お食事処

2020年02月02日

二次会でも袋叩き

前回、ショッピングセンター吉田での新年会・焼肉パーティーを紹介しました。今回は、その続編です。

一次会が午後一時に終わり、午後から仕事の悪友と別れ、時間もあるので山仲間S氏の知人がやっていると言う近くのお店に向かいました。

山形市春日町にある「味工房すず」という和食屋さんです。ここは、以前は「花車」という名前でした。私も何度か来たことがありました。花車の女将から店を引き継ぐことを頼まれ、素人だった現在の女将が切り盛りしているとのことでした。美味しいオーガニックのコーヒーも出してくれる店でした。

IMG_4460

赤を基調とした店内に吊るし雛が飾ってあるカウンターで遅山仙人を挟んで後半戦が始まりました。

前半のスーパーマーケットの焼肉コーナーから比べると落ち着いた雰囲気に安心したのか、仙人が愚痴をこぼし始めました。

仙人には朝9時23分発の列車に乗るように、日を空けて何度も伝えたのですが、仙人から当日の8時30分ごろ連絡が入りました。

仙人「8時43分だっけが?」
私 「??? 9時23分だと何度も言ったよね!」

頭のいい仙人の頭のメモ帳が破れ始めたようで、仙人は8時から駅に待っていたとのこと。仕方なく、駅の近所に住む叔母の家でどら焼きを食べお茶を飲んで暇つぶしをしたと言うのです。

その時に叔母の家で見た、叔母の人工透析治療費の明細に400万円と書いてあったことを見て愚痴ったことで後半戦の火蓋が切って落とされたのです。

IMG_4459

通常、人工透析は国で全額費用を負担しくれるので個人の負担がありません。しかし、仙人は全額自己負担になるのです。仙人の暮らしをしているので日本の社会保障、社会福祉制度に馴染みません。

ここから、S氏と私から散々攻められます。以前から日本の制度に馴染むように口を酸っぱく言ってきたのですが、前半戦で紹介したように能動的には動きません。口ではわかったと言いますが、動きません。

話題は次に移り、自分の母親が末期に病院から受けた羞恥が忘れられなく、ことある度に愚痴をこぼします。

病院に入院していた仙人の母親は、自立での食事ができなくなり、面会に来た仙人が食べさせると食べていたと言います。お盆休みが近くなったころ、病院は流動食に切り替えました。このことに仙人は腹を立てていました。

お盆で正職員の看護師が休みに入るために、パートや臨時の看護師に任せて手を抜いた、そこから母親の様態が急変したと一方的に決めつけていました。

私は、仙人が三食とも自分で食べさせるのなら病院側は流動食にはしなかっただろうと言いました。なぜ、三食とも仙人が食べさせなかったのか質問しましたが、返事を返せませんでした。

また、母親が亡くなったという知らせを受けて病院に駆けつけた時、酸素マスクや心電図は外されていたと言うのです。親族が駆け付けるまで医療機器は外すべきでないというのが彼の持論です。さらに、心臓マッサージは親族が到着するまで止めるべきではないというのです。

私もS氏も身内の死には何度も立ち合い、経験しています。彼の言い分はわからないでもありません。

私は、父が、くも膜下出血で倒れた時、母と妹夫婦と私とで三交代で24時間付き添いをしました。その経験上から、仙人に24時間付き添いを何故しなかったのか問いただしました。

彼は食事と同じようにまともに答えられませんでした。仙人は母親が可哀想だったと言いながら、仕事で家や病院から離れなければならなかったことを病院や身内のせいにしています。

こんなことばかりを言うので、後半戦は前半戦よりも激しい袋叩きに遭いました。

IMG_4462

実は、後半戦は二次会でも終わらず、仙人が乗る列車の到着までの間も駅でコーヒーを飲みながら、仙人の袋叩きは続きました。

私たちからボコボコにされて、本人はさぞかし疲労困憊、傷心の身で帰っただろうと思うのは間違いです。周りの人たちが思うほど、心に留まらないのです。

数十年来の友人であり、まっとうな暮らしに戻って欲しいと心底願っているのですが、母親の死以降、自堕落な生活から、なかなか抜け出せないでいるのです。

S氏は今後も攻撃の手は緩めないと言っています。私も戦法を変えようと思っています。

他にも仙人には話題がたくさんあります。機会を見て、ゆっくりとご紹介します。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2020年02月01日

ジンギスカンが食べたいと言ってたくせに...

