グループツーリング

2019年11月28日

どこに行っても親戚だらけ

2019.11.17

白鷹町滝野地区で行われた新そば祭りで美味しい新そばをいただき、遅山仙人が待ちに待ったコーヒータイムの予定地まで急ぎました。

山形市から滝野の新そば祭りまでの移動時間は3時間足らずでしたが、仙人にとっては、かなりハードなツーリングだったようです。特に、「突然、道が無くなる⁉」では、精神的な疲労感がどっと出たようです。

中山

滝野地区から主要地方道山形白鷹線を北上しました。山形白鷹線は山形市と白鷹町を結ぶ重要路線でした。路線バスも毎時1本は走り、子供の頃、母の実家があった白鷹山の麓、山辺町嶽原(たけばら)まで行くために路線バスを何回も利用しました。

しかし、国道348号の改良工事が始まり、トンネルができると、山形市と白鷹町との距離が短い国道348号に車の流れは奪われ、その後、急激な過疎化で人口が減り、山形白鷹線の通行量は激減し、路線バスも国道348号に移行されてしまいました。

西黒森

コーヒータイムの場所は、山形白鷹線沿いにある山辺町の馬牽原(まひきはら)展望台です。以前は、ここに「馬牽原展望台」の名前でバス停がありました。

IMG_3199

ここからは朝日連峰の大朝日岳(おおあさひだけ)、小朝日岳(こあさひだけ)、祝瓶山(いわいかめやま)を望むことができます。この駐車場になっているところは、以前、私の従弟の田んぼがあった所です。ここは、水の便が悪く、陸稲(おかぼ)しか栽培できませんでした。

IMG_3200

西黒森山は白鷹山が活火山だったころに噴火したカルデラ火山の外輪山になります。現在、県民の森として整備された中にある数々の湖沼群や集落が点在しているところは爆裂火口にできたものです。

この辺りは、馬牽原高原と呼ばれ、開拓で入植した人たちが西黒森という集落を作って暮らしていました。集落は西黒森山の名前から西黒森と言いますが、地元の人たちは、通称「馬牽」と呼んでいました。

私の母の妹たち夫婦も西黒森に住んでいました。陸稲やタバコ、果物を生産していました。遅山仙人の話では、仙人の遠縁の親戚も東黒森に住んでいたようです。

以前は、「馬牽」(西黒森)にはたくさんの人たちが住んでいましたが、今は、私の従弟夫婦の世帯しかありません。

IMG_3198

山辺町のこの辺りは作谷沢(さくやざわ)と呼ばれる広い地域です。「作」は大字北作、「谷」は大字畑谷、「沢」は大字簗沢という3つの字名の一文字ずつを合わせた造語です。

西黒森や嶽原は、大字では畑谷に属します。母親の親戚は作谷沢にたくさんいます。多分、私が会ったこともない6親等の傍系親族である「はとこ、またいとこ」はたくさんいると思われます。

以前にも紹介しましたが、仙人の親戚と私の伯父伯母が同じ墓の中に眠っています。仙人と話をすると、血のつながりは無くとも、私の親戚縁者と仙人の親戚縁者が近くに住んでいたとか、どこに行っても親戚だらけになるのです。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年11月21日

突然、道が無くなる⁉

2019.11.17

南陽市萩からいつもの広域基幹林道置賜東部線に入らずに、もう一本東側の林道を北上すると、次の目的地である「くぐり滝」に出られると考えてみました。

事前に
国土地理院2万5千分の1地形図とGoogleアースを見て、林の陰になり道形が無いところも見受けられましたが、とにかく、抜けられるだろうと判断しました。

くぐり滝

「天空の集落?」で使ったスマホアプリ「国土マップR」も利用しながら、途中、間違って戻る所もありましたが、何とか国土地理院2万5千分の1地形図の実線の道を進みました。

