原へ

2021.6.10

年休消化のため、いつもの遅山仙人と山仲間S氏を誘って、蔵王エコーライン沿いにある御田ノ神湿原に行ってきました。

ここは、昨年の6月12日に単独で行ったところです。チングルマの楽園へで紹介しています。御田ノ神は多分、五穀豊穣、田んぼの神様なのでしょう。

水源である湿原に祠があるのですが、蔵王には、もう一か所、地蔵岳の西側、観松平(かんしょうだいら)という湿原地帯の東側の登山道沿いにも御田神の祠があります。まずは樹氷高原駅まで歩いて下るで紹介しています。

仙人は朝早く起きて、再び寝てしまって15分遅れで、刈田駐車場に全員集合。

IMG_1989

IMG_2007

宮城県側にある駐車場に車を置いて山形県側に戻り、湿原の入り口に到着。

IMG_1990

昨年は無かった「注意 熊出没」の看板が目立ちました。

IMG_1991

昨年とは打って変わって快晴です。

IMG_1992

葉山、月山、朝日連峰、飯豊連峰、吾妻連峰の大パノラマです。

IMG_1993

あまりにも天気が良く、湿原の花々も光が当たりすぎでメリハリがなく単調という贅沢な感じがしました。

IMG_1994

避難小屋の先の御田ノ神の祠の前でコーヒータイムとしました。

IMG_1995

祠の前にはお賽銭がたくさん積み重なっていました。最近、賽銭泥棒の話題がTVで賑わっているので、仙人が泥棒に盗られると言い出すと、S氏が賽銭を自由に持っていける神社もあると返しました。

私も、困っている人は賽銭を持っているという神社のテレビは見ました。こんなところまで来て賽銭を失敬する不心得者はいないだろうと話はまとまりました。

IMG_1996

S氏にとって、この場所は嫌な思い出の場所です。

2016.6.12に山仲間5人で、この祠の前でコーヒータイムを取っていた時のことです。当時、腰が悪く、胡坐をかくことのできなかったS氏とK氏は木道から片足を出して腰かけていました。

そこに、山岳パトロールの女性が来て、木道以外の場所を荒らすなと注意しました。腰が悪いことを告げましたが、詫びもせずに帰っていきました。最初に理由も聞かずに、注意するだけして帰って行った女性に、一同、場が白けてしまいました。

そんなことを思い出してしまいました。蔵王御田ノ神湿原 20160612で当時の思い出を紹介していますが、その時は、そんな嫌な話は書きませんでした。

コーヒータイムを取った御田ノ神の祠のそばの水の流れに無数のオタマジャクシがひしめいていました。



どんな両生類なのか見当もつきませんでした。

IMG_1999

この頃、暑い日が続き、後、一週間でコバイケイソウの花が満開になりそうです。

IMG_2002

昨年よりもコバイケイソウの数が多そうです。花芽も半分ぐらいは持っているようです。できれば、日の出前に来て、日の出に輝くコバイケイソウの花の群落を見たいものです。

IMG_2006

駐車場に戻り、中央高原パラダイスゲレンデの片貝沼に向かいました。


himajintaro at 18:17|PermalinkComments(0)

2021年03月20日

千歳山の松の緑が無くなる!?

2021.3.19

今年初めての山登りに行ってきました。いつもの革の重登山靴をリトルカブの前かごに載せて午前9時に自宅を出発しました。今回は体力の無い遅山仙人と腰を痛めている山仲間S氏は誘いませんでした。

IMG_8630

ピラミダルな千歳山に近づいて写真を撮ろうとしたとき、南斜面にやけに光るものが多いことに気が付きました。そして、本来なら斜面一面が常緑のアカマツの緑色で覆われているはずなのに、緑色がとても少なく感じました。

IMG_8633

IMG_8634

昨年、山仲間3人で登った時と同じように9時30分に北側の登山口から登りました。久しぶりに千歳山登山で紹介しています。

IMG_8636

IMG_8638

IMG_8639

岩五郎稲荷神社に登山の安全を祈願し、登山道を登り始めて異変に気が付きました。

IMG_8641

樹幹注入対象物と表示されたアカマツが登り始めてすぐの所にありました。これは、アカマツの栄養と水分を吸い上げて枯らすマツノザイセンチュウに侵された木です。

IMG_8642

この木は切り倒される運命にあり、倒した後に薬剤を木の中に入れてビニルで覆い、センチュウを媒介するマツノマダラカミキリが逃げられないようして封じ込めるのです。

IMG_8648

IMG_8650

もう、至る所でアカマツが切り倒され、無残としか言いようがありませんでした。

IMG_8654

IMG_8655

下の写真は、千歳山に向かう途中、最初に異変に気づいて撮影した場所です。

IMG_8652

IMG_8654

IMG_8661

IMG_8662

今年2月には伐採作業が行われていたことがわかりました。さらに、下の写真にのように、ナラ枯れにより雑木までもがたくさん切られていました。

IMG_8663

千歳山は国有林です。管理は林野庁になります。久しぶりに千歳山登山で紹介したように林野庁は千歳山のアカマツを守るつもりは毛頭ありません。自然の遷移に任せるつもりなのです。先駆植物であるアカマツから雑木林に代わることは自然の成り行きとしても、その雑木までも枯れてしまうのでは、千歳山がムソルグスキーの音楽のようになってしまわないかと心配です。

