お食事処

2021年04月17日

仙人の渋い秘密兵器登場

2021.4.10

2021.4.3のお花見の穴場発見!で見つけたJR左沢線柴橋駅の桜が見ごろだろうと思い、一週間後の4月10日に遅山仙人を誘って、柴橋駅に向かいました。

残念ながら、一週間たっても桜はほとんど咲いていませんでした。

IMG_0015

ただ、駅のホームから見る朝日連峰はとてもきれいなものでした。そこで、仙人の提案と先導で、さらに景色の良い左沢館山城跡(楯山公園、別名日本一公園)でコーヒータイムにすることにしました。

ところが左沢駅付近で仙人は公園の場所が分からなくなり、代わりに私が先頭を走ることになりました。

IMG_7976_1

この公園は山城の跡で、大江町が良く見渡せます。眼下に、左沢線の2両編成のワンマンカーが走ってきました。実は、柴橋駅で10時1分着の下りの列車を待って写真を撮るつもりでしたが、桜がほとんど咲いていないので諦めました。ちょうど、その下り列車が終点、左沢駅に向かっているところでした。

IMG_7975_1

一眼レフの望遠レンズで朝日連峰を引っ張ってみました。天気はパッとしませんでしたが、比較的きれいに撮れました。

IMG_7977_1

ここで、仙人の秘密兵器が登場しました。

IMG_0016

いつ洗ったのか、わからない程、コーヒーの渋の付いた直火式エスプレッソコーヒーメーカーです。

IMG_0017

IMG_0019

IMG_0026

直火式エスプレッソコーヒーメーカーは本体の熱が冷めないと、コーヒー豆を入れるバケットが取り出せません。このため、屋外では水場の無い所では本体を冷やすことができません。手持ちの水で冷やすことなります。

運良く公園の水道で冷やすことができ、二杯目を出すために火にかけましたが、運悪くガスボンベが空になり、あえなく、終了となってしまいました。

IMG_0027

少ないコーヒーを飲みながら、日本一公園から景色を堪能しました。

仙人から昼食場所のリクエストが入りました。場所は、西川町の入間(いりま)にある蕎麦屋さんです。私はすぐに清右衛門だろうと答えると仙人は「何で3秒で答えられるのか?」とびっくりしました。

庄内方面に向かう時は、必ず、入間を走るので、この店を以前からマークしていました。

開店の11時30分に間に合いそうなので、早速、清右衛門に向かいました。

IMG_0028

予想通り、11時20分には到着し、ポールポジションを取りました。人気店のようなので、コロナ対策も考え、開店と同時に入ることにしました。

IMG_0029

開店を待つ間、あることに気が付きました。門柱に「入間」とありました。ここは、西川町入間です。

IMG_0040

そして、道を挟んだ向かい側の田んぼの奥の山の中に「入間神社」があるのです。

IMG_0041

蕎麦店の敷地は低い石垣で囲まれていました。私が推測するには、この店は入間の旧家で庄屋・名主だったかもしれません。地名に自分の姓が付き、さらに自分の敷地から自分の姓が付く神社の参道が伸びているというのはただ者ではありません。

歴史研究家の仙人でも気が付かなかったようです。机上の歴史は、えらく詳しいのですが、現場は、からっきし弱いのです。

IMG_0030

家は旧家と思われるような建物ではありませんでした。一般の住宅で蕎麦屋を営んでいるようでした。

11時30分の開店とともに暖簾が下がり、入店しました。私たちの後に、家族が一組入りました。

何か月か前に仙人は、この店に来たそうです。しかし、店は臨時休業だったようです。このため、仙人のリベンジとなりました。店主によると入院して店を休んだことがあったそうです。

IMG_0032

私は寒晒し(かんざらし)そば大皿盛りと天婦羅を頼みました。もちろん、仙人も同じ寒晒しそば大皿盛りを頼みました。

IMG_0031

寒晒しそばを考案したのは、今は高齢により廃業された山形市土坂で大山桜という蕎麦屋さんを営んでいた男性です。この男性とは古くからの知り合いでした。

蕎麦の実を冬の流冷水に漬け、さらに冷たい空気に晒したものを挽いて打った蕎麦を寒晒しそばと言っています。

考案した男性は蕎麦組合の人たちと毎年、自分の敷地で蕎麦の実を寒さに晒していました。しかし、男性は蕎麦組合に加入していなかったので、「寒そば」という名で店で出していました。

