よもやま話

2021年04月25日

怪しい捜索隊 前半

2021.4.24

行方不明の赤いハスラーの持ち主を探すために、遅山仙人を連れ立って、山形市の西部にある白鷹丘陵の根元付近を中心に走り回りました。

仙人に弁当持参と指示し、私もベーグルでハンバーガーを作りました。

IMG_0231

ガスボンベがガス欠なので、フレンチプレス2台で1リットルのコーヒーを作り、ステンレスの真空魔法瓶に詰めて持って行きました。

IMG_0232

仙人曰く、「呆けると、どこまでも走ってしまって、トンデモナイ所で発見される。」と宣うので、山奥ではない、普段は走ることのない、沢沿いの行き止まりの道を中心に走ってみました。

IMG_0237

目につくのは赤い車ではなく、山菜ばかりです。タラノメは高い所しか残っておらず、とても手が出ませんでした。

高台から双眼鏡を使って、赤い車を探してみました。

IMG_0239

普段は走らない道をくまなく走ってみたので、こんなところに仙人が好きそうな神社があると、新しい発見ばかりでした。

IMG_0243

集落から、ちょっと上ったところにお地蔵さんたちがいました。

IMG_0240

天保年間に作られたお地蔵さんのようでした。

ここで妙案が浮かびました。以前からテーマを持って走ろうと仙人に提案してきました。毎日、日記をつけ、机上の歴史に自己満足してきた仙人を若輩の私が叱咤激励し、これからは人のために生き、後世に記録を残すことを考えるように伝えてきました。

今後、山形盆地の縁を走り、文学壮年の遅山仙人からレポートを書いてもらい、私が写真を撮って文字に起こして、記録に残すことで合意を得ました。多分、ブログという形になると思います。

IMG_0241

お地蔵さんの先に手配の赤い車発見かと思いきや、車種も違い、ブドウの剪定をしている人の車のようでした。

IMG_0244

行き止まりの道を何度も往復し、国土地理院2万5千分の1地形図に記載されている道路の奥に、地図にない道が続き、行きついたところは溜池でした。

IMG_0245

ここまでは道路が所々ぬかるみ、多少難儀を強いられました。この池に到着して驚いたのですが、赤やオレンジや白の錦鯉が泳いでいました。

IMG_0246

捜索を始めて2時間、午前10時になったのでコーヒータイムとしました。

IMG_0248

お茶請けに白ササゲで作って冷凍しておいた羊羹を持って行きました。ササゲは一晩水に漬け、軽く煮た後、皮をむき、圧力釜で炊いて裏濾しし、寒天で固めたものです。

IMG_0249

ショウジョウバカマが満開でした。

昼近くなって県民の森に向かうために早坂林道を上っていきました。

IMG_0252

途中、山菜取りをしているオバちゃんたちに声をかけ、赤い車を探しているので見つけたら警察に連絡してくださいと頼みました。怪しい二人連れのカブライダーの話を聞いてくれました。

IMG_0253

最初、樋口沼に行く予定でしたが、昨年から今年の大雪のために、木々が倒れ、家族広場から下は通行止めになっていました。急遽、白鷹山の北の登り口の嶽原(たけばら)に向かうことにしました。

IMG_0254

大きな木が幹から裂けるように枝折れしている木がたくさんありました。

県民の森の行き止まりの林道や、昔、牧草地だった場所へ往復しながら、昼食場所として湧水地がある五番御神酒(ごばんみき)を選びました。


himajintaro at 09:05|PermalinkComments(0)

2021年04月23日

行方不明者を探しに

昨夜、遅山仙人から電話が入りました。ツーリングの誘いでした。

先日、仙人の高校時代の同級生で長らくパーキンソン病を患い、仙人が時々面倒見ていた人物が亡くなり、虚無感に打ちひしがれて、私に電話を掛けてきました。

本来なら、金曜日が休みの私ですが、4月は書き入れ時で、今日も含めて3週連続金曜の休みなしで、代休をゴールデンウィークの頭に付けて9連休になります。

私にとってのゴールデンウィーク初日になる4月27日にツーリングに行こうかということで、仙人との話を終わりました。

ところが、今日になって、一昨日流れてきたFacebookの友人からの行方不明の情報が私の元部下の母親であることがわかり、急遽、明日、あてもありませんが、探しに行くことにしました。

先ほど、仙人に電話して捜索のツーリングに誘ったところ、快くOKの返事をもらったので、明日の朝、捜索に出かけることにしました。

IMG_0200
ちなみに車両番号は山形580ね6680です。

お心当たりのある方、山形警察署にご一報ください。




himajintaro at 21:32|PermalinkComments(0)

2021年04月10日

JRは無人駅でもバリアフリー化を進められるか?

