お土産

2021年04月11日

千本だんごを買い占めた

2021.4.21

新庄市の泉田駅から、市街地中心部にある最上公園のそばを通り、一気に南下しました。

地図005

舟形町堀内から先、蕎麦で有名な次年子や大石田町へ抜ける県道は、昨年秋の集中豪雨で道路が寸断されて、遠回りを強いられていました。昨年からの大雪の雪解けによる崩落も心配されましたが、一か所、工事のため片側交互があるだけで、スムーズに通過できました。

小坂峠と次年子の交差点でどちらに進むか迷いましたが、小坂峠を選びました。

小坂峠で小休止をした時に、遅山仙人から最上川千本だんごに行って団子を食べたいというリクエストをの賜ったので、立ち寄ることにしました。

IMG_9874

通常、千本だんご前を通過するのは、朝7時前後か、午後4時前後なので、立ち寄ることがほとんどありません。

出川哲朗の充電させてもらえませんか?で、さんまとの待ち合わせ場所になったことから、県外からの客が多く押し寄せることになりました。



しかし、この日は、山形市に緊急事態宣言も出されたこともあるのか、県外ナンバーはおろか、通常なら平日の午後3時ごろでも駐車場にたくさんの車があるのに、駐車場はガラガラでした。

IMG_9873

団子に具がたくさん載っていて、見た目がきれいなことから、特に女性客に人気の豆腐屋を本業とするだんご屋さんです。

IMG_9872

仙人は、ここで団子を買って、裏の座敷でお茶に団子としたかったのですが、コロナの影響でテイクアウトのみとなっていました。

さらに、この日は午後3時すぎにも関わらず、具がタップリ載せられる団子は残り5本のみとなってしまいました。私と仙人で5本を買占めしました。

IMG_9875

店の前には本日売り切れの立て看板が立ちました。

千本だんごをお土産に家路を急ぎました。


himajintaro at 08:34|PermalinkComments(0)

2021年04月06日

来年は沖縄にツーリングに行こう!!

2021.4.2

年老いた2匹のうるさいウグイスは、ようやく咲き始めた梅の花に別れを告げて、真室川駅に向かいました。

IMG_9854

とにかく、遅山仙人は山形県の北部に来たら、真室川駅の直売所で買い物をしないと気が済まないのです。

以前、酒田市から国道344号青沢峠を越えて真室川へ抜けた時、時間の関係で真室川の町の中を通らずに近道をかけ、真室川駅に寄らずに鮭川村に向かったら、大変、不機嫌だったことがあります。

そのくせ、仙人は推定も推量も不得意なのです。真室川駅に立ち寄った場合、帰宅時間が何時になるか、全く見当がつかないのです。また、自分のバイクに載せられる量から買い物ができる量がわからないのです。

IMG_9855

このため、遊びに関する企画を立てることができません。知識としての断片的な情報を組み立てて、行動計画を作ることは、超一流大学法学部に入学した仙人といえども、超難関なのです。

そんな知識自慢の仙人が前の晩の長話で、ホンダがレンタバイクをしていることの話題を出しました。仙人と話をするときは、いつもパソコンに向かいながら話をしているので、この時もホンダのホームページからバイクのレンタル料金を見ていました。

沖縄でもバイクをレンタルできることがわかり、仙台空港から格安で沖縄に飛び、那覇でスーパーカブを借り、テント持参で露営して、沖縄を一周すれば貧乏旅行が楽しめると、話が一気に盛り上がりました。仙人も大変乗り気で、来年にはコロナが終息するだろうから、行こう!!と真室川公園で話はまとまりました。

IMG_9857

話がまとまったところで、仙人は安さに心を奪われて、ボックスに入りきれない程、野菜を買いました。

私も、シイタケ100円✕2袋+長ネギ150円=350円で晩のおかずになりました。


himajintaro at 21:12|PermalinkComments(0)

2020年11月10日

三角油揚げは定義如来でなくとも買える

2020.10.30

鳩峰03

阿武隈川に別れを告げて、丸森町と角田市の市街地を走らずに、一気に北上して、宮城県柴田町船岡の中心部に抜けていきました。船岡は白石川沿いの千本桜で有名な所です。今年の春の桜は、コロナの影響があったのでしょうか。

昨年9月、消費増税前に船岡で中古車を買いました。今は、欲しい車がネットで見っけられる時代になりました。仙台市から白石市までの国道4号線沿いは比較的賑やかな通りで、中古車の店もたくさんあります。その関係で、去年から今年にかけて、何度か船岡に行きましたが、桜の季節は行きませんでした。

IMG_3928

丸森町から北上し、4号線を横切り、さらに、北上して、赤い鳥居の拆石(さくせき)神社を目指します。その交差点を左折し、林道を上っていきます。

IMG_3930

IMG_3931

IMG_3932

林道といっても、つづら折りや急なカーブは殆どありません。馬場という集落を過ぎると多少山間のカーブがありますが、すぐにT字路になります。

IMG_3933

予定では、このT字路を左折するつもりでした。工事中で左折できずに、右折することになりました。

ところが、このシーンどこかで見たことがあります。T字路に警備員がいて、まわり道の看板がります。ここで、停まって自分の記憶を確かめました。デジャブです。私は霊感は強くありませんが、時々、デジャブのシーンに出くわすのです。

