料理

2021年06月18日

38cmの大物

2021.6.11

前日のタケノコ取りの後、釣具屋でミミズを仕入れて、日の出前に自宅を出発して、いつもの上山の前川ダムに向かいました。

IMG_2026

先客は皆無で、いつもの忠川合流地点に向かいました。

IMG_2028

前回(2021.4.28)とは違って、無数にバスが泳ぎ回っていました。見える魚は釣れないのは当たり前ですが、今回、産卵の時期と重なり、メス一匹を大勢のオスがつけ回して、産卵のタイミングに自分の精子をかけようと必死になっていました。

あちらこちらの岸近くでメスの体が跳ねる音がして、ミミズごときには目もくれません。

1時間以上粘って、やっと、ヒットしました。ただ、今までにない大物で、上げるのに苦労しました。

IMG_2030

写真はスマホケースが左下に写ってしまいました。

9時過ぎまで粘りましたが、釣果はこれ一匹でした。血抜きと神経締めをして帰宅しました。

IMG_2033

今まで釣り上げたバスでは、一番の大物で38cmでした。さらに、産卵前のメスでした。

IMG_2042

早速、三枚におろし、皮を剥ぎ、キッチンペーパーにくるんで冷蔵庫で寝かせました。

今日は、炊事軍曹だったので、午後から、南蛮漬けの準備を始めました。

IMG_2072

IMG_2074

IMG_2076

今回は大物だったので、身も大きく、一口大に切ったものを片栗粉にまぶして、表面がカラッとなるまで揚げました。

IMG_2078

IMG_2079

途中、遅山仙人から電話が入りました。明日、渓流釣りに誘われ、行くことにしました。

IMG_2080

出汁と野菜と一緒にして冷蔵庫で漬け込みました。途中、身を天地返しをして、味を染込ませました。

IMG_2081

もう一品、前日取ったタケノコでタケノコご飯を炊きました。

IMG_2083

IMG_2085

IMG_2086

IMG_2087

夕食は、ブラックバスの南蛮漬けとタケノコご飯にタケノコの味噌汁です。


himajintaro at 11:41|PermalinkComments(0)

2021年05月21日

ちょっとだけ贅沢な取れたて山菜の天ぷら



2021.5.14

午前中の山菜取りを終え、大江町古寺(こでら)の古寺キャンプ場で昼食を取りました。

古寺地区は大江町側からの朝日連峰の表玄関です。以前は集落から古寺川を遡った所に古寺鉱泉朝暘館というランプの宿があり、多くの登山客や山菜、キノコ採りの客で賑わいました。古寺に車を置き、トロッコ道を歩いて朝暘館向かいました。

私も朝日登山や芋煮会で何度か利用しましたが、今は無くなってしまいました。代わりに案内センターができて、車で行けるようになりました。

古寺地区から古寺川下流には神通峡という渓谷をトレッキングできるルートもあり、夏に涼を求め、秋に紅葉狩りを楽しむハイカーが行き交いますが、現在は通行止めになっていました。

集落は過疎化が進み、廃村になってしまいましたが、キャンプ場とトイレがあります。トイレはまだ閉鎖していました。

キャンプ場には関西ナンバーの車があり、泊りで渓流釣りを楽しいでいる方がいらっしゃいました。

炊事場から木製の椅子とテーブルを引っ張り出して、昼食の準備を始めました。

IMG_1315

箸よりも重たいものを持ったことのない遅山仙人は、椅子、テーブルを持ち上げただけで疲弊して運べなかったので、箸よりも重い竹ぼうきで掃除をしてくれました。

IMG_1317

みんなに天ぷらをすると案内していたので、山仲間S氏は大根おろしと天つゆを準備してくれました。

まず、初めにフキノトウで味噌汁を作りました。春の香りが漂いました。

IMG_1320

最初の天ぷらは、ウドです。

IMG_1319

IMG_1321

マイカーでいっしょに山菜取りをした山仲間S氏はキンキンに冷えたノンアルビールを持ってきてくれました。仙人はというと、マドロスパイプをくわえるだけでした。

IMG_1323

IMG_1324

IMG_1325

カセットボンベが使えるようになり、ガス代が浮いて大助かりです。火力は全く問題がありません。

天ぷらに大根おろしと天つゆは最高です。

IMG_1326

次にタラノメです。たくさん揚げました。

IMG_1327

IMG_1328

そして、コゴミ(クサソテツ)です。これも、たくさん揚げました。これで、本物のビールがあれば、屋外としては、とても贅沢なのですが。

IMG_1329

天ぷらで腹を満たし、食後のコーヒーを頂きました。仙人には天ぷらなので、ご飯を持ってくるように伝えておいたのですが、ご飯も炊けなくなっていました。コーヒーのタイミングでサンドイッチを出してきました。

IMG_1331

午前中の曇天から昼過ぎに太陽が顔を出し、暖かくなっていました。

椅子、テーブルを炊事場に戻して、キャンプ場を後にしました。

古寺からちょっとだけ南下して山毛欅(ぶな)峠を越えました。途中でゼンマイとウドを取り、この先、通行止めなので、同じ道を引き返しました。

朝に集合した寒河江ダムは丁度噴水のタイミングでした。

IMG_1332

山仲間S氏とは、ここで別れ、仙人と私は取り締まりを避けるため往路と同じルートで帰宅しました。

本日の収穫は下の写真の通りです。

IMG_1334

右からゼンマイ、タラノメ、ウド、イワダラ(トリアシショウマ)、コゴミです。

IMG_1335

IMG_1336

ゼンマイとイワダラは湯がいて干して、冬の食料にしました。

IMG_1540

その他の山菜は天ぷら、お浸し、サラダ、味噌汁、酢味噌和えなどにして、一杯やりながら堪能しました。

IMG_1403




himajintaro at 07:21|PermalinkComments(0)

