2020年09月

2020年09月06日

山の中の蕎麦屋さん

2020.8.22

鬼首吹上高原オートキャンプ場から国道47号を避けて、荒雄川の右岸を走り、岩出山に出ました。岩出山には、昨年の9月13日に一斗缶の「おおくぼのかりんとう」を買うために遅山仙人と来ています。

地図013

昼食場所をGoogleマップで調べて、帰るルート上に蕎麦屋さんを探していました。

加美町宮崎へ行く県道から、ちょっとそれた脇道から急な坂を下ったところに探しておいた手打そば もみじ野がありました。

IMG_0777

もみじに囲まれたテレビ番組に出てきそうなポツンと一軒家です。

IMG_0775

山の斜面に建てたログハウス調の白壁がポイントのこじゃれたお店でした。高床で、床下に薪ストーブ用の薪が積んであり、冬の暖房に薪を使っていることがわかります。

屋根の勾配がきついので、冬はそれなりに雪が降るのでしょうか。アスファルトの道路から、かなり急こう配の砂利道を下りてくることになるので、冬はアスファルトの道路脇にあった駐車場に車を止めて、歩いて下りてくることになるのだろうと、蕎麦が茹で上がる間、思惑にふけっていました。

IMG_0793

私たちは11時10分に到着しましたが、すでに10人ぐらい並んでいました。

IMG_0779

隅の柱の下に置いてある注文票に自分の名前と注文する蕎麦の数を書いておくと、時々、女将さんらしき人が来て、名前を呼んで中に案内してくれます。

IMG_0778

イワナの天ぷらがメニューにありますが、下の沢に養殖池らしきものがありました。

10分ほど待つと、テラス側の席を案内されました。

IMG_0780

仙人は、いつものように感動を覚え、奇声を発するので、口止めをしておきました。他人様に迷惑の掛からないぐらいの音量ならばいいのですが、コロナに関係なく、大音量で、オーバーな、べた褒めをするので周りにいる人の好奇の視線を感じることがあります。

IMG_0781

蕎麦が出てくるまでの間、蕎麦がきを揚げたものがお通しとして出てきました。外で待っている人たちにも配られて、お客さんを退屈させない店の心遣いが感じられました。

IMG_0782

天ぷら蕎麦 税別1,600円

IMG_0783

蕎麦は田舎蕎麦の細切りでした。コシがあり、蕎麦の香りがします。店の名前だけにもみじの青い葉が乗っていました。

IMG_0784

天ぷらには稲の穂が添えられ、表面はカリッとした仕上がりで、美味しい天ぷらでした。藻塩を振りかけていただきました。蕎麦屋さんで藻塩は珍しいです。仙人は、いつも天ぷらを先に食べます。

IMG_0787

蕎麦湯はトロミのある美味しい湯でした。多分、蕎麦粉を溶かして出しているのかもしれません。

土曜日であるためか12時前だというのに、外で並ぶお客さんがどんど増えていきました。

IMG_0794

12時10分ごろ店を出ましたが、下の駐車場は満車で、上の道路の駐車場にも車が溜まっていました。県外ナンバーは無く、宮城か仙台ナンバーばかりでした。唯一、我々が県外ナンバーでした。

地元の有名店だったのでしょうか。山形県内をツーリングで蕎麦屋さんに入ると県外ナンバーがずらりと駐車場に並んでいることがあり、驚くことがあります。地元の人が知らない店がインターネットの普及で県外からもお客さんが来る店になっているようです。

ここから、加美町宮崎へとリトルカブを走らせました。




2020年09月04日

国道47号を避けて岩出山へ

2020.8.22

鬼首吹上高原オートキャンプ場を朝9時30分に出発しました。

四輪車ならば、国道47号を西に走り、尿前(しとまえ)、鳴子峡、中山平、松尾芭蕉で有名な封人の家を過ぎて、赤倉温泉から山刀伐(なたぎり)トンネルをくぐって山形県村山地方に抜けていくのがオーソドックスなコースです。

