墓参り

2021年05月09日

B29は、なぜ不忘山に墜落したか?

♪♪シラタキとネギと、お豆腐、白菜。肉は入ってないわ、私の人生。♪♪

5月7日の午後8時過ぎ、行きつけの理髪店からの帰宅途中、iPhoneから東京ロマンチカのラブユー貧乏の曲が流れてきました。遅山仙人からの着信でしたが、リトルカブで走行中だったので取らずに自宅に戻りました。

私は以前からiPhoneの着メロをCD音源などから自分で作り、相手に合わせた曲にしています。今は、音声ツールで相手の名前をコールしてくれるのですが、コールにかぶせて着メロが流れるように設定しています。曲が流れると発信相手がわかるという寸法です。

午後9半過ぎに再度掛け直してもらい、小一時間ほど取り留めもない話で盛り上がりました。

Tanaka Termite_B-29 Termite 3

開口一番、「B29は、なぜ不忘山に墜落したか?3機も墜落したことを知らなかった。ケネディー大統領の娘(正確には、駐日大使だった彼女の代理)が慰霊祭に来たのを知らなかった。」と、毎度毎度、聞きかじりの頓珍漢な質問をぶつけてきました。

米軍の重爆撃機B29が1945年の3月10日の東京大空襲で東京を消失させている最中に、別のB29、3機が北上し、宮城県の不忘山(ふぼうさん)に墜落したものです。

不忘1

不忘山は標高1,705mで蔵王連峰の最南端にあり、ここから一気に蔵王連峰が始まります。

IMG_1164

今と違って、目視による有視界飛行をしなければならない時代です。地面との衝突防止の安全装置も設置されていない航空機の夜間飛行は、さぞかし怖かったでしょう。

IMG_1165

東京から本隊と別れて密かに北に向かい、街の明かりのある福島市を真っ直ぐ北上すると、急に標高のある不忘山に衝突してしまったことは想像に難くありません。まして、当日は吹雪だったそうです。

IMG_1166

こういうことを仙人に説明しても、理科を教えられなかった仙人にはチンプンカンプンです。さらに、「なぜ、B29は高い所を飛べるのか」とエンジンの過給機構造を知りませんでした。

IMG_1167

高高度の圧縮空気と空気抵抗を少なくするための高高度飛行という相反するような航空技術は物理が苦手な仙人には原理を丁寧に説明することで理解はしてもらえるのですが、仙人が一番ショックなのが、科学よりも歴史的事実を今まで知らなかったということなのです。

IMG_1168

こんな、どうでもいいような話を30分以上しましたが、その後は、話題がコロコロ変わりました。

IMG_1169

そして、本題が最後に出てきました。

「ところで、明日と明後日は休みだか?」

つまり、ツーリングに行かないかという誘いを1時間かけて枕詞を話した後に受けました。あまりにも長すぎる遅山の名にふさわしい枕詞です。

「明日は、親類縁者の墓参りで、明後日は雨の予報だね。」と返しました。

不満そうなので、「今度の金曜日、山菜取りに行こう。鍋と油を持って行くから、天ぷらをしよう。」と誘うと機嫌が回復しました。

そうして、翌日の5月8日、毎月恒例の親類縁者の墓参りに出かけました。

IMG_1170

以前、悲しい知らせが届きました。で紹介した女性は、まだ葬儀が済んでいません。予定も未定の状態です。そこで、女性の旦那様が眠る墓をお参りすることとしました。この墓は、親類縁者の寺にあり、親類の墓のすぐそばにあります。

IMG_1171

いつものように最後に妻の父が眠る墓をお参りした後、近くにワラビが出ていたので取りました。

IMG_1172

ゼンマイも出ていたので、頂きました。

IMG_1174

IMG_1175

ちょっとだけ山菜を取り、帰宅しました。



himajintaro at 07:55|PermalinkComments(0)

2021年04月12日

お花見の穴場発見!

