単独ツーリング

2020年11月07日

結局、今年は稲子峠越えられず

2020.10.30

遅山仙人とは相変わらず連絡は取れず、県外への単独ツーリングを試みました。

9月の初めに宮城県七ヶ宿町役場に稲子峠が通れるか確認したところ、10月には通行可能になるだろうという返事でした。10月29日、再度、七ヶ宿役場に確認を入れたところ、工事が終わらず通行のメドが立たないということでした。この時期ならば、そのまま、冬季閉鎖になってしまいます。

今回のルートは、福島県伊達市から阿武隈川沿いに下って、宮城県丸森町から仙台市秋保温泉へと地図上の最短コースを一気に北上する予定でした。

鳩峰

最初は、朝6時に出発する予定でしたが、稲子峠が通れなくなり、七ヶ宿沿いの国道113号を走って小坂峠を越えて国見に出るのでは味気ないので、国道399号の鳩峰峠を越えることにして、予定より一時間早く出発しました。

IMG_3869 (リサイズ済み)

日の出前に出発し、上山市三吉山上空、東の空に金星らしき明るい星を見ながら24時間営業のガソリンスタンドに立ち寄りました。

IMG_3872

旧羽州街道の宿場町、上山市楢下(ならげ)から、本来なら羽州街道の金山峠を越え、七ヶ宿町湯原(ゆのはら)から稲子峠を越えて国道399号に合流し、摺上川(すりかみがわ)沿いに福島市飯坂温泉に抜けるのが山形市からの地図上の最短コースです。このルートは摺上川ダムができる以前の30年以上前から走っているルートです。

今回は残念ながら、柏木トンネルを抜けて高畠町二井宿に出て、国道399号の鳩峰峠を越える迂回ルートを選択しました。

出発した時は晴れていたのですが、楢下を過ぎたあたりから小雨がパラつくようになりました。

IMG_3876

鳩峰峠はつづら折りのコースで、真っ赤なドォカティを乗り回す若い知人をして疲れて二度と走りたくないと言わせた難コースです。リトルカブではカーブの多さや細かさがツーリングの醍醐味ですが、広くて直線を走ることを得意とする大型バイクでは車体を操るだけでも一苦労なのでしょう。

IMG_3877

IMG_3878

紅葉はイマイチ、パッとしませんでした。緑と黄色と赤が上手く混ざり合ってコントラストを高めると、きれいだなと思えるのですが、単色だけになると天気が悪い時は不利になります。

IMG_3879

峠付近はガスがかかっていました。ここまで一気に上ってきましたが、ここからはつづら折りが少なくなり、道幅も広くなります。このように山形県側が切れ落ちて、つづら折り、宮城県側が緩やかになるルートは複数あります。北から最上町と鬼首を結ぶ花立峠、前述の金山峠、二井宿峠と鳩峰峠です。道路設計上のコース取りも要因ではあるとは思います。

IMG_3883

IMG_3885

鳩峰峠を下ると仙台藩足軽の集落、宮城県七ヶ宿町稲子(いねご、いなご)に出ます。現在は一人だけの住人となり廃村寸前です。

IMG_3886

通行止めの看板があり、10月30日までと書いてありましたが、前述のとおり役場の職員の話では開通の目途が立っていないということでした。

ここからは、私が好きな国道399号のルートになります。

IMG_3891

あいにくの曇りがちの天気でしたが、宮城県側の方が紅葉はきれいでした。

IMG_3894

IMG_3895

IMG_3896

このルートでは必ずと言っていい程、猿の群れに出会います。今回は摺上川ダムの下流で見つけました。さらにこの日は、もっと下流の茂庭の集落の中でも数匹の猿を見つけました。今まで、集落の中で猿を見つけたことは無かったのですが、この時期は山の食べ物も少なくなり、猿も人里に下りてきているのでしょう。

今年は、市街地でも熊の目撃情報が多くありました。今まで動物たちの生息域で山菜取りやキノコ採りをしてきた私たちですが、逆に今度は人間の生息域に動物たちが近寄ってきているようです。

IMG_3897

飯坂温泉の手前にある道祖神は、最近はめっきり寂しくなりました。以前は、たくさんのご神体があり、賑わいがありました。元々の祭られていた場所に帰ったのか、それとも、長期出張に出かけられたのか。

