2020年06月

2020年06月13日

最高!美味しい山菜と魚とお酒

2020.5.30 山菜取り

IMG_6073

本日の収穫はワラビとウドとフキです。まず、ウドを油炒めにします。

IMG_6075

硬い所を除き、食べやすい大きさに切ります。

IMG_6076

山菜特有のアク味を少しでも抜くために、しばらく水に漬けておきます。

IMG_6104

水きりしたものを有り合わせの調味で油炒めにします。油は風味を増すためにゴマ油を使いました。

IMG_6078

ゴマ油で炒めた後は、白だしと本みりんで味付けします。

IMG_6105

IMG_6107

塩加減を調整して、一部は夕食のおかずにし、残りは粗熱を取った後、タッパーウェアーに入れて冷蔵庫に保存し常備食にしました。

IMG_6103

ワラビは丸くなっている葉の部分を落とし、入れ物(発泡スチロールの魚箱が良いのですが、今回は無かったので大きめの保冷バッグを使いました。)に入れて木灰を振ります。

IMG_6108

熱湯をワラビがひたひたになるように入れます。

IMG_6109

皿を落し蓋にします。この時、保冷バッグの上蓋は開けたままにします。蓋をすると柔らくなり過ぎて食べられたもんではありません。このまま一晩放置すると翌朝には食べられるようになります。

重曹を使う方がいらっしゃいますが、どうしても苦味が残り、使いすぎるとワラビが柔らかくなり過ぎます。調整が難しいです。木灰が手に入らないのなら生ワラビはもらったり買ったりしない方が無難です。

フキは翌日、奥さんから佃煮にしてもらいました。

さて、夕食の時間です。

IMG_6081

食卓に載ったのは、ウドの油炒め、ウドとワカメの味噌汁、
東根のご馳走屋「青野」で買ったフグの唐揚げ、アジと炙りタコの刺身、そして、吟醸酒「山川光男」です。

IMG_6084

この時期のウドは生のままではとても香りが強く、人によっては嫌いな人が多いと思います。私はウドの香りが好きなので、生のまま熱湯を掛けて味噌汁にしました。油炒めにしたら、強い香りが和らぎました。

フグは予想通り美味しい唐揚げでした。アジはこの時期しか生が食べられません。
元々、青い魚が好きなので好物の一つです。そして、炙りタコが奥さんに大変好評でした。

IMG_6085

美味しい肴には美味しいお酒ですね。

青野さんで買った吟醸酒
「山川光男」は最初に一口飲んだ時よりも何度か口に含んでくると味が口の中に広がってくるお酒です。
IMG_6083

四つの酒蔵が交代で同じ名前
「山川光男」の酒を造るという、おもしろい企画です。

山形正宗(水戸部酒造)の「山」、楯野川(楯の川酒造)の「川」、東光(
株式会社小嶋総本店)の「光」、羽陽男山(男山酒造)の「男」 

今回は「山川光男 2020 なつ」で
水戸部酒造のお酒でした。

ラッキーな昼食と美味しい山菜と魚とお酒、最高の一日でした。



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)山菜取り | 料理

2020年06月12日

パクリメント軽トラ発見!

2020.5.30 山菜取り

東根のご馳走屋「青野」から帰る途中、山形空港の西側を走る県道山形羽入線に入るT字路交差点で信号待ちをしているおもしろい車を発見しました。

IMG_6071

おもしろい車

軽トラのピックアップに、よく見るとBMWのエンブレームが入っているではありませんか。

BMW

交差点で信号待ちをしている時に、遅山仙人は国産の軽トラにエンブレームだけBMWを取り付けたのではないかと言っていました。

DSC01376

私がよく行くバングラデシュには古い日野や新しい日野のエンブレームを付けたトラックやバスが走っています。新旧両方のエンブレームを付けた車もあります。もちろん、そんな日本車などあるはずがありません。

DSC01379

帰宅後、軽トラの正体をつかむべく、ホームページを探したら、ありました。中国製のパクリ軽トラが堂々と載っていました。ワーゲンのエンブレームを付けた軽ワゴンは時々見かけますが、BMWは初めてです。本家に怒られないのでしょうかね?



