ツーリング

2019年07月16日

クラゲ見るために月山を越えて

風前の灯だった田舎の水族館をリニュアルオープンした山形県鶴岡市加茂にある加茂水族館。クラゲ水族館としてあっという間に、全国にその名を轟かせて5年が経ちました。

まだ、クラゲ水族館になってから一度も行ったことがないので、7月5日の金曜日にいつもの遅山仙人を誘い、月山の六十里越街道を走ることにしました。

DSC01809

遠方に映る月山はまだ白く、冬季閉鎖から開通した国道112号を走るのは2年ぶりです。仙人は新庄市西部の戸沢村を回る国道47号ルートと思っていたようですが、遠回りになるので、このルートを選択しました。

IMG_20190705_055606

日の出前に出発し、大型車の交通量が多い寒河江市経由の112号を走らずに、いつもの寒河江川右岸を遡り、本道寺から112号に入りました。

IMG_20190705_061700

寒河江ダムを過ぎて、月山へ向かう旧道六十里越をめざします。ここから直進は自動車専用道路になるので、自動二輪でないと走ることができません。

IMG_20190705_062348

IMG_20190705_063046

弓張平公園までの上り坂でエンジンをうならせ、志津の旅館街を通り抜け、夏スキーで有名な月山までの交差点を直進します。

IMG_20190705_063535

ここからは、ほとんど、平日の交通量は無く、急なアップダウンも少なく、ブナ林の中を走り抜ける快適なワインディングロードとなります。平日ではありましたが、この日はネマガリタケ(ササタケ、通称月山タケ)を取る人たちと思われる車が何台か止まっていました。今年は、遅くまでササタケが出たようです。

IMG_20190705_064242

IMG_20190705_064849

山形県西川町と鶴岡市の境。(写真上)山形県内4地域の内、内陸地方(西川町)と庄内地方(鶴岡市)の境界になる場所です。月山と朝日連峰が連なる峠になっていて、真下に自動車専用道路、通称「月山新道」の月山第一トンネルが走っています。

IMG_20190705_065604

しばらく、下っていくと出羽三山信仰の聖地である湯殿山神社に上る有料道路(自動車専用道路)の入り口に出ます。ちなみに、湯殿山神社にある湯泉がご神体で、女性の秘部とされていたため、女人禁制の時代がありました。ここまで、仙人の自宅から2時間です。

IMG_20190705_070416

そして、月山第二トンネルの真上(写真下)も旧道が走っています。

IMG_20190705_070421

ここから、徐々に景色が変わっていきます。

IMG_20190705_070744

IMG_20190705_070748

ブナ林が開け、この先から一気に下ります。多層民家がある鶴岡市田麦俣(旧朝日村田麦俣)集落の手前に七ツ滝があり、いつも小休憩を取ります。

DSC01843

DSC01844

DSC01841

DSC01840

七ツ滝を下ると直ぐ田麦俣に出ます。多層民家というと茅葺屋根が有名ですが、現在は2軒だけになってしまいました。

IMG_20190705_072211

田麦俣から止む無く交通量の多い自動車専用道路でない112号に入ります。

IMG_20190705_072556

旧朝日村落合で仙人を待っていましたが、10分以上経っても来ませんでした。

遅れてきた仙人に訊ねたら、月山ダムを過ぎ、米の粉ドライブインのあたりから仙人のスーパーカブはだんだん、パワーが落ち、エンジンが止まりそうになったそうです。

道路に停めて、アクセルを全開にするとパワーが戻ってきたそうです。仙人はエンジンブレーキをかけずにトップのままブレーキだけで降りてきたそうです。推測するに、エンジンが冷え切ったためにパワーが落ちたと思われます。それにしてもエンジンブレーキをかけずに降りるとは危険極まりないのです。彼はスピードを上手にコントロールできないため恐怖感がつのり、極端に緊張するので余計疲れます。

IMG_20190705_082151

エンジンの動きが戻ってきた仙人とともに鶴岡市街地に入らず、112号から青龍寺、大山を通って、トンネルを抜けると加茂の港です。この先のT字路を左折し、県立加茂水産高校の前を走ると、ほどなく目的地の加茂水族館に到着しました。

