グループツーリング

2021年04月25日

怪しい捜索隊 前半

2021.4.24

行方不明の赤いハスラーの持ち主を探すために、遅山仙人を連れ立って、山形市の西部にある白鷹丘陵の根元付近を中心に走り回りました。

仙人に弁当持参と指示し、私もベーグルでハンバーガーを作りました。

IMG_0231

ガスボンベがガス欠なので、フレンチプレス2台で1リットルのコーヒーを作り、ステンレスの真空魔法瓶に詰めて持って行きました。

IMG_0232

仙人曰く、「呆けると、どこまでも走ってしまって、トンデモナイ所で発見される。」と宣うので、山奥ではない、普段は走ることのない、沢沿いの行き止まりの道を中心に走ってみました。

IMG_0237

目につくのは赤い車ではなく、山菜ばかりです。タラノメは高い所しか残っておらず、とても手が出ませんでした。

高台から双眼鏡を使って、赤い車を探してみました。

IMG_0239

普段は走らない道をくまなく走ってみたので、こんなところに仙人が好きそうな神社があると、新しい発見ばかりでした。

IMG_0243

集落から、ちょっと上ったところにお地蔵さんたちがいました。

IMG_0240

天保年間に作られたお地蔵さんのようでした。

ここで妙案が浮かびました。以前からテーマを持って走ろうと仙人に提案してきました。毎日、日記をつけ、机上の歴史に自己満足してきた仙人を若輩の私が叱咤激励し、これからは人のために生き、後世に記録を残すことを考えるように伝えてきました。

今後、山形盆地の縁を走り、文学壮年の遅山仙人からレポートを書いてもらい、私が写真を撮って文字に起こして、記録に残すことで合意を得ました。多分、ブログという形になると思います。

IMG_0241

お地蔵さんの先に手配の赤い車発見かと思いきや、車種も違い、ブドウの剪定をしている人の車のようでした。

IMG_0244

行き止まりの道を何度も往復し、国土地理院2万5千分の1地形図に記載されている道路の奥に、地図にない道が続き、行きついたところは溜池でした。

IMG_0245

ここまでは道路が所々ぬかるみ、多少難儀を強いられました。この池に到着して驚いたのですが、赤やオレンジや白の錦鯉が泳いでいました。

IMG_0246

捜索を始めて2時間、午前10時になったのでコーヒータイムとしました。

IMG_0248

お茶請けに白ササゲで作って冷凍しておいた羊羹を持って行きました。ササゲは一晩水に漬け、軽く煮た後、皮をむき、圧力釜で炊いて裏濾しし、寒天で固めたものです。

IMG_0249

ショウジョウバカマが満開でした。

昼近くなって県民の森に向かうために早坂林道を上っていきました。

IMG_0252

途中、山菜取りをしているオバちゃんたちに声をかけ、赤い車を探しているので見つけたら警察に連絡してくださいと頼みました。怪しい二人連れのカブライダーの話を聞いてくれました。

IMG_0253

最初、樋口沼に行く予定でしたが、昨年から今年の大雪のために、木々が倒れ、家族広場から下は通行止めになっていました。急遽、白鷹山の北の登り口の嶽原(たけばら)に向かうことにしました。

IMG_0254

大きな木が幹から裂けるように枝折れしている木がたくさんありました。

県民の森の行き止まりの林道や、昔、牧草地だった場所へ往復しながら、昼食場所として湧水地がある五番御神酒(ごばんみき)を選びました。


himajintaro at 09:05|PermalinkComments(0)

2021年04月10日

JRは無人駅でもバリアフリー化を進められるか?

2021.4.2

真室川駅を出た後、奥羽本線沿いに走って、新庄市内を南北に縦断して、大石田町に抜けることにしました。

地図004

最初に立ち寄ったのが、羽前豊里駅です。

IMG_9858

三角屋根の小さな駅でした。

IMG_9859

壁に沿って作られた木製の長椅子が特徴的です。ダイヤの写真は撮ってきませんが、秋田まで直通の列車が結構走っています。

以前、一度だけ、新庄乗り換えで普通列車で秋田まで往復したことがあります。

IMG_9860

山形新幹線が新庄まで延伸したことにより、新庄以北は線路幅が広軌から狭軌に変わるので乗り換える必要があります。それまでは、秋田まで特急列車が走っていたので、山形からは乗り換えが要らずに、今よりも早い時間で秋田まで行くことができました。

