ロープウェイで地蔵岳へ熊野岳で小休憩

2019年07月26日

コマクサの熊野岳へ

ロープウェイ山頂駅を降り、お地蔵様にお参りした後、地蔵岳を登ります。直接山頂に登らないトラバース(迂回)するコースがありますが、こちらは木道になっています。
 
Zao熊野岳

DSC01978

地蔵岳山頂まではガスの中でした。

DSC01977

ところが、山頂を過ぎてから、だんだん雲が切れてきました。そして、ワサ小屋跡に近くなると完全に雲がなくなり、ゴンドラの中で見たような雲海の景色に変わりました。

DSC01980

DSC01981

飯豊連峰がハッキリとわかるようになってきました。(写真上)
さらに村山葉山の右側にうっすらと鳥海山が見え始めました。(写真下)

DSC01989

地蔵岳からゆっくりワサ小屋跡まで下ります。

IMG_0652

帰りは、ワサ小屋跡まで戻り、この道標(写真下)の右手、地蔵岳の南斜面をトラバースしてロープウェイの樹氷高原駅まで下って行きます。

IMG_0654

ここからゆっくり登りになります。ただ、石で整備された登山道はとても歩きにくく、足の運びを気にしながら歩くので余計疲れます。どうしても、石のないところを歩くようになります。

熊野岳までは直登コースを取らず、北斜面のコマクサ群落地へ行きたいので東寄りの雁戸山(がんどさん)からのコースに合流するコースを登りました。

IMG_0656

登山道に面白いものを見つけました。赤い矢印に山形県と書いたプレートが所々にありました。これは、境界を示すものです。国道などは民地との境に赤い矢印と国土交通省と書かれたプレートが道路側に打ち込まれています。

このプレートは以前はありませんでした。詳しくはわかりませんが、ここは、蔵王国定公園内の国有林(国有地)だと思います。自然公園の整備計画により山形県が登山道を整備していますが、国から所有権を払い下げてもらったのかもしれません。

DSC01991

熊野岳の尾根に近づいて、広大な北側の斜面が見えてきました。奥に雁戸山が見えてきました。写真(上)ではわからないのですが、この景色の中にコマクサが咲いていました。

国土地理院2万5千の1地形図の右上(北東)にある自然園までの斜面がコマクサの群生地になっています。

今回驚いたのは、熊野岳の尾根まで上がって分かったのですが、熊野岳の南斜面にもコマクサが増えていました。私の子供のころの記憶では、ここ40年前には、南斜面にはあまりコマクサは無かったように思います。社会人になってからも何度も登山では来てはいますが、ここにはコマクサがあったイメージが無いのです。

IMG_0658

DSC02001

IMG_0665

DSC01995

IMG_0667

DSC01996

IMG_0676

DSC02002

IMG_0682

DSC02004

IMG_0686

IMG_0687

熊野岳南斜面は宮城県なりますが、宮城県がコマクサの群生地にロープを張り、立ち入れ禁止にして保護してきたようです。総じて株が大きく、これから、どんどん株が増えていく可能性があります。

実は、この付近は宮城県と山形県の境界が確定していないはずです。これに関係して、リフトの運営会社と営林署との間で裁判があった記憶があります。地図にも境界線が入っていません。

地図にはありませんが、熊野岳から馬の背を通り、刈田岳に行けますが、ここまではマイカーが上れるので、一般の観光客は南側ら熊野岳に来ることが多いのです。最近、馬の背を登っていた人が熊に襲われた事件が発生しています。対して、北斜面は雁戸山方面からの登山客が入ります。このため、北斜面にコマクサがあるのは知っているのは登山客です。

南斜面のコマクサを十分に堪能したので北斜面には行かず、熊野岳の山頂に向かいました。


himajintaro at 06:53│Comments(0)自然 | 登山

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ロープウェイで地蔵岳へ熊野岳で小休憩