グループツーリング

2019年09月18日

岩出山へ  有備館駅

遅山仙人がたまたま通りがかったのか、それとも、岩出山が目的地で中学生たちを引率したのか、疑問が残っていました。どうも、仙人の話は、はっきりしないことが多く、何年も後に真相がはっきりすることが多いのです。

仙人が降りたのか、乗ったままだったのかわからない有備館駅に行ってみました。

IMG_1688

駅は有備館の真向かい。駅舎らしからぬ建物です。

IMG_1684

IMG_1677

公民館の看板が見えます。

IMG_1681

伊達政宗の騎馬像があります。

IMG_1682

ホームに近いところに時刻表と券売機がありました。

若いJRの職員さんがホームの掃除をしていました。彼によると、ホームだけがJR用地で、大崎市の建物に時刻表と券売機を置かせてもらっているそうです。

この駅舎は社会教育施設の公民館なのです。

IMG_1675

コの字型の建物で、事務室と貸し出し用の会議室や自由に休憩できるスペースなどがありました。

公民館が他の機関の施設と併用されて例はたくさんあると思います。酒田市平田にある公民館は農協と併設されていました。駐在所が併設されているのを見たことがあります。

人が集まり、催し物がおこなわれる公民館と鉄道の駅が併設されているのは便利だと思います。

前述のJR職員は、同じ路線上に鳴子温泉や紅葉で有名な鳴子峡もあり、湯けむりラインが走っているので、有備館にもたくさんお客さんが来て欲しいと言っていました。


himajintaro at 06:36|PermalinkComments(0)

2019年09月17日

岩出山へ  有備館

有備館の開館が9時ということで、早速、駐車場にリトルカブを置いて歩いて行きました。

JR陸羽東線有備館駅と道路を挟んだ真向かいに有備館はありました。

IMG_1652

IMG_1692

受付の女性から、駐車場で黄色いジャンバーを着ていた人ですねと言われました。その女性は、私たちのバイクの隣の車の中にいた女性でした。勤務時間前に駐車場で待っていたようです。

岩出山へ  駐車場でモーニングコーヒーに出てくる女性も事務室の中にいました。別の男性も駐車場にいた私たちを覚えていたようです。職員みんなから面が割れていたようです。山形市内から来たと言ったら、みんなにビックリされました。

有備館01

有備館02

有備館03


IMG_1655

IMG_1657

IMG_1659

池の鯉はパブロフの犬状態で、たくさん寄ってきて、口をパクパクさせていました。受付で鯉用のえさが売っていました。

IMG_1660

IMG_1662

建物を含めて庭全体が丁寧に管理されている感じがしました。

IMG_1664

上の写真を見るとわかると思いますが、通路に敷き詰めてある細かい砂利ですが、京都大徳寺の枯山水のような熊手か何かで模様を付けているのがわかります。

これは、建物の回りも同じような模様がついていました。多分、開館前に岩出山へ  駐車場でモーニングコーヒーで夜勤をしている職員さんが毎日手入れをしているのかもしれません。

IMG_1665

IMG_1666

庭全体に大きな池があり、その周りをぐるっと回ることができます。池泉回遊式庭園と呼ばれる日本の庭園の特徴を持つ庭です。

IMG_1669

ちょうど萩の花が咲いていました。

IMG_1671

季節ごとに様々な彩を見せてくれるのでしょう。建物のそばにあるモミジがきれいに色づくのは11月上旬とのこと。

IMG_1674

11月上旬にもう一度来てもいいかなと思いました。ただ、この時期はバイクにはちょっと寒くなるし、国道347号鍋越峠か国道48号関山峠しか通ることができなくなります。

天気と気温次第で、年内にもう一度来ることも可能だと思います。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年09月16日

岩出山へ  駐車場でモーニングコーヒー

遅山仙人が迷子になるというトラブルがあったものの、最初の目的地である有備館に無事に到着しました。

午前8時だったので、まずは、モーニングコーヒーで一服と有備館の駐車場で若くないけどジベタリアンして、お湯を沸かしました。

IMG_1644

いつものようにアルマイトのやかんで湯を沸かし、フレンチプレスで薫り高いコーヒーを出しました。

IMG_1645

コーヒーを飲み上げたころ、オジさんが一人現れました。ジベタリアンしている近くに止めてある車の持ち主さんでした。

彼は、有備館の夜間勤務員で、多分、大崎市役所を定年でリタイアし、再雇用で有備館の職員をしていて、夜勤明けのようでした。

彼によると、有備館は伊達政宗が仙台城主になる前に岩出山の城主の時に建てた学問所だそうです。実際は、正宗の息子が建てたのではないかと言っていました。有備館は国の史跡指定になっているために、失火は厳禁で365日24時間監視が必要とのことでした。

カブによるツーリングを羨ましいと言っていました。我々のように登山をするそうです。

そんな話をしているうちに、女性が現れ、有備館の職員であることを彼が紹介してくれました。彼女は仙人のスーパーカブをレトロなバイクと言ってくれました。仙人が喜んだのか、悲しんだのか、その時はわかりませんでした。

IMG_1646

仙人が被っている帽子は姉妹ブログ「バングラデシュ珍道中記」の2019.9.11の記事羅名さんから帽子をいただきました。で紹介した帽子です。「東京だち」というアメリカの大学のイメージキャラクターが入っている、日本ではなかなか手に入らない帽子です。
東京だちYoutube https://youtu.be/BUZ2dnRE5mI 

IMG_1647
 
有備館は9時開館ということで、時間まで駐車場でゆっくりしていました。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年09月14日

