観光

2019年09月19日

岩出山へ 岩出山城

有備館の素晴らしい庭を堪能し、JR有備館駅に立ち寄り、駐車場に戻ってきました。

伊達政宗ゆかりの岩出山城を見るべきだと言う遅山仙人に対して、私は伊達政宗の像しか建っていないと返すと、建物が残っているから行くべきだと強く言うので、行ってみることにしました。

事前にネットで調べて、政宗の像しかないことは知っていました。朝来た時に街の中にも道案内らしきものも見かけませんでした。

岩出山04

登り口に簡単な案内板がありました。急な坂を上って行くと眼下に岩出山の町が開けてきます。

IMG_1713

坂を上り切ると前方右側に蒸気機関車が見え、左折すると平になり飲食店のような木造の建物があります。

IMG_1696

百日紅(サルスベリ)が咲いていました。

IMG_1698

公園案内図には、本丸の西側には建物が黒く印されています。多分、伊達政宗が住んでいた屋敷跡を示すものと思われます。

政宗は山形城主・最上義光(もがみよしあき)の妹・義姫の長男であったものの、豊臣秀吉により米沢から岩出山に移封されます。今でいう左遷です。最上家は元々、斯波(しば)姓でした。山形に入部(転入)してから最上姓を名乗ります。

仙人によると、斯波家の一部は大崎氏の姓を名乗り、岩出山を含む大崎地方を統治することになります。その家臣の中に伊達家がいます。移封されたとはいえ、政宗は縁のある岩出山に住むことになったのではないかと言っていました。

安土桃山時代の城は天守閣を持たない平屋の館です。当時は天守閣を立てる建築技術と財力がなかったため、平屋だったのだと思います。

IMG_1699

飲食店以外の建物としてはトイレと上の写真のような野外音楽堂と思しき建物があります。

IMG_1704

政宗の像が建っていることはネットで調べてわかっていました。ネット難民の仙人は知りませんでした。館や資料館も建っていないことを知りませんでした。

IMG_1706

つまり、仙人は中学生を引き連れて、この岩出山城には来ていないのです。どうも、有備館も怪しくなりました。有備館には初めて行ったようでした。

IMG_1705

本丸の東側、伊達政宗の像が建っている場所よりさらに東側の法(のり・斜面)の下で遺構調査(建物が建っていたと思われる場所の発掘調査)が行われていました。

遺構調査を進めることで、岩出山城の新たな歴史がわかるかもしれません。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年09月18日

岩出山へ  有備館駅

遅山仙人がたまたま通りがかったのか、それとも、岩出山が目的地で中学生たちを引率したのか、疑問が残っていました。どうも、仙人の話は、はっきりしないことが多く、何年も後に真相がはっきりすることが多いのです。

仙人が降りたのか、乗ったままだったのかわからない有備館駅に行ってみました。

IMG_1688

駅は有備館の真向かい。駅舎らしからぬ建物です。

IMG_1684

IMG_1677

公民館の看板が見えます。

IMG_1681

伊達政宗の騎馬像があります。

IMG_1682

ホームに近いところに時刻表と券売機がありました。

若いJRの職員さんがホームの掃除をしていました。彼によると、ホームだけがJR用地で、大崎市の建物に時刻表と券売機を置かせてもらっているそうです。

この駅舎は社会教育施設の公民館なのです。

IMG_1675

コの字型の建物で、事務室と貸し出し用の会議室や自由に休憩できるスペースなどがありました。

公民館が他の機関の施設と併用されて例はたくさんあると思います。酒田市平田にある公民館は農協と併設されていました。駐在所が併設されているのを見たことがあります。

人が集まり、催し物がおこなわれる公民館と鉄道の駅が併設されているのは便利だと思います。

前述のJR職員は、同じ路線上に鳴子温泉や紅葉で有名な鳴子峡もあり、湯けむりラインが走っているので、有備館にもたくさんお客さんが来て欲しいと言っていました。


himajintaro at 06:36|PermalinkComments(0)

2019年09月14日

岩出山へ 2019.9.13

うん十年前の女子高生から、宮城県利府町にある馬の背に行ってきたよというメッセージが入ったので、遅山仙人を連れてツーリングで行ってみようかと思いました。

69934603_2302025616561468_2512099171402514432_n

69939822_2302026073228089_6150708405586624512_o

早速、仙人を誘ったら、抵抗されました。彼は、道の両側が切れ落ちた部分が大の苦手なのです。思い出しました。何年か前に、山仲間で福島県伊達市の霊山登山に行ったときに、蟻の戸渡りという、登山道の両側が切れ落ちた部分を立って歩くことができず、這いつくばって、何とかクリアしました。

行先を変更して、仙人が以前言っていた、宮城県大崎市の岩出山(いわでやま)に行ってみることにしました。

仙人は中学校の教師だったころ、生徒の引率で、たまたま、通りがかったJR陸羽東線の見知らぬ駅の目の前に素晴らしい庭と古い木造の建物があったと私に言ったことがありました。

ちょうど、進物品として岩出山で買いたいものもあったので、いいタイミングでした。

IMG_1638

この日は大きな高気圧の影響で全国的に晴れという予想でしたが、嫌な朝焼けでした。

IMG_1640

岩出山へのルートは、宮城県から帰るときに、最近走っている国道347号鍋越トンネルを使い加美町へと、いつもの逆方向で走りました。

加美町中新田から国道457号を使って北上するのが4輪車としては普通なのでしょうが、カブのツーリングでは面白くないので、中新田の手前から左折して、山の中を走ることにしました。

