メンテナンス

2020年03月02日

今日からリトルカブ通勤始めました。

IMG-4752

全国の小中高校が臨時休校に入っいた今日、通勤による濃厚接触を避けるため、リトルカブによる通勤を開始しました。

昨日、家の中に保管していたバッテリーを充電し、冬眠中のリトルカブに取り付け、チェーンに専用オイルを注油し、ガソリンを満タンにしました。

実家のリフォームに時間がかかっている関係で、先に買っていたエーゼットのエンジンオイルは、3月中に何とか交換できればと思っています。

その他、例年なら整備点検しなければならない所はたくさんあるのですが、我が国の総理大臣のように走りながらやっていきたいと思います。



himajintaro at 19:56|PermalinkComments(0)

2020年02月26日

冬眠中にリフォーム 食洗器編

自宅の食洗器も交換しました。新築してから17年間、一度だけ水漏れで修理したきりで頑張ってくれました。スイッチを入れても動いたり動かなくなったり、途中で止まったりと回路基板を交換することで動いてくれる可能性はありますが、17年では交換部品は無いと判断して、交換することにしました。

交換機種を何にするか散々悩みましたが、結局、元から付いているパナにしました。IHヒーターの時はパナから三菱に交換しています。

IHヒーターは何度か修理しましたが、パナの若いサービスマンが修理箇所や修理方法の説明もせずに修理だけして帰り、後で高い請求をしてきました。それが繰り返されたので、最後に来た年配のサービスマンに妻が激怒しました。

そのサービスマンは謝ってくれましたが、若いサービスマンに礼儀をわきまえない人が多いと言っていたそうですが、それは社員教育がなってない会社であるというこで、それ以来、妻のパナに対する不信感は相当でした。

パナの製品が悪いというのではなく、サービスの会社が悪いのですが、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いのが妻なのです。この自由競争の社会にサービスの会社を選択できないという煩わしさから、できるだけ自分で直せるものは自分で直すということにしました。

食洗器に関してはパナかリンナイしかないので安定性を取りパナを発注しました。10年保証付きで10万円弱でした。

IMG_2529

IHヒーターやレンジフードの交換の時にわかったのですが、基本的にシステムキッチンの規格は変えないということです。今回もビルトイン型で同じメーカーなので、安心して注文しました。

IMG_2530

梱包の中には交換に必要な部品のほかに取説、工事説明書、お客様に説明する書類、洗剤なども入っていました。

IMG_2532

IMG_2533

普段、なかなか掃除できない場所もあり、外してみると結構ゴミが溜まっている場所がありました。

IMG_2534

水道の元栓は締めずに工事できました。パイプの中に水が溜まっているので要らないタオルで養生してから蛇口のナットを外しました。

IMG_2535

IMG_2536

IMG_2537

IMG_2539

IMG_2540

後日紹介する便器の取付でも同じですが、取り付け位置を確実にするため、取り付け説明書が取り付け位置のガイドになっています。取り付け場所に敷いて金具のネジ穴の位置にドリルで穴を掘っておくことができます。

IMG_2541

ネジ位置が決まれば、金具を取り付けて、本体を組み込むだけです。

IMG_2543

水回りは比較的簡単でしたが、茶色の排水口の向きが固定されていたので、取り付けに多少手間がかかったぐらいでした。

IMG_2544

IMG_2545

無事に試験運転して、取り付け完了です。

前段でパナのサービス会社の件について書きました。学校に勤めていた時期に様々なメーカーのサービス会社や工事業者の皆さんとお話しさせていただく機会がありました。対応の仕方は人それぞれではありますが、会社の体質というのはサービスマンに限らず、営業の人や経理の人たちも同じだなと感じさせられることが何度もありました。


himajintaro at 07:53|PermalinkComments(0)

2020年02月25日

今年は浮気をして

IMG_4723
 
昨年の今ごろは、リトルカブは冬眠から覚めて、点検整備とオイル交換を終了していました。

今年は暖冬の影響で、雪もろくに降らず、氷点下まで下がる日が少なかったので、普通タイヤで通勤できる位でした。

今年の点検とオイル交換は月末か来月頭にしようかと思っています。

そこで、オイルだけ注文しておきました。

今年は、今まで使っていた広島高潤から、最近、潤滑系で話題になっているエーゼットに浮気してみたくなりました。

昨年、リトルカブとラパン、N-BOXにエーゼットのオイル添加剤を入れて好調だったことに気を良くして、エーゼットに色気を感じたという次第です。

どれだけ、艶っぽい回転をしてくれるのか、今から楽しみです。

himajintaro at 06:31|PermalinkComments(0)

