道路

2020年06月07日

猿羽根山に行く

2020.5.30 山菜取り

「ふるさと味来館」でのラッキーな昼食を終え、舟形町の猿羽根山(さばねやま)に向かいました。遅山仙人には、どこに向かうのか教えずにコーヒータイムの場所に行くとだけ告げました。

国道458号を北上せずに、国道と並行して赤松川を下るルートを取りました。「ふるさと味来館」に来る途中、林道から滝の沢に入る交差点で仙人が男滝、女滝の看板を見つけていたので、男滝、女滝に行きたいと言い出しました。そして、国道458号から肘折温泉に左折する辺りに巨木があるはずだと言い出しました。

注文の多い遅山仙人です。

DSC02160

そこで、滝の沢に戻り、男滝、女滝経由で赤松川を下ることにしました。

赤松01

DSC02161

赤松川沿いに滝が見つかりました。小さくて写真には撮ってきませんでした。そして、滝の案内板が道路脇にありました。

DSC02162

ここからは、滝を望むことはできませんでした。案内板によると「水源の森」の展望台からは男滝も女滝も見えるとありましたが、展望台がどこにあるのか説明もなくわかりませんでした。こうなると、いつもの仙人の不平不満が始まるので、さっさと、この場所を引き上げました。

DSC02163

車一台走らない快適な道を赤松川沿いに走らせると田んぼが広がります。そして、赤松の集落の少し手前に仙人ご所望の巨木がありました。仙人は案内板を眺め、魅かれるものが無かったのか、直ぐにカブを走らせました。

この巨木は「岩神権現のクロベ・岩神大権現スギ」と呼ばれているようです。

赤松02

赤松地区から県道330号福寿野熊高線に入り、舟形町富田から山道を越えて、国道13号猿羽根トンネル北側入り口に抜ける予定でした。ところが、下の地図の通り通行止めで止む無く、一旦戻って舟形町の町中に入り、国道13号猿羽根トンネル北側入り口手前から左に入り猿羽根山に上って行きました。

猿羽根

猿羽根02

コーヒータイムの様子は次回ということに。


himajintaro at 08:26|PermalinkComments(0)

2020年06月03日

快適なツーリングロード

2020.5.30 山菜取り

松橋峠

山菜取りを終え、林道松橋滝の沢線を大蔵村に向かって走りました。

四ケ村

空は真っ青、明るい新緑の林道を走るのはとても気持ちが良いものです。一昨年よりも道路状態が良かったので、快適でした。さらに、この林道は交通がほとんどありません。

次年子から松橋までの山形県道36号新庄次年子村山線は狭く、見通しが悪いところも多く、通過交通があるので気をつけて走らなければなりません。

IMG_6022

松橋峠の尾根沿いは標高が500mに満たないのですが、立派なブナ林(写真下)でした。500m未満でのブナ林は初めてです。前回走った時は気が付きませんでした。

標高500m未満では、鶴岡市の高館山にあるブナの巨木が有名です。ここは標高が200m未満です。豪雪地帯ではブナは折れないように枝を真っ直ぐ上に向かって伸ばしますが、高館山のブナは雪があまり降らないので、枝が横に向かって伸びています。

白鷹山(山辺町、白鷹町、南陽市、上山市、山形市)の山形市からの登山道の途中に、高館山に似たブナの巨木があります。ここは標高が800mです。

何れにしてもブナが林を形成しているのは山形県内では800m以上が普通です。松橋峠は雪が多く、冬は寒さが厳しいのかもしれません。

IMG_6028

峠の手前に下のような看板がありました。ハマグリ沼への案内看板でした。徒歩40分とありました。

IMG_6029

帰宅してから調べたら、ハマグリの化石が出たところからハマグリ沼の名が付いたそうです。ハマグリの化石が出たということはハマグリ沼付近は大昔、海岸線だったことがわかります。

国土地理院2万5千分の1地形図には、遊歩道の表示がありませんでした。沼の近くまで林道があるようですが通行止めになっていました。

ハマグリ沼

峠を越えて大蔵村に入ると、一部砂利道が残っていましたが、路面は荒れていないので快適に走ることができました。しかし、遅山仙人はいつものように恐怖感が先に立ち、名前のように遅れて走ることになりました。

