お食事処

2021年02月23日

羅名さんがYouTubeでトマトスパゲッティの作り方を紹介


前回、東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅の焼肉牛将のマスターで下町のベンガル人橋本 羅名(ラナ)さんが日本の国民食であるカレーライスの作り方をバングラデシュの国民向けに紹介しました。

スパゲッティ02

第二弾として、トマトスパゲッティの作り方を紹介しています。

スパゲッティ03

バングラデシュの国民向けのためにベンガル語での紹介ですが、内容は分かりやすいものになっています。

スパゲッティ04

私は20年以上前からバングラデシュに行っているのですが、日本で麺と言われるような麺をバングラデシュで見たことがありません。

中華料理店もたくさんあるのですが、ほとんどはビーフンです。もちろん、日本のラーメンなど見たことがありません。最近はタイで売られている辛いインスタントラーメンを見かけるようになりました。

スパゲッティ05

スパゲッティ06

スパゲッティ07

何年か前に料理人である息子とバングラデシュに行ったとき、ホームスティ先の貧しい子供たちのための学校アロアシャ学園の食堂で二男がイタリアンパスタを作ってくれました。

パスタとオリーブオイルと包丁は息子が日本から持って行きました。たくさんの学校関係者に振舞いましたが、本格的なイタリアンパスタに驚きました。

スパゲッティ08

スパゲッティ09

羅名さんの作り方の特徴はトマトの他にキャベツを使うこと。そして、パスタを茹でるときに湯の中に塩とオリーブオイルを入れること。さらに、最後にエクストラバージンオリーブオイルをかけて、オリーブオイルの風味を付けることです。

スパゲッティ10

スパゲッティ01

私はイタリアンシェフに習って本格的なイタリアンパスタを作りますが、基本はほとんど同じです。ニンニクとオリーブオイルの使い方次第で美味しさが変わります。羅名さんの豪快なニンニクの使い方には圧倒されました。

是非、YouTubeをご覧ください。一番最初の写真と下のURLをクリックすると見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=aD6LCrDTix4





himajintaro at 06:37|PermalinkComments(0)

2021年02月11日

羅名さんがYouTubeでカレーライスの作り方を紹介


Ranaさんカレー

東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅の焼肉牛将のマスターで下町のベンガル人橋本 羅名(ラナ)さんが日本の国民食であるカレーライスの作り方をバングラデシュの国民向けに紹介しています。

スーパーマーケットで材料となる鶏肉やタマネギ、ジャガイモ、ニンジンについて、商品のパッケージから、一つ一つ説明しています。また、刺身やワサビの紹介もあります。

そして、国民食としての不動の地位を築いたカレールーについても、多彩な種類があることを紹介しています。

買い物から帰ると、早速、牛将の厨房で調理を行います。ここでも、材料と調理方法について説明しています。カレールーの正体は固形のカレーペーストであり、作る量に応じて、ルーを小分けにできるように容器の形状が形作られていることを紹介しています。

普通に食べているカレーライスですが、手際よく、大きな鍋で鶏肉から炒めて油を出して野菜も一緒に炒めてから煮て、カレールーを入れると出来上がります。さすがに料理のプロに手にかかると美味しく見えます。

羅名さんはシンプルでヘルシーで美味しいと日本のカレーライスを褒めてくれています。

ぜひご覧ください。ベンガル語での紹介ですが、日本人ならば十分にわかる内容です。

上の写真か下のURLをクリックすると紹介ビデオにリンクします。

https://www.youtube.com/watch?v=C14uIB7yiGQ&feature=share&fbclid=IwAR24BiaoAbQWMTverJF5_zg-Z77CKKk9LcG5h6T7-I-iycZrGJhJTBzOsQA








himajintaro at 21:15|PermalinkComments(0)

2021年01月18日

ささやかなコロナへの支援

東京のコロナ感染者数が2,000人を超える状況の中、時間短縮や営業の休止などの自粛を迫られている飲食店は経営状態がひっ迫しています。

私の友人で、このブログに何度か登場している東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅前の焼肉牛将の橋本羅名(はしもと らな)さんから、お任せで年末に合わせて店の商品を送ってもらいました。

IMG_5704

送ってもらった肉を元日の夕食として、牛将の焼肉を炭火で焼いて家族で食べました。

IMG_5709

羅名さんのチョイスは、牛カルビ、ゲタカルビ(中落ちカルビ)、牛タン、牛ステーキ、ホルモン詰め合わせ、キムチとカクテキでした。それに、以前、羅名さんから送ってもらい冷凍保存していたタンドリーチキンも一緒に焼きました。

IMG_5707

キムチやカクテキは羅名さんが自分で仕込みます。2年前のバングラ渡航の時に牛将に立ちより、仕込みを見せてもらいました。その時の様子はバングラデシュ珍道中記の羅名さんの仕込みを見せてもらいました。で紹介しています。

IMG_5706

味のベースに野菜や果物が入っているため甘みが増し、我が家の女性たちに好評です。

IMG_5710

IMG_5711

ホルモンの詰め合わせの中には、ミノやシマチョウ、レバーの他にタンの薄いようなものが入っていて、市販のものよりしっかりした噛み応えがありました。

IMG_5714

IMG_5713

羅名さん御自慢のタンドリーチキンはフライパンで焼くと油がたくさん出て、味が締まらないのですが、炭火で焼くと香辛料の香りが引き立ち、しっかりした味になります。

バングラデシュ生まれの羅名さんならではの香辛料の使い方は普通の焼肉店では味わえないものがあります。

IMG_5715

ステーキも家族に好評でした。私は、元日に食べなかったので、2日に食べました。

IMG_5716

炊いたご飯がほとんど無くなり、少しだけ余ったご飯を定番の焼きおにぎりにしました。

IMG_5717

私は炊事軍曹でとても忙しかったですが、家族9人で食べきれない量でした。

緊急事態宣言が出てしまいましたが、東京で焼肉店を営む羅名さんへわずかばかりの支援をしました。

羅名さんの店には私と長男と二男が行ったことがあります。コロナウイルスが終息した暁には、家族みんなで羅名さんの店に食べに行こうと言っています。

逸早いコロナの終息を願います。

羅名さん、ご馳走様でした。


himajintaro at 21:42|PermalinkComments(0)