2021.4.2

真室川駅を出た後、奥羽本線沿いに走って、新庄市内を南北に縦断して、大石田町に抜けることにしました。

地図004

最初に立ち寄ったのが、羽前豊里駅です。

IMG_9858

三角屋根の小さな駅でした。

IMG_9859

壁に沿って作られた木製の長椅子が特徴的です。ダイヤの写真は撮ってきませんが、秋田まで直通の列車が結構走っています。

以前、一度だけ、新庄乗り換えで普通列車で秋田まで往復したことがあります。

IMG_9860

山形新幹線が新庄まで延伸したことにより、新庄以北は線路幅が広軌から狭軌に変わるので乗り換える必要があります。それまでは、秋田まで特急列車が走っていたので、山形からは乗り換えが要らずに、今よりも早い時間で秋田まで行くことができました。

現在は、新庄まで山形新幹線を利用し、タイミングが良ければ大曲で秋田新幹線に乗り換えることで3時間半ぐらいで行くことができます。

しかし、210Kmの隣県秋田まで3時間半に対して、3県を跨ぐ360Kmの東京は2時間半で行けるので、山形にとって秋田は物理的に遠い存在です。

IMG_9861

羽前豊里駅から泉田駅に向かいました。

IMG_9862

ちょうど、下りの列車が入っていました。

IMG_9864

年齢不詳、男女不詳の年寄りが列車にも乗らずに一人佇んでいる風に見えました。

IMG_9866

この駅は単線がゆえの行き違い駅と思われます。ホームを挟んで上下の線路があります。このため、駅舎から跨線橋を渡って、ホームに降りることになります。

IMG_9867

先ほどの年寄りが遅れてホームに降りてくると、開口一番、「年寄りは階段上るの大変だろうな。何で豊里駅のようにすんなりホームに入れないのか。」と、今起こった実体験を基に感想を呟いていました。

この視点は、現代社会においては大切なものです。

先日もネットニュースに車椅子の女性の無人駅の利用に対するJRの対応が載っていました。

高齢化と人口減少による過疎化が進み、駅はどんどん無人化されてきました。

IMG_9869

無人駅化とバリアフリー化は切っても切れない問題だと思います。単純に無人化だけを進めていくと、大きな社会問題を抱えてしまうことになります。

IMG_9870

全ての公共交通機関は社会責任を果たす義務があります。

JRは無人駅でもバリアフリー化を進められるか?

見ものです。

泉田駅から新庄市内へと向かいました。


himajintaro at 07:48|PermalinkComments(0)

2021年03月17日

タイヤの皮むき第二弾 おしんの吊り橋が無くなる!?



遅山仙人が昔から必ず買って帰る美味しい饅頭があると言うので荒砥駅近くのやまり菓子舗に立ち寄りました。

地図x05

荒砥駅から山形に向かう道と国道287号との交差点を右折すると目的の店のはずですが、国道改修により立体交差になってしまったので、上の地図のように一旦北上して、国道に入り、南下するという遠回りになってしまいました。

IMG_8396

IMG_8394

試食できるお菓子があり、饅頭やイチゴ大福やお茶が置いてあり、仙人は遠慮なく、試食してお茶を飲んでいました。饅頭は漉し餡がお勧めとのことでした。
昭和47年の山形国体の時に天皇に献上した山形市七浦の菓道八右ェ門のイチゴ大福がとても美味しく、この時、日本初のイチゴ大福でした。その後、イチゴ大福は全国で作られるようになりましたが、今でも八右エ門を越えるイチゴ大福はお目にかかったことがありません。

仙人は漉し餡の饅頭と桜餅を買いました。私は漉し餡の饅頭と餅入り最中を買いました。

IMG_8395

饅頭を買って、いつも立ち寄る「おしんの吊り橋」でコーヒータイムととするために、国道287号をそのまま北上しました。

地図x06

「おしんの吊り橋」は、知人がこの橋から落下して亡くなられた場所で毎年命日にお参りに来ています。ところが、この吊り橋は撤去されることになりました。

IMG_8397

おしんの吊り橋撤去

コロナ以前のインバウンド観光の波に乗れず、痛みが激しく老朽化するばかりで、撤去されることになりました。私にとっては墓石のような存在ですが、残念なことです。

この橋から最上川左岸が通行止めだったので、この場所で3時の一服としました。

IMG_8398

IMG_8402

いつもはフレンチプレスでコーヒーを出していましたが、モカ好きの仙人のために家にあったモカのドリップパックを持ってきました。

右側のちょっと色のついたホーローのマグカップですが、どうも、仙人がこのカップで自炊しているようでした。もしかしたら、米を炊いているのかもしれません。もしかしたら、味噌汁を煮ているのかもしれません。もしかしたら、カレーを作っているのかもしれません。