2021.4.3

前日に遅山仙人と真室川に行き、咲き始めた梅の花を見、千本だんごを買占めして帰宅しました。

翌日、恒例の親類縁者の墓参りに出かけました。

IMG_9922

IMG_9925

IMG_9926

IMG_9930

IMG_9932_1

IMG_9933

桜とともに様々な花が咲き始めて、まさに百花繚乱の季節が到来しました。

一昨年は、福島市の花見山に花見ならぬ人見に出かけましたが、昨年はコロナで開催中止となりました。今年は、開催されたようです。

一昨年、行けなかった船岡の千本桜を見るために大河原駅の駐輪場にリトルカブを止め、歩いて、花見に行こうと計画を練っていましたが、山形市が非常事態宣言を発令したため、しばらく、県外はお預けとなりました。

IMG_9936

妻の実家の墓の帰りに昔から使われてきた道路を走ったところ、今シーズの大雪で竹林が倒れていました。かつて、こんなにひどい状況は見たことがありません。実は、県内至る所で大雪による倒木が見られるのです。ということは、林道が通行止めという場所もたくさんあると思われます。

つまり、私たちの行動範囲も、それだけ狭くなるということです。

IMG_9937

妻の実家の集落は過疎化が進み、下の写真は田んぼがたくさんあった場所ですが、現在は荒れ放題です。真ん中に木が生えている場所に実家の田がありました。毎年、子供たちと田植えや稲刈りの手伝いをしました。この10年で全く様相が変わりました。

IMG_9943

IMG_9946

IMG_9947

墓参りの後に、以前から気になっていたJR左沢線の柴橋駅に向かいました。

IMG_9952

柴橋駅は高台にあり、駅舎とホームの上に桜の木があることをGoogle マップで見つけていました。

IMG_9953

IMG_9954

高台にあるため眺望もよく、残雪輝く朝日連峰が一望できます。

IMG_9955

駅舎は狭いのですが、トイレがあり、Googleマップどおりに桜の駅になっていました。

IMG_9958

IMG_9956

この桜が満開になるころ、朝日連峰や蔵王連峰を見ながら、花見に一杯ができれば最高のロケーションとなります。

無人列車の旅のお花見の穴場の発見です。


himajintaro at 21:07|PermalinkComments(0)

2021年03月27日

先生の奥様の墓参り

2021.3.27

東京のコロナの緊急事態宣言が解除になったかと思いきや、宮城県が緊急事態宣言を発表し、飛び火したかのように、山形市に山形県内初の緊急事態宣言が出て、さらに、今日、寒河江市にも緊急事態宣言が出てしまいました。

今まで、陽性反応者が少なかった山形県も東京からの距離によるタイムラグなのか、隣接する仙台からは一気に拡大してしまった感が否めません。

「何よ今頃になって」と内心ボヤいていらっしゃる方が大勢いらっしゃると思います。

IMG_9731

そんな中、不要不急ではないものの、三蜜が避けられる状態ならと思い、自炊のカレースパゲティの昼食を済ませ、墓参りに行ってきました。

IMG_9733

ダイソーの自転車用のドリンクホルダーをホームセンターで買った金具に取り付けました。天気もいいので、早速、ペットボトルドリンクを買って出発しました。

山形市大森地区にあるべにばな霊園へと向かいました。いつものように、山形市街地は走らずに市街地東部の山のへりを北上し、ちょっとだけ国道286号を走って、滑川から村山東部広域農道(スーパー農道)のべにばなトンネルと大森トンネルを抜けるとべにばな霊園です。

IMG_9735

IMG_9736

この霊園は以前の記事、べにばな霊園へ墓参りと、バングラデシュ珍道中記の記事、キリスト教式納骨式で紹介しています。知人で山形大学農学部を定年退官した先生の奥様の墓地を紹介したことがきっかけで奥様の墓が、この霊園に出来上がりました。ツーリングで通りかかったら、必ず、お参りさせていただいています。