IMG_6031

快適な林道ツーリングも滝の沢で終わりました。

DSC02160

IMG_6032

やはり、今日は鳥海山の特異日です。

DSC02159

IMG_6034

滝の沢集落から肘折(ひじおり)温泉方面に向かいます。滝の沢大橋を渡り、下の写真の交差点を左折すると直ぐ、昼食の予定場所である「ふるさと味来館」に到着します。

IMG_6035

昼食の様子は次回とします。


himajintaro at 21:02|PermalinkComments(0)

2020年04月17日

桜咲く通勤路

リトルカブでの通勤の途中に山形市の名所・霞城公園(かじょうこうえん)があります。ここは、旧山形城跡地です。城としては古い城のため新しい建築の天守閣を持たない平屋の館があった城になります。

戦前は陸軍(三十二連隊)の駐屯地でしたが、戦後、山形市の公園として整備され、体育館、弓道場、プール、野球場、ソフトボール場、テニスコート、博物館、野外音楽堂、旧市立病院濟生館などの施設がありましたが、城の復元工事が始まり、施設は徐々に移築移転して解体されています。

桜の名所でもあり、ライトアップもされて毎年大勢の花見客が訪れます。昨年は山仲間と桜の下で宴会をしました。

今年は残念ながらコロナウイルスの影響で公園は花見の時期だけ封鎖されてしまいました。

通勤は、この霞城公園の二の丸・西濠の縁をリトルカブで走っています。東濠のそばはJR奥羽本線が走り、建物が有ったりで、濠の縁を走ることができません。

ウイルスに関係なく、桜は見事に咲いてくれました。例年より2週間近く早い開花でしたが、途中寒い日が続き、長く桜を見ることができました。

最初の3枚は夕方の写真です。

IMG_5123

IMG_5125

IMG_5126

そして、次の日の朝の写真3枚です。

IMG_5131

IMG_5132

IMG_5136

そして、その翌日の夕方の写真です。

IMG_5137

IMG_5141

同じような場所から撮っても、時間によって様々な表情を見せてくれます。

霞城公園は東側が正面玄関。東大手門を台湾ヒノキで復元したため、一躍、山形市の観光スポットになってしまいました。

しかし、西濠は南から北まで縁を全部道が走っているため、濠に映る桜を濠越しに見ることができます。水面に映る桜を眺めること約1km。これだけ長い距離の水辺のそばの桜は山形県内では霞城公園西濠が一番だと思います。

ここは乗用車の通り抜けができないこともあり、観光客が押し寄せることもなく、近所の人の散歩やジョギングコースになっています。そして、私の通勤路にもなっています。


himajintaro at 06:47|PermalinkComments(0)

2019年11月21日

突然、道が無くなる⁉

2019.11.17

南陽市萩からいつもの広域基幹林道置賜東部線に入らずに、もう一本東側の林道を北上すると、次の目的地である「くぐり滝」に出られると考えてみました。

事前に
国土地理院2万5千分の1地形図とGoogleアースを見て、林の陰になり道形が無いところも見受けられましたが、とにかく、抜けられるだろうと判断しました。

くぐり滝

「天空の集落?」で使ったスマホアプリ「国土マップR」も利用しながら、途中、間違って戻る所もありましたが、何とか国土地理院2万5千分の1地形図の実線の道を進みました。

IMG_3086

IMG_3090

IMG_3093

IMG_3094

IMG_3095

国土マップR」で確認しながら、間もなく、「くぐり滝」であろうと思っていた矢先、突然、車道が無くなってしまいました。

IMG_3099

IMG_3101

IMG_3097

四輪車が走れるのは、ここまででした。車止めの木杭が1本立ってあり、ここから先は人が歩ける道になっていました。

通行止め

一体、何が起きてしまったのか。私は、この先がどうなっているか歩いて確かめに行きました。木の橋を渡り、川の脇の道を進むと「くぐり滝」が見えました。滝の部分は大きな岩になっており、岩を崩して道を作ると、せっかくの景観が台無しになるので、あえて、車は通さないことがわかりました。

しかし、小さなスーパーカブなら滝のそばまでは自走できるし、岩の部分は段差があるものの、2人でゆっくり移動すれば通り抜けらえることがわかりました。

IMG_3105

一緒に確認した遅山仙人に通り抜けを提案しましたが、木橋に怖気づいて、引き返そうと言い出しました。萩からの5.5kmを後戻りするのは勿体ないので、渋る仙人を説得しました。