ホーローは直接火にかけられるという点では便利なのですが、昨年、仙人と最後にツーリングに行った鶴岡市の玉川寺ではステンレスのマグカップだったのでわかりませんでした。玉川寺で本懐を遂げるで紹介しています。

IMG_8400

珍しくというか、ツーリング史上初めて、仙人が自分で買ったやまり菓子舗の饅頭と桜餅をお茶請けに出してくれました。どちらも、美味しくいただきました。

IMG_8401

仙人は、昨年から今年の冬は買い物に難儀したそうです。一昨年から昨年にかけての冬は、ほとんど、雪が降らなかったのでスーパーカブで買い物にでかけていました。ところが、今シーズンは雪が多かったために、スパイクタイヤに履き替えない仙人はバイクで出かけることができず、列車で買い物に行ったと言うのです。

それでも、荷物が多くて買って帰ることができないために、雪の日に無理やり出かけたようです。仙人がスーパーに出没したという情報が度々寄せられていました。下の写真は、山形市内某所のスーパーマーケットに置いてある仙人のスーパーカブです。写真を拡大すると雪が降っているのがわかります。

150731696_464511184903643_6260077365239305376_n

仙人は軽自動車が無性に欲しくなりました。どうも、スーパーカブで雪の日に転んだ可能性があります。動かない車をたくさん持っているのに、処分もせずに、さらにコレクションを増やそうという魂胆です。

軽自動車の価格を聞かれましたが、車両価格が安ければ安い程、修理整備費が反比例して増えると伝えました。今売れば金になる高級?外車も持っているので資金になると、そそのかしましたが多分売る気はないでしょう。

こんな四方山話をしてコーヒータイムを終えました。

IMG_8403

国道287号に戻って、白鷹町中山に出て、主要地方道山形白鷹線を走って県民の森を越えて山形市内に戻ろうとしましたが、途中、山辺町の摂待口から西黒森の区間が通行止めで、迂回しました。

雪の無い時期は、白鷹町中山から林道狐越線を走り、白鷹山の麓、山辺町嶽原(たけばら)、山形市大平を走るショートカットのルートを走るのですが、この時期は林道狐越線の除雪がされていないので、山形白鷹線を走りました。

前日も山形市内から逆方向で山形白鷹線を走りました。前日は天気も良く、山形盆地の眺めも良かったのですが、この日は一日中、太陽が顔を出すことはありませんでした。

IMG_8404

仙人のスマホでLINE通信をしたいのですが、設定まで至りませんでした。軽自動車の相談も話半分で終わりました。

それでも何とか、今シーズン最初の仙人とのツーリングを終えました。


himajintaro at 20:42|PermalinkComments(0)

2021年02月23日

羅名さんがYouTubeでトマトスパゲッティの作り方を紹介


前回、東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅の焼肉牛将のマスターで下町のベンガル人橋本 羅名(ラナ)さんが日本の国民食であるカレーライスの作り方をバングラデシュの国民向けに紹介しました。

スパゲッティ02

第二弾として、トマトスパゲッティの作り方を紹介しています。

スパゲッティ03

バングラデシュの国民向けのためにベンガル語での紹介ですが、内容は分かりやすいものになっています。

スパゲッティ04

私は20年以上前からバングラデシュに行っているのですが、日本で麺と言われるような麺をバングラデシュで見たことがありません。

中華料理店もたくさんあるのですが、ほとんどはビーフンです。もちろん、日本のラーメンなど見たことがありません。最近はタイで売られている辛いインスタントラーメンを見かけるようになりました。

スパゲッティ05

スパゲッティ06

スパゲッティ07

何年か前に料理人である息子とバングラデシュに行ったとき、ホームスティ先の貧しい子供たちのための学校アロアシャ学園の食堂で二男がイタリアンパスタを作ってくれました。

パスタとオリーブオイルと包丁は息子が日本から持って行きました。たくさんの学校関係者に振舞いましたが、本格的なイタリアンパスタに驚きました。

スパゲッティ08

スパゲッティ09

羅名さんの作り方の特徴はトマトの他にキャベツを使うこと。そして、パスタを茹でるときに湯の中に塩とオリーブオイルを入れること。さらに、最後にエクストラバージンオリーブオイルをかけて、オリーブオイルの風味を付けることです。

スパゲッティ10

スパゲッティ01

私はイタリアンシェフに習って本格的なイタリアンパスタを作りますが、基本はほとんど同じです。ニンニクとオリーブオイルの使い方次第で美味しさが変わります。羅名さんの豪快なニンニクの使い方には圧倒されました。

是非、YouTubeをご覧ください。一番最初の写真と下のURLをクリックすると見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=aD6LCrDTix4





himajintaro at 06:37|PermalinkComments(0)