交通量の多い国道47号は走りたくない。まして、白と黒、赤の色をした車にはお目りかかりたくない。50ccの原付バイクならではのルートをのん気に走りたい。

以前から、鳴子と岩出山までの間に、私たちの要求を満たしてくれるルートがあることを地図上で確認していました。そこで実走してみました。

地図009

地図010

旧国道108号を鳴子に向かって走り、荒雄川にかかる鳴子大橋を渡る手前コンビニの所から左折し堤防沿いに走ります。川渡で国道47号を横切り、川渡大橋を渡ります。すぐに左折して荒雄川の右岸を走ります。

すると地図上にある白糸の滝に出ます。

IMG_0769

IMG_0763

IMG_0764

IMG_0766

予想以上に大きく見ごたえのある、立派な滝でした。遅山仙人も驚いていました。毎回そうですが、初めて行った場所を最初から私が知っていると思い込んでいます。長年、IT社会という俗世から離れた生活をしている仙人だけのことはあります。

地図011

白糸の滝から、しばらくの間、車はほとんど通らない原チャリにとっては快適な道が続きます。

IMG_0771

地図012

途中、山道に入り下ると少しだけ砂利道がありました。地図上(下)でも、その区間がわかります。実線の部分が砂利道で草が茂り、仙人にとっては難所でした。ちょうど、林道がクロスしていました。

地図014

松沢という集落からアスファルトになり、道幅も広くなります。

IMG_0772

道は大きな農業用水路とJR陸羽東線に挟まれて、岩出山の有備館の駐車場に出ていきます。ここで、国道47号の迂回ルートは終わりです。

地図013

トンネルをくぐって、キャンプ場でGoogleマップで調べておいた蕎麦屋さんを目指して進みました。



2020年09月02日

仙人、カラスに起こされる

2020.8.22

IMG_0760


キャンプ場の朝5時。遅山仙人は起きていました。仙人よると日除けに利用したケヤキの木にカラスがとまり、テーブルの上に残っていた食べものを狙って、カアカアと鳴いていたので、追い払っていたというのです。

仙人には、教職時代に様々な武勇伝やエピソードが残っています。

その中の一つ。私の職場に仙人の教え子がいます。彼によると仙人は生徒たちからカラス先生と呼ばれていたそうです。

中学校の敷地でカラスの幼鳥が保護され、最初は学校で飼育していたそうです。そのうち、学校で面倒見切れなくなり、仙人が引き取ったそうです。そこまでは普通にありうる話です。

仙人は、毎日、引き取ったカラスを車に乗せて通勤していたというのです。車の中で仙人を待っているカラスを見た生徒たちから、いつしかカラス先生という仇名がついてもおかしい話ではありません。

本当は野鳥は許可なく捕獲し飼育することはできません。

ついでに武勇伝を一つ。

仙人は中学時代、山形県の400m徒競走の記録を塗り替えました。本当は100mも200mも800mもリレーもレコード記録を持っていたのですが、正式な記録会には今のように複数出られず400mだけの記録になりました。

中学の教員時代、部活のランニング中に竹刀を持ち、遅れる生徒たちを追いかけ回したというのです。教師になっても足の速さは中学生には負けなかったために尾ひれがついた武勇伝になったようです。

今回驚いたことがあります。仙人は山仲間S氏が持ってきたテントの中で横になっていました。仙人は普段は椅子に座って寝ているために、横になって寝ることができないはずなのです。このため、S氏が仙人ために椅子を準備していたのですが、テントの中には椅子はありませんでした。

2018年6月21日、宮城県牡鹿半島のツーリングで泊まった民宿「後山荘」で仙人は布団で眠れず、壁に背をもたれて寝ていました。

仙人も進化しました。

IMG_0759



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)キャンプ | 仙人

2020年09月01日

仙人の弱点解明

2020.8.21

何かと出しにされる遅山仙人ですが、今回のキャンプの目的は 表向きには7年前に亡くなった山仲間の弔いと天体観測ですが、山仲間S氏との共通の目的は、8月19日の「鬼首でタンドリーチキンパーティー」で紹介したように夏バテ気味の仙人を何とか隠れ家から引っ張り出すというのが最大の目的でした。