現在は、新庄まで山形新幹線を利用し、タイミングが良ければ大曲で秋田新幹線に乗り換えることで3時間半ぐらいで行くことができます。

しかし、210Kmの隣県秋田まで3時間半に対して、3県を跨ぐ360Kmの東京は2時間半で行けるので、山形にとって秋田は物理的に遠い存在です。

IMG_9861

羽前豊里駅から泉田駅に向かいました。

IMG_9862

ちょうど、下りの列車が入っていました。

IMG_9864

年齢不詳、男女不詳の年寄りが列車にも乗らずに一人佇んでいる風に見えました。

IMG_9866

この駅は単線がゆえの行き違い駅と思われます。ホームを挟んで上下の線路があります。このため、駅舎から跨線橋を渡って、ホームに降りることになります。

IMG_9867

先ほどの年寄りが遅れてホームに降りてくると、開口一番、「年寄りは階段上るの大変だろうな。何で豊里駅のようにすんなりホームに入れないのか。」と、今起こった実体験を基に感想を呟いていました。

この視点は、現代社会においては大切なものです。

先日もネットニュースに車椅子の女性の無人駅の利用に対するJRの対応が載っていました。

高齢化と人口減少による過疎化が進み、駅はどんどん無人化されてきました。

IMG_9869

無人駅化とバリアフリー化は切っても切れない問題だと思います。単純に無人化だけを進めていくと、大きな社会問題を抱えてしまうことになります。

IMG_9870

全ての公共交通機関は社会責任を果たす義務があります。

JRは無人駅でもバリアフリー化を進められるか?

見ものです。

泉田駅から新庄市内へと向かいました。


himajintaro at 07:48|PermalinkComments(0)

2021年04月04日

覚醒した遅山仙人

2020.4.2

4月1日は、海外ではエイプリルフールの日であり、日本では特有の文化である年度初めの日です。前日、隣の職場で、このブログを温かく非難していた同い年生まれのカブライダーが職を去っていきました。

この日、自宅に帰ると寂しさがこみ上げてきました。彼とは今まで同じ職場になったことはありませんでした。出身学校は違うけれども同級生のような感覚でした。

ぽかっと空いた隙間を埋めるかのように、夜、遅山仙人と電話で長話をしました。

翌朝7時ちょうどに、仙人から電話がかかってきました。仙人曰く、「珍しく、朝5時に目覚め、腹が減って朝ご飯を食べた。」とのこと。覚醒した仙人のツーリングへの催促でした。真室川を目指すことにしました。

仙人の隠れ家に8時に向かうと約束し、準備をして7時半に自宅を出ました。出がけに、いつもの如く、30分のタイムロスがありましたが山辺町、寒河江市、河北町谷地、尾花沢市から国道13号に入り、道の駅尾花沢でトイレ休憩としました。

IMG_9817

ここから、さらに国道を北上し、猿羽根山(さばねやま)トンネルを潜り、舟形町の小国川手前から右折して旧国道47号を鳴子温泉方面へと走りました。

地図001

IMG_9818

朝、仙人から電話が来た時に、以前から、仙人が地図を見て新庄市の東側に北上する道があると言っていたのを思い出して、旧国道47号から北上する広域農道(スーパー農道)を走るプランにしました。

IMG_9819

鮎釣りのメッカ、小国川に架かる橋の上からは残雪の村山葉山が良く見えました。この日は山形県の川釣り解禁二日目でした。すると、仙人が私を渓流釣りに連れて行くと言い出しました。期待しないで待つことにしました。

IMG_9820

仙人が言っていた新庄市の東側を走るルートは、広域農道で間違いありませんでした。仙人は自分の地図を見ながら、狭い砂利道を想像していたようです。IT弱者でGoogleマップはおろかGoogleアースも見ることができないので、雪があって通れないという勝手なイメージを作り上げていたようです。

以前にも紹介しましたが、仙人は新しいアンドロイドのスマホを手に入れました。しかし、思うように使いこなせません。「変なボタンを押してしまって、姉ちゃんの写真が出てくる。壊れそうで怖い。」と話します。

ワンクリックが苦手で長押しになります。「スマホは地面に叩きつけなければ壊れることは無い。慣れるしかない。」と伝えました。元々、コンピューターが苦手な教師だったこともあり、習うより慣れろが難しいのかもしれません。

とにかく、自分のイメージと全く違う道路だったことに驚愕するばかりでした。

IMG_9825

良い天気がしばらく続き、この日は鳥海山が富士山のように見えました。これが庄内地方の酒田市から真南に見ると、山頂から左側に長く緩やかに日本海まで伸びているので、異なる山になります。

新庄や真室川方面からは南東から見ることになり、山の形が変わります。

新庄市街地を通らずに、比較的アップダウンが少なく、途中から県道に入る快適な道路を走ると積み上がった木材が現れます。

IMG_9828

これが銘木と言われている金山杉です。乾燥させるため、きれいに積まれています。この杉が現れるたので金山町に到着したことになります。

IMG_9827

ここから、国道13号を横切り、真室川町へ向かいました。


himajintaro at 11:36|PermalinkComments(0)

2021年03月17日

タイヤの皮むき第二弾 おしんの吊り橋が無くなる!?