山と言っても、丘陵地帯という感じで、ほとんど、トップギアで走れるような勾配でした。

岩出山01

岩出山の町に到着する直前、トラブルが起きました。この話は、次回としましょう。


himajintaro at 06:10|PermalinkComments(0)

2019年09月10日

初めての庄内  出羽三山信仰の羽黒山へ

山形県鶴岡市田麦俣から月山新道(国道112号)に入りました。自動車専用道路は湯殿山ICの入り口までで終わり、田麦俣からは一般国道になります。

鶴岡市落合で国道112号と別れて右折し、広域農道(通称スーパー農道)を少しだけ走り、途中から鶴岡市松ヶ丘(旧羽黒町)に向かいます。

出羽庄内

庄内平野はさわやかな夏の雲が浮かんでいました。

IMG_0354

松ヶ丘から赤川を渡ると最初の目的地、出羽庄内国際村に到着しました。

IMG_0363

この出羽庄内国際村は鶴岡市在住の文化人類学者山口吉彦先生のアマゾン資料が数多く展示されていた場所です。先生はアマゾン研究のほか、奥様(故人)とともに庄内地域の国際交流の発展に貢献されたことでサントリー文化賞を授与されています。

先生とは、庄内地域の高校生や中学生をタイの福祉教育複合施設・子供村学園に派遣するジュニア民間大使の事業に、1995年に同行させていただきました。ちょうど、地下鉄日比谷線の地下鉄サリン事件の時にタイの首都バンコクにいました。

この施設は鶴岡市が運営していますが、現在はアマゾン資料は展示されていないはずです。

この施設の職員二人と知り合いで、以前、バングラデシュのアロアシャ学園の開校式に一緒に行ったことがあります。

用事を済ませて、昼食のため何度も行ったことのある手打ちそばしげ庵に向かいました。この蕎麦屋さんは出羽庄内国際村の知り合いの職員から教えてもらった蕎麦屋さんです。

しげ庵

少なくとも30年前には、庄内地方の酒田、鶴岡には手打ちそばのお店は殆どありませんでした。

記憶にあるのは、これから羽黒山の帰りに通る、羽黒から庄内町狩川(旧立川町)に向かう県道沿いにあった赤坂という蕎麦屋さんで、天ざるがとても安かった覚えがあります。もう一つは、酒田市松山(旧松山町)にあった、店の名前は忘れましたが、つなぎに海藻を使っている蕎麦屋さんぐらいしか記憶がありません。

庄内地方に蕎麦の食文化が無かったのは、元々、庄内平野は米どころなので、痩せた土地に育つ蕎麦を植える必要がなかったからではないかと言われています。

昨今の手打ちそばのブームで庄内地方にもたくさんの蕎麦屋さんができました。

IMG_2944

もりそばと天ぷらをオーダーしました。前回は、円筒形をした、かき揚げを頼んでいます。遅山仙人とツーリングを行くようになったから、再度、手打ちそばしげ庵に来ています。その時にもかき揚げを頼んでいますので、後日、紹介したいと思います。

IMG_2943

昼食の後は、出羽三山信仰の羽黒山に向かいました。

羽黒山

羽黒山へは麓の手向(とうげ)から五重塔を見ながら石段を上って行く方法と有料道路で山頂まで行く方法があります。

今回は、山頂までリトルカブで行く方法を取りました。有料道路の入り口のちょっと手前の上りがとても急で、とてもセカンドギアでは上って行くことができません。道路標示が無いのでわかりませんが、10%を超える勾配なのではないか思います。

有料道路は自動車専用道路になっています。料金所のオバちゃんに原チャリは通れるか尋ねてみると、先ほど、1台原付が上って行ったのでOKとのこと。自動二輪と同じ料金を払って、山頂の駐車場まで上って行きました。

IMG_2948

IMG_2947

時間が無かったので、羽黒山神社の本殿のみ参拝し、駐車場に戻り、次の目的地に向かいました。

なお、羽黒山については、遅山仙人と山仲間S氏とともに、後日、4輪車で訪れていますので、後程、紹介します。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年08月26日

花立峠、鍋越峠ツアー  鳴子温泉で足湯

鳴子

IMG_20170805_090750

鳴子温泉に到着したのは午前9時でした。しかし、一向に気温が上がりません。今まで、冷夏でブルブル震えながら走ったことなどありません。

本当は一風呂浴びたいとなるはずでした。風呂に入っても湯冷めして、風邪をひくとの判断から足湯にしました。

IMG_20170805_095118

ここは源泉のすぐそばで、源泉から直接樋を走って湯が入る仕組みになっています。

IMG_20170805_092135

以前、この源泉を管理している人がテレビに出ていました。毎日のように管理しないと源泉を通すパイプが詰まって各旅館に湯が届かないので大変な作業であることが紹介されていました。

写真は撮ってきませんでしたが、源泉が故に高温の湯に卵を入れて温泉卵を作っている人がいました。

テレビで紹介された場所であることを思い出しながら、しばし、足湯で心を和ませました。

IMG_20170805_093506

足湯で温まってJR鳴子駅前を通り、国道47号を東へ走りました。この後、一山超えて加美町宮崎に向かいました。

IMG_20170805_095723


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)