自然

2020年08月31日

天体観測 in キャンプ

2020.8.21

段々、暗くなった来ました。

IMG_0749

今回のキャンプの目的の一つは天体観測です。

IMG_0750

山仲間S氏は天体観測を趣味に持ち、社会人サークルでキャンプをすると、彼から星座の基礎知識を教えてもらいながら、みんなでロマンチックな夜空を眺めたものです。

その中で恋愛に発展した仲間がいたかどうかは分かりません。

IMG_0751

彼が持ってきたのは反射望遠鏡です。レンズ型の望遠鏡に比べると軽くて長さが短くできるのが特徴です。

一眼レンズカメラのレンズにもレフレックスと呼ばれる反射型の物が使われることがあります。スポーツ観戦時のマスコミのカメラはレンズ型の長くて大砲のようなレンズが使われています。まさしく、Canonと呼ばれるにふさわしいレンズです。

反射型の場合はレンズ式のような絞りと呼ばれる光の量を調整する機能はありません。このため、ピントが合っている奥行きを調整することはできませんし、露出はシャッタースピードだけで変える必要があります。光の反射でリング状のボケが出るのが特徴です。

IMG_0752

真っ暗になってから、木星や土星を見ました。彼によると木星の目と呼ばれる丸い模様や縞模様が見えることもあるそうですが、空気の湿度や上空の風の流れ具合で見えるときと見えない時があるそうです。今回は確認できませんでした。

土星は周りのリングを確認しました。土星のリングを肉眼で確認したのは生まれて初めてです。

彼によると望遠鏡や双眼鏡は倍率が大きければ大きい程良いのではないそうです。明るさや視野の広さ、歪が問題になることは知っていましたが、倍率が高くなると目的の物がすぐに動いて、捉えられなくなるそうです。実際、今回の木星や土星も、すぐに視野の輪の中から動いてしまい、素人では望遠鏡を動かして捉えるのは不可能でした。

流れ星は、トイレに行く途中に見つけたもの一つだけでした。

星空を眺めながら、まだまだ、四方山話は続きました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2020年07月05日

クロモジの葉が羨ましい

DSC02232

梅雨の時期、庭のクロモジの葉が羨ましい。こんなに水を弾くカッパが欲しい。きっと雨のツーリングが楽しくなる。

himajintaro at 07:02|PermalinkComments(0)

2020年05月11日

通勤路も葉桜になりました。

通勤路である霞城公園西濠もすっかり葉桜になり、新緑に気持ち良い季節になりました。

IMG_5739

朝通った時はバリケード🚧のままだった公園入り口も夕方には撤去されており、土塁の上を散歩やランニングする人の姿が見受けられました。ようやく、封鎖されていた霞城公園も開放されたようです。

IMG_5740

今年は霞城公園で花見ができずに残念でした。しかし、その分、リトルカブでの通勤時間に西濠の桜をゆっくり眺めることができました。毎年同じ道を走っているものの、気を付けて見ようとしていなかったと思います。

IMG_5741

コロナウィルスも早く終息して欲しいものです。



himajintaro at 18:26|PermalinkComments(0)

2020年05月02日

満開の桜を行くリトルカブ

上山市滝沢の龍神の桜を後に、前回「龍神の桜は一分咲き」のリベンジとして、二つの基幹林道を走つて白鷹町に抜けました。

途中、山の中の桜は、ほぼ満開でした。

IMG_5337

IMG_5338

IMG_5343

基幹林道黒森線を走ると南陽市萩に出ます。

IMG_5341

一旦、南陽市の市街地に向かう県道に入ります。

IMG_5345

吉野公園(写真上)の桜も満開でした。

IMG_5346

南陽市立萩小学校(写真上)の桜も満開でした。ここから基幹林道置賜東部線に入ります。

IMG_5347

いつも休憩を取る置賜大橋の桜も少しだけ咲いていました。

この日は曇がちでしたが、高い所に雲があったので山形県境の山々が良く見えました。望遠系の一眼レフを持って行かなかったので山の写真はあまり撮ってきませんでした。

置賜大橋の奥に蔵王連峰が見えました。

IMG_5348

IMG_5350

上の写真の奥に真っ白でピラミダルな大朝日岳が小さく写っています。その他、吾妻連峰、飯豊連峰が良く見えました。

IMG_5352

IMG_5353

基幹林道置賜東部線の終点、白鷹町浅立に入るころになると標高が下がったためか散り始め、桜の奥に長井葉山が見え隠れするようになります。

一旦、最上川を渡って北上しました。

IMG_5356

フラワー長井線を潜る少し手前で田んぼの中に桜並木を見つけました。種類の違う桜が植えられているようです。

さらに北上し、白鷹町鮎貝を越えて、高岡で一度離れた最上川に近づきます。

IMG_5359

対岸の国道287号にある道の駅「白鷹ヤナ公園」の鮎の簗場の上で、鯉のぼりは、いつものように悠々と泳いでいました。

この先、本来の目的地へ向かいました。


himajintaro at 07:21|PermalinkComments(0)

2020年04月29日

龍神の桜は満開でした。

丁度、一週間前の水曜日、代休を使って上山市滝沢の龍神の桜を見に行ったときは一分咲きでした。
4月25日の投稿「龍神の桜は一分咲き」で紹介しました。

一週間後の今日、リベンジで龍神の桜を見に行きました。

前回同様、サバ缶とキャベツでホットサンドを作り弁当にしました。

IMG_5320

IMG_5321

IMG_5322

コースは前回、上山市高松からの登りは同じですが、畑の中を通らないコースを取りました。

滝沢の専用駐車場には前回同様、車が一台もありませんでした。

IMG_5326

駐車場から満開である様子がうかがえました。

IMG_5333

IMG_5329

一週間経って、ほぼ満開でした。

IMG_5334

老木のためか、一部枯れている部分もありました。長井市の久保の桜は劣化が甚だしく、風前の灯的な感じです。この桜の方がまだまだ元気です。

IMG_5335

IMG_5336

根元には祠があり、賽銭を上げ、コロナウイルスの一日も早い終息を願い手を合わせてきました。。左側に寄付の箱があったので募金もしてきました。

IMG_5331

満開の龍神の桜を後に、前回同様、基幹林道黒森線へとリトルカブを走らせました。



himajintaro at 16:59|PermalinkComments(2)