料理

2019年08月28日

花立峠、鍋越峠ツアー  宝栄牧場でイタリアンパスタ

加美町宮崎のどどんこ館を後にして国道347号を西に向かって走り、山形県境の鍋越トンネルを潜らずに、旧道の鍋越峠に向かいました。峠で左折し、尾花沢市営宝栄牧場に到着しました。

ここまでの行程は薬莱山へ 宝栄牧場へ牡鹿半島 加美町~山形編で紹介しているので割愛します。

IMG_20170805_121644

宝栄牧場の見晴らしの良いところで昼食の準備を始めました。この日は、昼になっても気温が上がらなかったので、日陰でない所で食事ができました。

IMG_20170805_122034

どどんこ館で水とパスタを入れておいた密閉容器を確認しました。十分水分を吸ってくれているようでした。

IMG_20170805_122709

準備するのは、オリーブオイル、ニンニク、トマト缶、サバ缶、生バジル、塩、ブラックペッパーです。

IMG_20170805_122734

まず、ニンニクを潰して、オリーブオイルで香りが出るまで炒めます。

IMG_20170805_122833

ニンニクの香りが十分オリーブオイルに染込んだら、一旦、コンロから鍋を外し、トマトを入れます。

IMG_20170805_123106

トマトに熱を加えます。

IMG_20170805_123153

トマトが煮えたらサバ缶のサバを汁ごと入れます。塩とブラックペッパーで味を調えます。

IMG_20170805_123328

全体に熱が通ったら、パスタの水分を捨てて、鍋に移します。

IMG_20170805_123453

生バジルを入れて、パスタに芯が無くなったら出来上がりです。バジルはオリーブオイルと一緒に瓶に入れおきます。最初にニンニクを炒めるときに、このオリーブオイルを使います。

IMG_20170805_124328

プレートにパスタを盛り付けます。付け合せにキャベツ、キュウリ、トマトを載せます。

IMG_20170805_124351

同時に味噌汁を準備しておきます。パスタには洋風のスープということでしょうが、栄養的に考えて、インスタントのスープの素より生味噌と乾燥ワカメの味噌スープを使ったところがミソです。

IMG_20170805_124540

キンキンに冷えたノンアルコールビールで乾杯して昼食開始です。

ノンアルコールビールと野菜と生味噌、生バジルは、リトルカブの前カゴに付けておいたクーラーバッグにタップリの保冷材とともに宝栄牧場まで運んできました。

また、パスタを1時間前から水で戻す方法は鍋が一つしかない時の解決策として利用しました。

最近は遅山仙人が蕎麦を食べたがるので、なかなか、自炊の昼食はしなくなりましたが、笹谷峠タンドリーチキンの旅岩根沢 沼山大沼編で紹介しています。

仙人には、外食は栄養バランスが悪いと兼ねがね言っていますが、自堕落な生活を続けているうちに体も心も怠惰になってしまいました。弁当を持参するように伝えると自宅庭のジャングルに生えているドクダミを使った炊き込みご飯を持ってくる始末です。

男やもめにウジが沸くと言いますが、全く、仙人の域です。

痔病を患った後、ジンギスカンが無性に食べたいと言い始めました。ジンギスカン鍋を持っているので、私が鍋とコンロを準備し、アルコールは山仲間S氏に準備してもらい、ラム肉と野菜は仙人に準備するように伝えました。

しかし、1か月以上経ちますが動きがありません。その間、何度か催促しましたが動こうとしません。彼は頭が良く、企画はしますが、自分からは動けないのです。これは姉妹ブログに出てくる40年来の悪友も同じです。

毎回のツーリングで自堕落な話をしながら珍道中を繰り返してきました。

宝栄牧場でゆっくり昼食を取った後は、薬莱山へ 背あぶり峠を越えて村山市へと同じルートを辿り、背あぶり峠を越えて山形に戻りました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年08月20日

ブラックバスを使った料理 ムニエル

前川ダムに釣りに行った日の昼食でブラックバスのムニエルをつくりました。

朝、一次処理して冷凍しておいたバスの切り身を2枚を常温解凍します。芯を取ったニンニクを準備します。

IMG_1142

天然塩とブラックペッパーを両面に振りかけます。

IMG_1145

メリケン粉を両面にきれいにまぶします。

IMG_1146

IMG_1147

IMG_1149

ニンニクを香りが出るまでオリーブオイルで炒めます。

IMG_1154

メリケン粉をまぶしたブラックバスを十分熱が通り、焦げ目がつくまで蒸し焼きにします。本来はバターで蒸し焼きのするのですが、味が濃くなり、美味しいことは美味しいのですが、主食との関係でオリーブオイルで軽く焼き上げました。