これから春に芽吹きが始まると多くの山形市民が千歳山の変貌に驚くことになるのでしょう。

IMG_8664

IMG_8665

山頂には10時10分に到着しました。ゆっくり登って40分でした。

いつもは、ガスコンロにフレンチプレス持参ですが、今回はフレンチプレスで煎れたコーヒーを真空式ステンレス魔法瓶に詰めて持って行きました。バナナ一本とコーヒーで休憩です。

平日にもかかわらず、次々に登ってくる方がいました。そのほとんどの方は、休憩もせずに、そそくさと下りてゆきました。千歳山のような山であれば大した体力も使いませんが、どんな山であっても、登山の鉄則は、十分に休憩時間を取るということを先輩たちから教えられました。それが不測の事故を防ぐ最大のマナーだと思います。

IMG_8670

十分休んだ後、西から登ってきた道を下らずに、南側へと下りていきました。

IMG_8685

南斜面も同じように伐採された跡がたくさん残っていました。今は草も生えていないので、丸見えの状態です。

IMG_8686

途中から、西側にトラバース(横断)するルートに分かれて、西側の登山道に戻りました。

IMG_8690

後半は太陽が顔を出し、山形市街地はもちろん、遠くに真っ白な朝日連峰、月山、葉山が良く見えました。

IMG_8691

IMG_8694

無事に下山しました。登り40分、下り30分です。久ぶりに、千歳山こんにゃくを買って帰ることにしました。

IMG_8695

店の人によると、コロナの影響で客足はさっぱりだそうです。逆に千歳山の登山客が増えたそうです。増えた登山客イコール店の客にならないところが厳しい現実のようです。

IMG_8697

IMG_8697

山形のソウルフード、醤油の出汁に煮込んだ玉こんにゃくを包んでもらっている間、お茶を一杯いただきました。

IMG_8698

IMG_8699

玉こんにゃくを3本注文し、自宅にお土産に持って帰りました。

IMG_8700

IMG_8704

袋の中に辛子も3つ入っていました。千歳山こんにゃくは大きくて硬くて味が染みていて美味しいのです。そして、この辛子がとても効くのです。鼻にツーンとくることは分かっているのですがたくさん付けて食べてしまうのです。

IMG_8705

今回、千歳山に軽く登れました。これから、少しずつ高度を上げてゆき、今年は宮城県との県境にある翁山と船形山(山形県側の呼称は御所山)に登ることを目標にしたいと思います。


himajintaro at 06:41|PermalinkComments(0)

2020年11月20日

とりあえず、二口峠に向かう

二口林道02

秋保大滝を出発したのが午前12時過ぎでした。雨が降り出して、雨雲レーダーを見ると雨雲がこちらに向かっていました。秋保大滝の駐車場にあるレストハウスや向かい側に蕎麦屋さんもありましたが、弁当を持ってきたことと、観光客の多さを考えると、屋外で昼食を取った方が良いと考えて二口林道を目指しました。

雨が本降りになってきたので、仙台市秋保ビジターセンターでしばし雨宿りをしました。

IMG_3997

IMG_3998

ここは蔵王連峰の面白山から山形神室方面の登山の案内所になっており、この先にあるキャンプ場の申し込み受付もしています。ちょうど、キャンプ場を借りたいという女性が申し込みにきていました。

IMG_3999

IMG_4002

館内は様々な展示物やパンフレットなどの資料が置いてあります。仙台市は登山客や観光客に対するサポートが充実しています。

山形県側といえば山寺という全国的な観光地はあるのですが、観光客相手の商業ベース的な案内所はあるのですが、登山客に対するサポートは見劣りします。

それはなぜかと言えば、一つは圧倒的に山寺への観光客の方が多いということと、山形県内には他にたくさんの有名な山があるので、この山域だけに対するサポートは薄くなります。

蔵王連峰の登山客は山形県側よりも宮城県や福島県の方が多いような感じがしますし、よく宮城県のハイカーに言われるのは、山形の人たちは羨ましいそうです。

鳥海山、月山、朝日連峰、蔵王連峰、飯豊連峰、吾妻連峰などの山々に囲まれて、住んでいる所からすぐにでも登れることが羨ましいと言うのです。

私たち山形県民は自然の豊かさに慣れ過ぎて、山形は何もない所だと卑下しているところはあると思います。

IMG_4003

雨が小降りになってきたので出かけることにしました。ここから二口林道の始まりです。雨雲レーダーでは30分後には雲の塊が切れるという予想です。

二口林道01

IMG_4005

磐司岩(ばんじいわ)(写真上)は磐司磐三郎(ばんじばんざぶろう)という伝説の狩人にちなんだ名前の柱状節理の岩の名所です。

IMG_4009

金曜日で昼の時間帯ということもあり、通り過ぎるマイカーの数も少なめでした。姉滝までは車がありましたが、そこから上は、秋保温泉や秋保大滝に比べると静かなものでした。

IMG_4010

IMG_4014

IMG_4016

IMG_4024

見晴らし台まで来ました。今まで走ってきた、くねくね道が眼下に見えます。磐司岩の谷を挟んだ右側にも岩が見えます。

昔、新緑のころ、列車で山寺駅に行き、そこから歩き、二口峠を越えて、ビジターセンターの所から仙台市営バスに乗って陸前白沢駅に行き、列車で帰ったことがあります。

新緑が芽吹き、山全体が萌黄色になり、ちょっと春霞的な淡い色の中に、左右の大きな岩の対照的な色合い。あの時の感動は今でも忘れられません。

私にとっては紅葉の秋保よりも新緑の秋保のインパクトが大きいのです。

郷愁に浸りながら、雨の中を二口峠に向かいました。

himajintaro at 07:49|PermalinkComments(0)