2021年06月20日

県境の駅へ

2021.6.12

釣り餌が無くなり、河床も変化して萎えた遅山仙人の気持ちを奮起させるべく、早々に普通のツーリングに切り替えました。

金山町に向かう途中、カラスが道路の真ん中で何かをついばんでいました。近づくと、なんとシマヘビでした。逃げたカラスは田んぼ一枚離れて、私たちの様子をうかがっていました。

IMG_2147

毒を持たない丸腰のシマヘビは、道路の真ん中では、何でも食べるカラスから逃れるのは、ほぼ不可能です。私たちが立ち去れば、再度、カラスの攻撃を受け、餌食になってしまうのでしょう。

これ以上、カラスの邪魔をすることなく、金山町の国道13号へと向かいました。

nozoki01

金山町から国道13号に入り、そのまま北上し、主寝坂(しゅねざか)トンネルを目指しました。

途中、高規格の主寝坂道路の金山北インタチェンジの手前で、睡蓮の池を見つけました。

IMG_2148

睡蓮といえばクロード・モネの「睡蓮の池」を想像しますが、前回のブログでも紹介したようにバングラデシュの国花です。

IMG_2150

原付は高規格道路には入れないので、元々の国道を走りました。

今は、無料の高規格道路ですが、近い将来は東北中央自動車道となる道路です。有料となれば、今は静かな国道13号も、たくさんの車が戻ってくる可能性があります。

IMG_2151

IMG_2152

そして、久しぶりの主寝坂トンネルです。

IMG_2153

馬蹄形で車幅が狭く、大型車のすれ違いは大変だと思います。最近の大型車はハイデッカーと呼ばれる背丈の高いバスや箱型車が多くなっており、すれ違いざまに、トンネルの壁に天井の角を擦り付けるのではないかと心配になってくるトンネルです。

IMG_2154

トンネルを抜けて新及位の集落を過ぎると高規格道路の真室川インタチェンジと合流します。ここから間もなくで、及位駅となります。

IMG_2155

及位駅は、一般的な外見で、特筆する所はありません。

IMG_2156

駅内部の写真はピンボケになってしまいました。真室川町営バスのバス停になっていました。

IMG_2157

IMG_2158

ここからJR奥羽線は院内トンネルを、国道13号は雄勝トンネルを抜けると秋田県です。

山形県の最北の町は金山町というイメージがありますが、実際は真室川町なのです。

shunezaka04

県境の及位駅をスタートに無人駅の旅の始まりです。


himajintaro at 08:07|PermalinkComments(0) | 道路

2021年06月19日

余の辞書に河床の変化はない

2021.6.12

前日、夕食の仕込みをしていたら、遅山仙人から電話が入り、渓流釣りに行かないかと誘いを受けました。

以前、仙人に誘われて最上町へ釣りに行ったときは、遅くに出かけ、雨が降ってきたので、自分は竿を出さずに見ているだけで、私だけが竿を振っていました。

釣りは日の出前に現地に到着して釣り始めるのが絶対的セオリーなのですが、日が高くなってからしか出かけない仙人にクレームしていました。

すると、「日が高くなってから釣るのが名人だ」と宣うので、「それなら、手本を見せろ」と言っていたので、急遽出かけることにしました。

最近走っていない、県道山形羽入線を北上し、山形空港、東根市長瀞を過ぎて、村山市名取に向かう途中に、山形県内では二例目となるロータリー式交差点が出来上がっていました。

一例目は、長井市の長井ダムに向かう途中の広域農道との交差点にあります。

IMG_2100

ヨーロッパや南アジアではロータリー式の交差点は一般的ですが、交通量があまり多くない所に作るのは試験的なのかもしれません。

Shapla_Chottor_(17013833678)

私が20年以上通ってるバングラデシュはロータリー式が一般的で、首都ダッカでも信号機のある交差点が珍しいのです。上の写真は、多分、日本の資金も入って作られたホテル・パン パシフィック ショナルガオン ダッカ の近くの交差点だった気がします。

ロータリー中央にはバングラデシュの国花である睡蓮の花のモニュメントがあります。ちなみにベンガル語(バングラデシュ公用語)では睡蓮の花をシャプラと言います。

IMG_2101

村山市新山寺地区のスイカ畑を横切り、大石田町で国道347号と合流し、そのまま尾花沢市に入り、国道13を北上し、猿羽根山トンネルを抜けて、舟形町に入りました。

IMG_2104

仙人によると、鮎釣り解禁までの間は釣り人がいないので、この時期は絶好のチャンスだと言うのです。

IMG_2105

仙人のリクエストにより、鮎釣りのメッカ小国川を遡上し、最上町との境付近に行きたいとのことでした。

IMG_2106

仙人が昔、この時期に盛んに釣ったというポイントに着きました。しかし、たくさんあったポイントが無くなり、河床は平坦になっていました。仙人は首をかしげるばかりです。

止む無く、違うポイントで釣ったらどうかと提案しましたが、人から見られる場所で釣りたくないと言うのです。ポイントを知られることを危惧しているのではなく、入漁料を払うのが嫌だと言うのです。

