2019年08月

2019年08月20日

ブラックバスを使った料理 ムニエル

前川ダムに釣りに行った日の昼食でブラックバスのムニエルをつくりました。

朝、一次処理して冷凍しておいたバスの切り身を2枚を常温解凍します。芯を取ったニンニクを準備します。

IMG_1142

天然塩とブラックペッパーを両面に振りかけます。

IMG_1145

メリケン粉を両面にきれいにまぶします。

IMG_1146

IMG_1147

IMG_1149

ニンニクを香りが出るまでオリーブオイルで炒めます。

IMG_1154

メリケン粉をまぶしたブラックバスを十分熱が通り、焦げ目がつくまで蒸し焼きにします。本来はバターで蒸し焼きのするのですが、味が濃くなり、美味しいことは美味しいのですが、主食との関係でオリーブオイルで軽く焼き上げました。

IMG_1155

ニンニクは途中で取り出しておきます。

IMG_1156

これでムニエルは出来上がりですが、主食となるものを作ります。今回は、ペンネッタのジェノベーゼ風を作りました。

パスタは、普通一人90~100g使いますが、今回は茹でる時間を長くするため80gにしました。

IMG_1138

IMG_1143

ペンネッタの茹で時間は標準で12分ですが、今回、時間を長く茹でるとモチモチするというので22分に設定しました。途中、付け合せ用にパプリカとズッキーニを茹で時間終了5分前に一緒に茹で上げました。

IMG_1148

ペンネッタの茹で上がりまでの間に、ジェノベーゼもどきを作ります。

IMG_1139

自宅に自生しているシソの葉、ヨモギの先端部の柔らかい部分、オリーブオイルで冷凍保存しているバジル、ニンニク、白ごま、オリーブオイル、天然塩、ブラックペッパーをミキサーで挽いておきます。

IMG_1140

IMG_1141

熱が通ったフライパンでジェノベーゼもどきを茹でたペンネッタに絡めます。

IMG_1150

IMG_1152

IMG_1153

味を調えたら、ブラックバスのムニエルと付け合せの野菜とともに皿に盛り、取っておいたニンニクをムニエルの上に乗せて完成です。

IMG_1157

香辛料に山形市内のNPO法人山形自立支援創造事業舎(みちのく屋台こんにゃく道場)が製造している青トウガラシの「やまんばぴりり」を使いました。

この料理には、このトウガラシがよく合います。

ちなみ、このNPO法人は他にも赤と黄色の唐辛子を使った製品をシリーズとして生産しています。

やまんば



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)料理 

2019年08月19日

久しぶりにブラックバス釣りに 2019.8.9

昨年は養殖しているミミズの成長が悪く、ブラックバスは釣ることができませんでした。今年は、生育状態も良く、久しぶりに上山市の前川ダムに食料調達に出かけました。

IMG_1014

IMG_1016

IMG_1019

ガソリンが少なかったので携行缶で給油し、日の出前の朝4時30分に出発しました。

前川ダム

前川ダムへは、いつも裏口から入ります。国道13号からが正面になりますが、二桁国道は走りたくないので裏街道を走ってきます。

IMG_1022

IMG_1020

平日なので、バスラーは全くいないことが多いのですが、この日は平泉ナンバーの車が一台止まっていました。

このダムはブラックバスのメッカで全国的に有名で大会などが行われると聞いたことがあります。多分、大物がいるのでしょう。

前川ダムは、元々、忠川池という農業用の小さなため池でした。農林水産省の補助金をもらって、山形県の県営事業で作られたロックフィルダムです。

IMG_1025

夏の渇水期なので、水はかなり少なくなっていました。

IMG_1048

見える魚は釣れないといいますが、ここは例外です。

IMG_1027

動いているミミズを食べにくる魚たちが見えます。

一番最初にヒットしたのはブルーギルでした。ブルーギルは小さい口で少しずつ食べにくるので、ウキの動きが小刻みに動くでブルーギルであることがすぐにわかります。

ブラックバスが見えている状態でよく観察すると、直ぐに食べにくるのではなく、一回、立ち止まってミミズの動きを見ます。本物だと確信すると大きな口で一気に飲み込みます。今回は、ウキの動きに関係なく、ミミズが口の中に消えた瞬間釣りあげることができました。

案外、人間に警戒することなく、餌を食べてくれました。

IMG_1041

ただ、大きいサイズでゆったりと泳ぐバスや白と黒の二匹で泳いでいるバス、水面に口を出して泳ぎ回るバスは、ミミズには見向きもしません。

バスラーの釣りは、バスのいそうな所にルアーを放って食い気を誘って大物を狙いますが、ミミズ釣りの場合は、ミミズを放っておいて泳いで来るバスに食べてもらうというフナ釣りと同じやり方です

