2020年08月

2020年08月14日

妙案、コーヒータイム

2020.8.7

この木なんの木、気にもならない巨木を見た尾花沢市延沢の
龍護寺から、朧気(おぼろげ)に出て、片道2車線の国道13号に入り、村山市土生田(とちうだ)で旧国道13号に入りました。

袖崎の交差点から右折して西に進み、再度、国道13号を横切り、向かった先はJR袖崎駅です。

IMG_9702

IMG_9703

龍護寺で雨雲レーダーで確認したところ、1時間後には、強い雨が降ってくる予報だったので、雨宿りをしながらコーヒーが飲める場所を考えた結果、駅に行くことにしたのです。

万が一、7月25日の豪雨のように土砂降りでリトルカブを置いていく羽目になった場合も、そのまま、列車に乗って山形に帰ることができると踏んだのです。後でバイクを取りに来るのも列車が使える駅なら便利です。ちなみに、遅山仙人は某
駅の近くの隠れ家に普通に閉じこもっています。

IMG_9704

IMG_9705

雨宿りのため、ホームの待合室をお借りしました。防犯カメラが設置してあるので、浮浪児ような人相の悪い爺さんは悪いことができません。

IMG_9707

珍しく、仙人がポテチのお茶請けを持ってきました。

IMG_9710

新庄行きの普通列車が入ってきました。高校生たちは誰も傘を持っていませんでした。傘を持つのが恥ずかしいのか、邪魔になるのか、どんなに雨が降っても傘を持たない中高生を普通に見ます。

IMG_9711

事前に下り列車の入線アナウンスの後に、上り列車の案内もあったので普通列車が入ってくると思っていました。実は、国道13号を走っていた時に山形新幹線つばさが上りに向かって走っていたのを見ていたので、30分も経たない内に新幹線が入ってくるはずはないと踏んでいました。

IMG_9714

ところが入ってきたのは、山形新幹線でした。それも、ゆっくりと入線してきました。

IMG_9715

山形新幹線は停まってしまいました。誰も乗っていません。室内灯も点いていません。新庄から山形に向かう回送列車であることがわかりました。

山形新幹線はコロナの影響で、ほとんど人が乗らず空気を運ぶことが多かったそうです。コロナでなければ、飛行機のように格安乗車券を出すという手もあるでしょう。

昨年の1月5日、東京から山形までの山形新幹線で一つの車両に私一人だけということがありました。

IMG_9716

先に到着した普通列車が出発しました。その後、山形新幹線が出発しました。

家に帰ってから分かったことですが、山形は殆ど雨が降らなかったそうです。私たちは昼過ぎまで雨に打たれました。高校生たちが傘を持たない理由がわかりました。

今にも雨が降りそうな雲行きながら、結局、雨は降りませんでした。

袖崎駅でゆっくりコーヒータイムの時間を取り、元来た道に戻り、途中、国道13号を走る部分もありましたが、大部分を旧国道13号を南下し、天童市の仙人の行きつけの店に立ち寄り、再度のコーヒータイムとしました。

次回、その店についてアップします。



2020年08月13日

何の巨木?