遅山仙人がジンギスカンを食べたいと言っていたので、リクエストにお応えして、山仲間4人で、遅い新年会を兼ねて焼肉パーティーをしました。

場所は、山形市城南町にあるショッピングセンター吉田です。ここは、肉屋さんがスーパーマーケットを経営しており、昨年、店の一角をバーベキューガーデンと言う焼肉ができるコーナーに改装しました。

IMG_4434

IMG_4436

肉が焼けるテーブルが4台あり、2人までの利用では一人一時間350円で、3人以上は1台あたり1,000円の使用料がかかります。

IMG_4435

バーベキューガーデンでは、シンクや包丁が準備してあり、店で買ったものを切ったり洗ったりできます。また、食器類やトングなど焼肉ができる一通りの物がそろっています。

IMG_4432

IMG_4433

初めてのバーベキューガーデンの利用でしたが、一週間前の夕方、職場の人が4人で利用した反省を踏まえて、参加した山仲間4人が各自好きなものを好きなだけ店内で買って、自分の責任で焼いて食べる方法にしました。

職場の人は、この方法を取りたかったそうですが、他の人から同じ肉で良いと言われ、3種類の肉を買い、結果的に自分だけが焼く羽目になり、忙しくて酒も十分飲めなかったそうです。

IMG_4437

IMG_4443

IMG_4444

上の写真、一番手前にあるのが生ラムです。肝心の仙人はラムを買いませんでした。あれだけ、ジンギスカンが食べたいと言っておきながら、蓋をあけてみれば、買ったのは冷凍の焼鳥とコブクロとホルモンでした。

これについては、みんなから非難されて袋叩きにされました。コブクロを買って袋叩きとは当人も思ってみなかったでしょう。

この時、トラブルが発生しました。仙人のコブクロが網をくぐって下に落ちてしました。店員の女性が気をきかせて、網を二重にしてくれました。さらに、2時間のスタートは火をつけ始めたところからで良いと言ってくれたので、最初の食材の仕込みは時間にカウントされず、2時間たっぷり焼肉に専念させてもらいました。

IMG_4446

各自好きなものを買う方法は成功しました。結果的に、みんなバラバラの物を買ったので、バラエティに富んだ焼肉になりました。

IMG_4448

IMG_4449

IMG_4450

ここは、調味料が使い放題で塩コショウはもちろん、ソースのほかに、店オリジナルのタレがとても美味しいのです。

IMG_4452

生の焼鳥があったのに、仙人は安いので冷凍を買ったと言いました。冷凍なので時間がかかります。冷凍であることを後悔していましたが、当たり前のことが仙人には理解できません。

以前、ジンギスカンが食べたいと言ったので、専用の鍋とコンロは私が準備するから、生ラムと野菜を買うように言いましたが、仙人はいつまでも腰を揚げませんでした。頭が良くて口からは出ます。ですが、手が出ないのです。

決して自分からは能動的には動かないのです。動けないのです。仙人は他の人からしてもらわないとできないのです。

今回参加した、バングラデシュを共にする悪友も同じタイプです。なので、今年の山行を企画してくれと頼みました。多分、誘いは無いかもしれません。今までは、私が企画したものしか参加できませんでした。

