メンテナンス

2021年05月22日

走行距離44444.4km

2021.2.20

IMG_1535

朝の通勤途中で愛車リトルカブが44444.4kmになりました。直前で気が付き、道路左に停めて撮りました。

2サイクルバイクなら、エンジンが寿命で廃車する距離です。

以前、ヤマハのチャンプRSを乗っていた時、2万kmでエンジンをオーバーホールし、10万円近くかかり、妻に散々怒られたことがあります。当時、10万円あったら、結構、いいスクータが買えました。

チャンプRSは、その当時の50cc原チャリでは考えられない前輪ディスクブレーキと後輪にはガス入りショックアブソーバーが搭載されていました。エンジンパワーも50cc原チャリ界では最高でした。

自動車学校で行われていた50cc原チャリレースでは常勝のマシンでした。

転勤族の妹夫婦の住んでいた青森市にチャンプRSで往復しました。三泊四日滞在し、青森ねぶたに跳人として参加し、八甲田山に登って酸ヶ湯温泉で汗を流し、チャンプRSで妹のアパートに戻りました。

パワーがあり快適で面白いマシンでした。4万kmで廃車しました。今、走れる状態で残っていたらプレミアものでしょう。

それに比べ、カブは丈夫ですね。まだまだ元気です。



himajintaro at 08:05|PermalinkComments(0)

2021年05月13日

リアBOXを交換しました。

リトルカブのリアBOXのヒンジ部分が劣化して、走行中、突然、蓋が外れてしまいました。

IMG_1282

IMG_1280

IMG_1281

止む無く、新調して交換しました。

IMG_1283

前のものは、ホームセンターで購入しましたが、同じようなものが無かったので、ネット通販で手に入れました。メーカーは前回と同じJEJアステージです。今回のものは、幅は狭くなりましたが高さが高くなり、容量的にはさほど変わりがないと思います。

IMG_1284

前回と同じように底面にドリルで穴をあけて、ボルトで止めました。

IMG_1285

ついでに、前かごも交換しました。

IMG_1286

二年前、知人からもらってレストアが始まっていないキャブレター型のリトルカブに付いている大型のカゴと交換しました。

IMG_1287

前かごの容量が多くなり、明日、山仲間と山菜取りに行く予定です。





himajintaro at 22:20|PermalinkComments(0)

2021年03月12日

皮むきと墓参りに出かけました。

2021.3.11

午前中、タイヤ交換を済ませて、午後から新品タイヤの皮むきを兼ねて、毎月第一日曜日恒例の親類縁者のお墓参りに出かけました。

昨年、11月22日以来の墓参りになりました、一昨年から昨年にかけての冬は雪が少なくて、毎月、リトルカブで墓参りに行けたのですが、今シーズンは雪が多くて、墓までたどり着くことができないために、雪が消えた、この時期まで待っていました。

IMG_8296

天気が良くて、比較的暖かく、この時期としては、絶好の皮むき日和となりました。遠くに雪を頂いた月山、葉山もくっきりと姿を現し、空気が澄んでいました。

IMG_8295

いつものよう父が眠る山形霊園を起点とし、山形市の中心市街地へと走らせました。

IMG_8297

山形市緑町、通称・寺町にある唯法寺には父の実家のご先祖様の墓があります。元々、蔵王温泉にあった高湯山唯法寺を現在の場所に移築したものです。その時期が安土桃山時代と古く、当時、山形城の城主であった最上義光(もがみよしあき)が浄土真宗大谷派の14の寺院を一か所に集めたところから、寺町の愛称で山形市民から親しまれてきました。一部、Wikipediaには13の寺院と記されていますが、実際は14の寺院が寺町を構成しています。

IMG_8299

昨年11月22日が下の写真です。正面の専称寺(せんしょうじ 最上義光の愛娘・駒姫の菩提寺)のイチョウの葉がオレンジに輝いていました。

IMG_4679

唯法寺(ゆいほうじ)は高湯山を冠し、山形では高湯(たかゆ)は昔から蔵王温泉の通称でした。私の父方のルーツは蔵王温泉であることがわかります。

唯法寺から山形市街地の北東部・山家本町(やんべほんちょう)にある金勝寺(こんしょうじ)に移動します。

ここには、以前も紹介したように父の姉夫婦と遅山仙人(おくれやませんにん)の身内が同じ墓の中で眠っています。このため、私と仙人が血の繋がっていない親戚となっているのです。

IMG_8301

金勝寺の墓には真新しい卒塔婆(そとば)が立っていました。伯母の七年忌のようでした。代替わりして従兄の代になると、余程付き合いが深くない限り、親類縁者を招いての法要などしなくなっています。まして、コロナの影響で葬儀も近親者のみというのが当たり前になってきました。

墓地に行って、初めて変化に気づくことになりますが、これが卒塔婆を立てない浄土真宗になると全くわかりません。

伯母の墓を後に、山形市街地を東西に横断して、山形盆地の西の縁にある等栄寺(とうえいじ)に向かました。この寺にはたくさんの身内が眠っています。母方の実家や姉弟とともに、後述する製材所の墓があるというので、今回新たにお参りさせてもらいました。

