観光

2019年07月17日

クラゲ、クラゲ、クラゲ

開館時刻20分前には玄関前に行列ができました。福島からの観光客も来て長蛇の列になりました。

IMG_20190705_085402

IMG_20190705_085414

展示室はイワナ、ヤマメの淡水魚に始まり、一般的な海の魚のほかに、写真は撮ってきませんが日本海から遡上するたくさんのサケの幼魚が泳ぎ回っていました。

しかし、何といっても圧巻はクラゲの展示です。さらに、9時30分から始まったクラゲの話がとても面白く、クラゲに対する見方が変わりました。

IMG_20190705_093436

水族館の職員の説明によると、クラゲはプランクトンの仲間で、自分の意志で泳げないものは、大小にかかわらずプランクトンと呼ぶのだそうです。

クラゲは基本的に有性生殖ですが、幼生が無性生殖のままクローンでいくらでも増えていくという事実には驚きでした。

毒を持つものと持たないものがあります。展示しているクラゲの名前ラベルに「刺」という文字があるものが毒を持つ種類です。獲物を捕まえるときに触手から獲物に向けて小さな毒針を無数に発射します。

毒で動きが鈍つたプランクトンや小魚は触手によりクラゲの中心部に送り込まれ、胃まで持って行き消化します。今まではどれが胃なのかわかりませんでした。

毒を持たないクラゲは体の周りに付いている繊毛のようなものが光に反射して虹色に輝きます。

これらの様子は全てカメラで拡大してモニターに映し出されました。

クラゲに関する知識があるのと無いとでは、水族館のクラゲの面白さが変わります。クラゲの話を聞いただけでも加茂水族館に来た価値がありました。

IMG_20190705_091900

クラゲの話を聞いた遅山仙人が「クラゲのように行きたい」と言うので、「今でも十分浮遊(浮浪)して暮らしているではないか?自分の意志に関係なく方々に連れ回されているだろう」と返しました。

まずは毒を持つクラゲ

IMG_20190705_091527_1

IMG_20190705_091548

IMG_20190705_095341

DSC01854

DSC01870

DSC01873

IMG_20190705_095407

IMG_20190705_095443

IMG_20190705_095449

IMG_20190705_095507

IMG_20190705_095533

IMG_20190705_095557

そして、毒を持たないクラゲ

DSC01892

DSC01882

DSC01880

時間はあっという間に過ぎてゆき、次の目的地までの移動のために駐車場に戻ってきました。

IMG_20190705_101005

加茂水族館には2輪専用の駐輪場があります。ここに富山ナンバーのスウェーデン製のバイクが置いてありました。日本海側は酒田まで高速道路でつながったので、北陸から来るには便利になったと思います。

開園前に警備員さんと話しましたが、ゴールデンウィーク中は大混雑したようです。「今はインターネットで何でもわかる時代だから...」と全国からお客さんが来るそうです。

混雑時には駐輪場は原付にとっても有難い心遣いです。

これから、次に目的地まで移動します。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年07月01日

車内で切符買いました。

無事に宴会も終わり、山形に帰る列車に乗りました。

無人駅なので、ワンマンカー並みの整理券発行機が置いてありました。確か、仙山線はワンマンカーが走っていないはずです。

余談ですが、奥羽本線を走るワンマンカーはOne manではありません。Two manかOne man & One womanです。ワンマンと言っておきながら実は二人乗車しています。私が乗ったワンマンカーだけがそうだったのか、わかりません。どうせ、二人いるのなら隠れていないで堂々と車内で車掌さんしてればいいのにと、いつも思っていました。

IMG_20190607_153228

IMG_20190607_153244

整理券発行機から乗車駅証明書なるものが出てきました。

IMG_20190607_153346

上り(右側)とは反対側のホーム(下り)まで歩いていきます。使われなくなった引き込み線が残っていました。

IMG_20190607_153504


IMG_20190607_154541

定刻通りに下り山形行きの列車が到着しました。乗り込んですぐに車掌さんが現れました。先ほどの乗車駅証明書を渡して、乗車券を購入しました。JRの列車の中で乗車券を買うのは何年ぶりでしょうか。普段、普通列車を利用するのは奥羽本線の夜間のワンマンカーが多く、無人駅ではバスと同じように整理券を取って、運賃箱に入れるか、駅で整理券と現金を渡します。