遅山仙人が昔から必ず買って帰る美味しい饅頭があると言うので荒砥駅近くのやまり菓子舗に立ち寄りました。

地図x05

荒砥駅から山形に向かう道と国道287号との交差点を右折すると目的の店のはずですが、国道改修により立体交差になってしまったので、上の地図のように一旦北上して、国道に入り、南下するという遠回りになってしまいました。

IMG_8396

IMG_8394

試食できるお菓子があり、饅頭やイチゴ大福やお茶が置いてあり、仙人は遠慮なく、試食してお茶を飲んでいました。饅頭は漉し餡がお勧めとのことでした。
昭和47年の山形国体の時に天皇に献上した山形市七浦の菓道八右ェ門のイチゴ大福がとても美味しく、この時、日本初のイチゴ大福でした。その後、イチゴ大福は全国で作られるようになりましたが、今でも八右エ門を越えるイチゴ大福はお目にかかったことがありません。

仙人は漉し餡の饅頭と桜餅を買いました。私は漉し餡の饅頭と餅入り最中を買いました。

IMG_8395

饅頭を買って、いつも立ち寄る「おしんの吊り橋」でコーヒータイムととするために、国道287号をそのまま北上しました。

地図x06

「おしんの吊り橋」は、知人がこの橋から落下して亡くなられた場所で毎年命日にお参りに来ています。ところが、この吊り橋は撤去されることになりました。

IMG_8397

おしんの吊り橋撤去

コロナ以前のインバウンド観光の波に乗れず、痛みが激しく老朽化するばかりで、撤去されることになりました。私にとっては墓石のような存在ですが、残念なことです。

この橋から最上川左岸が通行止めだったので、この場所で3時の一服としました。

IMG_8398

IMG_8402

いつもはフレンチプレスでコーヒーを出していましたが、モカ好きの仙人のために家にあったモカのドリップパックを持ってきました。

右側のちょっと色のついたホーローのマグカップですが、どうも、仙人がこのカップで自炊しているようでした。もしかしたら、米を炊いているのかもしれません。もしかしたら、味噌汁を煮ているのかもしれません。もしかしたら、カレーを作っているのかもしれません。

ホーローは直接火にかけられるという点では便利なのですが、昨年、仙人と最後にツーリングに行った鶴岡市の玉川寺ではステンレスのマグカップだったのでわかりませんでした。玉川寺で本懐を遂げるで紹介しています。

IMG_8400

珍しくというか、ツーリング史上初めて、仙人が自分で買ったやまり菓子舗の饅頭と桜餅をお茶請けに出してくれました。どちらも、美味しくいただきました。

IMG_8401

仙人は、昨年から今年の冬は買い物に難儀したそうです。一昨年から昨年にかけての冬は、ほとんど、雪が降らなかったのでスーパーカブで買い物にでかけていました。ところが、今シーズンは雪が多かったために、スパイクタイヤに履き替えない仙人はバイクで出かけることができず、列車で買い物に行ったと言うのです。

それでも、荷物が多くて買って帰ることができないために、雪の日に無理やり出かけたようです。仙人がスーパーに出没したという情報が度々寄せられていました。下の写真は、山形市内某所のスーパーマーケットに置いてある仙人のスーパーカブです。写真を拡大すると雪が降っているのがわかります。

150731696_464511184903643_6260077365239305376_n

仙人は軽自動車が無性に欲しくなりました。どうも、スーパーカブで雪の日に転んだ可能性があります。動かない車をたくさん持っているのに、処分もせずに、さらにコレクションを増やそうという魂胆です。

軽自動車の価格を聞かれましたが、車両価格が安ければ安い程、修理整備費が反比例して増えると伝えました。今売れば金になる高級?外車も持っているので資金になると、そそのかしましたが多分売る気はないでしょう。

こんな四方山話をしてコーヒータイムを終えました。

IMG_8403

国道287号に戻って、白鷹町中山に出て、主要地方道山形白鷹線を走って県民の森を越えて山形市内に戻ろうとしましたが、途中、山辺町の摂待口から西黒森の区間が通行止めで、迂回しました。

雪の無い時期は、白鷹町中山から林道狐越線を走り、白鷹山の麓、山辺町嶽原(たけばら)、山形市大平を走るショートカットのルートを走るのですが、この時期は林道狐越線の除雪がされていないので、山形白鷹線を走りました。

