歴史・文化

2020年09月27日

千歳山で芋煮会

2020.9.22

千歳山五合目で小休憩した後、再び、遅山仙人を先頭に山頂を目指しました。

IMG_2366

仙人は山頂で伸びてしまいました。時刻は11時40分。登山口から1時間10分でした。私が登るペースの倍以上かかりました。仙人にとっては、昨年5月、白鷹山以来の登山になります。

中学時代は徒競走400mで山形県記録を塗り替え、近くの高校から部活で千歳山を走って上り下りし、山頂で顧問の目を盗んで一煙し、大学でもスポーツで活躍し、社会人の登山サークルで長年会長をしていた元アスリートも、日ごろの怠惰な生活ですっかり体が鈍ってしまいました。

IMG_2367

山頂からちょっと下がった所に木造二階建ての展望台があり、そこで昼食を取ることにしました。建ててすぐの時は見晴らしが良かったのですが、今は木が生い茂り眺望を遮ってしまいました。

同行した山仲間S氏も、この展望台の存在は知らなかったようで、20年以上、登っていないようでした。

IMG_2368

仙人は気持ちが悪い、疲れて食事どころではないと言い出しました。

IMG_2369

私は、いつものようにアルマイトのやかんで湯を沸かし、久しぶりに持ってきた減塩カップラーメンに湯を注ぎました。

IMG_2370

仙人が食欲不振で昼食の準備をしない内にS氏がリックの中から、ちょっと大き目の鍋を取り出し、山形県民の秋のソウルフードである芋煮を温め始めました。

IMG_2373

この時期、河原に人が集まり、大きな鍋に里芋、こんにゃく、牛肉を砂糖、日本酒、醤油味で煮ます。マイタケやゴボウなどを入れることもあります。煮上がったところに大きめに斜め切りした長ネギを入れて完成です。

昔から、職場や学校、町内会、PTA、子供会、友人同士など様々なグループが馬見ヶ崎川の河川敷で芋煮の鍋を囲んで大宴会が繰り広げられてきました。9月から11月初旬の土日は1,000人以上の人々で賑わいます。平日も河原のあちらこちらで煙や湯気が立ち上り、たくさんの芋煮会が行われます。今年はコロナの影響で例年より参加者が少ないようです。

山形県の日本海側の庄内地方は豚肉に味噌味、仙台は豚肉に豆腐が入り味噌味となり、地域によって様々な味付けがあるようです。

IMG_2372

S氏は自宅で芋煮を作り、千歳山まで持ってきてくれました。

IMG_2375

期せずして、S氏の計らいで千歳山山頂で芋煮会となりました。これにお酒があったら最高なのです。

疲労困憊してグロッキーになっていた仙人も流石に芋煮の香りには勝つことができず、食欲が湧いてきました。

IMG_2376

Facebookに、この様子をアップしたら、「最高の贅沢ですね」という書き込みをもらいました。「遊びの極意は非日常の空間に日常を持ち込むことです」と返事をすると、たくさんのいいねを頂きました。芋煮は山形人にとって日常です。普通に家でも煮て食べます。

40年前の学生時代、初めて朝日連峰縦走した時に、一泊目の竜門小屋で牛肉を焼いて小屋中を焼肉の香りで充満させました。30年前にはレギュラーコーヒーを山に持って行き、薫り高きコーヒーを普通に飲んでいました。冬山で焼肉もしました。ピラフを炊いたり、登る途中で採った山菜を天ぷらにするなど当たり前にしてきました。

IMG_2386

7年前に亡くなった山仲間のO氏も、月山や飯豊山に大きなスイカを丸ごと1個持って行ったり、12月の半ばに福島県の霊山にクリスマスケーキを箱ごと持って行きました。山頂で、すき焼きを平気でしていました。

私たち山仲間はみんな遊びの極意を知っている連中です。いつも、楽しい山行になります。

こんな話をしているうちに時計は午後3時を過ぎました。そろそろ、下山することにしました。


himajintaro at 07:05|PermalinkComments(0)

2020年08月13日

何の巨木?