2021年03月21日

羅名さんのレトルト大作戦

東京葛飾堀切菖蒲園駅前の焼肉牛将の橋本羅名さんの家族が日本テレビの夕方のニュースに登場しました。

内容はコロナ禍にもかかわらず、羅名さん自慢のタンドリーチキンをレトルトパックで商品化しようとして家族の協力も得ながら奮闘している様子を紹介したものです。

結果はどうなったかは、映像をご覧ください。下の写真をクリックしてください。

レトルト開発



himajintaro at 17:47|PermalinkComments(0)

2021年02月11日

羅名さんがYouTubeでカレーライスの作り方を紹介


Ranaさんカレー

東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅の焼肉牛将のマスターで下町のベンガル人橋本 羅名(ラナ)さんが日本の国民食であるカレーライスの作り方をバングラデシュの国民向けに紹介しています。

スーパーマーケットで材料となる鶏肉やタマネギ、ジャガイモ、ニンジンについて、商品のパッケージから、一つ一つ説明しています。また、刺身やワサビの紹介もあります。

そして、国民食としての不動の地位を築いたカレールーについても、多彩な種類があることを紹介しています。

買い物から帰ると、早速、牛将の厨房で調理を行います。ここでも、材料と調理方法について説明しています。カレールーの正体は固形のカレーペーストであり、作る量に応じて、ルーを小分けにできるように容器の形状が形作られていることを紹介しています。

普通に食べているカレーライスですが、手際よく、大きな鍋で鶏肉から炒めて油を出して野菜も一緒に炒めてから煮て、カレールーを入れると出来上がります。さすがに料理のプロに手にかかると美味しく見えます。

羅名さんはシンプルでヘルシーで美味しいと日本のカレーライスを褒めてくれています。

ぜひご覧ください。ベンガル語での紹介ですが、日本人ならば十分にわかる内容です。

上の写真か下のURLをクリックすると紹介ビデオにリンクします。

https://www.youtube.com/watch?v=C14uIB7yiGQ&feature=share&fbclid=IwAR24BiaoAbQWMTverJF5_zg-Z77CKKk9LcG5h6T7-I-iycZrGJhJTBzOsQA








himajintaro at 21:15|PermalinkComments(0)

2021年01月23日

冬眠中にタンドリーチキンライス

以前も紹介した私の友人で、東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅前の焼肉牛将のマスター橋本羅名さん御自慢のタンドリーチキンとバングラデシュの香り米でタンドリーチキンライスなるものを作ってみました。

IMG_5983

油で玉ねぎを炒め、あめ色になり、香りも出たところで、羅名さんから送ってもらったタンドリーチキンを炒めます。

IMG_5984

研いだ香り米にタンドリーチキンのソース、カレー粉、ショウガとニンニクのすりおろし、冷凍しておいた大葉、塩を入れます。

IMG_5985

さらに米に対する水の量を加えて、塩加減を調整します。タンドリーチキンにも塩分があるので、控えめにします。

IMG_5986

そこに、炒めたタマネギとタンドリーチキンを載せて炊き上げます。

IMG_5987

炊いている最中に香り米の独特な香りが炊飯器から放たれると期待が一気に膨らみます。

IMG_5988

上手く炊きあがりました。全体をかき混ぜて、一時、蒸らすと完成です。

IMG_5989

仕上がりは限りなく、世界三大炊き込みご飯のビリヤニ(ビリアニ)です。味と香りは、本場バングラデシュそのものです。バングラデシュは、元々、インドの一部だったので、料理はインドと全く変わりがありません。

とにかく、美味しいのです。日本では到底味わえない味と香りです。妻も美味しくて食べ過ぎると言いながら、お替わりしていました。

IMG_6002

上の写真でわかるように左がバングラデシュの香り米、右が日本のひとめぼれです。バングラデシュの米は全体的に小粒です。日本のコメはぷっくりと膨らんでいます。

以前、香り米を試験的に日本で栽培したことがあります。発芽した後の苗はコシが弱く、とても田植え機では植えることできなかったので手で植えました。秋に収穫して驚いたのですが、日本の米と見分けがつかない程、粒が膨らみました。

日本の「じゃこうまい」に似ています。写真はありませんが、「じゃこうまい」はモミから伸びるノゲ呼ばれる髭みたいなものが赤く変色するので、田んぼでは目立つ品種ですが、バングラデシュの香り米もノゲが変色します。

日本で作った香り米をバングラデシュに里帰りさせ、私がよく行く、国立ラッシャヒ大学に持ち込んだところ、並み居る植物学の先生たちから驚愕の目で見られました。

東南アジアや南アジアの米はパサパサの長粒種が多いのです。ですが、タイには宮廷料理で出すもち米があります。バングラデシュにも、おにぎりを作れるぐらいのグルテンを含む粘りのあるコメもあります。

単純に品種的に短粒種、長粒種だけではなく、栽培環境によっても変化することがわかりました。ジャポニカ的な遺伝子が香り米にも残ってるのではないかというのが大学の教授たちの見解でした。私の持ち帰った日本育ちの香り米は遺伝子解析されることになりましたが、その結果は10年以上たっても、教えていただいていません。

IMG_6004

ビリヤニは粘りの無い長粒種が一番合います。特に香り米は最高ですが、なかなか、手に入りません。最近は、バングラデシュの香り米が東京で手に入るそうです。

羅名さんのタンドリーチキンがたくさんの残っているので、日本の米でタンドリーチキンライスを作ってみようと思います。

himajintaro at 06:35|PermalinkComments(0)