五色沼を散策する初めて土湯トンネルを潜る

2020年09月18日

昼はどこにする?

2020.9.15

裏磐梯物産館の道路を挟んだ真向かいにバス停がありました。11時52分発のバスに乗り、ビジターセンターに向かいました。私たちの他にも数人の客が乗車しました。

IMG_1749

ソーシャルディスタンスを守り、二人掛けの席に一人づつ座り、五色沼入口で下車しました。

IMG_1750

料金は250円。五色沼入口のバス停はビジターセンター駐車場に隣接していました。

IMG_1751

無事にバイクを置いている場所に戻りました。

さて、昼食はどこにするという話題になりました。遅山仙人が周辺に食べるところが一杯あるだろうと言い出しました、そこに、山仲間S氏が観光地にありがちな、そこそこの食堂しかないだろうと釘を刺しました。

S氏は仙人が遠出をすると蕎麦を食べたがっていることを見抜いていました。そこで、私から国道115号沿いにある蕎麦屋さんを提案しました。

IMG_1752

本来なら、ここから磐梯吾妻レイクラインを走り、土湯峠に向かうのですが、レイクライン沿いには適当な蕎麦屋さんを見つけられませんでした。

そこで、国道459号を猪苗代湖方面に南下した後、国道115号に合流して土湯峠に向かう途中にある蕎麦屋さんを検索しておいたのです。

115号沿いには何軒かの蕎麦屋さんがあるようなのですが、帰り道で比較的近いそば処ふじ田の場所をS氏に伝えて駐車場を後にしました。20分足らずで蕎麦屋さんに到着しました。

IMG_1754

昼12時を過ぎていましたが、平日が故にか、混雑もせずに奥のテーブルに座ることができました。

IMG_1753

最初にS氏が、ぶっかけそばをオーダーしました。S氏は以前、信州でぶっかけそばを食べて、美味しくて感動したそうです。山形県内ではあまり見かけないメニューです。

あえて、次に仙人に尋ねました。もちろん、答えられません。私が何を注文するのか気になってしょうがないのです。このシチュエーションをS氏は理解していました。

私が天ぷらそばを注文すると仙人も同じものを頼みました。

IMG_1755

このお店は天ぷらがとても美味しかったです。揚げ具合はもちろんなのですが、特に、上のぶっかけそばで見えるように大きなカボチャの天ぷらが美味しかったです。

もちろん、下の天ぷらそばも他の天ぷらに隠れたカボチャの天ぷらが載っていました。カボチャの煮物や卵焼きが美味しかったです。

IMG_1756

肝心な蕎麦ですが、あまり蕎麦の香りはしませんでした。蕎麦の端境期ではあるものの、一年中香りの高い蕎麦が食べられる店はたくさんあります。コシやのど越しは手打ちの特徴が出ていると思います。

IMG_1758

天ぷらに圧倒されて蕎麦の影が薄くなったと言っても過言ではないような気がします。

S氏は、ぶっかけそばに満足していました。

店の人が言っていましたが、私たちが注文した天ぷらそばとぶっかけそばが、この店の一、二位を争うメニューだそうで納得しました。

IMG_1760

S氏とは、ここで別れました。私たちは国道115号を北上し、今回は土湯峠には登らずに、初めて土湯トンネルを潜ることにしました。 


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
五色沼を散策する初めて土湯トンネルを潜る