IMG_1155

ニンニクは途中で取り出しておきます。

IMG_1156

これでムニエルは出来上がりですが、主食となるものを作ります。今回は、ペンネッタのジェノベーゼ風を作りました。

パスタは、普通一人90~100g使いますが、今回は茹でる時間を長くするため80gにしました。

IMG_1138

IMG_1143

ペンネッタの茹で時間は標準で12分ですが、今回、時間を長く茹でるとモチモチするというので22分に設定しました。途中、付け合せ用にパプリカとズッキーニを茹で時間終了5分前に一緒に茹で上げました。

IMG_1148

ペンネッタの茹で上がりまでの間に、ジェノベーゼもどきを作ります。

IMG_1139

自宅に自生しているシソの葉、ヨモギの先端部の柔らかい部分、オリーブオイルで冷凍保存しているバジル、ニンニク、白ごま、オリーブオイル、天然塩、ブラックペッパーをミキサーで挽いておきます。

IMG_1140

IMG_1141

熱が通ったフライパンでジェノベーゼもどきを茹でたペンネッタに絡めます。

IMG_1150

IMG_1152

IMG_1153

味を調えたら、ブラックバスのムニエルと付け合せの野菜とともに皿に盛り、取っておいたニンニクをムニエルの上に乗せて完成です。

IMG_1157

香辛料に山形市内のNPO法人山形自立支援創造事業舎(みちのく屋台こんにゃく道場)が製造している青トウガラシの「やまんばぴりり」を使いました。

この料理には、このトウガラシがよく合います。

ちなみ、このNPO法人は他にも赤と黄色の唐辛子を使った製品をシリーズとして生産しています。

やまんば



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年07月02日

リトルカブをカスタマイズする人間を愚弄する不届き者

私の隣の職場にリトルカブをカスタマイズする人間を愚弄する不届き者がいます。

IMG_20190621_191426

その不届き者は、私を奇人変人扱いします。

IMG_20190621_192252

小さいけれど、世界のホンダが作った50ccのリトルカブで、山形県内はもちろん、隣県の宮城県、福島県、日帰りだけではなく、泊りがけで出かけることを脅威の目で見ています。

IMG_20190621_192651

リトルカブを乗り回すだけでなく、好きなようにカスタマイズすることも変人の一つのようです。

IMG_20190621_194003

様々なパーツを取り付けたり、エンジンに手心を加えるのは、カブ主ならではの醍醐味です。リトルカブなら簡単なメンテナンスぐらいはバイク屋に任せず、自分でするものです。

IMG_20190608_190626

しかし、カスタマイズはできないのが普通だと言い切ります。

IMG_20190608_192032

IMG_20190621_201112

さらに、遅山仙人という俗世をはかなんで暮らす引きこもり元社会科教師を連れまわすので、奇人と見ています。

IMG_20190621_205604

仙人のなりふり構わない出で立ちや、バングラデシュとインドの国歌を作ったアジア最初のノーベル賞受賞者であるタゴールのような伸び切った髪と髭はまさに奇人の風体です。そんな奇人とつるんでいるので奇人扱いです。

IMG_20190608_193527

奇人変人扱いする不届き者はどんな奴かというと...

IMG_20190608_194712

エンジンが焼き付ついたかどうかで走らなくなったスーパーカブを車屋が直したものを買って乗っているのです。

IMG_20190622_154239

家族からツーリングをすることを必要以上に心配され...

IMG_20190622_154344

スーパーカブのカブ主でありながら、通勤だけにしか使えないのです。もちろん、自分でカスタマイズやメンテナンスするなど以ての外です。私の顔を見るたび奇人変人扱いする不届き者は、本当は自由に羽を伸ばしたいのかもしれません。

IMG_20190622_155419

そんなこんなしているうちに、山形名物大福まんじゅうができあがりました。



himajintaro at 21:08|PermalinkComments(2)

2019年06月30日

奥新川駅前で懇親会しました。

奥新川コースの通行止めの場所は国土地理院2500分の1地形図でいうと下の赤〇の所のようです。

奥新川

私たちは通行止め地点を折り返して、奥新川駅まで戻ってきました。途中、桑の実が生っていました。

IMG_20190607_100812

この桑の木は栄養状態が悪いのか、木が大きいからなのか実が小さかったです。桑の実が熟すと独特の甘い香りと程よい甘味がして、とても美味しい果実になります。収穫してジュースにしたり、加熱しないでおくと実に付いている天然のアルコール酵母が発酵し始めます。

IMG_20190607_100819

奥新川駅で出迎えてくれたのは、食堂の女将さんと番犬でした。女将さんは、「どっから、採ってきたの?」と、たくさん出ていたので採ってきたワラビを見て尋ねました。そろそろ、ワラビも終わりの季節です。

ワラビは、同じ場所で何度も採ることができます。私はお盆ごろまで何度も採ったことがあります。ただ、定期的に何度も採らないと新しいワラビは出てこなくなります。普通は、一回で終わりです。何回も採ると地下茎が弱って、翌年は出てこなく可能性はあります。