寒晒しそばは、あっさりと上品な風味です。私は風味の強い田舎蕎麦系が好みです。考案者の男性も田舎蕎麦系の方が美味しいと言っていました。好みは分かれるところです。

IMG_0033

この店の寒晒しそばは、白くてモチモチとした食感がありました。大石田町藁口にある「わらくちそば」の麺を細くしたような感じです。「わらくちそば」は2018.11.19 新そばまつり  気になるそば屋さんで紹介しています。

IMG_0036

IMG_0037

財布を持たない仙人は、素行を見かねた近くに住む叔母から財布とバッグを預けられて持つようになりましたが、相変わらず、ズボンのポケットなどに小銭や札を忍ばせていました。

清右衛門から来た道と同じ寒河江川右岸を走り、途中から、スーパー農道に入りました。仙人が昔釣りに行った池に行きたいと言うので、仙人の記憶をたどり、スーパー農道沿いの池に行ってみました。

IMG_0042

行ってみた池は藤田溜池という農業用のため池でしたが、仙人の記憶の池ではありませんでした。ブラックバスを釣るバスラーが一人、ロッドを振っていましたが全く当たりがありませんでした。

IMG_0044

仙人はこの池が藤田溜池であることと、自分が行ったことのある池は、もっと南にあることをスマホのGoogleマップで確認しました。

変な所を押して若い姉ちゃんの写真が出てくると、何だかんだ言っていた仙人ですが、しっかりとGoogleマップが使えるようになっていました。仙人も進化しました。

ここから、スーパー農道で中山町へ出ました。

IMG_0045

途中、上の写真から少し上った所で、土砂崩れや大雪によるたくさんの倒木があり、一部、片側通行になっていました。そして、写真のように通行止めの看板が立っていましたが、私たちが通ってきた所には通行止めの看板は立っていませんでした。

今年は大雪により、通行止めの山道が多いかもしれません。山形市内の緊急事態宣言が解除ならない内は県境越えは控えようと思っています。




himajintaro at 11:17|PermalinkComments(0)

2021年04月05日

梅の花と老いたうるさいウグイス2匹

2020.4.2
地図003

金山町の国道13号を横切り、真室川町へ向かいました。ちょっと、時間は早かったのですが、昼食のために真室川温泉のそばにある蕎麦屋さんに向かいました。この近くにはトロッコ列車で有名な森林トロッコ駅があります。

IMG_9830

駐車場を挟んで、真室川温泉(写真上)の対面に「そば屋重次郎」(写真下)という蕎麦屋さんがありました。いつもは、真室川に来ると鮭川村の天ぷらの種類の多さで有名な「ふくろう」に行くのですが、今回は金山町に近い蕎麦屋さんに入ってみました。

IMG_9829

IMG_9832

まだ開店したばかりの11時過ぎだったので、お客さんも少なく、ソーシャルディスタンスは十分でしたが、仙人が教員時代の癖が抜けきらず、大声でしゃべりだすので、いつも、静止するように制止します。

IMG_9833

IMG_9836

ゲソ天板そばの大盛1,200円をオーダーしました。もちろん、仙人も同じ物です。イカゲソの天ぷらは、山形県の内陸地方ではラーメンや蕎麦の付け合わせが普通です。これが海沿いの庄内地方に行くと麺の付け合わせで出す店が少なくなります。魚の捕れない内陸部ならではの食文化のようです。

この店の蕎麦はコシと香りが強く、私好みでした。

IMG_9837

IMG_9843

美味しい蕎麦をいただいて、コーヒータイムを取るために真室川公園に向かいました。

IMG_9847

IMG_9851

公園の高台にあり神室連山が眺められる四阿(あずまや)でコーヒータイムとしました。仙人は早速、冬眠明けの食料調達を始めました。

IMG_9853

フキノトウです。天ぷらや佃煮、フキノトウ味噌など、ほろ苦さの中に春の訪れを感じさせる食材となります。

IMG_9848

そして、真室川と言えば真室川音頭に出てくる梅の花とウグイスです。

IMG_9844

この日、山形市内は桜の開花宣言が出ましたが、ここ真室川は梅がようやく咲き始めました。それも、この真室川公園では、たくさんある梅の木の中で、この木だけに花が咲いていました。

IMG_9845

真室川音頭
私しゃ真室川の梅の花 コーオリャ
あなたまたこのまちの鶯よ ハァコリャコリャ
花の咲くのを待ちかねて コーオリャ
蕾のうちから通って来る ハァドントコイドントコイ

