山菜取り

2018年12月09日

本当に今年最後のキノコ採り


11月23日の「今年最後のキノコ狩り」で最後のキノコ採りのはずでしたが、実は一昨日の12月7日にもう一度キノコ採りに行ってきました。

リトルカブで行けたのですが、雪の予報もあり、マイカーで出かけました。

写真アップしておきます。

























himajintaro at 07:07|PermalinkComments(0)

2018年11月23日

今年最後のキノコ狩り


2018.11.23

前日、下の写真の中央に鎮座するピラミダルな山・富神山の麓に住む職場の同僚からキノコ狩りを誘われました。雪が降るという予想でしたが、臆せずに朝6時過ぎに自宅を出ました。





登山口に「山野草を取る事禁ず」と書いてある看板があります。キノコは生物学的分類上は山野草ではないのでしょうが、地元の町内会長さん(同僚)とキノコ狩りをすることにしました。

写真ではよくわかりませんが、雪が降っています。今年最初の降雪です。まだ、この辺りでは積もるほど降りません。





足回りは革の軽登山靴にゴアテックスのショートスパッツに、上からバイク用のレインウェアー。



同僚と登り口で待ち合わせして、富神山の登山口を登り始めました。途中から二手に分かれて取り始めました。





ムキタケは大きくなり、雪を被っていました。





天然ナメコ見つけました。(上)



クリタケ(山形ではアカモダス)は、ちょっと、大きくなってしまいした。



小粒のクリタケも見つかりました。





天然のヒラタケも出ていました。大きくなると褐色になりますが、小さいうちはきれいな紫色をしています。





猛毒ニガクリタケがムキタケと一緒に出ていました。写真下の小さい奴。写真ではわかりにくく、黄色い傘の中心が茶色くなっていて、実物の質感とはかなり違います。





天然ナメコの群落を見つけました。一本の倒木に数か所群生し、収穫すると、すぐに一杯になってしまいます。こういった倒木が何か所もあり、キリがないので、途中で下山することにしました。







この立ち木(上)は、ナメコとヒラタケとクリタケが一緒に出ていました。下山する途中、たくさんキノコがありましたが、じゅぶん収穫しました。

この山の採れる場所のポイントがわかりました。来年は、まっすぐ、このポイントに来ます。



今日の収穫です。左がナメコ、右はクリタケにヒラタケとムキタケです。帰宅途中、知人に少しだけ、お裾分けしてきました。

早速、昼食でクリタケとヒラタケの味噌汁をして食べました。天然物のキノコは美味しいですね。



今年のキノコ狩りは終了です。来年は、山菜取りも行きたいと思います。

himajintaro at 15:22|PermalinkComments(0)