歴史・文化

2019年09月19日

岩出山へ 岩出山城

有備館の素晴らしい庭を堪能し、JR有備館駅に立ち寄り、駐車場に戻ってきました。

伊達政宗ゆかりの岩出山城を見るべきだと言う遅山仙人に対して、私は伊達政宗の像しか建っていないと返すと、建物が残っているから行くべきだと強く言うので、行ってみることにしました。

事前にネットで調べて、政宗の像しかないことは知っていました。朝来た時に街の中にも道案内らしきものも見かけませんでした。

岩出山04

登り口に簡単な案内板がありました。急な坂を上って行くと眼下に岩出山の町が開けてきます。

IMG_1713

坂を上り切ると前方右側に蒸気機関車が見え、左折すると平になり飲食店のような木造の建物があります。

IMG_1696

百日紅(サルスベリ)が咲いていました。

IMG_1698

公園案内図には、本丸の西側には建物が黒く印されています。多分、伊達政宗が住んでいた屋敷跡を示すものと思われます。

政宗は山形城主・最上義光(もがみよしあき)の妹・義姫の長男であったものの、豊臣秀吉により米沢から岩出山に移封されます。今でいう左遷です。最上家は元々、斯波(しば)姓でした。山形に入部(転入)してから最上姓を名乗ります。

仙人によると、斯波家の一部は大崎氏の姓を名乗り、岩出山を含む大崎地方を統治することになります。その家臣の中に伊達家がいます。移封されたとはいえ、政宗は縁のある岩出山に住むことになったのではないかと言っていました。

安土桃山時代の城は天守閣を持たない平屋の館です。当時は天守閣を立てる建築技術と財力がなかったため、平屋だったのだと思います。

IMG_1699

飲食店以外の建物としてはトイレと上の写真のような野外音楽堂と思しき建物があります。

IMG_1704

政宗の像が建っていることはネットで調べてわかっていました。ネット難民の仙人は知りませんでした。館や資料館も建っていないことを知りませんでした。

IMG_1706

つまり、仙人は中学生を引き連れて、この岩出山城には来ていないのです。どうも、有備館も怪しくなりました。有備館には初めて行ったようでした。

IMG_1705

本丸の東側、伊達政宗の像が建っている場所よりさらに東側の法(のり・斜面)の下で遺構調査(建物が建っていたと思われる場所の発掘調査)が行われていました。

遺構調査を進めることで、岩出山城の新たな歴史がわかるかもしれません。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年09月17日

岩出山へ  有備館

有備館の開館が9時ということで、早速、駐車場にリトルカブを置いて歩いて行きました。

JR陸羽東線有備館駅と道路を挟んだ真向かいに有備館はありました。

IMG_1652

IMG_1692

受付の女性から、駐車場で黄色いジャンバーを着ていた人ですねと言われました。その女性は、私たちのバイクの隣の車の中にいた女性でした。勤務時間前に駐車場で待っていたようです。

岩出山へ  駐車場でモーニングコーヒーに出てくる女性も事務室の中にいました。別の男性も駐車場にいた私たちを覚えていたようです。職員みんなから面が割れていたようです。山形市内から来たと言ったら、みんなにビックリされました。

有備館01

有備館02

有備館03


IMG_1655

IMG_1657

IMG_1659

池の鯉はパブロフの犬状態で、たくさん寄ってきて、口をパクパクさせていました。受付で鯉用のえさが売っていました。

IMG_1660

IMG_1662

建物を含めて庭全体が丁寧に管理されている感じがしました。

IMG_1664

上の写真を見るとわかると思いますが、通路に敷き詰めてある細かい砂利ですが、京都大徳寺の枯山水のような熊手か何かで模様を付けているのがわかります。

これは、建物の回りも同じような模様がついていました。多分、開館前に岩出山へ  駐車場でモーニングコーヒーで夜勤をしている職員さんが毎日手入れをしているのかもしれません。

IMG_1665

IMG_1666

庭全体に大きな池があり、その周りをぐるっと回ることができます。池泉回遊式庭園と呼ばれる日本の庭園の特徴を持つ庭です。

IMG_1669

ちょうど萩の花が咲いていました。

IMG_1671

季節ごとに様々な彩を見せてくれるのでしょう。建物のそばにあるモミジがきれいに色づくのは11月上旬とのこと。

IMG_1674

11月上旬にもう一度来てもいいかなと思いました。ただ、この時期はバイクにはちょっと寒くなるし、国道347号鍋越峠か国道48号関山峠しか通ることができなくなります。

天気と気温次第で、年内にもう一度来ることも可能だと思います。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年09月16日