釣りあげたバスは、脳を千枚通しで刺した後、出刃包丁でエラの裏の血管を切り血抜きします。その後、専用の針金を使って脊椎を貫通させて、神経締めします。

こうすることで、死後硬直せずに、新鮮なまま、持って帰ることができます。この方法は、宮古島の漁師相手に水産庁の職員が神経締めの講習をしているYouTubeを見て覚えました。

IMG_1049

朝5時から8時までの3時間の釣果はブラックバス6匹、ちょっと大きめのブルーギル1匹でした。

IMG_1060

早速家に持ち帰り、一次処理をしました。神経締めをしているので死後硬直せず、処理が大変楽になります。

IMG_1061

一番大きいもので28cmでした。いわゆる、尺ものを釣りたいところです。1cm違うだけで身の付きが大きく違います。35cmなら、かなり身が厚くなります。大きいサイズのバスは、ルアーで上手に騙して釣るしかないのかと思います。

ブルーギルは元々平たい魚なので、大きいサイズにならないと食べられるほどの身を付けてくれません。

IMG_1065

先ずは頭と内臓を落とします。

IMG_1072

IMG_1078

次に三枚に下します。

IMG_1079

IMG_1082

この後、皮をはぎます。ここが臭みのあるところです。

IMG_1083

IMG_1084

きれいな白身の魚です。三枚に下して、皮をはいでしまうと、身が小さくなってしまいます。一枚一枚、ラップに包んで冷凍します。虫がいるので冷凍保存しておきます。

IMG_1086

これで一次処理は終了です。次回は、調理例をご紹介します。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)単独ツーリング | 釣り

2019年08月18日

オープンガーデンそら 2019.8.4

毎月恒例の西蔵王にあるガーデンそらへ行ってきました。

この日は、薬莱山ツアーの二日後でしたが、とても暑い日でした。午前中は、曇って山が見えませんでした。蔵王熊野岳にコマクサを見に行った時と同じように、山形盆地の上は雲海になっていました。

ガーデンそらは標高が500mで、山形市街地から比べると、幾分、気温は低めでした。

オーナーさんから「ブルベリー食べてって」とお誘いを受けましたが、写真だけ撮らせていただきました。

DSC02047

DSC02082

DSC02046

DSC02075

DSC02049

DSC02050

シャラノキ(写真下)は我が家にもありましたが、夏の暑さで枯らしてしまいました。

DSC02053

ブルーベリー(写真下)は何度もジャムを作ってたくさん瓶に保存したそうです。これからも、たくさん実がなるようです。

DSC02054

DSC02063

DSC02065

DSC02066

DSC02067

DSC02068

DSC02071

ワラビ(写真下)は、以前、紹介したようにお盆のころまで収穫できます。

DSC02073

DSC02088

いつものように、オーナーさんから手を振っていただき、お墓参りのために、山形市街地に下っていきました。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)単独ツーリング | 観光

2019年08月17日

薬莱山へ 背あぶり峠を越えて村山市へ

コーヒータイムを終えて、宝栄牧場を走っていると、あまり見かけなかった牛さんたちに出会いました。

IMG_0960

写真ではよくわかりませんが、牛さんたちが水飲み場に集まっていました。大抵、牧場のあちらこちらには浴槽の様な大きな水溜めがあります。水を飲んで、水槽の水位が下がると自動的に水が溜まる仕掛けになっているはずです。

そして、牧場の出入り口には、消毒用の石灰が道路にふってあります。牧場によっては、道路に消毒液を溜める場所を作り、タイヤや長靴を消毒しています。狂牛病などの病気は外から持ち込まれる可能性が強いので、神経を使うところです。

IMG_0961

牧場から銀山温泉の少し手前に下りて行きます。途中、眺めの良い場所があります。

DSC02033

天気が良ければ御所山(宮城の人は船形山と言います)や甑岳(こしきだけ)がよく見えます。銀山温泉の温泉街が山の陰になって見ることができません。見えるのは、温泉の入り口の集落です。

DSC02034

宝栄牧場からの道を下り、途中左折すると銀山観光センター 大正ろまん館伊豆こけし工房・工芸館があるT字路に出ます。左折しないと尾花沢市街地に向かいます。

今回は村山市への近道である背あぶり峠を目指すため、左折し、T字路で右折し、常盤、延沢に向かって走りました。

DSC02037

常盤トンネルの手前、六沢の道路案内板に背あぶり峠が4t以上の車両通行止めの表示がありました。原付は通行可能です。

DSC02038

上畑沢から山道になります。除雪しないので、自然に雪が解ける6月上旬までは冬期間通行止めになります。時々、土砂崩れで周年通行止めの年もあります。銀山温泉や赤倉温泉方面への近道として利用しています。