IMG_20190607_155251

山形運輸区と書いてあるので車掌さんは山形駅所属の方なのでしょうか。

IMG_20190607_162936

無事に山形駅に到着しました。遅山仙人は一つ手前の北山形駅で降り、私とS氏は山形駅で降りました。S氏と別れ、私はバスで自宅に帰りました。

雨の予報でしたが、結局、降ることもなく、楽しい一日を過ごしました。




himajintaro at 21:37|PermalinkComments(0)

2019年06月28日

行ける所まで行こう。

行ける所まで行こうというのはリトルカブツーリングと同じ。通行止めがどこなのかを確かめるべく、奥新川コースを歩き始めました。

IMG_20190607_095240

IMG_20190607_095243

IMG_20190607_095405

しばらく歩いていくと奥新川神社がありました。

IMG_20190607_095742

神社のちょっと先に仙台と山形を結ぶ仙山線を直流電化した時の遺構(昔の施設)が残されていました。

IMG_20190607_100159

IMG_20190607_100209

IMG_20190607_100249

IMG_20190607_100331

県境の長いトンネルは日本でも有数の長さと日本でも初期の直流電化だったことを小学校の社会で習った記憶があります。

今でこそ、山形からは山形新幹線で米沢、福島を通って東京に行けるようになりましたが、戦後しばらくは難所の板谷峠をスイッチバック方式で蒸気機関車が走っていました。

それに比べると、仙山線の電化は昭和12年だったので、仙台と山形を結ぶ仙山線がいかに重要であったのか伺い知ることができます。

今では、朝には5分間隔で走る仙台・山形の都市間バスに主役の座を奪われてしまいました。

IMG_20190607_100434

IMG_20190607_100718

IMG_20190607_100738

仙山線直流電化の遺構から、しばらく進むと何台かの自動車がありました。どうも、渓流釣りの人たちの車のようです。山で駐車をするときのルールですが、基本、帰る方向に駐車します。また、Uターンする場所には車を置いてはいけません。この先にUターンできる場所がないとバックのまま、延々と来た道を走らなければなりません。

IMG_20190607_103342

IMG_20190607_103306

駐車している場所から少しくと道は狭くなり、軽トラックでもないと行くことができない状態になります。

IMG_20190607_102256

ここから右側を降りていくと南沢の渓流に行くようですが通行止めになっています。釣り客は、ここを下って行ったと思われます。

そのまま左側を進むと視線の先に仙山線の赤い鉄橋が見えてきます。

IMG_20190607_102325

左側の道も赤い鉄橋の前で通行止めになっていました。

ちなみに、この鉄橋は2年前の2017年10月に塗られたようです。エポキシ系の樹脂を3層に分けて塗り、表面はウレタン系の樹脂を使っているようです。通常は人間の手による刷毛塗りです。スプレーガンを使って塗ると厚みは有っても寿命が短いのです。人間の手に敵わないものもあるのです。完成検査の時に塗膜厚を測る器械を使います。

IMG_20190607_102341

IMG_20190607_102502

歩けるのはここまでなので、折り返して、奥新川駅に戻りました。



himajintaro at 20:18|PermalinkComments(2)

県境の長いトンネルを抜けると奥新川だった。

山形駅8時55分発の仙台行き普通列車で山仲間と落合い、遅山仙人は次の駅、北山形駅での乗り継ぎで合流しました。

IMG_20190607_091355

梅雨時のはっきりしない天候ではありましたが、まずは降ることもなく山寺駅に到着しました。この日は平日だったので観光客の乗降も少なく、上り列車のすれ違い待ち合わせで数分間の停車時間がありました。

この後、2019年06月20日の日記「白水ダムへのルートを彷徨う」で書いた面白山駅から山寺まで下りてくるルートとは逆方向の紅葉川渓谷を遡って列車は進みます。面白山駅からすぐ面白山トンネルに入ります。

