観光

2021年04月17日

仙人の渋い秘密兵器登場

2021.4.10

2021.4.3のお花見の穴場発見!で見つけたJR左沢線柴橋駅の桜が見ごろだろうと思い、一週間後の4月10日に遅山仙人を誘って、柴橋駅に向かいました。

残念ながら、一週間たっても桜はほとんど咲いていませんでした。

IMG_0015

ただ、駅のホームから見る朝日連峰はとてもきれいなものでした。そこで、仙人の提案と先導で、さらに景色の良い左沢館山城跡(楯山公園、別名日本一公園)でコーヒータイムにすることにしました。

ところが左沢駅付近で仙人は公園の場所が分からなくなり、代わりに私が先頭を走ることになりました。

IMG_7976_1

この公園は山城の跡で、大江町が良く見渡せます。眼下に、左沢線の2両編成のワンマンカーが走ってきました。実は、柴橋駅で10時1分着の下りの列車を待って写真を撮るつもりでしたが、桜がほとんど咲いていないので諦めました。ちょうど、その下り列車が終点、左沢駅に向かっているところでした。

IMG_7975_1

一眼レフの望遠レンズで朝日連峰を引っ張ってみました。天気はパッとしませんでしたが、比較的きれいに撮れました。

IMG_7977_1

ここで、仙人の秘密兵器が登場しました。

IMG_0016

いつ洗ったのか、わからない程、コーヒーの渋の付いた直火式エスプレッソコーヒーメーカーです。

IMG_0017

IMG_0019

IMG_0026

直火式エスプレッソコーヒーメーカーは本体の熱が冷めないと、コーヒー豆を入れるバケットが取り出せません。このため、屋外では水場の無い所では本体を冷やすことができません。手持ちの水で冷やすことなります。

運良く公園の水道で冷やすことができ、二杯目を出すために火にかけましたが、運悪くガスボンベが空になり、あえなく、終了となってしまいました。

IMG_0027

少ないコーヒーを飲みながら、日本一公園から景色を堪能しました。

仙人から昼食場所のリクエストが入りました。場所は、西川町の入間(いりま)にある蕎麦屋さんです。私はすぐに清右衛門だろうと答えると仙人は「何で3秒で答えられるのか?」とびっくりしました。

庄内方面に向かう時は、必ず、入間を走るので、この店を以前からマークしていました。

開店の11時30分に間に合いそうなので、早速、清右衛門に向かいました。

IMG_0028

予想通り、11時20分には到着し、ポールポジションを取りました。人気店のようなので、コロナ対策も考え、開店と同時に入ることにしました。

IMG_0029

開店を待つ間、あることに気が付きました。門柱に「入間」とありました。ここは、西川町入間です。

IMG_0040

そして、道を挟んだ向かい側の田んぼの奥の山の中に「入間神社」があるのです。

IMG_0041

蕎麦店の敷地は低い石垣で囲まれていました。私が推測するには、この店は入間の旧家で庄屋・名主だったかもしれません。地名に自分の姓が付き、さらに自分の敷地から自分の姓が付く神社の参道が伸びているというのはただ者ではありません。

歴史研究家の仙人でも気が付かなかったようです。机上の歴史は、えらく詳しいのですが、現場は、からっきし弱いのです。

IMG_0030

家は旧家と思われるような建物ではありませんでした。一般の住宅で蕎麦屋を営んでいるようでした。

11時30分の開店とともに暖簾が下がり、入店しました。私たちの後に、家族が一組入りました。

何か月か前に仙人は、この店に来たそうです。しかし、店は臨時休業だったようです。このため、仙人のリベンジとなりました。店主によると入院して店を休んだことがあったそうです。

IMG_0032

私は寒晒し(かんざらし)そば大皿盛りと天婦羅を頼みました。もちろん、仙人も同じ寒晒しそば大皿盛りを頼みました。

IMG_0031

寒晒しそばを考案したのは、今は高齢により廃業された山形市土坂で大山桜という蕎麦屋さんを営んでいた男性です。この男性とは古くからの知り合いでした。

蕎麦の実を冬の流冷水に漬け、さらに冷たい空気に晒したものを挽いて打った蕎麦を寒晒しそばと言っています。

考案した男性は蕎麦組合の人たちと毎年、自分の敷地で蕎麦の実を寒さに晒していました。しかし、男性は蕎麦組合に加入していなかったので、「寒そば」という名で店で出していました。