墓参りが終わったところで、公益社団法人べにばな霊園の理事長さんが愛車リトルカブを見つけてくださり、コーヒーを勧めてくださいました。有難く、事務所にお邪魔しました。

理事長さんの話によると、昨年はコロナの影響で新規の申し込みがほとんど無かったそうです。昨年は私の従姉も亡くなりましたが、その家では初めての仏様(他教では何というのか?)で、墓も仏壇も無く、未だに木の箱の中に眠ったままです。多分、ほとんどの仏様が同じ状態なのでしょう。

コロナに関わらず、以前から、仏壇の売れ行きが悪いことは知っていました。生活様式の変化で、新しい家には昔ながらの大きな仏壇を置くスペースは無く、通販でも買える小さな仏壇の売れ行きが伸びているそうです。

べにばな霊園も永代供養の需要が多く、供養塔を拡張する工事に入るそうです。

棺桶もネット販売している時代です。仏壇屋さんも慶弔含めたセレモニー会場も低空飛行の時代になってしまいました。

理事長さんはハーレーなどの大型バイクやオフロードバイクを乗り回されている方ですが、ロードバイクや釣りや山菜取り、登山などアウトドアに多趣味な方です。年配の方がハーレーを徒党を組んで乗り回しているのは、バイクが倒れたら一人では起こせないので、大勢で出かけるのだそうです。ハーレーに電動で補助輪が出てくる話など、面白い話をたくさん伺ってきました。

最近流行のハンターカブを注文したら半年待ちと言われたそうです。

理事長さんは近くの立谷沢川の法面に群生しているサクラソウを地元の人たちとともに手入れされています。

IMG_9739

満開の時期になると、霊園の駐車場を花見客に解放されています。ただ、昨年はコロナの影響で解放できなかったようです。

理事長さんと奥様に礼を述べ、「べにばな霊園」を後にしました。


himajintaro at 21:17|PermalinkComments(2)

2019年03月29日

べにばな霊園へ墓参り

3月末なのに10℃を越える日と休日が一致せず、なかなか、ツーリング出かけられずにいます。

今日は、知人で山形大学農学部を定年退官された先生の奥様が眠る、「べにばな霊園」に墓参りに行ってきました。



最高気温9℃、時々、風も強く、10℃を越えないと長時間のツーリングは体に堪えます。

朝日連峰、月山を見渡せる村山東部広域農道(スーパー農道)の交差点から北上し、大森トンネルを抜けるとすぐ右手に「べにばな霊園」が広がります。



元々、この場所はスーパー農道の土手の下に土砂を不法投棄されていた場所です。長らく、不法投棄問題が解決されずにいましたが、公益社団法人が買収造成して、霊園にしたものです。



この霊園は大森トンネルと立谷川の間にあり、春は立谷川の土手の法一面にシバザクラが開花し、シバザクラを見に来た人のために駐車場を開放しています。

この霊園を管理する団体の理事長は日ごろからボランティアで重機を使って立谷川の河川整備をしています。また、地元の人たちとともにシバザクラの管理も手掛けています。



鶴岡に住む知人の先生から奥様の墓地を探していると相談を受け、この霊園を紹介しました。娘さんが暮らす寒河江市からも比較的近いということで、この場所を選ばれたようです。

先生の奥様はキリスト教の無教会派という、偶像崇拝を禁ずるキリスト教の教えを絵に描いたような組織のメンバーでした。日本では内村鑑三が無教会派で有名です。

先生も内村鑑三の影響を受けており、奥様が眠る墓碑には内村鑑三信仰著作全集の一文が刻まれています。墓碑は先生ご自身がデザインされました。

親しい人たちが集まって行われた奥様の納骨式には私も参加させていただき、初めて屋外での讃美歌を聞くことができて、華美な葬式仏教と比べ、質素ではあるものの親しい人々から見送られる儀式に感銘を受けたことを覚えています。



himajintaro at 22:12|PermalinkComments(0)