まさしく、咲き始めた真室川の梅の花に老いたうるさいウグイス2匹が飛んできました。


himajintaro at 21:31|PermalinkComments(0)

2021年03月21日

羅名さんのレトルト大作戦

東京葛飾堀切菖蒲園駅前の焼肉牛将の橋本羅名さんの家族が日本テレビの夕方のニュースに登場しました。

内容はコロナ禍にもかかわらず、羅名さん自慢のタンドリーチキンをレトルトパックで商品化しようとして家族の協力も得ながら奮闘している様子を紹介したものです。

結果はどうなったかは、映像をご覧ください。下の写真をクリックしてください。

レトルト開発



himajintaro at 17:47|PermalinkComments(0)

2021年03月20日

千歳山の松の緑が無くなる!?

2021.3.19

今年初めての山登りに行ってきました。いつもの革の重登山靴をリトルカブの前かごに載せて午前9時に自宅を出発しました。今回は体力の無い遅山仙人と腰を痛めている山仲間S氏は誘いませんでした。

IMG_8630

ピラミダルな千歳山に近づいて写真を撮ろうとしたとき、南斜面にやけに光るものが多いことに気が付きました。そして、本来なら斜面一面が常緑のアカマツの緑色で覆われているはずなのに、緑色がとても少なく感じました。

IMG_8633

IMG_8634

昨年、山仲間3人で登った時と同じように9時30分に北側の登山口から登りました。久しぶりに千歳山登山で紹介しています。

IMG_8636

IMG_8638

IMG_8639

岩五郎稲荷神社に登山の安全を祈願し、登山道を登り始めて異変に気が付きました。

IMG_8641

樹幹注入対象物と表示されたアカマツが登り始めてすぐの所にありました。これは、アカマツの栄養と水分を吸い上げて枯らすマツノザイセンチュウに侵された木です。

IMG_8642

この木は切り倒される運命にあり、倒した後に薬剤を木の中に入れてビニルで覆い、センチュウを媒介するマツノマダラカミキリが逃げられないようして封じ込めるのです。

IMG_8648

IMG_8650

もう、至る所でアカマツが切り倒され、無残としか言いようがありませんでした。

IMG_8654

IMG_8655

下の写真は、千歳山に向かう途中、最初に異変に気づいて撮影した場所です。

IMG_8652

IMG_8654

IMG_8661

IMG_8662

今年2月には伐採作業が行われていたことがわかりました。さらに、下の写真にのように、ナラ枯れにより雑木までもがたくさん切られていました。

IMG_8663

千歳山は国有林です。管理は林野庁になります。久しぶりに千歳山登山で紹介したように林野庁は千歳山のアカマツを守るつもりは毛頭ありません。自然の遷移に任せるつもりなのです。先駆植物であるアカマツから雑木林に代わることは自然の成り行きとしても、その雑木までも枯れてしまうのでは、千歳山がムソルグスキーの音楽のようになってしまわないかと心配です。

これから春に芽吹きが始まると多くの山形市民が千歳山の変貌に驚くことになるのでしょう。

IMG_8664

IMG_8665

山頂には10時10分に到着しました。ゆっくり登って40分でした。

いつもは、ガスコンロにフレンチプレス持参ですが、今回はフレンチプレスで煎れたコーヒーを真空式ステンレス魔法瓶に詰めて持って行きました。バナナ一本とコーヒーで休憩です。

平日にもかかわらず、次々に登ってくる方がいました。そのほとんどの方は、休憩もせずに、そそくさと下りてゆきました。千歳山のような山であれば大した体力も使いませんが、どんな山であっても、登山の鉄則は、十分に休憩時間を取るということを先輩たちから教えられました。それが不測の事故を防ぐ最大のマナーだと思います。

IMG_8670

十分休んだ後、西から登ってきた道を下らずに、南側へと下りていきました。

IMG_8685

南斜面も同じように伐採された跡がたくさん残っていました。今は草も生えていないので、丸見えの状態です。

IMG_8686

途中から、西側にトラバース(横断)するルートに分かれて、西側の登山道に戻りました。

IMG_8690

後半は太陽が顔を出し、山形市街地はもちろん、遠くに真っ白な朝日連峰、月山、葉山が良く見えました。

IMG_8691

IMG_8694

無事に下山しました。登り40分、下り30分です。久ぶりに、千歳山こんにゃくを買って帰ることにしました。

IMG_8695

店の人によると、コロナの影響で客足はさっぱりだそうです。逆に千歳山の登山客が増えたそうです。増えた登山客イコール店の客にならないところが厳しい現実のようです。

IMG_8697

IMG_8697

山形のソウルフード、醤油の出汁に煮込んだ玉こんにゃくを包んでもらっている間、お茶を一杯いただきました。

IMG_8698

IMG_8699

玉こんにゃくを3本注文し、自宅にお土産に持って帰りました。

IMG_8700

IMG_8704

袋の中に辛子も3つ入っていました。千歳山こんにゃくは大きくて硬くて味が染みていて美味しいのです。そして、この辛子がとても効くのです。鼻にツーンとくることは分かっているのですがたくさん付けて食べてしまうのです。

