自然

2021年06月19日

余の辞書に河床の変化はない

2021.6.12

前日、夕食の仕込みをしていたら、遅山仙人から電話が入り、渓流釣りに行かないかと誘いを受けました。

以前、仙人に誘われて最上町へ釣りに行ったときは、遅くに出かけ、雨が降ってきたので、自分は竿を出さずに見ているだけで、私だけが竿を振っていました。

釣りは日の出前に現地に到着して釣り始めるのが絶対的セオリーなのですが、日が高くなってからしか出かけない仙人にクレームしていました。

すると、「日が高くなってから釣るのが名人だ」と宣うので、「それなら、手本を見せろ」と言っていたので、急遽出かけることにしました。

最近走っていない、県道山形羽入線を北上し、山形空港、東根市長瀞を過ぎて、村山市名取に向かう途中に、山形県内では二例目となるロータリー式交差点が出来上がっていました。

一例目は、長井市の長井ダムに向かう途中の広域農道との交差点にあります。

IMG_2100

ヨーロッパや南アジアではロータリー式の交差点は一般的ですが、交通量があまり多くない所に作るのは試験的なのかもしれません。

Shapla_Chottor_(17013833678)

私が20年以上通ってるバングラデシュはロータリー式が一般的で、首都ダッカでも信号機のある交差点が珍しいのです。上の写真は、多分、日本の資金も入って作られたホテル・パン パシフィック ショナルガオン ダッカ の近くの交差点だった気がします。

ロータリー中央にはバングラデシュの国花である睡蓮の花のモニュメントがあります。ちなみにベンガル語(バングラデシュ公用語)では睡蓮の花をシャプラと言います。

IMG_2101

村山市新山寺地区のスイカ畑を横切り、大石田町で国道347号と合流し、そのまま尾花沢市に入り、国道13を北上し、猿羽根山トンネルを抜けて、舟形町に入りました。

IMG_2104

仙人によると、鮎釣り解禁までの間は釣り人がいないので、この時期は絶好のチャンスだと言うのです。

IMG_2105

仙人のリクエストにより、鮎釣りのメッカ小国川を遡上し、最上町との境付近に行きたいとのことでした。

IMG_2106

仙人が昔、この時期に盛んに釣ったというポイントに着きました。しかし、たくさんあったポイントが無くなり、河床は平坦になっていました。仙人は首をかしげるばかりです。

止む無く、違うポイントで釣ったらどうかと提案しましたが、人から見られる場所で釣りたくないと言うのです。ポイントを知られることを危惧しているのではなく、入漁料を払うのが嫌だと言うのです。

小国川の入漁料を払って、正々堂々と釣ってはどうかと進言しましたが、仙人には耳がありませんでした。

耳が無い仙人には、実は本当に行きたいところがあって、そこに向かうことにしました。

IMG_2110

標高1,365mの神室山の登り口、新庄市の土内川です。

IMG_2112

IMG_2114

IMG_2122

上の吊り橋の下を流れる土内川が仙人本命の川です。

IMG_2127

仙人の十八番はテンカラ釣りで、毛鉤を使いますが、竿が長いのでスーパーカブには載せられないので、ブドウ虫を使って釣ることになりました。

IMG_2143

IMG_2128

IMG_2131

IMG_2133

IMG_2136

結論から言うと二人とも坊主でした。

仙人も私も当たりがありました。仙人は途中まで釣り上げて逃げられました。この辺はヤマメなので、一回逃げられると、ヤマメが警戒して同じポイントでは釣ることができません。