IMG_8304

また、昨年亡くなった父方の従姉の菩提寺であり、初仏で新たに墓を建立するというので、合計五基九尊にお参りすることになります。

ここからは、妻の父が眠る山形市門伝の共同墓地へと向かいました。

IMG_8306

この墓地は白鷹町へ抜ける主要地方道山形白鷹線沿いの旧双葉小学校舎の真下にあります。

IMG_8307

墓参りはここでお終いですが、ここから皮むきのために県民の森へと上っていきました。

途中、山形市街地と山形盆地が一望できる展望台で小休憩としました。

IMG_8311

IMG_8310

山形盆地と蔵王連峰の山並みが良く見渡せる絶好の撮影ポイントです。

IMG_8309

ここから、山辺町作谷沢地区に入ります。作谷沢は北作、畑谷、簗沢の三集落の地名から取った通称名です。

そして、前述した畑谷にある丸三製材所に立ち寄りました。あいにく、会いたかった三代目は不在でした。

IMG_8312

この製材所は母の遠縁の親戚にあたり、父が大工だったので、二代目、三代目との付き合いがあり、材木の買い付けのため父に連れられてボンネットバスでよく来たものです。父は若くして亡くなり、その後、取引が無くなったこともあり、疎遠になっていました。

最近、三代目に手紙を出したことで、返事をいただき、現在の製材所の状況がわかり、20年以上ぶりで製材所に立ち寄ってみました。

母は畑谷出身で、等栄寺にはこの地域の人たちの墓がたくさんあります。私のルーツは蔵王温泉と、この山辺町畑谷にあったのです。

IMG_8315

畑谷から簗沢、北作を走り、再び、山形市へと戻り、滝ノ平へと下りて帰宅し、皮むきが終了しました。

今回交換したタイヤの走り始めのころはタイヤが地面に食いつかず落ち着かない感じでしたが、さすがに、コーナリングの多い山道を走ったおかげで、少し、落ち着きが出ました。

本日(3.12)も皮むきのためツーリングに出かけることにします。


himajintaro at 07:33|PermalinkComments(0)

2021年03月11日

簡単にタイヤ交換しました。

2021.3.11

10年前の今日は東日本大震災の日でした。発災当日、道路の完成検査が終わり、車に乗った瞬間、ものすごい揺れに襲われたことを思い出します。終業後も帰宅しないで残るよう指示があり、自家発電の電力でテレビを見て、次々に押し寄せてくる津波の映像に驚愕した思いが忘れられません。

多くの犠牲者の方々に哀悼の意を表します。

10年経った今日、年休消化で休暇を頂き、愛車リトルカブのすり減ったり、劣化してヒビが入ったタイヤとチューブを交換しました。

実は先週、息子のスーパーカブのタイヤ交換を頼まれましたが、手こずったこともあり、YouTubeを参考にして簡単に交換することができました。

参考した動画は以下の「OFFロードバイクタイヤ交換 チューブ噛まないコツ教えます。#10」です。スーパーカブのタイヤではないのですが、このやり方でやると1本10分足らずで交換できました。




IMG_8261

前のタイヤはIRCの2.5-14で減りは少ないのですがヒビが入り、後ろが減っているのでチューブとともに交換しました。

IMG_8264

タイヤレバーにガムテープを張り付けることと、一旦レバーを入れたら外さずスライドさせて、少しずつタイヤをリムから外していくのがポイントでした。

IMG_8265

新しいタイヤはDUNLOPのD107の2.5-14です。縦溝のパターです。

IMG_8266

最初にチューブをタイヤに入れて、空気を入れて膨らませたままバルブの部分から組付けるのがポイントです。

IMG_8269

IMG_8270

ビードクリームが無かったので石鹸水を使い、ガムテープを張ったレバーにも石鹸水を塗ります。

レバーの使い方は、外すときと同じ要領です。最後の部分で組付けがきつくなるので、一旦空気を抜いて組み上げます。そうすると、簡単に組み上がります。

IMG_8271

IMG_8274

同じ要領で後ろのタイヤも交換しました。

IMG_8275

後ろのタイヤはIRCの2.75-14で、減って滑るようになりました。リトルカブは規格では後ろは幅が広いタイヤを使っています。

IMG_8277

新しいタイヤはDUNLOPのD107の2.75-14を履かせました。

IMG_8278

今回はIRCから、以前も使っていたDUNLOPに切り替えました。IRCは日本製でしたが、マメに手入れしていたにもかかわらず、ヒビの入り方が早かったので2回目は無しとしました。

とにかく、YouTubeの動画が大変参考になりました。


himajintaro at 22:01|PermalinkComments(0)

2021年03月07日

リトルカブ冬眠から覚める

昨年12月二週目から冬眠に入ったリトルカブですが、明日からバイク通勤を再開するので、冬眠から覚まして、準備を始めました。

IMG_8191

自宅で静養中だったバッテリーに充電しましたが、南側の日の当たる暖かい窓越しで過ごしていたためか、ほとんど、電圧も落ちていませんでした。

IMG_8193

リトルカブに取り付けて、セルで一発始動。タコメータのマイナス線を付けるのを忘れで、付け直しましたが、タコメータもヘッドランプも正常稼働しました。

IMG_8194

その後、エンジンオイルの交換をしました。

IMG_8197

ちょっと近所を走ってエンジンを暖め、いつもの如く、専用鍋で回収しました。

洗浄用のフラッシングオイルはオイルが薄まるとのことで、オイルを抜いた後、ドレインのネジを絞め、交換用のオイルを200ml程度入れて、エンジンを回した後、再度、オイルを抜き取りました。

IMG_8196

オイルは残っていた広島高潤とAZの二つをブレンドしました。

IMG_8198

さらに、昨年から導入した京都の斎藤商会のモリブデンを添加しました。

リトルカブの最大エンジンオイルの量が800mlなので指定混合割合である5%の40mlを薬剤散布の軽量用注射器で測って計量カップに入れます。

そこに、ブレンドしたエンジンオイルを加えて、600mlにしてエンジンオイルの注ぎ口に投入しました。

IMG_8200

今日はバッテリーの取り付けとエンジンオイルの交換をして、明日の朝から、リトルカブで出勤です。

タイヤが摩耗してサイドにヒビが入り劣化してきたので、来週、交換する予定です。


himajintaro at 21:02|PermalinkComments(0)