DSC02039

村山葉山や月山の眺めが良い場所があります。

DSC02041

DSC02042

DSC02043

やまがた棚田百選の一つ、中沢地区から村山市楯岡方面が眺められるこの場所が背あぶり峠で一番眺めのいい場所です。

DSC02045

村山市街地に入り、給油しました。自宅からガソリンスタンドまでの走行距離182km、2.15リットル。
満タン法でリッター84.6kmになりました。今までのツアーでの最高燃費となりました。かなりアップダウンがありましたが、何故か、燃費が伸びました。遅山仙人は、私より若干、走行j距離が短いのですが、1リットル多く消費していました。

IMG_0965

背あぶり峠

村山市楯岡からは旧国道13号を南下し、天童市内で仙人と別れました。

余談ですが、薬莱山へ 県境・田代峠で小休憩で紹介した山形市山寺から仙台市秋保に抜ける二口林道ですが、8月9日に開通したようです。宮城県側は開通式をしたようですが、山形県側は何もしていないようです。仙台市と山形市は経済産業、観光の交流事業を推進しており、情報によると仙台市姉滝付近の仙台市有地に駐車場を整備するとのことでした。

このことを仙人に話したら、早速、行ってみるとのこと。お盆期間や土日は一般車両の通行量が多いと予想されるので、紅葉の時期の平日に休みを取って走りたいと思っています。



2019年08月16日

薬莱山へ 宝栄牧場へ

加美町漆沢で左折して交通量の少ない、快適な国道347号を上って行きました。国道347号については、牡鹿半島 加美町~山形編で紹介しています。

3度目の通行で、余裕が出てきたのか、途中におもしろい物を見つけました。

IMG_0928

国道の道路標識ですが、よく見ると...

気になる一枚

ハングル文字?

気になる一枚02

塗料が所々剥げて、判読不明になっていました。シールに加美町を印刷して貼っているようです。合併したのが平成15年のようなので、16年間風雪にさらされてきたのです。多分、小野田町の文字の上に急造シールで貼ったのでしょう。焼き付け塗料には敵わないようです。

IMG_0930

今回のツーリングの主要地だった宮城県加美町に別れを告げて、鍋越トンネルを通過せずに、旧道に入り、鍋越峠に向いました。

IMG_0931

途中、古びた2つのスノーシェッドを潜り、

IMG_0933

鍋越峠から左折して、山形県尾花沢市にある宝栄牧場に向かいました。

IMG_0936

宝栄牧場へはリトルカブでは2回目になります。

薬莱山04

IMG_0939

前回来たときは、ここで昼食をとり、イタリアンスパゲッティを作って食べました。この時の様子は、後日紹介したいと思います。

IMG_0941

牛がほとんど見当たりません。牛は木陰で休んでいました。私たちも道路のそばの木陰でコーヒータイムとしました。

IMG_0942

山仲間S氏は、遅山仙人はコーヒーは良い豆を買って、自分で挽いて出すという拘りが強く、ツーリングには自分でコーヒー豆は持ってこないだろうと言います。

確かに、自分では安い豆しか買えないから、恥ずかしくて持ってこられないと言います。

様々な面で強い拘りをもつ仙人です。ただ、度が過ぎて、生活に支障が出ていることすら気にしていないのが仙人です。

IMG_0944

今まで経験もしたことがない出血と下痢を繰り返し、本当に具合が悪くなったらどうすると聞いたことがあります。そうしたら、救急車を呼ぶと言ってました。

仙人の隠れ家には救急隊が入ることすら難しいのです。たとえ、家の中に入ることができても、居場所を探すは困難を極めます。

彼にとっては、そうった生活が普通なので、救急車を呼ぶことにためらいがないのです。

私はてっきり、仙人らしく自らの死は覚悟を決めていたと思っていました。コーヒータイムでその覚悟を訊ねましたが、明確な答えは返ってきませんでした。

本当に具合が悪くなったら、救急車を呼べる状態ではなくなる、物理的にも精神的にも経済的にも、過大な負担を肉親にかけることになると忠告しましたが無駄でした。

IMG_0947

他人(遠縁の親戚ではありますが)の私の口酸っぱい小言を聞かされても、ツーリングに誘われれば、迷わず出かけます。

S氏も仙人はツーリングに出かけたくてしょうがないようだと言います。ただ、方向音痴なところがあり、遠い場所には一人では行きたがらないのです。

S氏によると、宮城県大崎市鳴子で行われたオカリナコンサートに仙人一人で出かけたそうですが、鳴子に辿り着くことすらできず、途中でどこかに行って、そこが良かったと話していたそうです。

運動不足と栄養バランスの悪さから、年を追うごとに、仙人の体の動きが目に見え悪くなっているのがわかります。

大好きなツーリングもいつまでできるかわかりません。仙人が丈夫なうちはツーリングに誘おうと思っています。

仙人との四方山話まじりの小言を終え、宝栄牧場を後にしました。