小国川の入漁料を払って、正々堂々と釣ってはどうかと進言しましたが、仙人には耳がありませんでした。

耳が無い仙人には、実は本当に行きたいところがあって、そこに向かうことにしました。

IMG_2110

標高1,365mの神室山の登り口、新庄市の土内川です。

IMG_2112

IMG_2114

IMG_2122

上の吊り橋の下を流れる土内川が仙人本命の川です。

IMG_2127

仙人の十八番はテンカラ釣りで、毛鉤を使いますが、竿が長いのでスーパーカブには載せられないので、ブドウ虫を使って釣ることになりました。

IMG_2143

IMG_2128

IMG_2131

IMG_2133

IMG_2136

結論から言うと二人とも坊主でした。

仙人も私も当たりがありました。仙人は途中まで釣り上げて逃げられました。この辺はヤマメなので、一回逃げられると、ヤマメが警戒して同じポイントでは釣ることができません。

一番の失敗は、仙人が餌のブドウ虫を少なく買ってきたことにあります。私は、前日に釣具屋にブドウ虫を買いに行くと言ったら、俺に任せろと言うので任せました。

川に入って川虫を捕まえて釣るやり方もありましたが、仙人には、そんな元気が残っていませんでした。

それと言うのも、先の小国川と同じように、河床の様子が違うことで気落ちしていたことも理由にあります。

IMG_2134

昨年、大雨が続いたので、間違いなく、小国川も土内川も河床が大きく変化したのです。そのことに、仙人は気が付きませんでした。「変だ、変だ」を連発していました。

IMG_2135

川の至る所に根が付いたままの流木がたくさんありました。激しい雨が降ったことの証拠です。

昔の栄華に酔いしれたい釣り名人の遅山仙人でしたが、自分の辞書に載っていないポイントでは釣ることができなくなっていました。

気落ちした仙人に気持ちを切り替えしてもらうべく、以前から誘っていた山形県境の近くの及位(のぞき)駅に行くことにしました。

土内川を出発したのは午前10時30分でした。


himajintaro at 14:58|PermalinkComments(0)自然 | 釣り

2021年06月18日

38cmの大物

2021.6.11

前日のタケノコ取りの後、釣具屋でミミズを仕入れて、日の出前に自宅を出発して、いつもの上山の前川ダムに向かいました。

IMG_2026

先客は皆無で、いつもの忠川合流地点に向かいました。

IMG_2028

前回(2021.4.28)とは違って、無数にバスが泳ぎ回っていました。見える魚は釣れないのは当たり前ですが、今回、産卵の時期と重なり、メス一匹を大勢のオスがつけ回して、産卵のタイミングに自分の精子をかけようと必死になっていました。