岩出山へ  駐車場でモーニングコーヒー

遅山仙人が迷子になるというトラブルがあったものの、最初の目的地である有備館に無事に到着しました。

午前8時だったので、まずは、モーニングコーヒーで一服と有備館の駐車場で若くないけどジベタリアンして、お湯を沸かしました。

IMG_1644

いつものようにアルマイトのやかんで湯を沸かし、フレンチプレスで薫り高いコーヒーを出しました。

IMG_1645

コーヒーを飲み上げたころ、オジさんが一人現れました。ジベタリアンしている近くに止めてある車の持ち主さんでした。

彼は、有備館の夜間勤務員で、多分、大崎市役所を定年でリタイアし、再雇用で有備館の職員をしていて、夜勤明けのようでした。

彼によると、有備館は伊達政宗が仙台城主になる前に岩出山の城主の時に建てた学問所だそうです。実際は、正宗の息子が建てたのではないかと言っていました。有備館は国の史跡指定になっているために、失火は厳禁で365日24時間監視が必要とのことでした。

カブによるツーリングを羨ましいと言っていました。我々のように登山をするそうです。

そんな話をしているうちに、女性が現れ、有備館の職員であることを彼が紹介してくれました。彼女は仙人のスーパーカブをレトロなバイクと言ってくれました。仙人が喜んだのか、悲しんだのか、その時はわかりませんでした。

IMG_1646

仙人が被っている帽子は姉妹ブログ「バングラデシュ珍道中記」の2019.9.11の記事羅名さんから帽子をいただきました。で紹介した帽子です。「東京だち」というアメリカの大学のイメージキャラクターが入っている、日本ではなかなか手に入らない帽子です。
東京だちYoutube https://youtu.be/BUZ2dnRE5mI 

IMG_1647
 
有備館は9時開館ということで、時間まで駐車場でゆっくりしていました。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年08月31日

遅山仙人との最初のツーリング

いつも、このブログに登場する遅山仙人(おくれやませんにん)と最初にツーリングを始めたのは2014年10月18日です。

仙人とは同じ社会人登山サークルの山仲間であり、双方の父方の血のつながりのない遠い親戚です。

仙人は若い頃、東京の大学を卒業後、両親から山形に帰ることを強要され、山形に戻ってきたころはぷー太郎状態だったので、サークル仲間から仙人と呼ばれていました。

仙人は長らく中学校で社会科の教鞭を取っていましたが、母親の介護のため早い時期に退職し、母親の死後は介護疲れから引きこもり状態になっていました。

バイクの師匠の五周忌で紹介した同じ山仲間が亡くなり、彼の実家にサークルの仲間たちとお参りに行ったのが切っ掛けでシャバに出るようになりました。

仙人は遅刻の常習犯ですが、この亡くなった山仲間が仙人に対して付けた仇名が遅山です。仙人は自宅を出てから自宅の回りを7周まわってからでないと出発しないので付けられた仇名です。

久しぶりにシャバに出たことがきっかけで、私にも度々連絡をくれるようになりました。

ある日、仙人から深沢不動尊に何度か出かけてみたけど辿り着けなかったという連絡が入りました。

それなら、私が案内するということで二人で深沢不動尊に行ってみることしたのが最初のツーリングとなりました。

深沢不動尊

子供のころ、母親に連れられて何度か訪れたことのある深沢不動尊は山形自動車道の開通でどこから入ったらいいのか、わからなってしまったようです。ただでさえ、方向音痴の気がある仙人は新しく道路ができたり、建物が建ったりすると頭の中がフリーズしてしまうようです。

深沢不動尊は山形市街地からそんなに離れていない所にありますが、沢伝いに車一台分しかない道幅を上って行きます。春先なら、道の両側にカタクリの花がたくさん咲いて、きれいな場所でもあります。

IMG_4374

この当時、仙人はヤマハのチャピーを乗っていました。原付最盛期のころは、チャピーはモンキーとともに町中をたくさん走っていた原付バイクでした。

IMG_4375

IMG_4376

IMG_4377

IMG_4378

谷あいの鬱蒼とした、薄暗く湿度が高い林の中に深沢不動尊はあります。何か霊的なものを感じさせるロケーションです。奥の院までは草が生い茂り、途中で断念しました。昔は泊まれる施設があり、仙人は母親と泊ったそうです。

思い出の場所に来ることができた仙人は満足しましたが、今回、ツーリングをした目的はもう一つありました。

辿り着けなかった深沢不動尊へのアプローチの下りで、エンジンブレーキをかけると変な音がするのでチャピーを行きつけのバイク屋に持って行ったそうです。

そしたら、バイク屋のおやじが、ろくにチャピーを見もせずに「エンジン交換だ。直すのに十万円以上かかる。」と言ったそうです。仙人は泣きの涙でした。

IMG_4379

確かに、普通に走っていても異音がします。エンジンを見るとマフラーを取り付けているネジが全く緩んでいました。緩んでいるので音漏れするのです。早速、持ち合わせの工具で締め付けると異音はしなくなりました。

