道路

2021年09月20日

桧原峠について情報いただきました

それって違反じゃないの?で紹介しました旧米沢街道と桧原峠について、ゆーぱぱ様から情報を頂きました。

以下、原文のとおり

初めまして 福島市在住のバイク乗りです。
https://woyow.exblog.jp/
いつも楽しくブログを拝見しています。
先日桧原湖~桧原峠~米沢をオフロードバイクで走って来ました。山形側で土手が崩れているので通行止めですがバイクなら危険はありません。ただ、旧桧原峠の看板から先は路面がかなり掘れていてノーマルタイヤのリトルだと結構大変だと思います。もし仙人とご一緒なら無理というか止めたほうが良いと思います。これからも山形のアレコレ楽しみにしています。

ゆーぱぱ

旧米沢街道と桧原峠について調べてみたところ、福島県北塩原村のホームページに「会津・米沢街道―桧原峠越」が文化庁の『歴史の道100選」に選ばれたとありました。

歴史の道100選

旧米沢街道と桧原峠については、昔の人が歩いた道で、今回の林道は桧原峠の東側を走る、福島県側では鷹の巣林道、山形県側では米沢市の市道認定路線図から米沢市道白子沢線のようでした。新しい峠については新桧原峠や金山峠と表示されているものも見受けられました。

白子沢線02

白子沢線

ゆーぱぱ様からのアドバイスにもありましたように、この路線については遅山仙人とのツーリングは、しないことにしました。

10年前に新車で購入した現在のリトルカブには、何故かブロックタイヤが履かせてありました。

タイヤを交換して、再度挑戦するかは、検討したいと思います。

ゆーぱぱ様、情報ありがとうございました。今後とも、よろしく、お願いします。


himajintaro at 06:46|PermalinkComments(0)

2021年09月12日

すっかり涼しくなって花山湖へ

2021.9.10

抜歯後の回復がままならない遅山仙人には気を使い、無理をしてツーリングには行かなくともよいと伝えるために電話を入れました。

IMG_4495

痛みをこらえて家にいるより、ツーリングで気を紛らわせた方がよいというので、店屋物が不便な仙人のために弁当持参で宮城県栗原市の花山湖へ行くことにしました。

IMG_4497

前の日に、金華サバを焼いて、ほぐして、キャベツとマヨネーズと天日塩とブラックペッパーで和え、ヨークベニマルの無添加の湯こねパンに挟んでホットプレスサンドを作っておきました。

IMG_4498

仙人のために、ノンアルコールビールとカップヌードルを持参し、日の出前に自宅を出発しました。

IMG_4517

コースはいつもの北上ルートを走りました。

IMG_4520

東根市長瀞の料理仕出し 青野の前を通過したのは午前5時35分でした。青野さんの店には、なかなか立ち寄れずに、申し訳なく思っています。

蕎麦で有名な大石田町来迎寺から国道347号に入り、尾花沢から鍋越トンネルに向かいました。

IMG_4521

放射冷却により、尾花沢市街地を過ぎてからは、霧の中を走ることになりました。母袋(もたい)トンネルでも霧が晴れず、この間、猿、タヌキ、テンが道路を横断していきました。

早朝に関わらず、かなりの数の宮城ナンバーのダンプカーとすれ違いました。今工事中の東北中央自動車道の工事関係車両ではなさそうです。工事関係車両ならば、それなりの表示がしてありますが、それがないので、土か砂利の買い付けなのでしょうか。

私たちが向かう方向で、これだけのダンプカーならば、ぞっとしました。

IMG_4523

IMG_4524

上の写真の左側の道路は旧街道です。元々、母袋街道、母袋峠と呼ばれていた記憶があるのですが、気が付いたら鍋越峠になっていました。

旧道との分岐点に母袋街道開通百二十周年記念碑が平成24年に建てられていました。母袋(もたい)は峠からは一番近い集落です。道路にしても峠にしても、自分たちの側から見た名前が付いています。この街道も宮城県側からすれば違う名前が付いているのかなと思います。

山の名前でも、山形県では御所山、宮城県では船形山。国土地理院2万5千分の1地形図では山形県に気を使ってか、船形山(御所山)と表示されています。

さらに、蔵王山ですが、山形県は「ざおうさん」、宮城県は「ざおうざん」と読みが違います。元々、蔵王山という名の山は無く、熊野岳、刈田岳、地蔵岳の総称です。国土地理院2万5千分の1地形図には位置を特定することなくボンヤリと表示してあります。