岩出山へ 2019.9.13

うん十年前の女子高生から、宮城県利府町にある馬の背に行ってきたよというメッセージが入ったので、遅山仙人を連れてツーリングで行ってみようかと思いました。

69934603_2302025616561468_2512099171402514432_n

69939822_2302026073228089_6150708405586624512_o

早速、仙人を誘ったら、抵抗されました。彼は、道の両側が切れ落ちた部分が大の苦手なのです。思い出しました。何年か前に、山仲間で福島県伊達市の霊山登山に行ったときに、蟻の戸渡りという、登山道の両側が切れ落ちた部分を立って歩くことができず、這いつくばって、何とかクリアしました。

行先を変更して、仙人が以前言っていた、宮城県大崎市の岩出山(いわでやま)に行ってみることにしました。

仙人は中学校の教師だったころ、生徒の引率で、たまたま、通りがかったJR陸羽東線の見知らぬ駅の目の前に素晴らしい庭と古い木造の建物があったと私に言ったことがありました。

ちょうど、進物品として岩出山で買いたいものもあったので、いいタイミングでした。

IMG_1638

この日は大きな高気圧の影響で全国的に晴れという予想でしたが、嫌な朝焼けでした。

IMG_1640

岩出山へのルートは、宮城県から帰るときに、最近走っている国道347号鍋越トンネルを使い加美町へと、いつもの逆方向で走りました。

加美町中新田から国道457号を使って北上するのが4輪車としては普通なのでしょうが、カブのツーリングでは面白くないので、中新田の手前から左折して、山の中を走ることにしました。

山と言っても、丘陵地帯という感じで、ほとんど、トップギアで走れるような勾配でした。

岩出山01

岩出山の町に到着する直前、トラブルが起きました。この話は、次回としましょう。


himajintaro at 06:10|PermalinkComments(0)

2019年09月03日

紅葉の本導寺を行く 2014.10.26

遅山仙人の先祖が山形県西川町大井沢出身で、さらに、親戚が西川町本導寺(ほんどうじ)にいるという話を時々するので、本導寺に行ってみようかということになりました。

昔は本導寺は岩根沢 岩根沢三山神社編で紹介したような月山登山のベースキャンプ的な集落でした。

寒河江ダムの建設に伴う現在の国道112号(月山新道)ができる前は、月山や鶴岡市、酒田市へ向かう道路の宿場町でした。

この国道112号は交通量も多く、ツーリングには使いたくないルートなので、寒河江川の右岸を走るルートを取りました。

hondouji03

本当はGoogle マップのマイマップを使いたいのですが、肝心なGoogle Chromeでは、道路ポイントが飛んでもない場所を表示したり、Microsoft Edgeでも道路のルートをうまく染めてくれなかったりとかで不都合があり、諦めています。

hondouji02

寒河江川の右岸は交通量も少なく、快適に走れます。

西川町吉川に母の叔父が住んでいて、子供頃、今は無き三山電車に乗って海味(かいしゅう)まで行きました。三山電車は旧国鉄の羽前高松駅(寒河江市)から間沢駅(西川町)まで寒河江川と並行に走っていました。

ちょうど、この日は快晴で、紅葉前線が下の方まで降りてきて、とてもいいロケーションの中を走ることができました。

IMG_4472

IMG_4470

寒河江ダムの下流、横岫(よこぐき)にある新水ヶ瀞ダムに着いた時に、福島県伊達市保原に住む知り合いのベンガル人(バングラデシュ)の男性から朝早く電話が入りました。

この年の年末にバングラデシュ渡航を予定したのですが、バングラデシュの政治情勢が変化して、その対応をどうするかの連絡でした。前日の夜に、渡航先の学校の経営者から連絡が入っていました。

IMG_4473

新水ヶ瀞ダムの水は濁っていました。この年の夏、上流の寒河江ダムの水が濁って水道水として利用できなくなり大騒ぎをしました。この時期になっても、まだ、川の水の濁りは取れていませんでした。

寒河江ダムができてから、約35年でダムに砂利が溜まってダムの貯水量が大幅に減っている状況です。上流に朝日連峰や月山の山々が肩を並べています。分水嶺からダムまでの間で、毎年多くの砂利が発生し、ダムの貯水量を減らしています。

本来なら、海では砂浜の砂になっているはずなのですが、このように、上流からの砂利の供給が止まって、砂浜が痩せているのは全国的な傾向にあります。

ついでなので、もう一つ。寒河江ダムの水は山形県内陸部に広く供給されています。ただ、山形市に限って言えば、蔵王連峰にある蔵王ダムと最上川からの水で充分間に合っているのです。

ところが、周りの自治体に義理立てして寒河江ダムの高い水も買っているため、山形市の水道料金を上げる原因になっています。

IMG_4474

IMG_4479

hondouji01

仙人の親戚だと思われる家を探し出しました。本導寺にある湯殿山神社の神主の家でした。その家に人によると、近々、仙人の叔母が訪れる予定があるとのことでした。

hondouji04

自分の身内の家を見つけられたことで、仙人は大喜びでした。社会科の先生だけに、歴史には特に興味があり、自分の家系についても研究しています。ただ、近所の近い身内の悪口や批判をするのが玉に瑕です。

IMG_4487

紅葉に囲まれ、小春日和の暖かい本道寺で昼食を取り、2時間以上滞在しました。仙人は満足して、もと来た道を戻りました。

途中、寒河江市谷沢から広域農道(スーパー農道)に入り、中山町岩谷にある岩谷観音に立ち寄りました。ここは、現在、NHKで再放送している「おしん」の実家があった場所で主演の音羽信子が冬のロケで潰れた実家を訪れています。

IMG_4506

仙人よると、この岩谷地区の小学生の自宅を小学校教師だった仙人の母親が家庭訪問したとのことでした。

仙人に所縁のある場所を回った一日でした。

IMG_4510

夕焼けがきれいでした。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)