買い物

2020年08月24日

無かった弁当

2020.8.21

スーパーおーばんで弁当を買いたいという遅山仙人の達ての希望が叶えられるかどうかわかりませんが、兎に角、旧国道13号を北上しました。できるだけ、片側2車線の新しい国道13号を走らない努力をしました。

地図005

村山市林崎から国道13号に右折し、本飯田の交差点で右折して旧道に入るのですが、原付は右折レーンも含めて3車線以上の交差点では自転車と同じように二段階右折をしなければなりません。二段階右折をしてもいいのですが、それではツーリングとしてはつまらないものになります。狭くとも悪路でも、自動二輪は嫌って通らない新しいルートを見つけるのが原付ツーリングの良さです。

今回、上の図のように林崎で国道を横断し、JRの跨線橋の手前から県道の北側を巻いて農道に入りました。砂利道のこのルートは、ちょうど本飯田の交差点に繋がっていました。急がなくとも回れです。

途中に仙人ご所望のスーパーおーばんがありましたが、大方の予想通り午前10時開店でした。このことは、集合場所のJR千歳駅で仙人から言われたときにiPhoneで調べておいたのですが、仙人が9時開店だと譲らなかったので、論より証拠で旧道沿いにある支店を見せることにしたのです。

地図003

スーパーおーばんの一号店に向かいました。尾花沢市街地にあり、一号店だけに小さくて古い店舗です。尾花沢は現在の大相撲佐渡ヶ嶽部屋の親方(旧琴の若)の出身地で、スーパーおーばんの社長は地元後援会の会長です。現役時代に大相撲で勝つと花火を揚げ、安売りセールを行うことで有名なスーパーです。現在は、佐渡ヶ嶽部屋の力士が勝つとセールが始まります。

開店15分前に到着し、開店を待ちました。開店と同時に入店し、総菜コーナーに行きましたが弁当がありません。総菜は少しずつ並べられ始めましたが、弁当は製造中のようでした。

コンビニで買うように忠告していたにもかかわらず、頑としていうことを聞かない仙人は弁当が無いことにガッカリしていました。私は、ほら見たことかと、ほくそ笑んでいました。

おーばんの新しい大きな店にはあったのかもしれませんが、昼の弁当の需要から考えるともっと遅い時間に売れることは想像に難くないのです。コンビニと違って田舎のスーパーでは当たり前かなと思います。

仙人は気を取り直して、餅と漬物を買いました。この餅ですが、本人は昼に食べずに、自分が持ってきた、いつもの得体のしれない炊き込みご飯を食べていました。仙人は買うことよりも見ることに興味があるのです。なので、買い物に時間がかかるのです。結果的に餅と漬物は食べずに捨ててしまうことになります。

買い物を終え、スーパーを出て国道347号を東進しました。

IMG_0682

母袋(もたい)地区に入ると「おっぱい山(二ッ森)」が見えてきます。誰が付けた名前なのか。私は7年前に亡くなった山仲間から聞いた覚えがあります。

地図006

国道347号のルートについては度々紹介していますので割愛させていただきます。

まずは、鍋越トンネルを抜けて宮城県加美町に入り、宮崎地区から鳴子温泉をめざしました。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2020年07月25日

UFO物産館に立ち寄る

2020.7.19 UFO

UFOふれあい館表

UFOふれあい館裏

UFOふれあい館のパンフレットの裏側に書いてあるUFO物産館に立ち寄ることにしました。

UFOふれあい館の資料や説明によると、千貫森付近で磁場が狂って方位磁石が使えなくなる場所があり、地中に眠る岩石に鉄分を多く含んでいるために起こる現象であるとのこと。その石は風呂に入れて沸かすと温まり、何かの効能があると聞いていたので、もしかしたら、その石が売っているのではないかと、UFO物産館に期待をしました。

IMG_7906

IMG_7907

IMG_7909

IMG_7911

UFOネクタイやUFOTシャツなど関連グッズは売っていたのですが、肝心な磁場を狂わす石は置いていませんでした。

IMG_7912

IMG_7910

物産館には食堂もありました。地鶏ラーメンと飛び魚ラーメンが人気があり、わざわざ食べに来る人がいるという有名店のようです。今回は、この店でラーメンを食べませんでした。昨年、福島市の花見山の帰りに、休みで入れなかった伊達市の蕎麦屋があったので、リベンジで、その店に行くことにしていたのです。

IMG_7913

IMG_7915

結局、UFO関連グッズは「飯野町の宇宙人が乗っています。」330円のステッカー1枚を買っただけでした。

IMG_7914

伊達市の蕎麦屋さんまで時間があったので、物産館の裏庭で眺望を満喫してから、昼食場所へ向かいました。


himajintaro at 08:54|PermalinkComments(0)

2019年12月19日

突然ですがCMです。激辛ぬれ煎餅

障がい者の自立支援を目指すNPO法人山形自立支援創造事業舎「みちのく屋台こんにゃく道場」が、すでに発売している「やまんば」シリーズの唐辛子のうち、一番辛い「ドッカーン」を練り込んだ激辛ぬれ煎餅を発売しました。