IMG_20190705_082600

IMG_20190705_085139

IMG_20190705_085148

開館時間午前9時の40分前に到着したので、休憩していましたが、平日というのに他県ナンバーの車がどんどん入ってきました。それも、東北以外のナンバーでした。さらに福島交通の観光バスが入ってきました。

驚いているうちに開館時間になりました。

himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年04月16日

お花見ツーリングに出かけました。その2


伊達市保原を南下して国道115号線から左折すると女性の誘導員らしき方がいたので、バイクの駐車場について案内してもらいました。事前に、ホームページでバイクの駐車場は花見山への登り口付近にあることを調べておいたので、確認の意味で、そこまでのルートを案内してもらいました。

阿武隈川の河川敷にかなりの数の乗用車が駐車していて、臨時バス停から花見山へのバスに乗ろうとする人たちで行列を作っていました。

私たちは誘導員の案内の通り、バスの駐車場までバイクを走らせました。そこは観光バスの駐車と福島駅や臨時駐車場からのシャトルバスの発着所になっていました。シャトルバスは一人500円の協力金を払って乗れるようでしたが、バイクは駐車料金はかかりませんでした。

平日にもかかわらず、次々にシャトルバスが駐車場に入ってきて、たくさんの花見客を降ろしては、帰る客を乗せて出発するというピストン輸送の状態でした。



駐車場には案内所とトイレがあり、ボランティアらしき人たちが案内をしていました。アンケートを取っているオバちゃんと少し話をしてきました。外国人対応のコーナーとたくさんのボランティアさんもいました。

駐車場から花見山の登り口までは少し歩かなければなりません。











途中、所々に土産物屋があり、人、人、人で、花見ではなく人見の状態でした。多くの年配のカメラ小僧が三脚と一眼レフで通路に陣取っていました。



自分の裏山に花の咲く木を植えた苗木農家が、春先の花の時期に一般公開したことがきっかけで多くの人が訪れるようになり、一大観光地化したものです。農家の家の前から、狭い山道を大勢の人たちが数珠つなぎで歩き回る光景は、ある意味、異様に感じられました。撮影ポイントでは大渋滞になります。

いくつかの散策コースになっていました。一番長い60分コースは山全体が見渡せるコースのようでしたが、私たちは半分の30分コースで花見山の雰囲気を味わいました。









あいにくの天気でしたが、雪が山肌に残り、桜が咲いているという珍しい光景になりました。桜のほかには、モクレン、レンギョウ、ボケ、ツバキなどの春の花々が咲き乱れ、桜だけの花見とは違った花見で人気の秘密かもしれません。

フランスの作家ジャン・ジオノの小説「木を植えた男」のような話を福島で見ることができました。

11時ころ、駐車場を後にし、来た道をもどって、伊達市保原に向かいました。


himajintaro at 20:41|PermalinkComments(0)

2019年04月13日

お花見ツーリングに出かけました。その1


私が住んでいる山形市内は、4月というのに寒さが続き、なかなか桜の開花宣言が出ませんでした。開花宣言が出たと思ったら、翌日に積雪になってしまいました。

前回の4月7日のツーリングで遅山仙人が福島市の花見山公園をしきりに気にしていたので、昨日(4月12日)、仙人を連れて花見山公園に連れて行くことにしました。

実は、昨日は、もう一人の山仲間と山形市内にある旧山形城跡「霞城公園」で花見という大宴会をつつましくする予定でしたが、「桜はまだかいな」で次週に延期することになり、空いた日程に花見山公園を入れたのです。

出発前に、仙人がタイヤに着いた融雪剤を気にしていたので、タイヤ用のスプレークリーナーをかけたのですが、手遅れの状態でした。乾いても同じ状態でした。ホイルも錆びてきました。







元々、マイカーも何でも使いっぱなしで、メンテナンスなどしたことがない奇人変人が消雪剤について気にしたので、出発前にクリーナーを使ってみました。

福島市内へは、通常、地図上の最短コースを走りますが、上山市から宮城県七ヶ宿町干蒲まで抜ける金山峠は4月26日まで、七ヶ宿町小駕籠沢から稲子、福島市茂庭に抜ける稲子峠、国道399号線は5月17日まで積雪のため通行止めになっています。

このため、今回は、高畠町二井宿から二井宿峠を越えて国道113号線で七ヶ宿町を縦断し、七ヶ宿ダムの真下の材木岩入口から宿場町の戸沢を走り、小坂峠を越えて福島県伊達市国見に抜けるルートにしました。