IMG_8705

今回、千歳山に軽く登れました。これから、少しずつ高度を上げてゆき、今年は宮城県との県境にある翁山と船形山(山形県側の呼称は御所山)に登ることを目標にしたいと思います。


himajintaro at 06:41|PermalinkComments(0)

2021年03月15日

タイヤの皮むき第二弾 獅子頭の蕎麦屋さん

白鷹町広野の美味しい超人気蕎麦店・千利庵の開店前に行くことができないのなら、遅山仙人の冬眠期間中に不足した栄養を補うため、長井市伊佐沢の「わこう庵」のもつ煮込み定食を食べに行こうとリトルカブを走らせました。

桜の古木で有名な「久保の桜」のすぐそばにある「わこう庵」に行ってみましたが、

IMG_8347

店主がケガをして休業中でした。

ちなみに、「久保の桜」は、老朽化して、かなり痛みが激しく、ホームページ等で紹介しているような状態ではなく、行ってもご期待には沿えないかもしれません。

IMG_8348

やむなく、Googleマップで調べたら、近くに蕎麦屋さんがあることがわかり、行ってみることになしました。案内標識も小さく、Googleマップが無ければ、迷うかもしれません。

地図x02

IMG_8349

獅子宿燻亭という蕎麦屋さんで、店の外に大きな獅子頭が飾ってあり、びっくりしました。

IMG_8350

そして、中に入って、またびっくり。

IMG_8351

いきなり、たくさんの獅子頭がお出迎えしてくれました。

IMG_8352

そして、奥の部屋にも獅子頭や人形などがたくさん飾ってありました。まるで、獅子頭の博物館のようでした。

IMG_8355

IMG_8356
IMG_8364

IMG_8360

店の人に尋ねると、獅子頭職人のオーナーがこの家を買い取り、蕎麦屋さんを始めたとのこと。

どおりで、無垢の獅子頭が何個か置いてあるなとは思いましたが、獅子頭を作る職人さんと蕎麦屋は想像できませんでした。

IMG_8366

畳に机と椅子で和モダンというところでしょうか。吊り下げ型の和紙の照明がオーブを連想させます。

IMG_8354

仙人が餅が食べたかったと言うので、注文したのは五色の餅と蕎麦の定食です。

IMG_8368

餅は柔らかく、仙人が喉に詰まらせるということはありませんでした。蕎麦は細麺でした。こちらも柔らか目でした。

IMG_8369

仙人が音信不通になってから、しばらくぶりのツーリングで、契約できたスマホについて根掘り葉掘り聞きだしました。

ソフトバンクのガラ携の料金滞納で取引停止になり、ブラックリストに載ってしまいました。そろそろ、契約できるのではないかとソフトバンクに聞きに行くとダメだの一点張りだったそうです。

私と山仲間S氏が心配して、格安スマホを紹介すると言っても聞く耳を持たなかった仙人が隠れ家から一番近いauに行って相談したようです。

そこでは、どうしたら契約できるのかを親切に教えられ、気を良くした仙人は、そのまま、auのスマホを契約したようです。かけ放題で機種のローン込みで5千円代とのことでした。

しかし、着信を受けるの手間取り切れてしまうことが多く、画面の文字が小さいとか、間違って違うところを押して、変な画面が出るとか、コマーシャルのメールが頻繁に届くとか愚痴ばかりでした。

使いこなせなくて、四苦八苦している様子が良くわかりました。設定を変えることで環境が良くなると説明しましたが、自分が操作できなことに対するコンプレックスの強さを感じました。

今回、いろいろ仙人と話しているうちに、教員をしていた時にはパソコンの操作があまり得意でなかったことが判明しました。スマホは基本パソコンなので、仙人の苦悩がよくわかりました。

仙人のスマホへの苦悩がわかったところで昼食の時間が終わりました。獅子頭の店を出て、北に向かいました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)