2020年06月11日

途中下車、東根のご馳走屋「青野」へ

2020.5.30 山菜取り

毒沢

舟形町猿羽根山から山道を走って尾花沢市毒沢に抜けるつもりでしたが、こちらも通行止め。仕方なく、国道13号を使って毒沢へ。

毒沢からは最上川沿いに大石田町大浦へ抜けました。普段なら、北方面から帰る時は山道を走って次年子に抜けるか、いつも休憩を取る眺望地の小坂峠を越えて大石田町に抜けるルートを取ります。今回は、北東方面からだったため、このルートを取りました。

毒沢大浦

IMG_6062

IMG_6063

IMG_6064

ここからはいつものルートを走ります。大石田の「最上川千本だんご」前、最上川を渡り、蕎麦で有名な来迎寺地区を走り、東根市長瀞へと向かいました。

昼食を500円で食べられた嬉しさから、長瀞の「東根のご馳走屋 青野」で夕食の食材調達して帰ることにしました。

IMG_6065

「青野」のご亭主、青野 博さんとはNPO関係のお付き合いで、長瀞城の堀の環境保全NPOの事務局長をされています。私もグラウンドワークという環境改善NPOの事務局をしていた時期があり、青野さんたちの活動をサポートするために仲間たちと何度も長瀞に足を運びました。

IMG_6066

そんなことが縁で、時々、ツーリングの帰りに立ち寄らせていただいています。

青野さんの店は酒屋と魚屋と仕出しと料亭を兼ねており、地方の田舎にはよくある経営形態です。青野さんの2階で何度かNPOの宴会に出たことがありますが、とても美味しい料理を出してくれます。高木酒造の十四代がこんなに有名になる前に、青野さんの2階で初めて十四代を飲みました。

IMG_6069

IMG_6068

IMG_6070

青野さんがFacebookで店の情報を載せています。その中から気になっていたフグのから揚げ、あぶりタコ、アジの刺身、さらに青野さんがお勧めの「山川光男」という吟醸酒を夕食の食材として買って帰りました。

IMG_6067

元気回復キャンペーン

元気回復キャンペーン02

青野さんの所でもコロナ関連の応援キャンペーンのチラシと抽選用のはがきをもらってきました。ふるさと味来館でのラッキーな昼食の「おでかけキャンペーンクーポン」とともに今日はコロナで大変苦労している事業所さんへの応援ができた、とてもいい日だったなあと実感しながら帰路を走りました。

「山川光男」については、次回、紹介します。


2020年06月09日

猿羽根山でコーヒータイム

2020.5.30 山菜取り

猿羽根02

予定していた舟形町富田から猿羽根峠(さばなねとうげ、通称猿羽根山)へ抜ける山道は地図上では尾根道で眺望が期待できる魅力的なコースだったのですが、残念ながら通行止めでした。

国道、県道は道路情報が常時ホームページに掲載されているので、事前に調べられますが、市町村道は常時ホームページに掲載している自治体は少なく、出たとこ勝負が現状です。

私はツーリングの時は、事前にパソコンを使ってGoogleマップとGooleアース、それに国土地理院2万5千分の1地形図を使ってコースの下調べをしています。特に山道に関しては、国土地理院2万5千分の1地形図に道があっても、Gooleアースには無い場合があり、しかもGooleアースで路面が舗装か砂利か見分けることが
できて重宝しています。

ツーリング時にはカーナビが使えないので、コースはほとんど頭に入れておき、判断に困った時にスマホで判断します。

そんな時に最近重宝しているのが「スーパー地形図」というスマホアプリです。元々、登山用に開発されたアプリで地形図の3Dでは有名なカシミールというエンジンを使っています。国土地理院2万5千分の1地形図をベースに一部Gooleの情報がレイアとして情報が重なっています。さらに、Googleマップのように現在地の位置や標高、GPSの情報が国土地理院2万5千分の1地形図上に表示されるので、山の中を走っている時に正確な位置が表示されます。

下の二つの図を比較するとよくわかります。一枚目はパソコンでいつも加工して作っている国土地理院2万5千分の1地形図です。コースを青い実線で表示しています。

二枚目は「スーパー地形図」です。

猿羽根山003

猿羽根山001

今回、コーヒータイムとして選んだのは二枚目の地図に表示してある農林漁業体験実習館の庭でした。

IMG_6056

国道13号猿羽根トンネル北入り口手前を上って行きます。本来なら、当初予定したコースを来ると国道13号を横切る形となります。元々の道路は予定のコースだったはずです。実は予定していた上り口の富田には猿羽根館という城跡がありました。城から猿羽根峠を越えて山形方面に向かったのではないかと容易に推測されるコースだったのです。それが本当かどうかは、後日、歴史研究家の遅山仙人に調べてもらうこととします。