ワラビの地上部が枯れている場所を見つけておくとワラビの採れる場所がわかるので、翌年、その場所に行くことができます。昨年の「四ケ村の棚田 四ケ村~次年子編」でもワラビが採れる林道を紹介しています。

いつ降り出すかわからない雨でしたが、とりあえず、遅山仙人の栄養状態を改善するために奥新川駅前で宴会を始めました。古くはなっていましたが丁度良い木製のテーブルとイスがあり、ちょっとだけ、駅前の居酒屋気分を味わいました。

IMG_20190607_151012

宴会を始めると招かざる客がやってきました。食堂の番犬です。大人しい犬でした。いつもハイキング客からお相手してもらっています的な雰囲気を出していました。残念ながら、私たちは番犬におかまいできませんでした。

IMG_20190607_110235

IMG_20190607_110435

宴会の最中、何度も普通列車が停車しては出発しましたが、誰一人降りてくる人はいませんでした。ただ、奥新川コースからハイカーが一人現れて、上り列車に乗って帰っていきました。

仙人がおもむろにどこからか紙と鉛筆を取り出し、宴会の肴を書留め始めました。なぜ、メモをしているのか尋ねると、毎日、日記を付けているのだそうです。

IMG_20190607_113812

山仲間が泡盛を持ってきてくれました。花見の時に、次回持ってくると言ってたのを思い出しました。私が持って行った茜霧島は次回ということしました。

IMG_20190607_144709

宴会の〆はフレンチプレスコーヒーにしました。一緒に行った山仲間S氏もフレンチプレスサーバーを買ったそうです。

IMG_20190607_151137

帰る時間になりましたが、結局、雨は降りませんでした。幸いにして、奥新川駅前で宴会をすることができました。雨が降ったら、無人駅の中で飲んでもいいかなと考えていました。

次回は、キリンビール仙台工場に行こうかということになりました。山仲間で私のバイクの師匠の一周忌に、彼の行きつけだった名取のサッポロビール園で飲んだクリーミートップが美味しかったとS氏が話を始めました。S氏はビールは缶で1本飲めば十分なのだけど、クリーミートップの美味しさは別格だったと言います。キリンビール仙台工場で飲む一番搾りのプレミアムも美味しいので評判が良いというので話がまとまりました。

しかし、次回は久しぶりに蔵王熊野岳の北斜面のコマクサを見に行こうという話が進んでます。


himajintaro at 07:16|PermalinkComments(0)

2019年06月26日

奥新川に行ってきました。まずは準備から

遅山仙人は、時として隠れ家から1か月以上、世の中に出ないことがあります。たまに、シャバに出てくるとフラツキ、メマイがすると言います。

常に椅子に座って暮らし、寝るときも椅子に座ったまま寝ます。このため、布団で横になって寝ることができないのです。もっとも、横になって寝るスペースが無いからなのです。

そんなことをしていると直ぐにカブに乗れなくなると何度忠告しても馬耳東風です。

運動不足、栄養不足から救い出そうといつもの山仲間とともに3人で、宮城県仙台市青葉区にある奥新川(おくにっかわ)渓谷にハイキングに出かけました。

まずは、栄養不足を補うための料理です。野菜は食べているというので、できるだけタンパク質中心の料理にしました。

一品目は定番の鶏のから揚げ。前の晩から味付けして冷蔵庫に寝かせておきました。狂った油と言われているトランス脂肪酸が入っている油は使いたくないので、揚げ油は米油を使いました。

IMG_20190607_052710

IMG_20190607_052820

IMG_20190607_053228

二品目は、仙人がいつも気に入っているサンドイッチ。卵サンドにコンビーフ・キャベツサンドです。いつもは鯖缶・キャベツサンドですが、今回は久しぶりにコンビーフを使ってみました。

IMG_20190607_055417

IMG_20190607_060024

パンはできるだけ添加物が入っていないものを使います。

IMG_20190607_060542

最後は、卵焼きです。玉ねぎ、長ネギ、ブナシメジにソーセージを入れます。

IMG_20190607_052947

IMG_20190607_053301

これも米油を使い、香りづけにゴマ油を垂らすと風味が良くなります。

IMG_20190607_060807

IMG_20190607_060906

自宅の庭に自生しているルッコラの辛みを楽しむために、たくさん摘んで持って行きました。ビールはクーラーバックと保冷材でキンキンに冷やしておきました。茜霧島もリックに仕舞いました。

IMG_20190607_063422

雨が降っても傘をさして歩くつもりだったので、仙人にも傘を持ってくるように伝えておきました。

IMG_20190607_073346

山形駅までバスで向かいました。



himajintaro at 21:03|PermalinkComments(0)