一番の失敗は、仙人が餌のブドウ虫を少なく買ってきたことにあります。私は、前日に釣具屋にブドウ虫を買いに行くと言ったら、俺に任せろと言うので任せました。

川に入って川虫を捕まえて釣るやり方もありましたが、仙人には、そんな元気が残っていませんでした。

それと言うのも、先の小国川と同じように、河床の様子が違うことで気落ちしていたことも理由にあります。

IMG_2134

昨年、大雨が続いたので、間違いなく、小国川も土内川も河床が大きく変化したのです。そのことに、仙人は気が付きませんでした。「変だ、変だ」を連発していました。

IMG_2135

川の至る所に根が付いたままの流木がたくさんありました。激しい雨が降ったことの証拠です。

昔の栄華に酔いしれたい釣り名人の遅山仙人でしたが、自分の辞書に載っていないポイントでは釣ることができなくなっていました。

気落ちした仙人に気持ちを切り替えしてもらうべく、以前から誘っていた山形県境の近くの及位(のぞき)駅に行くことにしました。

土内川を出発したのは午前10時30分でした。


himajintaro at 14:58|PermalinkComments(0)

2021年06月15日

蔵王ドッコ沼のうるさいハエ

2021.6.10

タケノコ取りをした後に、蔵王ドッコ沼で昼食の時間としましたが、とにかく、たくさんのハエが近寄ってきて、うるさいという状態でした。



「五月蠅い」と書いて、うるさいと読みますが、「六月蠅い」と書きたいぐらいでした。

タケノコ汁などを作って食べましたが、同行した山仲間たちはハエを追い払うことに神経をすり減らしていました。

ビデオは若くして亡くなり、1回だけ年金をもらった知人の話をしています。

ドッコ沼周辺には宿泊施設があります。ハエがこれだけ集まるというのは、処理できていない生ごみがあるということです。

蔵王で、これだけ、うるさいハエを見たのは初めてです。


himajintaro at 21:48|PermalinkComments(0)

2021年06月13日

田んぼの神様の湿原へ

2021.6.10

年休消化のため、いつもの遅山仙人と山仲間S氏を誘って、蔵王エコーライン沿いにある御田ノ神湿原に行ってきました。

ここは、昨年の6月12日に単独で行ったところです。チングルマの楽園へで紹介しています。御田ノ神は多分、五穀豊穣、田んぼの神様なのでしょう。

水源である湿原に祠があるのですが、蔵王には、もう一か所、地蔵岳の西側、観松平(かんしょうだいら)という湿原地帯の東側の登山道沿いにも御田神の祠があります。まずは樹氷高原駅まで歩いて下るで紹介しています。

仙人は朝早く起きて、再び寝てしまって15分遅れで、刈田駐車場に全員集合。

IMG_1989

IMG_2007

宮城県側にある駐車場に車を置いて山形県側に戻り、湿原の入り口に到着。

IMG_1990

昨年は無かった「注意 熊出没」の看板が目立ちました。

IMG_1991

昨年とは打って変わって快晴です。

IMG_1992

葉山、月山、朝日連峰、飯豊連峰、吾妻連峰の大パノラマです。

IMG_1993

あまりにも天気が良く、湿原の花々も光が当たりすぎでメリハリがなく単調という贅沢な感じがしました。

IMG_1994

避難小屋の先の御田ノ神の祠の前でコーヒータイムとしました。

IMG_1995

祠の前にはお賽銭がたくさん積み重なっていました。最近、賽銭泥棒の話題がTVで賑わっているので、仙人が泥棒に盗られると言い出すと、S氏が賽銭を自由に持っていける神社もあると返しました。

私も、困っている人は賽銭を持っているという神社のテレビは見ました。こんなところまで来て賽銭を失敬する不心得者はいないだろうと話はまとまりました。

IMG_1996

S氏にとって、この場所は嫌な思い出の場所です。

2016.6.12に山仲間5人で、この祠の前でコーヒータイムを取っていた時のことです。当時、腰が悪く、胡坐をかくことのできなかったS氏とK氏は木道から片足を出して腰かけていました。

そこに、山岳パトロールの女性が来て、木道以外の場所を荒らすなと注意しました。腰が悪いことを告げましたが、詫びもせずに帰っていきました。最初に理由も聞かずに、注意するだけして帰って行った女性に、一同、場が白けてしまいました。