寒晒しそばは、あっさりと上品な風味です。私は風味の強い田舎蕎麦系が好みです。考案者の男性も田舎蕎麦系の方が美味しいと言っていました。好みは分かれるところです。

IMG_0033

この店の寒晒しそばは、白くてモチモチとした食感がありました。大石田町藁口にある「わらくちそば」の麺を細くしたような感じです。「わらくちそば」は2018.11.19 新そばまつり  気になるそば屋さんで紹介しています。

IMG_0036

IMG_0037

財布を持たない仙人は、素行を見かねた近くに住む叔母から財布とバッグを預けられて持つようになりましたが、相変わらず、ズボンのポケットなどに小銭や札を忍ばせていました。

清右衛門から来た道と同じ寒河江川右岸を走り、途中から、スーパー農道に入りました。仙人が昔釣りに行った池に行きたいと言うので、仙人の記憶をたどり、スーパー農道沿いの池に行ってみました。

IMG_0042

行ってみた池は藤田溜池という農業用のため池でしたが、仙人の記憶の池ではありませんでした。ブラックバスを釣るバスラーが一人、ロッドを振っていましたが全く当たりがありませんでした。

IMG_0044

仙人はこの池が藤田溜池であることと、自分が行ったことのある池は、もっと南にあることをスマホのGoogleマップで確認しました。

変な所を押して若い姉ちゃんの写真が出てくると、何だかんだ言っていた仙人ですが、しっかりとGoogleマップが使えるようになっていました。仙人も進化しました。

ここから、スーパー農道で中山町へ出ました。

IMG_0045

途中、上の写真から少し上った所で、土砂崩れや大雪によるたくさんの倒木があり、一部、片側通行になっていました。そして、写真のように通行止めの看板が立っていましたが、私たちが通ってきた所には通行止めの看板は立っていませんでした。

今年は大雪により、通行止めの山道が多いかもしれません。山形市内の緊急事態宣言が解除ならない内は県境越えは控えようと思っています。




himajintaro at 11:17|PermalinkComments(0)

2021年04月06日

来年は沖縄にツーリングに行こう!!

2021.4.2

年老いた2匹のうるさいウグイスは、ようやく咲き始めた梅の花に別れを告げて、真室川駅に向かいました。

IMG_9854

とにかく、遅山仙人は山形県の北部に来たら、真室川駅の直売所で買い物をしないと気が済まないのです。

以前、酒田市から国道344号青沢峠を越えて真室川へ抜けた時、時間の関係で真室川の町の中を通らずに近道をかけ、真室川駅に寄らずに鮭川村に向かったら、大変、不機嫌だったことがあります。

そのくせ、仙人は推定も推量も不得意なのです。真室川駅に立ち寄った場合、帰宅時間が何時になるか、全く見当がつかないのです。また、自分のバイクに載せられる量から買い物ができる量がわからないのです。

IMG_9855

このため、遊びに関する企画を立てることができません。知識としての断片的な情報を組み立てて、行動計画を作ることは、超一流大学法学部に入学した仙人といえども、超難関なのです。

そんな知識自慢の仙人が前の晩の長話で、ホンダがレンタバイクをしていることの話題を出しました。仙人と話をするときは、いつもパソコンに向かいながら話をしているので、この時もホンダのホームページからバイクのレンタル料金を見ていました。

沖縄でもバイクをレンタルできることがわかり、仙台空港から格安で沖縄に飛び、那覇でスーパーカブを借り、テント持参で露営して、沖縄を一周すれば貧乏旅行が楽しめると、話が一気に盛り上がりました。仙人も大変乗り気で、来年にはコロナが終息するだろうから、行こう!!と真室川公園で話はまとまりました。

IMG_9857

話がまとまったところで、仙人は安さに心を奪われて、ボックスに入りきれない程、野菜を買いました。

私も、シイタケ100円✕2袋+長ネギ150円=350円で晩のおかずになりました。


himajintaro at 21:12|PermalinkComments(0)

2021年04月05日

梅の花と老いたうるさいウグイス2匹

2020.4.2
地図003

金山町の国道13号を横切り、真室川町へ向かいました。ちょっと、時間は早かったのですが、昼食のために真室川温泉のそばにある蕎麦屋さんに向かいました。この近くにはトロッコ列車で有名な森林トロッコ駅があります。

IMG_9830

駐車場を挟んで、真室川温泉(写真上)の対面に「そば屋重次郎」(写真下)という蕎麦屋さんがありました。いつもは、真室川に来ると鮭川村の天ぷらの種類の多さで有名な「ふくろう」に行くのですが、今回は金山町に近い蕎麦屋さんに入ってみました。