IMG_4526

鍋越

国道347号は好きな道路です。国道47号、48号と比べると交通量も少なく、道路も広くなり、勾配もキツイところが少なくてとても走りやすい道です。

IMG_4527

宮城県加美町に入り、国道347号を東進し、コメリハード&グリーン小野田店の先の信号機のある交差点を左折します。この道路は、いつも出てくる広域農道です。

広域農道の山道を上ったり下ったりするとT字路となり左折します。この先を右折するのですが、分かりにくくなっています。

そのまま、道なりに進み、市街地に入る前の谷あいのような変形十字路を左折するとトンネルに出ます。

トンネルは「城山遊学トンネル」という名前が付いていました。

写真は撮ってきませんが、トンネルの右側は岩出山城、左側に大崎市立岩出山中学校が建っています。岩出山中学校は下から見上げるためか、山の上にあるためか、巨大な金属の塊的に見えました。

IMG_4528

トンネルを抜けると、すぐに、陸羽東線の踏切になります。右側が有備館になります。有備館には、以前、岩出山に来た時に立ち寄りました。岩出山へ 有備館で記事にしてあります。

花山湖の帰りに有備館の前を通りましたが、臨時休業の張り紙がしてありました。

踏切では、ちょうど、下りの列車が通過していました。陸羽東線終点の新庄駅までは行かない、鳴子温泉駅までの列車です。

IMG_4529

ここから、国道108号を走らずに、裏道を走って花山湖へ向かいました。



himajintaro at 08:47|PermalinkComments(0)

2021年09月06日

それって違反じゃないの?

2021.8.27

桧原湖

今回のツーリングで常用の国道399号が走れないことで、裏磐梯を走ることになりましたが、白布峠を越えずに旧米沢街道の桧原峠を越えることにしました。

2018.11.3の喜多方市でそばとラーメンを食べました。 桧原湖でも桧原峠を越えようとしましたが、「この先山形県側路肩欠損のため全面通行止」の立て看板があり、断念しました。

今回、再度の挑戦でしたが、最初に入り口を間違えて、違う林道に入ってしまいました。

IMG_4183

IMG_4184

サル・熊駆除中につき進入禁止の看板に目を奪われ、そのまま、ズルズルと入っていくと、十郎沢林道という標柱があり、いつもの興味本位で進むと、

IMG_4186

一般通行禁止の立て看板があり、営林署の専用林道であることがわかりました。林道は専用林道と併用林道があり、特に営林署の専用林道は一般車はほとんど入ることができません。併用林道は生活道路と兼用なので一般車両も通行可能です。

いつもは国土地理院2万5千分の1地形図のアプリで目的地周辺の地図を読み込んでおき、電波の圏外でもGPSで地図上に位置を表示できるのですが、圏内で地図データを読み込むのを忘れたために、どこを走っているのか、さっぱりわかりませんでした。

Googleマップでも圏外でも位置を表示してくれるのですが、この日は、上手く表示できませんでした。

止む無く、引き返して、再度、桧原峠への入り口を探しました。

IMG_4185

今度は見覚えのある場所でした。

IMG_4187

しかし、前回と同じ状況でした。この1年間のGoogleマップの投稿に走っている人がいるので期待しましたが、結果は残念な状況でした。

IMG_4188

次回へ再度挑戦ということで、気持ちを切り替え、西吾妻スカイバレーを上って行くことにしました。

林道2

IMG_4189

歌手の小椋佳の芸名にちなんだ早稲沢からスカイバレーを上るのは、つづら折りの連続で高度を稼ぐので50ccでも苦にならないのですが、山形県側は10%の勾配が連続し、エンジンが9,000回転を越えることがあります。