本日の山形新聞で紹介されました。

ドッカーンぬれ煎餅記事

ぬれ煎餅ラベル

IMG_3587


IMG_3608

IMG_3588

先週、ビールのお供に食べてみましたが、最初は醤油の旨味が立ち、食べ進めると辛さが追いかけてきます。思ったほど激辛ではありません。ぬれ煎餅が激辛という面白い取り合わせです。

バングラデシュのスナック菓子チャナチュールにも似て、病みつきになります。

今回は500袋限定ということですが、好評であれば、引き続き製造が進むと思われます。新聞記事のように販売ヶ所は限定されますが、山形自立支援創造事業舎023-673-9494まで、お気軽にお問合せください。


himajintaro at 22:02|PermalinkComments(0)

2019年11月23日

そばには やっぱり からし大根

2019.11.17

車道行き止まりの林道を辛うじて走り抜け、くぐり滝を見ることができました。ここからは、舗装された道路を国道348号に向かって走りました。

IMG_3119

IMG_3120

IMG_3121

一旦、国道に出て白鷹トンネルの手前から右折して、旧国道348号に入りました。

IMG_3124

IMG_3126

IMG_3127

白鷹山表参道との分かれ道を左に入ります。途中、ボロボロになった標識が旧国道348号であることを表示しています。

IMG_3137

旧国道348号の最高標高点である小滝越に通行止めの看板があり、逆戻りすることにしました。

IMG_3129

滝野2

止む無く、白鷹トンネルをくぐり、小滝越を越えられなかった旧道との交差点まで新しい国道を下って行きました。

IMG_3138

ここからは、白鷹町滝野地区を旧道沿いに下って行きました。

IMG_3139

IMG_3140

IMG_3143

そして、新そば祭り会場になっている旧白鷹町立滝野小学校である白鷹町滝野交流館に到着しました。

IMG_3148

IMG_3196

到着予定時刻を祭り開始時刻の11時に設定していましたが、遅山仙人が寝坊してスタートが20分遅れましたが11時30分に到着したので、ほぼ、予想通りの所要時間となりました。

IMG_3149

IMG_3151

最初にそば会場に行かずに産直売り場に向かいました。妻からは地域の特産的な伝統野菜があれば買ってくるように指示されていました。

IMG_3154

IMG_3155

「そばには やっぱり からし大根」 からし大根買いました。からし大根は水分が少なく、すりおろして、冷凍保存しておきました。赤カブも買いました。

IMG_3156

IMG_3157

今年は天然きのこ、原木栽培きのこが不作です。天然のムキタケが500円で売っていました。帰って重さを測ったら1.1kgありました。からし大根で妻と食べました。

IMG_3158

自分で作ったあんこが無くなったので、小豆が300g250円と安かったの買いました。仙人は大きな大根1本100円とムキタケ1袋を買い、近所の叔母の所にお土産と称して持ってき、チャッカリ、叔母に料理してもらいました。

IMG_3197

荷物をバイクに積み込み、再度、そば会場へ戻りました。

IMG_3161

ざるそば1枚600円を2枚買いました。

IMG_3187

IMG_3164

そば券に印字されて番号を呼ばれるまで約30分廊下で待ちました。

IMG_3166

新そばの時期は、山形県内のいたる所で新そば祭りが行われます。昨年は、最上町の赤倉温泉の新そば祭りに行きました。早い祭りは10月には始まり、今回で今年の山形県内の新そば祭りのフィナーレになるようです。

IMG_3186

たくさんのそば打ち名人さん、職人さんたちがそばを打っていました。

IMG_3167

会場となったのは畳敷きにした教室で、廊下との間の窓ガラスがすりガラスになっていますが、一番上の1枚が通しガラスになっており、昔の学校の作りになっています。

IMG_3192

私は2枚食べましたが、新そばの美味しいそばでした。仙人は1枚でやめておくと1枚しか食べませんでしたが、もう一枚食べれば良かったと、いつもの後悔先きに立たずでした。

美味しいそばに満足して滝野交流館を後にし、仙人お待ちかねのコーヒータイムの場所へと向かいました。


himajintaro at 09:10|PermalinkComments(0)

2019年09月11日

初めての庄内  妻からのお使い

羽黒山から次の目的地、JR陸羽西線・狩川(かりかわ)駅前のハーブ研究所・スパールに向かいました。

狩川

IMG_2958

IMG_2959

株式会社ハーブ研究所として、オーガニックの洗剤や化粧品を製造販売している会社です。元々、狩川駅前で旅館業を営んでいられたオジさんが、体に直接使うものだからというので、健康にこだわってオーガニックの物を作られています。

現在はわかりませんが、最上川の河川敷でフランス料理で使われる食用の鳩を国の許可をもらって飼育していたはずです。

オジさんのこだわりと独特の語り口が評判を呼び、山形県内の各地で講演を依頼されてきました。

IMG_2955

我が家でも、妻が廃油と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)とハーブを使い石鹸づくりをしています。

年2回、バーゲンセールで全品半値になります。ハーブ研究所でバーゲンセールをするときは、FAXで手作り石鹸の素を注文して送ってもらっていますが、庄内に行くというので、お使いを頼まれました。

IMG_2957

お使いが終わった後は、国道47号を最上川沿いに東に走り、いつものように、大石田経由で自宅に戻りました。

IMG_2970

IMG_2973



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)