IMG_9829

IMG_9832

まだ開店したばかりの11時過ぎだったので、お客さんも少なく、ソーシャルディスタンスは十分でしたが、仙人が教員時代の癖が抜けきらず、大声でしゃべりだすので、いつも、静止するように制止します。

IMG_9833

IMG_9836

ゲソ天板そばの大盛1,200円をオーダーしました。もちろん、仙人も同じ物です。イカゲソの天ぷらは、山形県の内陸地方ではラーメンや蕎麦の付け合わせが普通です。これが海沿いの庄内地方に行くと麺の付け合わせで出す店が少なくなります。魚の捕れない内陸部ならではの食文化のようです。

この店の蕎麦はコシと香りが強く、私好みでした。

IMG_9837

IMG_9843

美味しい蕎麦をいただいて、コーヒータイムを取るために真室川公園に向かいました。

IMG_9847

IMG_9851

公園の高台にあり神室連山が眺められる四阿(あずまや)でコーヒータイムとしました。仙人は早速、冬眠明けの食料調達を始めました。

IMG_9853

フキノトウです。天ぷらや佃煮、フキノトウ味噌など、ほろ苦さの中に春の訪れを感じさせる食材となります。

IMG_9848

そして、真室川と言えば真室川音頭に出てくる梅の花とウグイスです。

IMG_9844

この日、山形市内は桜の開花宣言が出ましたが、ここ真室川は梅がようやく咲き始めました。それも、この真室川公園では、たくさんある梅の木の中で、この木だけに花が咲いていました。

IMG_9845

真室川音頭
私しゃ真室川の梅の花 コーオリャ
あなたまたこのまちの鶯よ ハァコリャコリャ
花の咲くのを待ちかねて コーオリャ
蕾のうちから通って来る ハァドントコイドントコイ

まさしく、咲き始めた真室川の梅の花に老いたうるさいウグイス2匹が飛んできました。


himajintaro at 21:31|PermalinkComments(0)

2021年03月15日

タイヤの皮むき第二弾 無くなった鉄道計画

2021.3.12

獅子頭の博物館的蕎麦屋さん獅子宿燻亭で昼食を終え、長井市の市街地には入らず、最上川の右岸から白鷹町へと走らせました。

地図x03

IMG_8371

天気は回復せず、どんより曇っていました。遠くに見える飯豊連峰は真っ白でした。長井市をひざ元とする長井葉山も霞んでいました。

IMG_8373

国道287号を北上し、超有名蕎麦屋の千利庵がある白鷹町広野で左折し、最上川を渡り、県道長井大江線に入って、さらに北上しました。途中、フラワー長井線の鮎貝駅(あゆかいえき)に立ち寄りました。

IMG_8375

IMG_8378

この駅は公民館が併設されていました。しかし、厳密にいえば社会教育法で言う公民館ではなく、地域の集会所になると思います。

これに対して、宮城県大崎市岩出山にあるJR陸羽東線有備館駅に併設されている公民館は社会教育事業を行っている社会教育法でいう公民館です。岩出山へ 有備館駅で紹介しています。

IMG_8379

待合室の椅子には畳が敷いてありました。長椅子に畳が敷いてあるというのも珍しいです。この駅の正面道路際には桜が二本植えてありました。

IMG_8383

IMG_8381

今年も公園での花見の宴会は無理ではないかとなると、ひっそりと、どこかで花見をすることになりそうです。昨年同様、無人駅の旅も候補の一つに挙げられるのかと思いました。

鮎貝駅には古典桜の里しらたかオススメ歩くコースマップが掲示されてありました。このマップには載っていない桜の並木がマップの下にある写真です。昨年の満開の桜を行くリトルカブで紹介しています。蚕桑駅(こぐわえき)と鮎貝駅の中間にあります。

IMG_8382

IMG_5356

丁度、上りの列車が入ってきました。白い列車でした。この列車は2020.6.19アマビエ様で疫病退散祈願で紹介していますが、この日は、この列車で帰れると思っていたのですが、違う車両で帰ることになりました。是非乗ってみたい車両です。通路にテーブルがあります。

IMG_8384

鮎貝駅で上りの列車を見送った後、その列車が走ってきた荒砥駅(あらとえき)に向かいました。

IMG_8386

小学校に入る前に木造の駅のころに来た覚えがあります。
正面玄関頭上にはステンドグラスが嵌め込んでありました。

IMG_8392

IMG_8393

IMG_8391

IMG_8390

駅には白鷹町の名品を売る売店や切符売り場がありますが、観光協会で運営しているようでした。

奥に展示コーナーがあり、季節柄、お雛様が飾ってありました。

IMG_8389

この荒砥駅がフラワー長井線の終点で列車の車庫がありました。

IMG_8388

このフラワー長井線は元々、国鉄長井線でした。民営化でJRになってから廃線されそうとなりました。赤字経営を続けながら何とか頑張って地域の足を守っています。以前にも紹介したように映画「スイングガールズ」のロケに使われました。