二井宿峠で摂氏1℃でとても寒いツーリングでした。前日の雪がかなり残っていました。





小坂峠は羽州街道の最南端にあります。松尾芭蕉は金山峠、七ヶ宿、小坂峠を通り、国見で奥羽街道に入って江戸に帰ったと言われています。

ここから、急こう配の峠道を一気に下り、国見に出ると交通量の多い国道4号線を避けて伊達市の保原経由で福島市の花見山公園に向かいました。

himajintaro at 10:00|PermalinkComments(0)

2019年03月02日

リトルカブでのお墓参り再開


昨年の6月から月の初めに身内や親戚のお墓参りを続けてきましたが、1月と2月は雪のためマイカーでお参りをしました。

今年の冬は雪も少なく、今日からリトルカブでのお参りを再開しました。

今日は、まだ冷たい風が吹き、ロウソクに火を灯すのが大変でした。



父親の本家の寺院で、お参りが終わってリトルカブに戻ったところ住職に声をかけられました。住職はどの墓にお参りしたかを見ていて、墓に眠る仏と同じ苗字か聞かれました。

すると、住職と話をしていたお婆さんと同じ苗字だと言うのです。そのお婆さんは私の親戚で、そろばん塾の先生をしていた方でした。私は小学生の時に父親の勧めでそのそろばん塾でそろばんを習っていたのです。

そのお婆さんの家が下駄屋をしていたので、下駄屋だと言われて、すぐにそろばんの先生だったことを思い出しました。私のことは、よく、覚えてくれていました。

懐かしく、しかも、偶然にも、先生とお会いできて嬉しくなり、先生といろいいろな話をしました。

ご先祖様たちが先生に逢わせてくれたと思いました。

住職にお礼と来月も墓参に来ることを伝え、次の寺院に向かいました。



himajintaro at 22:21|PermalinkComments(0)

2019年02月24日

昨年のツーリング実績


昨年のツーリングをまとめてみました。

のべ18日、走行距離は3,160km。最長距離は一泊二日で出かけた牡鹿半島の445kmでした。

昨年の特徴としては、山形県内のうち、内陸地方の全ての市町村を走破しました。特に、今まで行っていなかった小国町に行けたことです。この日は快晴で、飯豊連峰が一望できる樽水峠からの眺望が最高でした。夏はテントを張り、オンザロックのウイスキーを片手に、星降る夜を楽しみたい場所です。

眺望に関しては、牡鹿半島突端の御番所山から見下ろす太平洋の迫力は一見の価値があると思います。コースとしても、牡鹿半島は女川町から登ってしまうと半島の背骨をワインディングするルートは非弱なリトルカブでも楽しく快適に走れるコースです。

走りに関しては、酷道と言われている国道458号(本当は県管理国道、旧県道・新庄大江線)が久しぶりに通行でき、舗装部分が多くなり、寒河江市幸生から大蔵村肘折温泉まで快適に走行できるようになりました。

山形県と宮城県の峠越えのルートの内、昨年は上山市古屋敷から宮城県七ヶ宿町硯石に抜ける南蔵王林道、横川(舟引)林道を走破しました。奥羽山脈を越えるルートでは一番の悪路ですが、南屏風岳と不忘山の西側を流れる横川沿いに走る林道は新緑と紅葉と魚が期待できそうです。

以前から行きたかった、赤倉温泉から県境を越えて、宮城県加美町宮崎に抜けるルートは走ることができませんでした。また、上山市赤山から宮城県七ヶ宿町干蒲に抜ける金山峠は災害復旧工事のため一度も通ることができませんでした。

食事については22回のうち13回は蕎麦を食べ、蕎麦三昧でした。極太麺では大石田町大浦の「わらぐちそば」、極細麺は喜多方市山都の「弘法そば」。十割更科系で味のバランスがよく県外客が多かったのは白鷹町広野の「千利庵」。地域おこし系では小国町叶水の「水源の郷交流館」の手打ち蕎麦が美味しく、大蔵村南山の「ふるさと味来館」の「とりもり」は盛り蕎麦と鳥蕎麦のセットでコスパ最高でした。

今年の目標については、別のタイミングで、県境越えのルートの紹介とともに掲載したいと思います。



himajintaro at 14:27|PermalinkComments(0)