歴史・文化

2019年11月29日

もしもし亀よ、亀さんよ

2019.11.17

西黒森

馬牽原展望台でのコーヒータイムでは、いつものように、遅山仙人と四方山話に明け暮れました。前回の親戚の話はもちろんでしたが、今回のツーリングでは三つの滝に行くと仙人にナゾかけしていました。〇〇大学法学部に入学して偏差値の高い仙人ですが、相変わらず、ナゾかけには全く弱いのです。

三つの滝とは、エドヒガンの巨木がある上山市沢地区突然道が無くなるくぐり滝新そば祭りの白鷹町野地区です。コーヒータイムで再度ナゾかけをしましたが、私が説明するまでわかりませんでした。

この日のツーリングのメインイベントはほとんど終了しました。あとは、山形に帰るだけです。ここからは30分もあれば着いてしまいます。午後3時を過ぎると、急速に気温が下がってくるので、このまま、帰ることにしましました。仙人とは主要地方道山形白鷹線の途中まで一緒に走り、別れることにしました。

IMG_3201

仙人と別れる途中、東黒森山の南、山形白鷹線のすぐそばに「たらたら清水(亀ノ子水)」という湧水地があります。元々、山形白鷹線は畑谷地区の人たちが普請で山形まで荷車が走れる道路を作り、私の母の親戚が普請に財を投じた一人であることを聞いていました。

当時、畑谷出身で上山市の永田家に養子に入った永田亀之助氏が亀ノ子水を整備し、亀之助氏の息子で元上山市長の永田亀昭氏により復元されたものです。

石の亀を作ったのは、簗沢地区で石屋を営む吉田朝夫氏です。作谷沢地区は「まんだらの里」と呼ばれ、地方の過疎化が叫ばれ始めるころ、地域おこしの優等生として全国の講演会に呼ばれたのが吉田朝夫氏です。私の母親と朝夫氏の義母が身内で同級生ということもあり、親しくさせていただきました。

IMG_3204

この話を仙人にしたところ、永田の名前に食いつきました。永田亀昭と名前が出たので、永田と言えば上山市の永田歯科医院だろう、永田医院には入り浸りだったとのこと。入り浸りだったというのは、歯が悪くて何回も通院したのか、それとも知り合いだったのか。いつものように、要領を得ません。永田亀之助と永田歯科医院が関係があるのか本当のところ、よくわかりません。

IMG_3203

私の幼い頃の記憶には、上杉藩直江山城守兼続が畑谷城を陥落させた映画のシーンが残っています。兼続を誰が演じたか覚えていませんが、畑谷城の城主・江口五兵衛光清の役を俳優松方弘樹の父、近衛十四郎が演じていたことを鮮明に覚えています。近衛十四郎のバラエティードラマ「素浪人 月影兵庫」を毎週見ていたので近衛十四郎の顔をよく覚えていました。

この話を山形市内の著名な郷土史研究家の人たちにしたことがありますが、誰も知りませんでした。

東の関ヶ原の戦いと言われた兼続による畑谷城、長谷堂城陥落の後、富神山から山形城を見ると、盆地特有の放射冷却で雲海の下にあった山形城が見えなかったことから山形城が別名・霞城とも呼ばれる所以にもなりました。

兼続ら上杉軍勢は、遅れて届いた関ヶ原の西軍敗北の知らせのために米沢に引き返したことから山形市内は戦火を免れました。

IMG_3206

遅山仙人とは、この先でお別れです。

IMG_3207

東黒森山の北側を巻いて、T字路で右折し、そのまま道なりに下って行くと自分の家の近くに着くよと、仙人に教えて、私は山形白鷹線を山形市内に向かいました。


himajintaro at 17:33|PermalinkComments(0)

2019年11月19日

11月というのに桜?

2019.11.17

桜の名所に行こうという触れ込みで、11月17日の日曜日、今シーズンのラストランになりそうなツーリングに遅山仙人を誘いました。

本来は、新そば祭りに行くという目的でしたが、同じ日に、山形県内では最上町赤倉温泉で行われる新そば祭りと白鷹町滝野で行われる新そば祭りが重なりました。

昨年は赤倉温泉の新そば祭りに行ったので、今年は白鷹町滝野の新そば祭りに行くことにしました。ただ、白鷹町滝野には自宅から30分ぐらいで着いてしまうので、付加価値を付けるために、最初に桜の名所に立ち寄ってからということにしたのです。

滝野

桜の名所として向かったのは、上山市滝沢です。ここは、「立入禁止罰金二十万円」で書いた広域基幹林道・黒森山線から上山市街地に抜けるルートを探しているうちに偶然見つけた集落です。

IMG_3018

上山市高松から一気に山を駆け上がります。本来のルートはGoogleアースで見ると林の中を走ることになるので、面白みに欠けると思い、果樹園と思われる斜面をつづら折りで上って行きました。

IMG_3029

IMG_3037

予想は的中しました。ワラビ園と思われる開けた場所から上山市街地が一望できました。

IMG_3040

果樹園の農道から本来の道路に戻ると快適な尾根沿いの道に変わります。

IMG_3043

IMG_3044

集落の入り口に山菜、キノコ採り禁止の看板が立っていました。

IMG_3045

さらに進むと、校舎と思われる建物が朽ちかけていました。

IMG_3048

IMG_3052

IMG_3053

集落の中ほどに「龍神桜」を案内する木柱が立っていました。

IMG_3055

本来、二つ目の木柱から緑色の斜め右の道を歩いて行くはずだったのを通り過ぎてしまいました。

IMG_3056

林の中に入ると熊の箱ワナが置いてありました。

IMG_3057

ワナの中に熊の好きな蜂蜜など入れておき、熊が入ったら前の扉が閉まるネズミ捕り式のワナです。このワナは猟銃とは別の免許が必要で、熊の捕獲許可(通常は都道府県の許可)が無いとワナを仕掛けることができません。