猿羽根山山頂付近には様々な施設がありますが、眺望が期待できる「やまがた景観物語」おすすめビューポイント33「やまがた百名山」猿羽根山を休憩地点としました。 

IMG_6059

IMG_6060

山形県が勧める「おすすめビューポイント」だけあって、眼下には最上川、残雪を残こす月山、葉山、さらに蔵王、甑岳などが一望できるポイントでした。

DSC02164

DSC02167

そして、仙人お待ちかねのコーヒータイムです。

IMG_6057

仙人は猿羽根山は初めて訪れたと言っていました。私は子供の頃にかすかに記憶があります。多分、昔、町内会の慰安旅行で赤倉温泉に行った帰りに立ち寄った気がします。

仙人は、今まで買い物以外は隠れ家から出たことがなく、例年より3か月遅いツーリング初日となりました。

水を得た魚は溺れることなく、溢れるように言葉が湧き上がってきます。

特徴的だったのは、再度、教壇に立つように教育委員会から要請があったにも関わらず、断ったと言うのです。コロナだから丁度良かったと仙人は話していました。

現在の仙人の収入は年金収入だけですが、それも数年前までは年金ももらわずに暮らしていました。仙人は消えた年金問題の被害者だったのです。完全に諦めていた仙人を私と知り合いの行政書士の二人で尻に火を付けて年金事務所に向かわせたのです。

それでも、昭和の時代の記録が残っていないと言うのです。調べる知恵を授けているのですが、まだ、腰が重いのです。

そんな事情もあり、いくらでも収入を増やすべく、教壇に戻るように説得しました。

一度、仙人暮らしを始めると俗世間に戻るのは大変なのかもしれません。

コーヒータイムの後、猿羽根山尾根道を走って毒沢に行こうとしましたが、残念ながら、このルートも通行止めなので、国道13号猿羽根トンネルの北入り口まで戻り、トンネルを潜って毒沢に行く交差点を右折しました。

毒沢



2020年06月07日

猿羽根山に行く

2020.5.30 山菜取り

「ふるさと味来館」でのラッキーな昼食を終え、舟形町の猿羽根山(さばねやま)に向かいました。遅山仙人には、どこに向かうのか教えずにコーヒータイムの場所に行くとだけ告げました。

国道458号を北上せずに、国道と並行して赤松川を下るルートを取りました。「ふるさと味来館」に来る途中、林道から滝の沢に入る交差点で仙人が男滝、女滝の看板を見つけていたので、男滝、女滝に行きたいと言い出しました。そして、国道458号から肘折温泉に左折する辺りに巨木があるはずだと言い出しました。

注文の多い遅山仙人です。

DSC02160

そこで、滝の沢に戻り、男滝、女滝経由で赤松川を下ることにしました。

赤松01

DSC02161

赤松川沿いに滝が見つかりました。小さくて写真には撮ってきませんでした。そして、滝の案内板が道路脇にありました。

DSC02162

ここからは、滝を望むことはできませんでした。案内板によると「水源の森」の展望台からは男滝も女滝も見えるとありましたが、展望台がどこにあるのか説明もなくわかりませんでした。こうなると、いつもの仙人の不平不満が始まるので、さっさと、この場所を引き上げました。

DSC02163

車一台走らない快適な道を赤松川沿いに走らせると田んぼが広がります。そして、赤松の集落の少し手前に仙人ご所望の巨木がありました。仙人は案内板を眺め、魅かれるものが無かったのか、直ぐにカブを走らせました。

この巨木は「岩神権現のクロベ・岩神大権現スギ」と呼ばれているようです。

赤松02

赤松地区から県道330号福寿野熊高線に入り、舟形町富田から山道を越えて、国道13号猿羽根トンネル北側入り口に抜ける予定でした。ところが、下の地図の通り通行止めで止む無く、一旦戻って舟形町の町中に入り、国道13号猿羽根トンネル北側入り口手前から左に入り猿羽根山に上って行きました。

猿羽根

猿羽根02

コーヒータイムの様子は次回ということに。