夏は熱ダレの原因となり、白布峠の手前でエンジン停止したことがあったので、それ以降はエンジンオイルに気を使っています。

IMG_4190

重量オーバーで遅れている遅山仙人を待っている間、眺望の良い、東鉢山七曲りで暫し休憩。

IMG_4192

IMG_4198

方々を彷徨いながらも白布峠に着いたのが午後2時50分でした。道路の勾配の関係で、福島県側に向いてバイクを止め、コーヒータイムとしました。

IMG_4193

仙人がバイクの任意保険に入っていないので、ほけんの窓口に行って調べてもらうように勧めると、突然、自賠責加入ステッカーを貼っているかと尋ねました。

自賠責の更新はしたけれども、新しいステッカーは貼っていないというのです。ステッカーを剥す不届き者がいるので貼っていないと言います。仙人のナンバープレートまでよく見ていないのでわかりませんでした。

ナンバー

確かに、32年8月のステッカーが貼ってありました。私も過去に、職場の駐輪場においてあるスクーターのステッカーを剥されたことがあり、保険会社に再発行してもらったことがあります。

それって違反じゃない?警察にパクられるよ!と返すと驚いていました。

仙人は、昨年、一時停止無視で切符を切られています。非常に落ち込んでいました。私に停止線よりも前で止まったと言い張るのですが、100m前でも手前だ、停止線で止まる癖が無いから捕まったのだと一蹴しました。

以前から、ツーリングの時はバックミラーで監視して、口酸っぱく、マナーの指導をしてきましたが、違反以来、一層指導を強化しています。

今は警察にパクられるのが一番怖いようです。

IMG_4196

そして、道の駅裏磐梯に寄ってくればよかったと言い出しました。

山都の蕎麦と喜多方のラーメンを梯子した帰りに道の駅に寄って、味噌漬けの漬物を買ってきたことを思い出しました。2日前に抜歯をして、おかゆのおかずに味噌漬けの漬物を食べたかったようです。

それでは、米沢の道の駅に寄って行こうということで、午後3時40分、白布峠を下りることにしました。




himajintaro at 05:23|PermalinkComments(2)

2021年09月04日

宝の山へ

2021.8.27

ゴールドライン

日本遺産の東京電力猪苗代第一発電所を見た後、磐梯町の農協ガソリンスタンドで給油しました。

ここまで、170kmで2.2リットルの給油でした。平均燃費は77km/リットルでした。遅山仙人は3.2リットルで53kmでした。

私のリトルカブの燃料消費率は30km/hで113km、仙人のスーパカブカスタムは146kmです。エンジンはリトルカブは最大出力3.4PS、最大トルク0.39kgf・m、カスタムは4.0PS、0.48kgf・mで、どう見てもリトルカブの方が劣勢です。

本来、カスタムは90km/リットルぐらい走ってもおかしくないのです。

今まで何度も書いたように、リアボックスに重い紙類のコレクションを貯め込んでいるので燃費が落ちているのは間違いないのですが、最近、オイルが減ると言っています。他にもエンジンの不具合があり、詳細は後日談とします。

IMG_4158

農協スタンドで給油して、すぐ先の信号機のある交差点を斜め左に入るとゴールドラインです。

IMG_4159

広域農道会津パールラインを走っていた時は磐梯山の山頂付近は雲に隠れて見えませんでしたが、磐梯山に近づくにつれて、くっきりと姿を現してくれました。

ゴールドラインの上り口には星野リゾートのゴルフ場とホテル、スキー場があり、ハイカラなリゾート地的な雰囲気がありました。

ゴールドラインは期待をしてきました。会津盆地や猪苗代湖が眼下に見えるとGoogleマップに投稿している人が多かったのですが、ほとんど、見ることができませんでした。多分、この時期は葉が生い茂り、視界を邪魔していたのでしょうと割り切って、峠に向かいました。

IMG_4161

峠の八方台駐車場には平日なのに登山客と思われる車で一杯でした。

IMG_4160

ここは西に猫魔ヶ岳、雄国沼、東に磐梯山への登山口になっています。

IMG_4162

丁度、昼の時間になりました。人のいない駐車場で昼食を取ることにし、こがね平駐車場に向かいました。

IMG_4164

ここからは、磐梯山の北側にある爆裂火口がちょっとだけ見ることができます。磐梯山が噴火したことにより、磐梯山本体の大量の土砂が桧原湖などの多数の湖沼を生み出し、裏磐梯の風光明媚な地形を作り上げました。