IMG_3934

右折して山道を下って、やっと気が付きました。この道路は、今まで何度も走ったことあります。山形市内から仙台空港への近道です。村田から名取・岩沼に抜けるための細くて狭い峠道です。ツーリングの時は山形市に帰る道として使います。昨年も松島からの帰りに、この峠を越えました。

IMG_3935

10年以上前から改良工事が行われていました。今年は国道286号の笹谷峠が夏の期間が通行止めだったことにより、仙台方面に行かなかったために、トンネルが完成したことを知りませんでした。国土地理院2万5千分の1地形図には「志賀姥ケ懐トンネル」と表示されていましたが、気がつきませんでした。

鳩峰04_1

IMG_3936

新しいトンネルをくぐって、スポーツランド菅生(そごう)への交差点を右折しました。この交差点を直進すると村田町に出て、笹谷峠を越えて山形市内に向かうことができます。

IMG_3937

スポーツランド菅生は道路の右側にありますが、入り口ゲートは左側にあります。

IMG_3938

道路右側の大きなコースはオンロードのコース、左側はオフロードのコースになります。昔、モトクロスの元山形県チャンピオンだった山仲間O氏(故人)とオフロードのモトクロス競技を見に来たことがあります。彼は、昔、スポーツランド菅生の競技役員をしていたことがあり、彼の話の中にゲストで来た前川清の元カノ、アン・ルイスがよく出てきました。

IMG_3940

スポーツランド菅生から東北自動車道をくぐって、T字路を右折し、途中、Googleマップで見つけた薪窯パン 麦家を探しましたが見過ごしてしまいした。この道路は東北自動車道沿いに村田から仙台に向かう道路ですが、大型車の交通量が多く、チンタラ、チンタラ走っていると迷惑がられる道路です。薪窯パン 麦家は近日中に再度挑戦することにします。

IMG_3943

そのまま、北上して、もう一つ見つけておいた三角あぶらげ さとうに立ち寄りました。ローソンがある交差点の左角です。

IMG_3944

仙台市の定義如来の三角油揚げは有名です。何度も行ったことがあり、定義如来にお参りというより油揚げを食べに行くと言っても過言ではありません。

今回、丸森町から秋保(あきう)温泉への最短ルートをGoogleマップで探しているうちに、ルート上に前述の薪窯パン 麦家三角あぶらげ さとうを見つけたのです。

この店は定義如来のような油揚げを揚げているシーンを見られるわけではありません。店の中でも揚げたてを食べられるようでしたが、今回は土産用に5枚求めました。

IMG_3942

家に持って帰ってから焼いて食べましたが、定義如来より、こちらの店の方がジューシーさがあります。この店の場所は、山形から来るには中途半端な場所にありますが、ツーリングならば途中での買い求めには良い場所であると思います。

三角油揚げを買った後、この店から山道を越えて、国道286号のミニストップ仙台坪沼店のある交差点を目指しました。


himajintaro at 21:43|PermalinkComments(0)

2020年10月17日

道の駅でトウガラシとササギを買う

2020.10.2

道の駅

手打ちそば重作を後にし、そのまま最上川沿いを走り、本来なら、小坂峠を越えて大石田町大浦に抜けるのですが、台風9号の被害により小坂峠まで行くことができませんでした。

そこで、今回は道の駅好きの遅山仙人のニーズに応えるべく、尾花沢市毒沢で最上川を渡り、旧国道13号に出て、道の駅尾花沢に立ち寄ることにしました。

IMG_2941

仙人はボックスに買い物を入れるスペースを作ってきました。

IMG_2938

この日、仙人が買ったものはトウガラシとササギでした。ササゲのことを山形弁でササギと言いますが、まさか道の駅で、そのまま表示するとは思いませんでした。

IMG_2939

道の駅で買い物を終えたのが午後2時ちょうど。帰りはどのルートで帰るか。このまま、旧国道13号を南下するか。大石田から東根市長瀞を経由して、交通量の多い山形空港西側を走るか。とにかく、コーヒータイムが取れる場所を探すということになり、グーグルアースで探した結果、芦沢のため池を目指すことにしました。

IMG_2962

IMG_2943

ため池の脇を登つて行くと稲荷神社がありました。

IMG_2944

IMG_2948

案内板にあったように古い社の天井には百人一首の絵が描かれていました。古い社の写真は撮ってきませんでしたが、なぜか新しい社が建っていました。どちらも、扉があくので百人一首の絵を見ることができました。