2020.8.7

久兵衛そばで田舎蕎麦を食べて満足し、いつものように背あぶり峠(県道29号)を越えて村山市へ抜けようと思いました。

IMG_9696

御多分に漏れず、背あぶり峠も通行止めでした。遅山仙人が背あぶり峠への交差点近くにある尾花沢市延沢の龍護寺に巨木があると言い出しました。

時間は十分あるので行ってみることにしました。

IMG_9697

寺の駐車場から見ても巨木らしきものが見当たりません。仙人に何の木か尋ねましたがわかりません。木の種類がわからなければ探しようもありません。

最近、仙人は知り合いの巨木探検家から話を聞いて、巨木に関心を示していました。どちらかというと、巨木に関心があるというよりは、巨木がある場所に関心があるようです。

いつものように物怖じしない性格から、寺の庫裡に巨木のありかを尋ねに行きました。

住職の奥様に教えてもらったようです。ただ、歓迎されていなかったようです。それもそのはず、マスクを付けずに庫裡に行ってしまいました。気が付いた時は手遅れでした。

こういう時期なのに、世間離れした感覚は敵意を持って迎えられることがあることをわからないのが仙人の良さなのです。

IMG_9698

コウヤマキの巨木でした。大昔は世界中に分布していましたが、日本だけに野生種が残っているという面白い木です。普通に大きくなるようです。

住職の奥様からいろいろなことを教えてもらったようですが、さすがの仙人も上から目線的な感覚を覚え、話がほとんど頭の中に入っていなかったようです。

IMG_9699

天皇陛下がどうのこうのと言っていましたが、全く要領を得ませんでした。

IMG_9700

相変わらず、植物には興味はなく、肝心な歴史的な事も頭の中に入らず、早々に龍護寺を退散しました。

仙人が背あぶり峠が通行止めであることを信用しないので、延沢の交差点から県道29号に入りました。

IMG_9701

ご覧の通り、通行止めの表示が出ていました。仕方なく、延沢に戻り、尾花沢市朧気(おぼろげ)へ向かいました。

コーヒータイムの場所を探し、雨が当たらない場所に妙案が浮かびました。仙人には黙って、国道13号を南下することにしました。


himajintaro at 06:31|PermalinkComments(0)

2020年07月31日

柱状節理の材木岩へ

2020.7.19 UFO

UFOふれあい館桑島食堂からの帰り道は来た道を戻るしかありませんでした。

地図1

伊達市保原で給油し、国見から小坂峠の急こう配を一気に駆け上り、峠の茶屋でコーヒータイムとしました。

地図2

IMG_7932

江戸から奥州街道を北上し、福島県桑折(こおり)町から羽州街道が始まります。その最初の難所が小坂峠です。昔は峠の茶屋があっただろうと思われる場所にドライブインがあり、過去に営業していましたが、現在は建物を残すのみとなっています。

IMG_7937

遅山仙人が立っている場所が羽州街道で、今でも道形が残っており、国土地理院2万5千分の1地形図にも破線で示されています。

IMG_7935

遅山仙人、改造計画第二弾 ビアガーデンで積水ハウスから土産でもらった饅頭をお茶請けにして、いつものようにフレンチプレスでコーヒーを出しました。

IMG_7939

赤い饅頭は仙人にあげました。積水ハウスからもらった饅頭を食べたのか仙人に確認しましたが、明確な返事はなく、多分、隠れ家に自生するネズミの食料になったと思われます。

いつもコーヒーをただ飲みしているので、時には茶菓子ぐらい持ってくるものだと仙人に意見しました。ポテチを持ってきたようですが、峠に到着してすぐに仙人が雉を撃ち、それを言い訳に出すのを忘れたとうそぶいていました。

融通と気の利かないのが仙人らしさです。

一時のコーヒータイムの後、久しぶりに材木岩に立ち寄ることにしました。

IMG_7940

材木岩は七ヶ宿ダムの下流、旧羽州街道の白石川沿いに見事な柱状節理が見られる場所です。

30年以上前に、登山サークルの仲間と羽州街道沿いの宿場町を訪ねて回った時以来です。

IMG_7941

以前は、施設的な物はほとんどなかったのですが、大きな駐車場と宿場の戸沢から移築した建物や土産物屋、蕎麦屋、茶店などが立ち並び、観光客がたくさん訪れる場所になっていました。

IMG_7942

堰堤の上で竿を振る人物を見かけたので双眼鏡で確認したら、ブラックバスを釣り上げていました。たくさんの観光客が来る場所でリリース禁止のバス釣りをすることに違和感を覚えました。

IMG_7943

仙人は、この大きなケヤキの木が気に入ったようです。仙人は植物の同定は苦手なので何の木かわかりませんでした。

IMG_7944

久しぶりの材木岩周辺を散策し、国道113号に戻りました。

IMG_7946

羽州街道の宿場町・七ヶ宿を走り、同じ羽州街道の峠・金山峠を下って、楢下の宿から山仲間が眠る上山市須田板の墓地に立ち寄りました。いつものように、墓に生えている雑草を引き抜いてお参りをしました。

一つだけ残念なのは、山仲間の名前が墓碑に刻まれていないことです。

IMG_7947

今年の8月30日で、ちょうど七年忌です。山仲間が集まって墓参りをし、盛大に七年忌のお斎をしようという計画を立てています。    

himajintaro at 07:14|PermalinkComments(0)

2020年06月17日

宮城県から水を盗んで...

