自然

2019年05月21日

慣らし運転2 小坂峠

いよいよ慣らし運転パート2です。

前回(5月3日)は山形県南部に出かけたので、今回(5月10日)は北部へ。さらに、遅山仙人お勧めの食堂で昼食を取るために、その周辺を目指すことにしました。

仙人の隠れ家を朝8時に出発し、今回は寒河江市内を抜けて河北町谷地から村山葉山の麓を走る国道347号を使って北部方面に向かいました。普通、北部方面へは天童市寺津、山形空港、東根市長瀞を走って大石田町に抜けていく地図上の最短コースを取ります。

時間に余裕があるので、国道347号から大石田町に入り、開店時間すぐの最上川千本団子の前を通って、眺めの良い小坂峠で小休憩です。

小坂峠と同じ名前を持つ峠は旧羽州街道の伊達市国見に抜ける小坂峠ですが、この峠は「お花見ツーリングに出かけました。その1」で福島市の花見山公園に行くルートで通った場所です。

どちらも眺めのいい場所です。

IMG_20190511_092420

今回の大石田町の小坂峠は、以前も紹介しましたが、山形市内にあるきらやか銀行中央営業部の応接室に、ここから描いたと思われる絵画が飾ってあります。

朝早く、日の出直後に来たことがあります。また、夕日に染まるころにも来たことがあります。今まで何度も通ったことがあり、必ず、休憩を取る場所で愛着のあるところです。

仙人が勧める食堂は尾花沢市芦沢にあり、時間的余裕があるので、ここから、舟形町の若あゆ温泉に向かい、一風呂浴びることにしました。

himajintaro at 20:24|PermalinkComments(0)

2019年05月13日

慣らし運転 大平のユキツバキ

最上川に泳ぐ鯉のぼりがある白鷹町あゆ茶屋から40分。狐越街道を越えると白鷹山の麓にある山辺町嶽原(たけばら)に辿り着きます。ここは、私の母親の実家があった集落です。

白鷹山のすそ野に十数軒の農家が戦前から開墾して農地を切り開き、水田や畑を耕し、蚕や牛を飼って生計を立てていました。しかし、生活は厳しく、昭和の終わりごろから、徐々に山を下りる家が増え、現在は嶽原に居を構える人はいません。ただ、畑で野菜を作るために夏だけ生活している人はいるようです。

母親はこの集落の中心部にあった冬期分校に通い、そばにオオヤマザクラも咲いていましたが、今では分校の建物もなくなってしまいました。

嶽原から800mほど東に行くと山形市大平(おおだいら)の集落があります。ここは比較的新しい集落で戦後の開拓地です。それでも、住んでいる世帯は2~3軒でしょうか。この大平から少し離れた東側にミズバショウとユキツバキの群落地があります。

昨年もゴールデンウィーク前に遅山仙人とこの場所を訪れました。今回はゴールデンウィーク真っただ中の訪問となりました。

DSC01694

DSC01693

DSC01695

DSC01705

DSC01698

群生地は地元大平の人たちにより木道で整備されていましたが、嶽原と同じように過疎と高齢化の波にのまれ、だんだん、整備も立ち行かなくなっていました。現在は、もっと大きなエリアの地域で保全活動が行われるようになり、毎年、4月の最終土曜日にユキツバキ祭りというイベントが行われています。

DSC01709

DSC01691

このユキツバキには謂れがあります。山形で国民体育大会があった平成4年(1992年)の話です。

この国体の開会式にご出席されていた平成天皇(現上皇明仁)が山形県の関係者に対して山形県内のユキツバキについてご質問されたことがあります。この時は、県の関係者は陛下のご質問にお答えできなかったそうです。

陛下は事前に山形県内にユキツバキの群生地があることをお知りになられており、質問されたのだと思います。大平に群生地があることを地元の人間が知らなかったというエピソードです。

私たちがユキツバキの群生地を後に、駐車場に向かおうと歩いていたら、新庄市から来たというお孫さん連れの年配のご夫婦とすれ違いました。この群生地について質問されたので、群生地の概要と国体でのエピソードについて話をしたら喜んでくれました。

大平から山形市内に戻りました。丁度、150kmの慣らし運転が終わりました。思いのほか、パワーがなかったので、後日、調整することにしました。



himajintaro at 19:52|PermalinkComments(0)

2019年05月10日

慣らし運転 梨平の梨

長井市街地を横切り、飯豊町への県道から右折して長井ダムに向かいました。遅山仙人がリクエストした道路は、長井葉山の麓を飯豊町椿から白鷹町深山まで走る広域農道(スーパー農道)です。長井ダムに向かう道とクロスしています。

一昨年の秋、紅葉が素晴らしかった長井ダムの奥、朝日連峰の祝瓶山の登山口までツーリングした帰りに、この農道を走って帰りました。アップダウンはありますが、葉山の麓の林の中を走り、交通量が少なく、ツーリングには快適なコースです。仙人が一発で好きになったコースです。

IMG_20190503_133234

このルートの途中にロータリー式の交差点があります。海外で見かけたことがある信号機のない交差点です。確か、ドイツにジッパー法という交通ルールがあり、交差点などに進入するときは交差する車が一台ずつ交互に進入しなければならないという合理主義のドイツらしい法律だったような気がします。こういう法律がある所ではロータリー式の交差点があるのも納得がいきます。

DSC01684

IMG_20190503_134439

このルートの途中、長井市草岡で巨大な梨の木を見つけました。近くにある石碑に、この地が梨平であると説明書きがあり、周辺の杉林が生産森林組合による造林地であることがわかりました。

長井市草岡は長井葉山のすそ野に広がる開拓地だったに違いありません。梨の木もたくさんあり、梨平と呼ばれていたのでしょう。しかし、何らかの理由で梨の生産ができなくなり、今では杉林になり、梨の巨木が一本残っているだけなのかもしれません。

「久保の桜」が見るに堪えがたいほど弱っているのに対して、この梨の巨木は満開の白い花を付けて対照的な存在でした。

この場所でコーヒータイムとしました。


IMG_20190503_135748






himajintaro at 21:43|PermalinkComments(0)

2017年07月02日

栗の花の香






原チャリツーリングの楽しみの一つに、季節の花々の香や草刈りをした後の草の香などを楽しめることがあります。トロトロと低速で走る原チャリならでは醍醐味です。

今は、栗の花が真っ盛り。甘い香りもしますが、塩素の臭いがすると言う人もいます。好みが分かれる花です。

四輪では味わえない二輪ならではの嬉しい感覚だと山仲間の「遅山仙人(おくれやませんにん)」は自慢の髭を撫でながら楽しそうに話すのでした。

himajintaro at 21:49|PermalinkComments(0)