喜んだのは仙人ですが、見てくれたバイク屋のおやじを怒りまくっていました。それからは、そのバイク屋に行かなくなったのは言うまでもありません。

直ったチャピーでもう少し走ろうということになりました。

ジプリアニメ「おもいでぽろぽろ」のロケ地・高瀬地区から林道戸沢滑川線(通称・峯越林道)を走って山形県庁へ抜けることにしました。

saisho

山形県庁の東、山形市滑川地区を起点にして、当時、東北で初めての農道トンネル「べにばなトンネル」を貫通させて、高瀬地区を通り、さらに、もう一つのトンネルをくり抜いて山形市山寺に続く広域農道(通称・スーパー農道)が走っているため、高瀬地区へは簡単に行くことができるようになりました。

「おもいでぽろぽろ」の中で山形駅から高瀬までスバルR2が走るころは、この「べにばなトンネル」の計画も全くない時代でした。

余談で脱線しますが、「おもいでぽろぽろ」の中で朝の紅花畑に出てくるオバちゃんのモデルが私の仕事仲間の母親でした。スタッフたちは仕事仲間の家をベースキャンプにロケを進めたようです。この家でセル原画を何枚か見せてもらったことがあります。オバちゃんや昔の高瀬駅など高瀬地区の風景のセル原画があったことを覚えています。

「べにばなトンネル」をくぐると数分で滑川地区に出てしまうので、林道を走り、山一つ越えることにしました。

IMG_4383

直線なのに「警笛鳴らせ」 今となって珍しい道路標識です。

IMG_4386_1

標高5、600m。色づき始めていました。

IMG_4391

奥に瀬ノ原山と奥羽山脈が見えました。紅葉で真っ赤です。(写真上)

IMG_4393

今走ってきた広域農道が見えます。この先は山形市の桃源郷・高瀬へと続きます。(写真上)

IMG_4394_1

このころは、仙人は髭を伸ばしていませんでした。着ているものも、それなりの服装でした。今と比べると若々しい風貌です。

IMG_4399

このチャピーですが、前後の重量バランスが悪いのとタイヤが小さいので砂利道の林道では苦戦を強いられました。この経験が、次のバイクを買う切っ掛けになるのですが、私がスーパーカブを薦めたにも関わらず、違うバイクを買って、さらに苦戦を強いられることになります。

このくだりは、後日紹介します。

峰越林道



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年08月22日

花立峠、鍋越峠ツアー 2017.8.5 山刀伐峠を越える

遅山仙人のリクエストコース、花立峠を2017年8月5日越えました。花立峠は、以前紹介した山形県と宮城県、福島県にまたがる奥羽山脈を越える峠の一つで一番最北にある峠です。

山形県最上町向町から宮城県大崎市鳴子温泉鬼首(おにこうべ)に抜ける峠です。この峠は昔から気になっていました。この峠から神室山地南東にある禿岳(かむろだけ)、別名 小鏑山(こかぶらやま)に簡単に登れるルートとして有名でした。

以前、仙人が4輪で越えたことがあり、曰く、とんでもない峠道だというので、リクエストコースとしてツーリングしました。

IMG_20170805_043326

早朝、4時30分、自宅出発。仙人宅5時出発。先ずは、尾花沢をめざしました。この日は、肌寒く、尾花沢の国道347号の温度表示板は13℃を示していました。とにかく、寒く、途中、薄手のセーターを着込みました。

IMG_20170805_065543

山刀伐峠に向かう県道尾花沢最上線の温度表示板は9℃を示していました。ここの表示板は、以前から、変わった数字を示します。9の前に1の上半分が現れていました。

IMG_20170805_065730

そして、山刀伐峠(なたぎりとうげ)の入り口です。江戸時代の峠道は、車道とは別の場所にあり、所々に道跡の道標が建っています。

IMG_20170805_065914

IMG_20170805_070017

IMG_20170805_070038

IMG_20170805_070232

この年は、はっきり、梅雨が明けたという感じがしない年でした。しかし、山ユリはたくさんの花を咲かせていました。

IMG_20170805_070423

IMG_20170805_070529

IMG_20170805_070543

山ユリは盛夏を思わせる強い香りが特徴です。何処に山ユリが咲いているか分かるぐらいです。私は好きな香りです。ただ、最近、不届き者が多く、花が終わった後、山ユリの球根を掘り上げて売りに出している輩がいます。この球根は美味しいのです。天然物しかないのです。このため、だんだん、山ユリが無くなり始めています。

ピンクのヒメサユリは30年ぐらい前は普通に野山に咲いていました。きれいなために乱獲されて、一部の保護エリアか高い山にしか無くなってしまいました。

IMG_20170805_070612

山刀伐峠に向かう旧道は車がほとんど走っていません。現在はトンネルができたので、一般車は、そちらを走り、赤倉温泉へ向かいます。

IMG_20170805_071031

奥の細道・山刀伐峠越への入り口です。ここを俳人松尾芭蕉が弟子の曽良とともに往復したのです。

私たちは、赤倉温泉の手前から最上町向町に向かうため、峠道を一気に下り、トンネルの出口付近に出ました。

山刀伐峠


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)