2020.8.7

久兵衛そばで田舎蕎麦を食べて満足し、いつものように背あぶり峠(県道29号)を越えて村山市へ抜けようと思いました。

IMG_9696

御多分に漏れず、背あぶり峠も通行止めでした。遅山仙人が背あぶり峠への交差点近くにある尾花沢市延沢の龍護寺に巨木があると言い出しました。

時間は十分あるので行ってみることにしました。

IMG_9697

寺の駐車場から見ても巨木らしきものが見当たりません。仙人に何の木か尋ねましたがわかりません。木の種類がわからなければ探しようもありません。

最近、仙人は知り合いの巨木探検家から話を聞いて、巨木に関心を示していました。どちらかというと、巨木に関心があるというよりは、巨木がある場所に関心があるようです。

いつものように物怖じしない性格から、寺の庫裡に巨木のありかを尋ねに行きました。

住職の奥様に教えてもらったようです。ただ、歓迎されていなかったようです。それもそのはず、マスクを付けずに庫裡に行ってしまいました。気が付いた時は手遅れでした。

こういう時期なのに、世間離れした感覚は敵意を持って迎えられることがあることをわからないのが仙人の良さなのです。

IMG_9698

コウヤマキの巨木でした。大昔は世界中に分布していましたが、日本だけに野生種が残っているという面白い木です。普通に大きくなるようです。

住職の奥様からいろいろなことを教えてもらったようですが、さすがの仙人も上から目線的な感覚を覚え、話がほとんど頭の中に入っていなかったようです。

IMG_9699

天皇陛下がどうのこうのと言っていましたが、全く要領を得ませんでした。

IMG_9700

相変わらず、植物には興味はなく、肝心な歴史的な事も頭の中に入らず、早々に龍護寺を退散しました。

仙人が背あぶり峠が通行止めであることを信用しないので、延沢の交差点から県道29号に入りました。

IMG_9701

ご覧の通り、通行止めの表示が出ていました。仕方なく、延沢に戻り、尾花沢市朧気(おぼろげ)へ向かいました。

コーヒータイムの場所を探し、雨が当たらない場所に妙案が浮かびました。仙人には黙って、国道13号を南下することにしました。


2020年08月12日

蕎麦屋に行こう!

2020.8.7

雨で冷えた体を貸し切り状態だった日帰り温泉「おくのほそ道」赤倉ゆけむり館でゆっくり温め、さっぱりして、蕎麦屋さんをめざしました。

Google マップに赤倉温泉スキー場に蕎麦屋八丁とんぼなる店があるようなので行ってみました。最後の投稿が3年前だったので気になっていましたが、スキー場にありがちな食堂はありました。目的の蕎麦屋さんの店は見つけることができませんでした。

やむなく、山刀伐(なたぎり)トンネルを抜けて尾花沢市内へ向かいました。途中、
11時過ぎなのにお客さんの車で一杯になっていた、ラーメンで有名な中華料理かめやもありましたが、店の前を通り過ぎて、銀山温泉方面に向かいました。

鍋越峠に向かう国道347号に合流し、銀山温泉への交差点手前の久兵衛そばに入りました。

IMG_9671

IMG_9672

玄関は雪が多い地域だけに風除室的な作りになっていました。

IMG_9673

昔の民家を蕎麦屋にした作りです。玄関正面奥が厨房で、左側の3部屋が食堂になり、各部屋に部屋の大きさに合わせてテーブルと座布団が一組または二組置いてありました。コロナでなければ、倍の数は置いてあるのでしょうか。

IMG_9675

IMG_9677

私たちは一番奥の部屋で蕎麦をいただきました。

IMG_9676

久兵衛そばの大盛をオーダーしました。田舎蕎麦でした。最近は、山形県内の蕎麦屋さんは更科系の蕎麦の店が多くなりました。田舎蕎麦は蕎麦の香りが強いので私は好きです。

IMG_9686

遅山仙人は最初に蕎麦に手を付けず、天ぷらを食べて美味しいを連発していました。自分では天ぷらは作らないので、普段食べないものから手を付けたようです。

私は、自宅でも休日の昼に蕎麦の乾麺を食べます。かつお節や昆布で出汁を取り、その時の食材で天ぷらやかき揚げを揚げて蕎麦と一緒に食べます。

仙人にとっては、天ぷらは買って食べるのが当たり前で、自分で作るなどもってのほかです。

IMG_9689

IMG_9691

天ぷらの他にナスの煮びたしや漬物、その他、海外輸出もしている尾花沢スイカにメロン、さらにペソら漬け(ナスの辛い漬物)もサービスで出てきたので、仙人は感激してしまいました。

その上、接客してくれた女性の愛想の良さが大変気に入りました。原付バイクで来た我々に軒下に入れるように案内までしてくれました。

IMG_9695

この蕎麦屋さんではコーヒーも飲むことができるようでした。

会計では置いてあったキーコーヒーのコーヒーメーカーを見たことが無いと言ってべた褒めして、接客の女性のご機嫌は上がるばかりでした。

この、べた褒め攻撃は、仙人の真骨頂です。

私も女性に丁寧に礼を言い、蕎麦屋さんを離れました。

次に向かったのは、尾花沢市延沢の龍護寺です。


2020年08月11日

静かな赤倉温泉

2020.8.7

昨年、UFO目撃で有名な山形県と宮城県の県境にある田代峠を越えた時以来の赤倉温泉でした。

IMG_9656

赤倉温泉は静かでした。コロナ騒動が始まる前から、人の動きが感じられませんでした。対照的なのは銀山温泉で、コロナで巷が騒ぎ始めても、予約が切れずに、旅館側からキャンセルをお願いしたという信じられない状況だったのです。