IMG_5457

オートキャンプ場で四方山話をしているうちに、仙人が弱音を吐きました。今まで紹介してきた仙人の知らない場所に仙人が自分一人で行けるかという話題になりました。

仙人とのツーリングでは、仙人が後ろをついてきますが、私のバイクを追うだけで精一杯で周りの景色をよく見ていないと言います。まして、道路標識は見る余裕もないというのです。これでは、一度行った場所に自分一人で行くことは不可能に近いものがあります。

さらに、バックミラーが小さいと言います。顔の位置を変えれば、いくらでも視野は広げられるのですが、どうも、頭の位置は固定したままで運転しているようです。以前、スーパーカブ特有の丸型のバックミラーが固定されていると思い込んでいて、動かないと言うので、私が動かして見せたら、一緒にいた女性たちから笑われた苦い経験を持ちます。

IMG_20171103_085105

私はカーブの連続するコースでは大型車が後方から近付いてきたら、左に停まってやり過ごすようにしています。原チャリがチンタラチンタラ走っていては世間のご迷惑なるので、臨機応変に対応します。

しかし、仙人は後方に車が近づいても、抜かれるまで気が付かないことが多いのです。車が抜きやすいように道路左側に寄るように話をしているのですが、バックミラーを見ないためか道路の真ん中を走っています。

度々、ツーリングをしているとクロスカブやハンターカブでツーリングしているグループとすれ違います。時には、手を挙げて挨拶をしてくれるので私も左手を挙げて応対します。しかし、バックミラーで確認すると仙人は手を挙げていません。

疑問に思い、仙人に確認しました。なぜ、手を挙げないのか。

運転に集中しているから手を挙げられないと言います。手をハンドルから離せないと言います。利き手が左手だと言い訳がましく言います。仙人は右手でペンを持ち、右手で箸を持ちます。

方向指示器が壊れたら手信号が出せないではないかと正します。答えが返ってきません。

身体的なのか精神的なのか、わずかな時間の片手運転ができないのです。

カーブの多い道路は対向車が来るのが怖いと言います。4輪車と違い、車幅が狭いのでいくらでも逃げられますが、意識は4輪車の車幅です。

彼は自身を一点集中型だと言います。カーブではいつもタイヤの直前を見て運転していると言います。それが砂利道になると、ほぼ、タイヤの下を見ながら運転しているようです。遠くを見ながら走って直前には反射的に凹凸をかわすのはスキーと同じです。そうしないと、先の道路の状況や対向車の確認が難しくなり、ワインディングロードを楽しむことなどできません。

仙人がカーブの連続や砂利道で遅くなる理由がわかりました。

IMG_1944

さらに、山仲間S氏からもらったボトル缶のコーヒーを手で開けられませんでした。また、ペットボトル型のワインボトルも開けられませんでした。確実に握力が低下しています。

また、首が右側に回らないので、発進時の後方確認ができません。仙人は金欠病で首が回らなくなったとふざけています。しかし、最近、後方からくる車に気が付かず、危うく、接触しそうになることがあります。そういう状況も分からず、そのまま走ってきます。

私は、今までツーリングをとおして仙人の状態を見続けてきました。今回のキャンプで仙人の言う一点集中型であることは、車やバイクを運転する仙人にとっては最大の弱点です。体力の衰えや身体の不都合も相まって、これから、仙人に運転させていいものかという疑問があります。

長い仙人生活からの社会復帰へのリハビリの一環としてバイクのツーリングを誘ってきたので、しばらくの間は葛藤と戦い続けなければない覚悟が必要だと思います。



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)仙人 | よもやま話