IMG_3086

IMG_3090

IMG_3093

IMG_3094

IMG_3095

国土マップR」で確認しながら、間もなく、「くぐり滝」であろうと思っていた矢先、突然、車道が無くなってしまいました。

IMG_3099

IMG_3101

IMG_3097

四輪車が走れるのは、ここまででした。車止めの木杭が1本立ってあり、ここから先は人が歩ける道になっていました。

通行止め

一体、何が起きてしまったのか。私は、この先がどうなっているか歩いて確かめに行きました。木の橋を渡り、川の脇の道を進むと「くぐり滝」が見えました。滝の部分は大きな岩になっており、岩を崩して道を作ると、せっかくの景観が台無しになるので、あえて、車は通さないことがわかりました。

しかし、小さなスーパーカブなら滝のそばまでは自走できるし、岩の部分は段差があるものの、2人でゆっくり移動すれば通り抜けらえることがわかりました。

IMG_3105

一緒に確認した遅山仙人に通り抜けを提案しましたが、木橋に怖気づいて、引き返そうと言い出しました。萩からの5.5kmを後戻りするのは勿体ないので、渋る仙人を説得しました。

仙人は私がリトルカブをもう一台もらったから、今乗っているリトルカブは大事にしないのかと苦し紛れの言い訳を始めました。日ごろから掃除も手入れもせずに車もバイクも野ざらしにしている仙人に言う資格はないのですが、溺れる者は藁をもつかみます。

IMG_3106

私が仙人のスーパーカブを運転し、橋を渡って、滝のそばまで行くという条件で納得させました。そして、滝のそばまで2台のカブをあっさり持ってゆきました。

IMG_3108

仙人は長年、寝るときも椅子に座ったままの生活を続けてきましたが、普段から運動もせず歩かないので、平衡感覚の衰えを感じるのか、恐怖感だけが先立つようになってきました。家の外に出て運動しないとカブにも乗れなくなると口酸っぱく言い続けてきましたが、自ら改善する気は全くなく、カブを運転できなくなる日は突然来るかもしれません。

IMG_3109

「くぐり滝」の水は、私たちが走ってきた林道と並行して流れ、岩の大きな空洞をくぐって落下していました。

IMG_3112

IMG_3114

IMG_3113

滝の真下までバイクで行けるのですが、途中に木橋が2か所あるので仙人はビビッて行かないと言っていました。

IMG_3115

IMG_3117

駐車所やトイレもありました。季節の良い時期は、たくさんのお客さんが来るのでしょう。時期が時期だけに、キノコ採りと思われる軽ワゴン車が滝の近くに停めてあっただけで、他には全く車がありませんでした。

IMG_3118

本来なら国道348号から南下してくるのが一般的ですが、今回、国土地理院2万5千分の1地形図を頼りに南から北上すると言う、アクロバティックなツーリングになりました。

ここからは、昼食を予定している白鷹町滝野の新そば祭りの会場を目指しました。


himajintaro at 13:59|PermalinkComments(0)

2019年11月20日

気になる「亀の子クラック」

2019.11.17

上山市滝沢の「龍神桜」を後にし、元来た道を少しだけ戻り、砂利道を下って行くと「立入禁止罰金二十万円」の上山市街地に抜ける道に合流します。

IMG_3071

IMG_3074

ここから、「立入禁止罰金二十万円」のコースを逆流する形で南陽市萩まで走って行きます。

滝沢萩

IMG_3075

山形県知事が書いた広域基幹林道黒森山線の竣工記念碑「天馬行空」を右手に進み、

IMG_3077

前回、長靴の忘れ物があった場所を過ぎ、

IMG_3080

まだ立入禁止罰金二十万円の看板があるのを確認して、

IMG_3081

「上台(わだい)屋敷」に山形ナンバーの4WD車がありました。

IMG_3082

そして、気になったのが「亀の子クラック」です。

IMG_3083

「上台(わだい)屋敷」のある筋の集落から萩までの間、前回はあまり気になりませんでしたが、今回目立ったのがアスファルト舗装の表面に無数に走るヒビ割れです。亀の甲羅のような模様になるので、業界用語で「亀の子クラック」と呼ばれています。