仙人と悪友の話題を酒の肴にして、話が弾み、酒も進み、箸も進みました。

IMG_4454

IMG_4455

IMG_4456

最後は、仙人が買った長ネギを焼いて2時間の楽しい新年会は終わりました。

IMG_4458

立つ鳥跡を濁さずです。ゴミは全部分別して捨てます。使った食器は洗わず、返却用のトレーに置くだけで良いとのことです。

IMG_4457

ショッピングセンター吉田のサービスは大変良いものでした。設備だけでなく、店員の方の心遣いが私たちには有難かったです。2時間で一人500円の使用料は安いです。

土日は事前予約できず、平日は予約が取れるので、平日の正午を挟んだ2時間で充分楽しませていただきました。

仙人は災難だったかもしれません。実は、この災難がこの後も続きます。

悪友は、午後から仕事があると言うので飲酒せずに、ここで別れました。

残りの3人は、S氏の知り合いが経営している「すず」という店で二次会をしました。この話は次回ということにします。


himajintaro at 08:10|PermalinkComments(0)

2019年12月25日

いつもより、長~く乗ってます。

IMG_3733

今年は、リトルカブを昨日まで通勤に使っていました。今までの最遅記録です。

代休消化のため、一足早く、今日から年末の休みに入りました。そこで、リトルカブの仕事納めとしました。イグニッションタイプのリトルカブはバッテリーを外し、知人にもらったキャブレタータイプのリトルカブは後日、エンジンとキャブレターを外してメンテナンスすることとして、きれいに掃除して冬支度しました。

IMG_3741

IMG_3742

去年の今ごろは、友人でベンガル人の橋本羅名さんが経営する、東京葛飾堀・京成本線切菖蒲園駅前の焼肉牛将で美味しい焼肉を食べ、京成青砥駅で20時20分発の京浜急行・羽田空港行きの特急に乗り、羽田空港に着いていました。

DSC00207

DSC00206

DSC00237

牛将には午後3時の開店前からお邪魔し、将棋の駒で有名な天童市の縁起物・左馬の置物を新装オープンのお祝品として持参しました。

DSC00254

DSC00261

羅名さん、ご自慢のカクテキやタンドリーチキンの仕込みなどを拝見しました。

DSC00269

何といっても羅名さんの拘りは、国産牛をできるだけリズーナブルに提供することです。

DSC00275

DSC00278

DSC00283

DSC00285

ちょうど、マスコミの取材が入りました。開店すると、私の知り合いが何人かと来店し、早速、オーダーしてワインを飲み始めました。

DSC00281

最初は、私一人で食べていましたが、後から羅名さんの子供たちと一緒のテーブルで楽しく夕食が始まりました。

締めに世界三大炊き込みご飯の一つビリヤニをいただき、満腹のお腹を抱え、羅名さんと奥様に礼を言い、子供さんたちに挨拶をして羽田空港に向かいました。

空港で悪友と落合い、チェックインを済ませ、17回目となるバングラデシュの首都ダッカへ、26日の未明午前0時20分発バンコク行きタイ航空便に搭乗しました。

DSC00296

IMG_20181225_215317

IMG_20181225_220423

DSC00302

IMG_20181225_221636

途中、バンコク空港を経由し、同じタイ航空でダッカ空港に向かい、さらに午後3時30分発の国内線に乗り換え、現地時間の午後4時10分(日本時間で午後7時10分)に目的地であるラッシャヒ市の空港に到着しました。

DSC00347

羽田空港から延べ18時間50分の行程です。これでも早くなった方で、以前はダッカ空港から列車を利用すると24時間以上かかっていました。羽田から深夜便でなかったときは、約2日かかったこともあります。リトルカブは例年より長く乗りましたが、バングラデシュへは短く乗れるようになりました。

昨年は、元日をバングラデシュの仲間たちと日本式焼鳥と日本酒で迎えましたが、今年は、こたつに入りながら、もらったリトルカブのエンジンとキャブレターを磨き、ゆっくり新年を迎えたいと思います。




himajintaro at 22:28|PermalinkComments(0)