前日も山形市内から逆方向で山形白鷹線を走りました。前日は天気も良く、山形盆地の眺めも良かったのですが、この日は一日中、太陽が顔を出すことはありませんでした。

IMG_8404

仙人のスマホでLINE通信をしたいのですが、設定まで至りませんでした。軽自動車の相談も話半分で終わりました。

それでも何とか、今シーズン最初の仙人とのツーリングを終えました。


himajintaro at 20:42|PermalinkComments(0)

2021年03月15日

タイヤの皮むき第二弾 無くなった鉄道計画

2021.3.12

獅子頭の博物館的蕎麦屋さん獅子宿燻亭で昼食を終え、長井市の市街地には入らず、最上川の右岸から白鷹町へと走らせました。

地図x03

IMG_8371

天気は回復せず、どんより曇っていました。遠くに見える飯豊連峰は真っ白でした。長井市をひざ元とする長井葉山も霞んでいました。

IMG_8373

国道287号を北上し、超有名蕎麦屋の千利庵がある白鷹町広野で左折し、最上川を渡り、県道長井大江線に入って、さらに北上しました。途中、フラワー長井線の鮎貝駅(あゆかいえき)に立ち寄りました。

IMG_8375

IMG_8378

この駅は公民館が併設されていました。しかし、厳密にいえば社会教育法で言う公民館ではなく、地域の集会所になると思います。

これに対して、宮城県大崎市岩出山にあるJR陸羽東線有備館駅に併設されている公民館は社会教育事業を行っている社会教育法でいう公民館です。岩出山へ 有備館駅で紹介しています。

IMG_8379

待合室の椅子には畳が敷いてありました。長椅子に畳が敷いてあるというのも珍しいです。この駅の正面道路際には桜が二本植えてありました。

IMG_8383

IMG_8381

今年も公園での花見の宴会は無理ではないかとなると、ひっそりと、どこかで花見をすることになりそうです。昨年同様、無人駅の旅も候補の一つに挙げられるのかと思いました。

鮎貝駅には古典桜の里しらたかオススメ歩くコースマップが掲示されてありました。このマップには載っていない桜の並木がマップの下にある写真です。昨年の満開の桜を行くリトルカブで紹介しています。蚕桑駅(こぐわえき)と鮎貝駅の中間にあります。

IMG_8382

IMG_5356

丁度、上りの列車が入ってきました。白い列車でした。この列車は2020.6.19アマビエ様で疫病退散祈願で紹介していますが、この日は、この列車で帰れると思っていたのですが、違う車両で帰ることになりました。是非乗ってみたい車両です。通路にテーブルがあります。

IMG_8384

鮎貝駅で上りの列車を見送った後、その列車が走ってきた荒砥駅(あらとえき)に向かいました。

IMG_8386

小学校に入る前に木造の駅のころに来た覚えがあります。
正面玄関頭上にはステンドグラスが嵌め込んでありました。

IMG_8392

IMG_8393

IMG_8391

IMG_8390

駅には白鷹町の名品を売る売店や切符売り場がありますが、観光協会で運営しているようでした。

奥に展示コーナーがあり、季節柄、お雛様が飾ってありました。

IMG_8389

この荒砥駅がフラワー長井線の終点で列車の車庫がありました。

IMG_8388

このフラワー長井線は元々、国鉄長井線でした。民営化でJRになってから廃線されそうとなりました。赤字経営を続けながら何とか頑張って地域の足を守っています。以前にも紹介したように映画「スイングガールズ」のロケに使われました。

この長井線ですが、実は現在のJR左沢線(あてらざわせん)の終点である大江町左沢駅と、この荒砥駅を結ぶ計画がありました。実現すると陸羽西線と同じように最上川と並行して走る風光明媚な路線になるはずでした。白鷹丘陵を周回できるとても良いコースになっていたと思われます。

地図x04

ところが、山形県内某大手交通会社の反対により計画が無くなったと言われています。県内には、様々な鉄道計画がありましたが、私の知る限りでは、山形駅から蔵王温泉までの登山鉄道の計画も無くなったことを記憶しています。

今となってはの話かもしれません。当時は少子高齢化や新型コロナウイルスなど想像もつかなかったことでしょう。

計画が実現されたとしても、結果的にどうなっていたのかは知る由もありません。

遅山仙人が荒砥駅と左沢駅が繋がっていれば良かったのにと言うので、この話をしました。さすがの博学の仙人も計画がとん挫した話は知りませんでした。

仙人が近くに美味しい饅頭を売っている店があるというので行くことにしました。



himajintaro at 20:05|PermalinkComments(0)