考えられるのは大型車両が頻繁に走り回った結果のような気がします。本来、林道なので伐採した木を運び出すために大型車は走りますが、頻度は高くないはずです。このため、一般の国道のようなアスファルトの厚みは無く、道路の基礎部分である路盤材(クラッシャーラン「骨材」と呼ばれる砕石)の厚みも薄いはずです。

路盤材の厚み不足や路盤の下の地盤が柔らかい場合であれば、所々が沈んで、沈んだ所だけ
「亀の子クラック」ができることもあります。この道路はかなりの距離で全体的にヒビ割れがあるので大型車が起因してかもしれません。

この林道と対照的なのは「薬莱山へ 田代キャンプ場を経由して二ツ石ダムへ」で紹介したロックフィルダム本体の岩石を運ぶダンプカーが走った道路です。道路の表面には目立った傷が全く付いていませんでした。

このまま放置しておくとどうなるかですが、
「亀の子クラック」が無い部分と比べれば劣化が著しく進み、アスファルトがヒビ割れに沿って剥がれてガタガタになってきます。谷あいの道なので落ち着いているようですが、尾根や盛土であれば、道路本体が崩壊する可能性が高くなります。

IMG_3084

「亀の子クラック」を気にしながら走ると南陽市萩の集落が見えてきました。

IMG_3085




himajintaro at 19:11|PermalinkComments(0)

2019年11月04日

朝ラーメンはしょっぱかった

2019.10.31

毎週末の天候不良により今年の紅葉のタイミングを逸したので、まだ、どこかは紅葉が良いだろうと天気の良い日を狙って年休消化をしました。

まずは、腹ごしらえということで、喜多方市で朝ラーメンを食べてから裏磐梯の紅葉を楽しむ計画をしました。

山形喜多方


朝暗いうちに山形を出発しました。前日の予報で放射冷却による霧が発生すると言われていたので快晴間違いなしと予想し、いつもの連れ合い遅山仙人と冬支度をして出かけました。

寒さで一番つらいのは、指先です。寒さ対策でハンドルカバーを付けたものの、だんだん指先が冷たくなっていきました。そんな時、仙人がホッカイロを取り出しました。手袋の中に入れると寒さが和らぎます。低温やけどをする恐れがあるので、私は二重に手袋を掛けた間にホッカイロを挟みました。

IMG_2605

山形市から米沢市までは旧国道13号を走りましたが、南陽市赤湯以南は霧が深く、ウェアーの前がびしょ濡れでした。

米沢からは日光へと続く国道121号を走りました。通称、大峠(おおとうげ)という呼び方をしますが、本来の大峠は現在の県境・大峠トンネルから5km南東にあります。昔は米沢街道と呼ばれていました。

IMG_2606

IMG_2608

紅葉のピークは過ぎていましたが、青空に生えてきれいでした。

IMG_2609

大峠トンネルは4km近い長いトンネルですが、内部は明るく広さを感じるのでリトルカブでも違和感なく走ることができます。

IMG_2612

大峠トンネルを抜けるとスノーシェッドを含めた13の連続したトンネルを潜ることになります。10番目のトンネルを過ぎたら右折して、旧道に入ります。ここまで様々な紛らわしい道案内がありますが、右折できるのは10番目のトンネルを過ぎた所だけです。

バイパスを走るのも手ですが、旧道を懐かしむのが一番です。仙人は旧道を走ったことがない、バイパスになってからしか走ったことがないと言います。旧道には旧国鉄の廃線になった日中線の記念館があり、除雪車や客車が展示されていることを知っていましたが、仙人には教えず、目的地へ急ぎました。

IMG_2615

旧道から喜多方市内に入り、ネットで探しておいた朝からやっている旧道沿いのラーメン店に行きました。仙人が行きたがっていた坂内食堂がこの日は定休日なので、坂内食堂に似た味で、値段の割にはチャーシューが厚くて多いという店を探しておきました。

ところが行ってみたら、臨時休業の貼紙がしてありました。あべ食堂には昨年行ったので、やむなく、まこと食堂に向かいました。朝7時30分の開店で7時50分に到着しましたが、すでに10人以上のお客さんが入っていました。座敷に案内されました。