会津磐梯山は宝の山と唄われている通り、福島県に金を落としてくれる一大観光地を作ってくれました。磐梯山ゴールドラインという名称もうなずけます。

IMG_4163

IMG_4165

仙人は抜歯した痛みが癒えず、食事が大変だろうと思い、カップヌードルを持って行きました。仙人は、弁当というと食パンを持ってくるようになりました。歯に負担をかけたくないという気持ちもあるのでしょう。

いつも、私がカップラーメンやコーヒーの湯を沸かしています。仙人は、その都度、申し訳なさそうに、自分のコーヒーサーバーを持ってきたいと言っているのですが、重くて持ってこれないというのが言い訳がましく聞こえます。

IMG_4166

私たちが昼食を取っていると、不思議なことに、次々に駐車場に車が入ってきては、すぐに出ていきます。何かイベントでもやっているのだろかと興味本位で立ち寄ったのでしょうか。
バイクのツーリングで駐車場でお湯を沸かして弁当を食べているのも珍しいのかもしれません。しかし、コロナの時勢を考えると、この方法が一番懸命と思います。

昼食を済ませた後、桧原湖の西側を走る予定だったので、道の駅裏磐梯に立ち寄ろうかと誘ったのですが、仙人は断りました。これが後々、悔やむことになるのです。


himajintaro at 07:03|PermalinkComments(0)

2021年09月02日

東北初?の広域農道のトンネル

2021.8.27

会津柳津駅から福満虚空蔵尊へ戻る途中、「柳津名物あわまんじゅう」の幟が気になったので、小池菓子舗という店に立ち寄り、土産に「あわまんじゅう」を買いました。粟ともち米が皮になった饅頭のようです。

IMG_4204

IMG_4205

箱買いとは別にバラで2つ買い、コーヒータイム時にお茶請けで食べましたが、餡が甘すぎず、粟の皮が今までにない感触でした。単純に柔らかいとか腰があるとかという感覚ではなく、なかなか表現できません。家族にも評判が良く、すぐに無くなりました。

IMG_4213

IMG_4135

福満虚空蔵尊の上り口の近くに大日如来があり、その上り口に湯殿山の石碑がありました。

仙人と交わす宗教論で山形以南に湯殿山の石碑があることを紹介しましたが、ここにもありました。湯殿山信仰が会津にもあったのでしょうか。

パールライン

柳津から会津若松の市街地に入らないで、会津磐梯山のゴールドラインを目指しました。

広域農道(スーパー農道)の会津パールラインを西から東へと進みました。途中、続けて二つのトンネルがありました。

IMG_4136

ここで思い出しました。ずいぶん昔のことですが、東北初だったか、全国初だったか、広域農道にトンネルを作った路線が会津にあると聞いたことがあります。当時は、山形市内の広域農道にトンネルを掘るというので、全国初か?と、工事関係者としては話題になりましたが、すでに、会津にあったことを聞かされた時は、驚きでした。

山形市内の広域農道のトンネルとは山形市滑川から映画おもいでぽろぽろで有名なった高瀬へ抜ける「べにばなトンネル」と高瀬から山寺に抜ける「大森トンネル」です。

IMG_4137

農道と言えば、のどかな田んぼ道を走る田舎道というのが一般的なイメージですが、広域農道と農免道路とは?で解説したように、普通に山道を走る県道級の道路も農道なのです。

IMG_4138

あの当時、話題になった会津の広域農道を何十年も後になって走ることになるとは夢にも思いませんでした。

IMG_4139

磐梯山の山頂部は雲がかかっていました。

IMG_4140

広域農道をどこまでも走ると国道49号でT字路となり、右折して、すぐに左折して、磐梯町に抜けて、ゴールドラインを目指す予定でした。

パールライン2

ところが、蛇行する国道49号を一度横切り、ショートカットして、もう一度、49号を横切る予定だったのが右折してしまいました。交差点の手前が上り坂だったので、十字路であることに気が付かず、右折レーンに入り、そのまま、49号を走ってしまいました。

本当は、その先に一眼レフレックスカメラのレンズメーカーとして有名なシグマの工場があるはずなのに、いつまで行っても見当たりません。

遂には、猪苗代湖が見えてきました。間違ったことに気が付き、慌てて、Googleマップで磐梯町への道を探したら、ありました。

引き返して、入っていった道ですが、とんでもないものがありました。その話は次回。


himajintaro at 20:13|PermalinkComments(0)