仙人は私がリトルカブをもう一台もらったから、今乗っているリトルカブは大事にしないのかと苦し紛れの言い訳を始めました。日ごろから掃除も手入れもせずに車もバイクも野ざらしにしている仙人に言う資格はないのですが、溺れる者は藁をもつかみます。

IMG_3106

私が仙人のスーパーカブを運転し、橋を渡って、滝のそばまで行くという条件で納得させました。そして、滝のそばまで2台のカブをあっさり持ってゆきました。

IMG_3108

仙人は長年、寝るときも椅子に座ったままの生活を続けてきましたが、普段から運動もせず歩かないので、平衡感覚の衰えを感じるのか、恐怖感だけが先立つようになってきました。家の外に出て運動しないとカブにも乗れなくなると口酸っぱく言い続けてきましたが、自ら改善する気は全くなく、カブを運転できなくなる日は突然来るかもしれません。

IMG_3109

「くぐり滝」の水は、私たちが走ってきた林道と並行して流れ、岩の大きな空洞をくぐって落下していました。

IMG_3112

IMG_3114

IMG_3113

滝の真下までバイクで行けるのですが、途中に木橋が2か所あるので仙人はビビッて行かないと言っていました。

IMG_3115

IMG_3117

駐車所やトイレもありました。季節の良い時期は、たくさんのお客さんが来るのでしょう。時期が時期だけに、キノコ採りと思われる軽ワゴン車が滝の近くに停めてあっただけで、他には全く車がありませんでした。

IMG_3118

本来なら国道348号から南下してくるのが一般的ですが、今回、国土地理院2万5千分の1地形図を頼りに南から北上すると言う、アクロバティックなツーリングになりました。

ここからは、昼食を予定している白鷹町滝野の新そば祭りの会場を目指しました。


himajintaro at 13:59|PermalinkComments(0)

2019年11月20日

気になる「亀の子クラック」

2019.11.17

上山市滝沢の「龍神桜」を後にし、元来た道を少しだけ戻り、砂利道を下って行くと「立入禁止罰金二十万円」の上山市街地に抜ける道に合流します。

IMG_3071

IMG_3074

ここから、「立入禁止罰金二十万円」のコースを逆流する形で南陽市萩まで走って行きます。

滝沢萩

IMG_3075

山形県知事が書いた広域基幹林道黒森山線の竣工記念碑「天馬行空」を右手に進み、

IMG_3077

前回、長靴の忘れ物があった場所を過ぎ、

IMG_3080

まだ立入禁止罰金二十万円の看板があるのを確認して、

IMG_3081

「上台(わだい)屋敷」に山形ナンバーの4WD車がありました。

IMG_3082

そして、気になったのが「亀の子クラック」です。

IMG_3083

「上台(わだい)屋敷」のある筋の集落から萩までの間、前回はあまり気になりませんでしたが、今回目立ったのがアスファルト舗装の表面に無数に走るヒビ割れです。亀の甲羅のような模様になるので、業界用語で「亀の子クラック」と呼ばれています。

考えられるのは大型車両が頻繁に走り回った結果のような気がします。本来、林道なので伐採した木を運び出すために大型車は走りますが、頻度は高くないはずです。このため、一般の国道のようなアスファルトの厚みは無く、道路の基礎部分である路盤材(クラッシャーラン「骨材」と呼ばれる砕石)の厚みも薄いはずです。

路盤材の厚み不足や路盤の下の地盤が柔らかい場合であれば、所々が沈んで、沈んだ所だけ
「亀の子クラック」ができることもあります。この道路はかなりの距離で全体的にヒビ割れがあるので大型車が起因してかもしれません。

この林道と対照的なのは「薬莱山へ 田代キャンプ場を経由して二ツ石ダムへ」で紹介したロックフィルダム本体の岩石を運ぶダンプカーが走った道路です。道路の表面には目立った傷が全く付いていませんでした。

このまま放置しておくとどうなるかですが、
「亀の子クラック」が無い部分と比べれば劣化が著しく進み、アスファルトがヒビ割れに沿って剥がれてガタガタになってきます。谷あいの道なので落ち着いているようですが、尾根や盛土であれば、道路本体が崩壊する可能性が高くなります。

IMG_3084

「亀の子クラック」を気にしながら走ると南陽市萩の集落が見えてきました。

IMG_3085




himajintaro at 19:11|PermalinkComments(0)