IMG_2950

IMG_2964

暖かい日差しの中での休憩後、村山市のじゅんさい沼を経由して帰ろうということなりました。途中、仙人のリクエストにより、大堤に立ち寄ることにしました。

IMG_2966

ため池から大石田町大浦で再度、最上川を渡り、大石田町の町中を走らずに大堤に向かいました。

IMG_2967

IMG_2969

IMG_2972

大堤は干上がっていました。農業用のため池でしょう。ブラックバス、ブルーギルの移植放流禁止の看板が立っていました。ここから、じゅんさい沼まではすぐです。

IMG_2971

IMG_2974

IMG_2978

ここは、出川哲夫の充電させてもらえませんか?で、明石家さんまと立ち寄った場所です。

ジュンサイは水生植物で表面にゼリー状の滑りを持ち、独特の食感で量が取れないため高級品です。

山形市西部の県民の森の中にある山辺町作谷沢地区の曲沼(まがぬま)もジュンサイの生息地で、私の母が作谷沢出身だったことから、親戚から毎年ジュンサイをもらって食べていました。

IMG_2976

IMG_2975

じゅんさい沼管理棟の隣にあるのが、出川哲郎と明石家さんまが昼食を取った蕎麦屋さんですが、とうに営業時間は終わっていました。

IMG_2977

ここから、どう帰るか。比較的交通量の少ない国道347号をそのまま南下することにしました。平日なので、夕方のラッシュを考えると正しい選択でした。

夕方5時前には仙人の隠れ家に到着しました。そこに、隣の仙人の従姉が待っていました。仙人に電話をしても出なかったので帰りを待っていたとのこと。

ここで分かったのですが、仙人はこの日、不携帯でした。仙人が迷子になったらエライことになっていました。

そして、仙人のズボンから二つのガラケーが見つかりました。仙人は何と3台のガラケーを常に持ち歩いていたのです。仙人曰く、電話帳だと言うのですが、携帯の中の電話帳を次の携帯にデーター転送することができず、かと言って、入れ直すこともしないので、持ち歩く携帯電話が増えるばかりなのです。

従姉が待っていた理由もトンデモナイことですが、その話は後日ということにします。

IMG_2979


himajintaro at 06:51|PermalinkComments(0)

2019年11月06日

福島の人は福島県産の農産物を買わない?

2019.10.31

喜多方で朝ラーメンの朝食を済ませ、桧原湖に向かいました。途中、一応、ガソリンスタンドに立ち寄り給油しました。国道459号桧原ビューラインの桧原湖までの最後の農協スタンドです。昨年もここで詰めました。

給油伝票o1


自宅から農協スタンドまで96km。満タン法で82km/リットルです。まあまあの結果です。これから先はアップダウンが多く、燃費は落ちるでしょう。

途中まで曇っていましたが、大塩裏磐梯温泉辺りからは晴れてきました。遅山仙人は天気がいいはずなのに、なぜいつまでも曇っているのだ、おかしな天気だと愚痴っぽく語ります。理科が不得意の仙人に対して放射冷却と雲海の関係について説明しました。

国道459号大塩裏磐梯温泉の上からは会津盆地が見渡せる場所がなく、ちょっとだけ、雲海が見える場所がありました。

峠を越えると直ぐの所に道の駅裏磐梯があり、立ち寄りました。

IMG_2634

まだ、朝の9時なので、車も少なく、トイレ休憩を兼ねて買い物をしました。

道の駅領収書

職場と自宅へのお土産です。たまには、職場や家族に土産も買わないと、いる場所が無くなってしまいます。喜多方のラーメン博物館は営業前だったので、ここで買うことを決めていました。

40人近い同じ課の中で私ほど遊びまわっている人間はいません。新規採用された20代初めから、登山サークルや友人たちと散々遊びまわってきたので、慣性の法則が災いしてか、なかなか、止めることができません。

IMG_2635

新鮮な野菜が売られていました。見るはタダ。仙人はこういう場所が大好きなのです。時々、自分用に買って行きます。大根1本150円です。安さにつられて買って行きたいところですが、自宅の野菜の在庫を確認しないとわかりません。妻はこの時間、寝ている可能性があります。

IMG_2637

上の大根は、持っているオバサンは落として途中から折れているのだそうです。

IMG_2748

産直売り場で小豆を買いました。私はあんこが好きで自分で炊くので買いました。

仙人は昨年この道の駅の産直売り場でポポーなる果物を見つけました。元々、日本にはない、表面が薄緑で中が黄色く、食べるとトロピカル的な甘さがあります。売店の女性に訊ねましたがわからず、野菜販売のオジサンに聞いたら、最近はこの辺で作っていないそうです。

知人の福島県民から福島産の農産物は買わないと聞いたことがあります。被爆した地域なのでしばらくの間、線量計を身につけていました。放射線の影響が気になるというのです。スーパーでも福島産の農産物が売れ残っていると言います。風評被害は、実は地元から起こっているのだと痛感させられました。

政府の安全基準値が海外では通用しないと聞いたことがあります。最近、WOWOWでチェルノブイリ原発事故の映画を見ましたが、本当は日本も同じ状態なんだろうと感じました。

今年、この知人に山形で採れたアク抜きのワラビを持ってきましたが、喜んで食べてもらいました。

ここから先は、桧原湖の南を回り、レイクラインと走り回ります。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)