そんなことを思い出してしまいました。蔵王御田ノ神湿原 20160612で当時の思い出を紹介していますが、その時は、そんな嫌な話は書きませんでした。

コーヒータイムを取った御田ノ神の祠のそばの水の流れに無数のオタマジャクシがひしめいていました。



どんな両生類なのか見当もつきませんでした。

IMG_1999

この頃、暑い日が続き、後、一週間でコバイケイソウの花が満開になりそうです。

IMG_2002

昨年よりもコバイケイソウの数が多そうです。花芽も半分ぐらいは持っているようです。できれば、日の出前に来て、日の出に輝くコバイケイソウの花の群落を見たいものです。

IMG_2006

駐車場に戻り、中央高原パラダイスゲレンデの片貝沼に向かいました。


himajintaro at 18:17|PermalinkComments(0)

2021年05月29日

天気晴朗ではなけれど、特に風は強し。

2021.5.28

次回のツーリングを山形県北部の及位(のぞき)に予定していましたが、なかなか、天気との折り合いが悪く、金曜日に回復するも午前中は北部で雨が残りそうという予報が出たので、及位は除き、東南部へ切り替えるべく、木曜日の夜、遅山仙人へ電話をしました。

私は以前から、仙人を福島県丸森町の齋理屋敷に連れて行こうと思っていました。仙人に電話をするとリクエストがありました。同じ丸森町にある緑山に行きたいと言うのです。

ここは齋理屋敷から南へ10分ほどの所にあり、以前からマークしていたレストランではありましたが、ボロの合羽に長靴の仙人の出で立ちでは、体よく、断られても仕方がない店であると考えていました。

仙人にはドレスコードが合わないだろうから、粗相のないように、別の店を探しているからと言って、翌朝、山形市東部の唐松観音駐車場集合としました。

IMG_1767

天気は回復基調にありましたが、上空の雲の流れが異常に早いことに気が付きました。山はトンデモナイ強風が吹いているはずです。

IMG_1770

仙人は、予定通り、10分遅れてやってきました。スマホが見つからない、財布が入ったバッグが見つからないと大慌てで自宅を飛び出したようです。

国道286号線笹谷峠では、半端ない強風が吹き荒れていました。



送電線がジェット機の爆音のような唸り声を上げていました。

昨年は通行止めで走っていない笹谷峠を越えた後、国道286号を東進し、川崎町から村田町へ入りました。拡幅した村田町から岩沼へ抜ける県道を進み、志賀姥ケ懐トンネルの手前から旧道に入り、峠を目指しました。

IMG_1776

この峠は仙台空港への近道として、山形の人たちがよく利用した道です。

IMG_1778

カーブが多く、所々狭いので、気を付けて走らなければなりませんでしたが、リトルカブのツーリングでは仙台方面からの帰りに度々利用していました。

峠の真下にトンネルを掘り、道路幅を広げて改良工事が終わったので、仙台空港方面には利用しやすくなりました。

IMG_1777

この峠から南に延びる林道を利用して、柴田町船岡を抜けて、丸森町に向かうことにしました。このルートは、三角油揚げは定義如来でなくとも買えるで紹介しています。

村田町から大河原に抜けて丸森町に向かった方が近いのですが、主要道路のために通勤ラッシュと重なることが予想されたので、できるだけ交通量の少ない、このルートを選択しました。

笹谷峠から太平洋が見えるほど回復したものの、午前中、ずーと、強風に煽られっ放なしでした。


himajintaro at 07:36|PermalinkComments(2)

2021年05月04日

あるはずの無い巨石を見に 腰抜けた仙人

2021.4.27

昼食場所の旧南陽市立漆山小学校杢沢分校を後にして、谷あいの県道を南陽市漆山へと走らせました。

途中、川を覗いたら、あまり水はきれいとは思えませんでしたが、縦縞のあるヤマメが泳いでいました。

IMG_0341

夕鶴の里資料館前を通り、タイヤの皮むき第二弾 ~南陽市で走ったルートに合流しました。そこから、ひたすら、久保の桜で有名な長井市伊佐沢へ向かうことになりました。

前回とは、若干違うコースを走り、タイヤの皮むき第二弾 獅子頭の蕎麦屋さんの蕎麦屋さんの前を走り北上しました。

IMG_0342

IMG_0344

山の神集落の手前に「白鷹町及び南陽市方面には行けません」「山形工科短期大学校まで通行可」という案内板があります。

つまり、先ほど通行止めだった南陽市杢ノ沢には行けないということと、同じ基幹林道置賜東部線の長井市五十川までも行けないということです。つまり、目的地までは行けるけれども、引き返すしかないということです。