IMG_9670

7月25日の大雨が嘘だったかのような小国川の様子でした。川のそばの日帰り温泉「おくのほそ道」赤倉ゆけむり館で一風呂浴びることにしました。

小降りとはいえ、雨が降っているせいか、お客さんは誰もいませんでした。

IMG_9657

IMG_9658

IMG_9668

偶数日は男性が大露天風呂で、この日は奇数日だったので女性が大露天風呂でした。

IMG_9665

IMG_9661

IMG_9660

IMG_9663

まだ、誰も入った客がいなかったようで、貸し切り状態でした。きれいで気持ちの良いお湯でした。

IMG_9664

雨も気にならない位になり、遅山仙人も一人露天風呂を占領してはしゃいでいました。仙人がよく行く、大江町の柳川温泉も大露天風呂がありますが、湯は、こちらの温泉の方がきれいです。

次回は是非、偶数日に来たいと思います。

IMG_9666

受付の男性に7月25日の状況を尋ねたところ、上流にダムができたためか、それほど水量が増えなかったそうです。このため、赤倉温泉はもちろん、下流にある瀬見温泉も何ら被害が無かったようです。どおりで、途中、国道47号沿いの小国川で鮎釣りの人たちを何人も見かけるはずです。

IMG_9667

帰りがけに受付の人から昔の絵ハガキがあるので持って帰ってくださいと案内されたのでいただいてきました。

レトロ感たっぷりの、8枚組の絵ハガキです。60年前と言えば昭和30年代半ばです。

003

004

001

002

よく大事に保存しておいたものです。昔はお土産として売っていたものでしょう。私も小学校や中学校の修学旅行のお土産には絵ハガキを買いました。

IMG_9669

受付の男性に礼を言い、温泉から昼食場所へと移動しました。


2020年08月10日

最初に向かったのはオートキャンプ場

2020.8.7

雨と通行止めに悩んだ結果、最上町の赤倉温泉に向かうことにしました。

肘折赤倉

舟形町に出て鮎釣りで有名な小国川沿いの県道56号(旧国道47号)を走り、新庄からの国道47号と合流し、本降りの雨の中をひたすら東に向かいました。

途中、瀬見温泉付近では小国川で鮎釣りをしている人達を見かけました。7月25日の豪雨の爪痕が全く見られず、普段と全く変わらない景色でした。雨以外は。

赤倉温泉に向かう前に立ち寄ったのは、最上町鵜杉にある「おらだの川公園キャンプ場」です。ここに向かった理由は、無料の施設でオートキャンプができそうだというので下見に行きました。

昨日の山仲間S氏が鬼首の吹上高原オートキャンプ場でキャンプするという話から、岩手県に無料のオートキャンプ場があるという話題になり、山形県内を検索したら、この場所がヒットしました。

IMG_9649

IMG_9651

炊事場、トイレがあり、近くに温泉付きの簡易宿泊施設があり、大きな温泉もあります。そばに小国川もあり川遊びや釣りができます。

届出さえすれば、これで無料というのはありがたいです。ただ、テントサイトには車は乗り入れできませんでした。

IMG_9652

雨も小降りになってきました。赤倉温泉に向かう前、もう一か所、寄り道をしました。寄り道というより、通り道沿いに住む大学の同期の家です。

同期とは、最近は、ほとんど年賀状のやり取りでした。転勤で山形に来たときは度々会っていたのですが、国家公務員なので、異動という宿命は避けられませんでした。

度々、年賀状が「宛所にたずね無し」で返ってくるので心配していました。携帯電話の連絡先も無くしていました。

当人は偶然にも自宅にいました。以前、学生時代に同期の家に泊まったことがあります。元気でした。立ち話をして、再会を約束して、赤倉温泉へと向かいました。

途中、地図上に温泉を見つけたので、立ち寄りました。

IMG_9654

地図上では「満沢温泉」と表示されていましたが、道路沿いにぬるま湯が出るところがあるだけでした。

IMG_9655

山刀伐トンネルから来る県道28号との交差点を左折して、いよいよ、赤倉温泉です。