あちらこちらの岸近くでメスの体が跳ねる音がして、ミミズごときには目もくれません。

1時間以上粘って、やっと、ヒットしました。ただ、今までにない大物で、上げるのに苦労しました。

IMG_2030

写真はスマホケースが左下に写ってしまいました。

9時過ぎまで粘りましたが、釣果はこれ一匹でした。血抜きと神経締めをして帰宅しました。

IMG_2033

今まで釣り上げたバスでは、一番の大物で38cmでした。さらに、産卵前のメスでした。

IMG_2042

早速、三枚におろし、皮を剥ぎ、キッチンペーパーにくるんで冷蔵庫で寝かせました。

今日は、炊事軍曹だったので、午後から、南蛮漬けの準備を始めました。

IMG_2072

IMG_2074

IMG_2076

今回は大物だったので、身も大きく、一口大に切ったものを片栗粉にまぶして、表面がカラッとなるまで揚げました。

IMG_2078

IMG_2079

途中、遅山仙人から電話が入りました。明日、渓流釣りに誘われ、行くことにしました。

IMG_2080

出汁と野菜と一緒にして冷蔵庫で漬け込みました。途中、身を天地返しをして、味を染込ませました。

IMG_2081

もう一品、前日取ったタケノコでタケノコご飯を炊きました。

IMG_2083

IMG_2085

IMG_2086

IMG_2087

夕食は、ブラックバスの南蛮漬けとタケノコご飯にタケノコの味噌汁です。


himajintaro at 11:41|PermalinkComments(0)釣り | 料理

2021年06月15日

蔵王ドッコ沼のうるさいハエ

2021.6.10

タケノコ取りをした後に、蔵王ドッコ沼で昼食の時間としましたが、とにかく、たくさんのハエが近寄ってきて、うるさいという状態でした。



「五月蠅い」と書いて、うるさいと読みますが、「六月蠅い」と書きたいぐらいでした。

タケノコ汁などを作って食べましたが、同行した山仲間たちはハエを追い払うことに神経をすり減らしていました。

ビデオは若くして亡くなり、1回だけ年金をもらった知人の話をしています。

ドッコ沼周辺には宿泊施設があります。ハエがこれだけ集まるというのは、処理できていない生ごみがあるということです。

蔵王で、これだけ、うるさいハエを見たのは初めてです。


himajintaro at 21:48|PermalinkComments(0)自然 | よもやま話

2021年06月14日

美味しいタケノコのニシン汁

2021.6.10

蔵王エコーライン・御田ノ神湿原の散策を終え、山仲間と供に一旦、猿倉スキー場まで下った後、さらに蔵王温泉へと上っていきました。

次の目的地は、中央高原の片貝沼です。この辺りには、食べごろのササダケがたくさん出ています。昨年の6月12日の蔵王温泉スキー場でタケノコ取りで偶然、この沼の周辺でタケノコが出ることが分かって収穫しました。

IMG_2008

3人バラバラにササダケの林に入りました。

IMG_2010

ちょっと伸びた物もありましたが、出始めの太い物が昨年同様たくさん出ていました。親株の根元に数本のタケノコが取れるので、座ったままでたくさん取ることができました。

IMG_2011

11時から12時ちょっと過ぎまでの小1時間ほど取りましたが、腰に取り付けたハケゴが重くなり、背負って竹林を出ました。

IMG_2012

遅山仙人と山仲間S氏は、体力不足で30分も取らずに駐車場に戻っていたようです。他の人が取った跡が無く、半日も取るなら、30~40キロは簡単に取れたと思います。

疲れた仙人はベンチで昼食が取りたいと言うので、ドッコ沼まで下ることにしました。

IMG_2023

ドッコ沼には半分朽ちかけたテーブルと椅子があったので、早速、昼食の準備に取り掛かりました。

IMG_2013

IMG_2015

二人に皮を剝いてもらい、味噌汁の具にしました。

IMG_2016

自宅から、味を出すために軽く焼いたニシンと油揚げを持参し、タケノコと一緒に煮込みました。

IMG_2017

IMG_2018

美味しいタケノコのニシン汁の出来上がりです。

IMG_2019

さらに、タケノコを焼きました。

前回、大井沢での山菜取りの時は、取り立ての山菜で天ぷらをし、私とS氏はご飯を持って行きましたが、仙人はパンを持って行きました。

今回は私とS氏はパンを持って行き、仙人はご飯を持ってきました。仙人のご飯は白米ではなく、必ず、炊き込みご飯です。時々、ドクダミが入ることもありました。

仙人曰く、「なんとタイミングが合わないのか」と。

IMG_2021

午後3時ごろまで長い昼食の時間となりました。

午前中、御田ノ神湿原でのコーヒータイムでS氏が生命保険の見直しをしたという話題になりました。死亡保険は辞めて、通院重視の保険に切り替えたと言うのです。

高額医療費の制度があり、保健が効かない自己負担100%以外は、保険会社のCMで言うような高負担にならないのが現実です。

通院では病院の場所によっては交通費が馬鹿にならないので、堅実なS氏は通院型にしたというのです。

食事が終わったところで、仙人に、かんぽ生命から保険加入の確認の電話が入りました。

午前中にS氏の話を聞いていた矢先、仙人はバツが悪くなり、しらを切ろうとしましたが、S氏と私から散々追及されてKO負けを期しました。

携帯電話の加入の時もそうですが、相談できる仲間がいるのに、薄学の知識で契約をして損をしてきました。甘いリップサービスに心が躍ったに違いありません。今回も同じパターンのようです。

仲間に相談しないのは、要らぬプライドが邪魔をしているのだと思います。

私は、ブラックバス釣りのミミズを買うために釣具屋に行く必要があったので、3時で切り上げて、解散としました。仙人も釣具屋に同行し、毛鉤を見ていきました。

IMG_2024

帰宅してすぐに、焼いて味噌マヨをつけ、冷たいビールで楽しみました。

IMG_2025

明日は、休業日なのでブラックバス釣りに出かけます。


himajintaro at 20:58|PermalinkComments(0)山菜取り | イベント