仙人、遂にズボラが仇に裏磐梯五色沼へ

2020年09月08日

七年忌にやっぱり遅れてきた仙人

2020.8.30

毎回、遅山仙人をネタに、このブログが成立していると言っても過言ではないのですが、今回もネタとして仙人が登場します。

2020年8月30日は、7年前の8月30日に亡くなった山仲間O氏の七年忌でした。O氏は、モトクロスバイクの元山形県チャンピオンで飯豊本山を日帰りする猛者でした。すい臓がんが見つかり、手遅れでした。医者に全快を強く求めたそうですが、私たち山仲間が知らない内に他界してしまいました。

IMG_1358

たくさんの山仲間と一緒にO氏の実家と墓にお参りに行きました。そのきっかけで、仙人暮らしを始めた遅山仙人をシャバに戻そうとバイクツーリングに誘ったのが現在に至っています。

七年忌の8月30日にお墓参りをしようと計画し、O氏の墓地に各自現地集合としました。

山仲間S氏が集合時間の10分前に現れました。仙人はというと、10分が過ぎ、20分が過ぎ、30分過ぎても現れません。想定済みでした。また、どっかで道に迷っているのであろうと二人で話している所に電話がかかってきました。

彼は地元の中学校の周りをぐるぐるカブで回り、地元の人にO氏の苗字の実家と墓地を訊ねたそうです。その地区はO氏の苗字ばかりで、墓地に立っている人物像も苗字だけで訊ねたので、尋ねられた人もチンプンカンプンだったようです。

本当は小学校のそばだったのです。中学校の正門で待つように伝え、迎えに行きました。

30分以上遅れてきた仙人とともに墓の周りきれいにし、ビールの代わりノンアルコールビールと菓子を供え、燈明と線香をあげ、年齢順に仙人からお参りをしました。

IMG_1375

続いて、S氏。

IMG_1376

最後に私の順でお参りを済ませました。仙人を「遅山(おくれやま)君」と名付けたのはO氏でした。名付け親の七回忌に名実ともに遅れてきた仙人にO氏は喜んでくれたと思っています。

墓参りの後、近くの蕎麦屋に行こうかと最初は話していましたが、私からO氏にちなんだ料理を提供する提案をしました。

O氏の眠る上山の墓地から私の自宅に移動しました。

O氏は、よくブラックバスを釣っていました。現在のようにバス釣りが盛んになる前からボートを使ってたくさん釣っていました。私は彼が釣っている沼に出かけ、釣り上げたバスをもらい、初めて料理をしました。

その日のうちにO氏を自宅に招き、バス料理でもてなしました。

IMG_1079

今まで何度も釣って生き締めし、自宅に持って帰り、三枚におろして皮を剥ぎ、冷凍していたものをトマトソースのムニエルにしました。

IMG_0249

IMG_0250

IMG_0251

さらに、庭に植えてあるバジルをふんだんに使ってバジルソースを作り、ジェノベーゼパスタを作りました。植えているゴーヤで酢漬けを作り、付け合せにしました。

IMG_1377

IMG_1378

夕方まで、O氏の思い出話に花を咲かせて、お斎は終わりました。


himajintaro at 20:53│Comments(0)よもやま話 | 仙人

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
仙人、遂にズボラが仇に裏磐梯五色沼へ