捕獲許可は農作物被害の実態や人間への危険がない限り下りないことになっています。ここにワナがあるというのは、この集落に猟銃や箱ワナの免許を持っている人がいて、被害や危険性がある時に使うために置いてあると思われますが、通常は人や他の獣が入らないように扉が閉まっているはずです。

IMG_3059

間違ったと思い、Googleマップで確認すると、やはり、間違っていました。先ほどの二つ目の「龍神桜」の木柱に戻りました。気が付きませんでしたが、来訪者用の小さな駐車場までありました。

IMG_3061

ここから歩いてすぐに「龍神桜」があります。暗くてわかりにくいのですが石柱に「龍神桜」と彫られていました。

IMG_3069

ソメイヨシの親であるエドヒガンの巨木でした。

IMG_3066

もちろん、この時期に花が付いているはずもないのですが、上山藩主松平山城守信将のお手植えの桜がこの滝沢にあると書いてあると歴史大好き仙人は食いつくのです。山形の南に滝山があるという言い伝えの土地がここではないかと一人妄想していました。

IMG_3068

来年、この場所に来ようということで、次の観光地を目指しました。


himajintaro at 19:32|PermalinkComments(0)

2019年11月13日

神様は出張中?それともお引越し?

最近、この場所のご神体の数がめっきり減りました。どこかへ出張中なのでしょうか。それとも、新しい神社へお引越しされたのでしょうか。寂しい限りです。

IMG_2700


以前は、下の写真のように賑やかに林立鎮座されていました。

249492_414939478561303_1228671723_n

場所は、福島市飯坂温泉、穴原温泉から国道399号沿いに1.7km北上したところにあります。
道祖神(Traveler's Guardian Deity)としてGoogleマップのトップに掲載されてあるのは私の写真です。

来年のツーリングは、道祖神めぐりでもしようかと、遅山仙人がつぶやいていました。


himajintaro at 20:43|PermalinkComments(0)

2019年11月08日

桧原湖にも等高線がある?

2019.10.31

IMG_2634

「道の駅裏磐梯」はGoogleマップには載っていません。

道の駅裏磐梯地図

「森のアイス工房」としか載っていません。国土地理院2万5千分の1地形図で確認してみると、しっかり「道の駅」と表示してありました。そして、気が付いたことは桧原湖の中に等高線が書いてあるのです。

桧原湖等高線

これが、人工的に作られた湖、例えば、長井ダムのような、もっと新しい湖には等高線が無いのです。

長井ダム01

桧原湖は明治時代の磐梯山の噴火により川がせき止められたためにできた比較的新しい湖です。

IMG_2639

等高線があることにより、湖の深さとともに、どういう地形の場所にできた湖であるかがわかります。

IMG_2641

桧原湖の等高線を見ると、急な谷あいではなく、比較的平らな場所であることがわかります。

IMG_2643

平らな場所だったがゆえに、人が住んでいた集落も水没したようです。

IMG_2644

このため、湖の面積は広大になっています。火山によるせき止め湖としては日本最大とされています。

IMG_2645

現在は、桧原湖の広大な面積が重要な観光資源になっているのです。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年10月18日

世が世であれば女流直木賞作家の亭主 2019.10.14

ポツンと一軒家から下山して、元来た林道を戻りました。

IMG_2367

舗装道路を砂利道の境付近に山神神社がありました。一見、神社らしからぬ山小屋風で、よく見ると屋根の形が神社かなと思える建物です。

IMG_2419

山の神であれば女性の神様でしょうが、ご神体は、男根の道祖神のようでした。私よりも遅れてきた遅山仙人は中の様子をうかがって、私が撮った写真には無いものを見つけたようです。

IMG_2417

写真の右側に円盤に鉄の矢が刺さった物を見つけたというのです。私は気が付きませんでした。

仙人は今日まで独身を貫き、親の介護に疲れ、女性には興味がないと言い切っていました。ですが、マユツバ者の仙人です。そう簡単には信用できません。

仙人は東京で大学を卒業した後、山形には帰りたくないので東京で遊んでいました。当時、仙人には彼女がいて、文学好きの彼女に作文指導をしていました。

ところが、長男であった仙人は両親から執拗に帰郷を促され、やむなく、山形に帰ります。帰郷して、直ぐに職に就かず、ぷー太郎状態だったため、山仲間から仙人と言われます。

そんな中、彼女の両親が仙人の意志を確認するため仙人宅を訪ねます。しかし、仙人の両親はこれを拒みます。それがきっかけで、仙人からのラブレターも彼女の元に届かなくなってしまいます。

彼女の希望は果たされることなく、別の男性と結婚することになります。この女性は、後日、直木賞作家になります。

両親の病気、介護のため教職を定年前に離れ、教員OGで福祉関係のNPO法人代表理事の甘い言葉に誘われ、一時期、福祉の仕事に就きますが、福祉現場の過酷さに困惑します。

父親の死と母親の介護に疲れ、母親の死後、名実ともにヒッキー仙人になってしまいました。

山仲間で私のバイクの師匠の死がきっかけで、シャバの空気を吸えるようになり、ツーリングにより開眼しました。

今でこそ、仙人のような暮らしをしていますが、世が世であれば直木賞作家の亭主として、もしかしたら、ゴーストライターとして活躍していたかもしれません。

運命なのか、神のいたずらなのか、私にはわかりません。


himajintaro at 21:15|PermalinkComments(0)