この長井線ですが、実は現在のJR左沢線(あてらざわせん)の終点である大江町左沢駅と、この荒砥駅を結ぶ計画がありました。実現すると陸羽西線と同じように最上川と並行して走る風光明媚な路線になるはずでした。白鷹丘陵を周回できるとても良いコースになっていたと思われます。

地図x04

ところが、山形県内某大手交通会社の反対により計画が無くなったと言われています。県内には、様々な鉄道計画がありましたが、私の知る限りでは、山形駅から蔵王温泉までの登山鉄道の計画も無くなったことを記憶しています。

今となってはの話かもしれません。当時は少子高齢化や新型コロナウイルスなど想像もつかなかったことでしょう。

計画が実現されたとしても、結果的にどうなっていたのかは知る由もありません。

遅山仙人が荒砥駅と左沢駅が繋がっていれば良かったのにと言うので、この話をしました。さすがの博学の仙人も計画がとん挫した話は知りませんでした。

仙人が近くに美味しい饅頭を売っている店があるというので行くことにしました。



himajintaro at 20:05|PermalinkComments(0)

2021年03月14日

タイヤの皮むき第二弾 ~南陽市

2021.3.12

前日のタイヤ交換後の皮むきの第二弾として、遅山仙人を誘ってツーリングに出かけました。

仙人は久しぶりの本領発揮で30分以上遅れてきました。言い訳によると、朝ご飯を食べようと思った時に集合時間になってしまったことに気が付いたと言うのです。部屋には時計が無いと言うのです。仙人が故に時間を管理する必要がないのです。それでも、今まで何とか集合時間には遅れずに来ていました。

例年、シーズ初めには北方面に出かけていましたが、今回は南へと向かいました。

地図x01

上山市街地を横切り、できるだけ国道13号を走らないようして南陽市赤湯の通称・鳥上坂(とりあげざか)の上から置賜盆地を眺めました。

IMG_8337

昨日(3.11)は天気が良く、空気が澄んでいて眺めが良かったのですが、今日は午前中晴れの予報でしたが、どんよりと曇っていました。ここから農免道路であるハイジアフルーツラインを走ってフラワー長井線宮内駅に向かいした。

IMG_8338

IMG_8339

宮内駅で温かい缶コーヒーで小休憩としました。

IMG_8340

丁度、下り列車が到着しました。映画「スイングガールズ」の舞台となったフラワー長井線のピンクのかわいらしい車両でした。

職場の女性から映画「スイングガールズ」のラストの他の高校の演奏のエキストラで出演していると言われたことがあります。写っているのは一瞬だそうです。

宮内駅は女性駅員さんでした。「鉄道むすめ」さんでしょうか。

IMG_8341

小休止を終えて、長井市に向かました。

信号機の交差点で信号待ちをしている時に、仙人から南陽市宮内には鶴の恩返しの伝説があるが本当かという話があったので、伝説に本当も嘘もないのですが、伝説の寺に、ちょっとだけ寄り道をしました。

IMG_8343

溢れる教養、足りない栄養の仙人ですが、伝説の寺の存在は知りませんでした。

IMG_8344

機を織る鶴の女房との約束を破って織っているところ見てしまった男が反省のため仏門に入り開山したと言われている寺が鶴布山珍蔵寺です。寺は一度失火しているので鶴の織った布も消失してしまいました。

IMG_8345

拝観料を払えば本堂に入れるようでしたが、遅れて出発したこともあり、次回ということにして、先を急ぎました。

IMG_8346

当初は、白鷹町広野の千利庵の蕎麦を食べようかと考えていました。千利庵の蕎麦は大変美味しく、以前、ツーリングで立ち寄ったことがあります。棚田2選 千利庵編 で紹介しています。ただ、平日でもお客さんが並ぶ、超人気店です。正午では遅すぎます。

そこで、長井市伊佐沢の有名な桜の古木・久保の桜のそばにある「わこう庵」に向かうことにしました。もつ煮込み定食で仙人に栄養を付けようと思いました。

ところが... この続きは次回のお楽しみということで。


himajintaro at 09:07|PermalinkComments(0)