2020.6.5 タケノコ取り

取ったばかりの美味しいタケノコをおかずにして、山形と宮城の県境で昼食を取っていると目の前の道路から次々とタケノコ取り帰りらしき車が現れ、山形県側に走り去って行きました。このことを遅山仙人が気にしていました。

下の写真の正面奥から軽トラなどが現れては走り去って行きました。右下は七ヶ宿町や蔵王町へ続く横川林道です。一昨年、仙人も同行した「林道ダブル走行 南蔵王林道県境~七ヶ宿中心部編」で紹介しています。しかし、仙人はこのツーリングをすっかり忘れていました。

IMG_6241

仙人が道路の先がどうなっているのか気になって仕方がないので、案内することにしました。

IMG_6242

この道路の先に何があるのか?この先には、宮城県から水を盗むために作ったと言われている「横川堰」という農業用水路があるのです。盗むとは穏やかではないのですが、本来、宮城県に流れる横川の源流から山形県上山市へ県境を越えて水を流しています。横川の横から取っているのでまさに横取りです。横川は七ヶ宿ダムに注ぎます。

この水路の歴史は古く、文政四年(1821年)と約200年前に遡ります。

横川堰

30年以上前の話ですが、この用水路の改修工事の設計発注をしていた山形県の農業土木事務所に、私は広域農道(スーパー農道)の設計のため出向していました。赴任初年度に、この「横川堰」に連れてきてもらいました。そこで、林道最終地点の駐車場から横川の取り入れ口まで歩いて行きました。

上の国土地理院2万5千分の1地形図を見るとわかりますが、水路は横川源流の水量豊富な二ッ石沢から取水しています。そして、一枚石沢を横切り、トンネル二つを潜り、県境を越えています。最初は県境はトンネルではなく、下の写真のように掘割で道路沿いに水路が走っていました。

IMG_6243

林道の途中、所々にタケノコ取りと思われる車が何台か入っていました。

IMG_6245

IMG_6246

林道の東側に杉ヶ峰、屏風岳、不忘山の南蔵王の山々を眺めることができます。

IMG_6247

突然現れるのは県境をまたぐトンネルです。奥を覗くと山形県側の明かりが見えます。

IMG_6254

ここからは開渠(かいきょ)と呼ばれる蓋がかかっていな水路になります。

IMG_6248

IMG_6249

林道の終点は広い駐車場(改修工事時には資材置き場として使われた)があり、二つ目のトンネルの入り口が見えます。ここからは歩かないと横川の源流の取り入れ口に行くことはできません。

IMG_6251

トンネル入り口には横川堰の沿革が書かれた石碑が立っていました。

IMG_6252


この横川堰については、私の兄弟ブログバングラデシュ珍道中記」に登場する悪友が、同じ山形県農業土木事務所で働いていた関係上、記録を残しています。YouTubeにあるので紹介します。

「水土里の水源アーカイブ」
 https://www.youtube.com/watch?v=U2jWEGsz_uk

「ふるさと塾アーカイブ」 
 https://www.youtube.com/watch?v=G5E5G-Eet3o

昔から全国にあった水騒動の一つで、江戸時代には他県から提灯の明かりで測量をしながら水を持ってきたという先人たちの努力が伺い知ることができます。

慣行水利権という昔からの水の権利も明治なってから、ようやく、宮城県から認められるという歴史が今に続いています。

現在では蔵王エコーラインを車で走れば行けるようになった観光地・蔵王刈田岳を源流とする横川から、上山市の南東部に広がる田園地帯を潤す貴重な水資源を頂戴していたという事実を仙人に、とくと話して聞かせました。

IMG_6255

仙人が興味があったのは横川堰の歴史よりも林道が走るブナ林でした。仙人は人の歴史は大好きなのですが物の歴史は興味がありません。物も人が関わるのですが、歴史上の有名人しか興味の対象にならないのです。

林道沿いの鬱蒼としたブナ林を褒めちぎっていました。そんなにいい場所だと思うのなら、今度、一人で来ればいいと振りました。国道13号の交差点を東に折れると、誰でもわかる一本道なのですが、とても一人では来ることのできないのが仙人なのです。

取ったばかりのタケノコを来られなかった山仲間S氏の留守宅に届け、解散としました。





himajintaro at 22:24|PermalinkComments(0)

2020年05月11日

通勤路も葉桜になりました。

通勤路である霞城公園西濠もすっかり葉桜になり、新緑に気持ち良い季節になりました。

IMG_5739

朝通った時はバリケード🚧のままだった公園入り口も夕方には撤去されており、土塁の上を散歩やランニングする人の姿が見受けられました。ようやく、封鎖されていた霞城公園も開放されたようです。

IMG_5740

今年は霞城公園で花見ができずに残念でした。しかし、その分、リトルカブでの通勤時間に西濠の桜をゆっくり眺めることができました。毎年同じ道を走っているものの、気を付けて見ようとしていなかったと思います。

IMG_5741

コロナウィルスも早く終息して欲しいものです。



himajintaro at 18:26|PermalinkComments(0)