IMG_0345

下のGoogleアースの通りなのです。わずか20分足らずのところを止む無く1時間以上かけて遠回りしました。

巨石06

巨石04

山の神から沢沿いに県道が走っていました。こちらの沢は水がきれいでしたが魚影を見つけることができませんでした。

IMG_0346

ようやく、目的地である洞雲寺の入口が見えました。

IMG_0347

ちょっと急な参道を上りきると大石山洞雲寺に到着しました。ちょうど、2時間遅れの午後2時になりました。最初の予定は、ここで昼食だったのです。

IMG_0348

案内板によると、だれが開山したのか不明とあり、現在は白鷹町荒砥に本堂があるようです。

IMG_0349

IMG_0350

建物は山門だけが残っており、鐘楼になっていました。

ここで遅山仙人のボヤキが始まりました。なぜ、自分はこの寺の存在を知らなかったのだろう。自分には長井市出身の先生の知り合いがいるのに、なぜ、この場所を教えてくれなかったのだろう。なぜ、私がこの場所知っているのだろう。

私にとっては愚問でしかないのですが、毎回返すのは、Google マップで見つけたということだけです。

ITに弱いというのは、仙人にとっては致命的のようです。

IMG_0351

境内の奥に大きな石があります。私は、この石が見たくて、ここに来たのです。花崗岩のようです。

IMG_0354

IMG_0355

仙人をスケールにして、石の大きさを比較してみました。

IMG_0356

裏側に梯子がありました。

IMG_0357

仙人は梯子から石に上がった途端、腰がひけて立てなくなってしまいました。全く、動けなくなってしまったのです。坂道と梯子を上っただけで動悸がすると言います。

さらに、持病の高所恐怖症で恐怖感が勝り、立とうという気力まで奪ってしまいました。

若いころから高所恐怖症で長野県の戸隠山の蟻の戸渡では歩けなかったそうです。

IMG_0358

私も高いところは苦手です。が、ここまで来た以上、上からの景色や石の全体像を確認せずに帰るわけにはいきません。

腰の抜けた仙人をそのままにしながら、巨石の上を歩き回りました。石の最上部にはお賽銭が置かれていました。

IMG_0359

白鷹丘陵に花崗岩の巨石があるはずがないのです。マグマが地下の深い所でゆっくり固まり、造山運動で隆起し、朝日連峰や飯豊連峰を形作っているのが花崗岩です。

私の記憶では、白鷹丘陵の底部は砂岩だったはずです。以前、朝日町の最上川で中学生が化石を発見しましたが、発見された河床は砂岩だったと思います。

また、白鷹丘陵の北部の大江町から中山町へ抜ける村山東部広域農道(スーパー農道)の橋台のボーリング調査でも砂岩であることがわかっています。

白鷹丘陵の南部は花崗岩でできているのか。花崗岩の巨石がポツンと存在するのか、疑問は増すばかりです。

仙人は、何とか自力で下まで降りました。年とともに、高所恐怖症が悪化していると言っていました。

高所恐怖症よりも体力や体幹や動悸などの持病が心配です。いつも、口酸っぱく体力維持のための運動を促すのですが馬耳東風です。

昨年あたりから、仙人の体力が急激に落ちているのがわかります。このままでは、ここ1~2年でバイクに乗れなくなる可能性があります。

IMG_0361

境内で夕飯のおかずにしようと大きくなったフキノトウを取りました。フキの茎よりも香りが高く、こちらの方が美味しいです。

基幹林道置賜東部線で長井市五十川に抜けられないので、洞雲寺跡地から元来た道をあと戻りしました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)