2019年12月14日

喜多方ラーメン実話

IMG_2622

私たちが2019.10.31に喜多方に向かい朝ラーメンを食べた2週間後、福祉施設に勤める息子が職場の旅行で会津を訪れて、喜多方でラーメンを食べた話です。

事前に、喜多方市役所に大人数が一緒に食べられる店を紹介してもらい、良心的だという店にメニューと数を予約をしました。

当日、店に入るとを予約していたはずなのに、メニューと数を聞かれたそうです。すると、2~3分後に予約していたラーメンが出てきました。

しかし、スープはぬるく、麺は伸びていたそうです。つまり、作り置きしておくという、ラーメン店では絶対にありえない禁じ手を使ったのです。

参加者の大多数は自立を目指す障がい者です。参加者一人一人がバラバラの店に行くことはできなかったのです。みんなガッカリしてきたそうです。

私が喜多方で最初にラーメンを食べたのは、山の帰りに山仲間でバイクの師匠から連れて行ってもらったのが30年以上前です。このころは喜多方のラーメンは殆ど他県からは無名でした。今のように店の駐車場は無く、生協の駐車場に車を置いて食べに行った記憶があります。

その後、喜多方のラーメンが有名になり、昼時は観光バスで来る観光客で賑わうようになりました。

喜多方の良いところは、ラーメン店が比較的小さなエリアに点在しているところです。車やバスを置いて歩いて行ける範囲でラーメン店があります。もしも、店の前に多くの人が並んでいたら違う店に簡単に行けるのです。麺だけに面ではありませんが、観光地が面的になっているという最大の強みです。

山形のようにラーメン店や蕎麦店の一軒一軒が遠く離れていれば、マイカーでは移動できても観光バスのお客さんを受け入れることはできません。

朝ラーメンはしょっぱかったでも書きましたが、最近の喜多方は味が落ちたという声を聞くようになりました。

朝からラーメンが食べられるとは30年前には考えられませんでした。狭い面積に店がひしめき合うだけに、喜多方は競争が激しいのかもしれません。喜多方のラーメン店が24時間営業のコンビニ化することはないでしょうが、客の入りに関係なく、営業時間が長くなれば、それだけ人件費というコストがかかります。

コストダウンの結果が味の劣化に繋がるのでは、客離れを起こしても仕方がありません。店を新しくしたら味が落ちて、客が行かなくなったなんて、よく聞く話です。首が閉まるのはラーメン店自身です。

土産物店の「会津喜多方ラーメン館本館」で振舞う無料のラーメンの方が美味しいではシャレになりません。

最近、秘密のケンミンショーで青森や山形がラーメンの年間消費量が全国一位であることを紹介してくれるようになりました。

喜多方のように観光バスで食べに来てもらうことは叶いませんが、ラーメン好きがフェイスブックで公開グループ「らーめん県ヤマガタ!」を立ち上げ情報交換をしています。ツーリングを楽しむ者として、こういう情報は大切です。

麺好きの遅山仙人でさえも、喜多方には行かなくともよいと言い出し始めました。喜多方がコースに入らないことは残念なことです。これから、コースを会津方面に拡大しようと思っていた矢先のことです。

是非、ラーメンのまち・喜多方が味やもてなしを劣化させることなく、ラーメン好き山形県民をも魅了するラーメンの聖地として活躍してほしいものです。



himajintaro at 07:45|PermalinkComments(2)

2019年11月27日

「堀切”麺”グランプリ」のCM第二弾

ベンガル人の友人、橋本羅名さんの焼肉牛将も参加されている「堀切”麺”グランプリ」のCM第二弾です。

インスタグラムで【堀切麵グランプリ牛将】を入れて投稿してください。
投稿していただいた方全員に
〈お好きなグラスドリンク1杯or
タンドリーチキン1皿(1テーブル1皿)〉を
無料進呈!


70701909_2256861704603882_6651452449284423680_o

77178714_2623359117747702_1505551135790858240_o

76259412_2609423159141298_8796748017605541888_o

75439403_2256861714603881_1489342049474838528_o


himajintaro at 16:55|PermalinkComments(0)