2020年02月07日

冬眠中に実家のリフォーム

本来なら、リトルカブが冬眠中で走ることがままならない真冬をどう過ごすかが毎年の課題でした。今年は暖冬で昨日の今シーズン初積雪までは、リトルカブでの通勤も可能でした。とはいえ、いつ降ってくるかわからない白い物に翻弄されることなく冬眠を決め込みました。

数ある資格も技術も知識も全く生かされずに人生終わってしまうのが世の常でありますが、冬眠中になんとかスキルを生かせないものかと実家のリフォームに挑戦しました。

親が住む実家も大工だった父が建ててから37年が経ちました。新しい家に移り住んでから僅かで55歳の若さで父は他界してしまいました。

その後、使い勝手の意悪さや水回りが劣化したこともあり、できる限り自分の力でリフォームすることにしたのです。

先ずは錆びだらけの物置小屋の解体です。これは、冬眠前に実施しました。最初は、ユニック付きのトラックで廃棄物処理業者に持って行ってもらおうかと考えましたが、自分で解体すれば費用は発生せず、最近の金属高騰で廃棄物処理業者からはタダで持って行ってもらいました。

IMG_2750

ここは、物置があるため道路の見通しが悪く気を付けて運転していました。

IMG_2752

本当に錆びだらけで、ネジを緩ませるスプレーを使いました。

IMG_2754

IMG_2756

解体は息子に手伝ってもらい、電動ドライバーでばんばんネジを外しました。

IMG_2757

IMG_2758

IMG_2759

IMG_2760

IMG_2761

電動ドライバーのおかげで1時間足らずで解体は終了しました。これが手作業でネジを回していたら、錆びて回らないネジもたくさんあったと思われるので、いつ終わるかわかりませんでした。

これで、スッキリしました。道路の見通しが良くなりました。ただ、小屋に入っていた物の処分をしなければなりません。

次回、家の中のリフォームについて紹介いたします。



himajintaro at 07:52|PermalinkComments(0)

2019年11月16日

若い知人からリトルカブもらいました

2019/10/23「リトルカブをもう一台」で紹介したように、しばらく乗っていないリトルカブをもらいました。

75308440_2539516782770218_7544827400861777920_n

知人が独身時代に東京で通勤用に使っていたものです。山形にUターンする時に、東京から乗ってきたそうですが、途中、警察から職質され「故郷に帰る」と言うと「気を付けてお帰り下さい」と言われたそうです。

75439309_2539516809436882_601063145313665024_n

山形に戻ってからは、渓流釣りのために使っていたそうですが、結婚し子供ができたら、責任感を感じ4WDのマイカーで釣りに出かけるようになったのだそうです。渓流釣りと言えば、時には未整備に近い林道を走ることもあり、万が一にも、がけ下に転落して自分の命が亡くなったらということを考えるようになったと言います。

73361240_2539516969436866_4965972832677789696_n

渓流釣りにマイカーで行くようになってからは全く使わなくなったのですが、最後にエンジンをかけたのが3年前だったということです。事前にリトルカブを見せてもらった時にエンジンをかけて見ましたが全く動く気配はありませんでした。

70871407_2539516972770199_8699749552774709248_n

タイヤは取り換えて間もなく使わなくなったので、まだ、髭が取れていませんでした。エンジンオイルもきれいでした。雨ざらしにしていたためか、前輪、後輪とも車軸のグリス切れのような重い感じがし、前輪のブレーキがきつく調整してあるため、摺れる音がします。

動かないことを予想して、トラックを借りことを考えていましたが、息子のエスティマで運びました。以前、息子に頼まれて、岩手県奥羽州市役所からスクータをエスティマで運んできたことがあります。税金の滞納者がスクーターを奥州市役所から差押えされて、Yahooのインターネット公売で息子が落札したので引き取りに行ったのでした。スクータが運べるならリトルカブも大丈夫だろうということで息子に頼んだのです。

これから、エンジンとキャブレターを分解し、冬の間にコツコツと磨こうと思います。また、交換したり調整したり、塗装する必要があるので、来年一年かけて、ゆっくり、オーバーホールしたいと思います。


himajintaro at 12:48|PermalinkComments(0)