IMG_2617

この店は、しょっぱい(塩辛い)ことで有名です。前日にも、職場の同僚から、まこと食堂はしょっぱいと言われていました。

同僚の話によると、元々、会津は美味しい醤油を作っている所なのに、その醤油を減らして、塩で味つけしている可能性が高い店が多いと言うのです。醤油系のラーメンの場合ですが。

以前、山形市内の蕎麦職人から聞いたことがあります。コストを下げるためにつけ汁の質を落として塩分を多くしている店が増えているとのこと。蕎麦は質を落とすと、直ぐに客離れします。つけ汁は出汁にコストがかかるため、材料を減らして、その分塩分を多くしていると言うのです。

朝、7時や7時30分から店を開けて、経営も大変だと思います。そこまでする必要があるのかと思いますが、私たちのようなアホなツーリストがいるからでしょう。

IMG_2621

ちょうど、お客さんも入れ替わりのタイミングでした。

IMG_2619

実は、朝早かったので仙人は起きることができるか心配でした。いつも、遠乗りの時は5時出発がザラなのですが、時計よりも太陽が生活のリズムになっているので、秋や春早くの早朝は苦手なのです。

本当は60代半ば過ぎにも関わらず、風体が風体なので老けた顔つきですが、楽しい、嬉しい時は笑顔になります。朝からラーメンが食えるとは思いもよらなかった、早起きして正解と言っていました。

IMG_2620

チャーシューメンを頼みました。もちろん、仙人も同じものです。

IMG_2622

ちょっと、小ぶりの丼ぶりにチャーシューが乗ったラーメンが出てきました。予想通り、ちょいと、塩辛さが残ります。太い縮れ麺で山形も同じ縮れなので馴染みがあります。チャーシューは薄かったです。スープは飲みませんでした。

ここで、仙人から、以前、ツーリングで食べたチャーシュー麺の話題が出ました。そこは、大江町のカネミ食堂です。2019年04月07日の「2019年最初のツーリングは墓参り」で紹介しています。丼ぶりの縁に垂れ下がるほどのたくさんのチャーシューでした。

値段とチャーシューの量ではカネミ食堂に軍配が上がります。味に関しては、まこと食堂でしょう。どちらも塩が効いていました。と言うような話題でした。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年11月01日

仙人を苦しめる凸凹

2017.11.3

木地山ダムから目的地である祝瓶(いわいかめ)山荘までは、地図上では野川沿いの緩やかな林の中を走っていくことになります。

木地山ダム

始めはダムの湖面をぐるりと回って行きます。

IMG_20171103_093020

IMG_20171103_114253

IMG_20171103_113521

IMG_20171103_093236

IMG_20171103_113352

IMG_20171103_113339_1

IMG_20171103_112819

東北のマッターホルンと呼ばれるピラミダルな祝瓶山が青空に生えます。

IMG_20171103_112844

ダムの湖面が終った辺りに山小屋があります。まだ、目的地ではありません。

IMG_20171103_093518

ここから先が、遅山仙人を苦しめる凸凹(でこぼこ)道となります。

IMG_20171103_094404

IMG_20171103_110751

仙人が苦手なのはカーブの多い道ですが、少しでも路面が荒れていると自転車並みのスピードになってしまいます。

最初は、17インチのタイヤの大きさが原因かと思い、14インチの私のリトルカブと交換して走ってみました。

スキーのように雪面の凹凸(おうとつ)を瞬時に判断して滑走するのと同じはずです。今になって分かったのですが、仙人はスキーは得意ではなかったのです。路面の凹凸はカーブの先の見えない対向車と同じで、恐怖でしかないのです。

極端な凹凸がある路面の衝撃の吸収方法として、モトクロスバイクのようにリトルカブで立ち乗りを仙人の前でやってみしました。これはバイクの師匠で山形県モトクロスチャンピオンだった山仲間から教えてもらいました。しかし、仙人には難しすぎました。とにかく、慎重に走るしかないのです。

仙人のペースで走ることとして、20分ぐらいで走れる、このルートを倍近くかかって目的地の祝瓶山荘に到着しました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)