トンネルに入ると昔トンネル内に停車駅があったことや今でもトンネルから出る地下水が水道水の水源になっている話で盛り上がりました。

長いトンネルを抜けて次の停車駅が目的地の奥新川駅です。新川(にっかわ)の奥にあるというので奥新川と呼ばれていますが、ニッカウヰスキーの語源になったことでも有名です。奥新川駅には9時30分の到着で片道500円でした。

IMG_20190607_093619

IMG_20190607_093634

IMG_20190607_093718

下りた客は私たち3人だけでした。

IMG_20190607_093854

無人駅には通行禁止の貼紙がありました。事前にネットで調べていましたが、仙台市のホームページには同じ文章の表現はあるのですが、具体的な位置関係を示す詳細な地図が明示されておらず、南沢A橋がどこにあるのか、全くわかりませんでした。

取りあえず、行けるだけ行ってみようということになり、列車に乗ることにしたのです。

IMG_20190607_093954

IMG_20190607_094033

駅前には食堂があり、犬がいました。後で、この犬が登場します。食堂の前から左に進むと奥新川ラインです。

IMG_20190607_094324

IMG_20190607_094554

南沢橋A橋と南沢橋B橋の両方が表示され、案内図には橋の名前はありません。案内図は仙台市のページに同じものがありました。しかし、これ以上に詳細な地図を探しましたが見つかりませんでした。よく使う国土地理院5万分の一地形図と比べても良くわかりませんでした。

IMG_20190607_094526

IMG_20190607_094518

奥新川駅から下るコースは新川ラインで全面通行止めになっているようです。このルートはニッカウヰスキーの仙台工場につながるはずです。

私が所属していた登山サークル(サークルという集合体と言葉は今では死語です。)で、この奥新川渓谷で芋煮会をしたことがありますが、私は参加せずに奥新川は初めて来ました。



himajintaro at 01:50|PermalinkComments(0)

2019年06月26日

奥新川に行ってきました。まずは準備から

遅山仙人は、時として隠れ家から1か月以上、世の中に出ないことがあります。たまに、シャバに出てくるとフラツキ、メマイがすると言います。

常に椅子に座って暮らし、寝るときも椅子に座ったまま寝ます。このため、布団で横になって寝ることができないのです。もっとも、横になって寝るスペースが無いからなのです。

そんなことをしていると直ぐにカブに乗れなくなると何度忠告しても馬耳東風です。

運動不足、栄養不足から救い出そうといつもの山仲間とともに3人で、宮城県仙台市青葉区にある奥新川(おくにっかわ)渓谷にハイキングに出かけました。

まずは、栄養不足を補うための料理です。野菜は食べているというので、できるだけタンパク質中心の料理にしました。

一品目は定番の鶏のから揚げ。前の晩から味付けして冷蔵庫に寝かせておきました。狂った油と言われているトランス脂肪酸が入っている油は使いたくないので、揚げ油は米油を使いました。

IMG_20190607_052710

IMG_20190607_052820

IMG_20190607_053228

二品目は、仙人がいつも気に入っているサンドイッチ。卵サンドにコンビーフ・キャベツサンドです。いつもは鯖缶・キャベツサンドですが、今回は久しぶりにコンビーフを使ってみました。

IMG_20190607_055417

IMG_20190607_060024

パンはできるだけ添加物が入っていないものを使います。

IMG_20190607_060542

最後は、卵焼きです。玉ねぎ、長ネギ、ブナシメジにソーセージを入れます。

IMG_20190607_052947

IMG_20190607_053301

これも米油を使い、香りづけにゴマ油を垂らすと風味が良くなります。

IMG_20190607_060807

IMG_20190607_060906

自宅の庭に自生しているルッコラの辛みを楽しむために、たくさん摘んで持って行きました。ビールはクーラーバックと保冷材でキンキンに冷やしておきました。茜霧島もリックに仕舞いました。

IMG_20190607_063422

雨が降っても傘をさして歩くつもりだったので、仙人にも傘を持ってくるように伝えておきました。

IMG_20190607_073346

山形駅までバスで向かいました。



himajintaro at 21:03|PermalinkComments(0)