2020年10月29日

日本一の栗の木へ

2020.10.9

西川町大井沢の山の中にある日本一の栗の木へ行ってきました。本当は、ツーリングで遅山仙人と行く約束をしていたのですが、仙人は音信不通となり、マイカーで愛妻と行ってきました。

日本一の栗の木はGoogleマップで大井沢周辺を見ていた時に偶然見つけたものです。

大井沢は映画「いしゃ先生」のモデル、女医の志田周子(しだちかこ)が生涯を地域医療に捧げた雪深い無医村でした。

NZFD6658

上の写真は昭和50年に発行された「周子の生涯 鈴木久夫著」の章の扉です。癌の治療ため東北大学病院に入院中の写真です。中央が周子先生、左手前は私の大学の同期で、長男が戦死して、先生の実家を継いだ弟の長男(甥)です。

同じ研究室の同級生が大井沢出身であったことから、学生時代に同級生の父上(周子先生の弟)の案内で朝日連峰を縦走したり、同級生の家に泊まったりしていました。

そんな縁もあり、毎年のように大井沢に遊びに行っていました。

日本一の栗の木には林道を走っていくのですが、間違って行き過ぎてしまいました。こういう時に、気が付いて引き返すのは地味に痛いです。これが、二輪ならば、360度視界とはいかないまでも、雰囲気で目的地がわかるものです。

引き返した戻り路でキノコを発見しました。

IMG_3277

上の写真の白いキノコはスギヒラタケです。何年か前までは普通に美味しく食べていたのですが、中毒症状を起こす人が現れて、一気に毒キノコに指定されてしまいました。

IMG_3279

次はヌメリイグチ。ナメコのようにツルツルしてますが、傘の裏がスポンジ状になり、消化が悪いとされています。カラマツ林などに大量に発生します。

IMG_3281

キノコを採った後、栗の木の入り口の駐車場を見つけました。目立たない案内板があり、見落としていました。

IMG_3299

栗の木は案内板にもあるように炭を焼く原料にされていましたが、硬くて簡単に腐らないことから線路の枕木や住宅建築の柱を立てる土台に使われてきました。

私の父は大工職人でしたが、職人気質で土台は腐りにくい栗しか使いませんでした。

IMG_3285

IMG_3297

とにかく、大きな木です。木道が敷かれ、踏み付けで根を傷めないようにしてありました。

IMG_3296

IMG_3295

イガがたくさん落ちていて、早速、栗拾いとなりました。

IMG_3288

イガの中に大きな粒が一つ入っているのが特徴です。

IMG_3290

栗がたくさん拾えるとは予想がつきませんでした。キノコも栗も、例年より2週間から3週間は時期が遅れています。

昼食は、西川町の名物、山菜そばを渓声庵でいただきました。

IMG_3317

駐車場には県外ナンバーのお客さんがたくさん入っていました。

IMG_3301

IMG_3302

山ブドウのジュースと山ブドウで染めた大根漬け、山形名物青菜(せいさい)漬けがお通しで出ました。これだけでも、県外の人はテンションが上がると言います。

メニューは山菜そばだけです。

IMG_3303

西川町の山菜そばは、春は山菜、秋はキノコの煮汁を付けて味わいます。今年は、前述のようにキノコが遅れているので、一部栽培物のキノコが入っていました。例年なら、すべて天然物になります。天然のキノコから出た味と香りが出汁になり、とても美味しい付け汁になります、

IMG_3304

秋の味覚で満足して、秋の味覚を自宅に持って帰りました。

IMG_3323

夕食は、妻の友人からもらったマイタケの炊き込みご飯、秘密のケンミンショーで度々紹介された山形のソウルフード芋煮(出典:農水省)、それに大井沢で取ってきたヌメリイグチです。

ヌメリイグチはゴミを取って十分水洗いし、大根おろしでいただきました。キノコの天然物は味も香りも強く、秋の味覚の代表的な物です。

IMG_3324

粒の大きい大井沢の日本一の栗の木の実は、栗の頭と尻にキッチンバサミで傷を入れて圧力鍋で蒸すと皮が剝きやすくなり、妻が栗ご飯と渋皮煮にしてくれました。

日本一大きい栗の木を見て、キノコ取りと栗拾いができてラッキーな一日でした。


himajintaro at 16:52|PermalinkComments(0)

2020年10月21日

忘年会、ご予約承り中です。

東京葛飾京成本線堀切菖蒲園駅前の焼肉牛将の店主で友人である橋本羅名さんからのCMです。

safe_image

忘年会、ご予約承り中です。
焼肉牛将もGO TO EATに参加しています。
HOTPEPPERの牛将予約サイトから、お申込みいただくと、
お得なキャンペーンポイントが付きますので
ぜひ、ご利用ください!
もちろん普通の宴会もOKデス。

ネットからご予約が可能です。下の画像をクリックしてください。

ホットペッパー


himajintaro at 21:52|PermalinkComments(0)