ディスプレーすることが、昨今のセクハラ、パワハラへの風当たりの悪さから委縮してしまったとなれば、ある意味、残念なことでもあります。

IMG_3898

ここから、飯坂温泉をかすめて伊達市をめざしました。


himajintaro at 08:38|PermalinkComments(0)

2020年10月29日

遊園地の成れの果て

2020.10.18

毎月恒例のお墓参りの最終地点、山形霊園でお参りを済ませた後、久しぶりに、墓地から上に登っていきました。

山形霊園から僅か登っていくと、昔、花夢花夢(かむかむ)というお花畑と遊戯施設が併設されたレジャー施設がありました。

様々な種類の園芸種の花々が広大な敷地に咲き乱れて、見る人々の心を癒しました。

IMG_3600

さらに敷地内には、大観覧車、ゴーカート、パターゴルフ、ボールプールなどの遊戯施設とジンギスカンや軽食が取れる食堂やオリジナルの土産物や草花の売店などがありました。

IMG_3597

大人から子供まで、じゅぶんに楽しめるレジャー施設でした。季節により咲いている花も変わり、私も子供たちを連れて何度も出かけました。

IMG_3599

ところが、この施設を経営している建設会社が経営破綻してしまいます。バブル全盛期に公共事業を手掛ける中堅企業でした。

IMG_3603

ウィキペディア(Wikipedia)に簡単な経過が載っていますし、ネット検索するとたくさんの写真が出てきます。

プロゴルファー横峯さくらさんのお父様が再建に乗り出しますが、頓挫してしまいます。

IMG_3601

花夢花夢は元々、林地開発と都市開発の許可を受けて造成されたのですが、経営者が倒産したことにより、横峯さんは、再度、開発許可を取り直す必要に迫られました。

ところが、敷地全体を借地としていたため、所有者の同意が許可の条件となりました。無数にいる登記簿上の地権者と地権者の死亡による法定相続人の数は想像を絶する数となりました。

IMG_3598

現存する所有者と相続人全員を特定し、同意の判を得るには、莫大な費用と膨大な時間がかかることがわかり、再建計画は頓挫してしまいました。

駐車場には太陽光パネルが設置してありました。

IMG_3594

大観覧車は鋼材の原料として解体して売られていきました。

IMG_3596

建物はほとんど残っていますが、朽ちて崩れ落ちるのは時間の問題です。

IMG_3618

職場の宴会でジンギスカンを食べたことを思い出します。

IMG_3602

管理者のいない花夢花夢は草木が生い茂り、元の山林に戻っていきます。

IMG_3605

ゴルフ練習場だけが開発許可を受け、営業を続けています。

IMG_3604


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2020年10月28日

逆回り墓参り

2020.10.18

毎月恒例、第一日曜日の親類縁者の墓参りは10月は行くことができず、遅れて18日になりました。

通常、最後に行く、妻の父親の墓地は、前々日の16日に白鷹山の帰りに立ち寄ったので割愛し、いつもとは逆回りで墓参りツアーに出かけました。

最初は、山形市村木沢の等栄寺。この寺には、母方の身内が三基七尊が眠っていますが、8月15日に父方の従姉が亡くなったので、近いうちに一基一尊が増えることになります。

IMG_3576

従姉の葬儀にはコロナの影響で家族しか出席できませんでした。東京に住んでいる次男家族は葬儀のため帰郷することも許されず、家族も病院での面会は亡くなる直前に許されたということで、本人も家族も、親しくしていた私も寂しい思いをしました。

次は等栄寺から山形市街地を横断して、山家(やんべ)の金勝寺。ここは、一基三尊が眠っています。このうち、一尊は、以前も紹介した遅山仙人の身内です。

IMG_3581

谷あいに建てられた寺院ですが、すり鉢状の斜面に墓が立っています。私の身内の墓は一番下にあるので、お墓参りも楽ですが、斜面のお墓では年を取ってから墓参りは厳しくなることでしょう。

IMG_3582

IMG_3584

続いては、山形市街地の中心部に入ってきて、緑町の唯法寺です。この界隈には浄土真宗の十四ケ寺が集まっています。その昔、山形城の城主だった最上義光(もがみよしあき)が1500年代に浄土真宗の寺を集めて街づくりを進めたとされています。このため、通称、寺町と呼ばれています。

IMG_3587

この寺は、元々、蔵王温泉にあったものをこの場所に移したものです。このため、檀家のほとんどは旧堀田村(現在の蔵王温泉や堀田地区)の人々です。私のルーツは蔵王温泉のようです。

IMG_3585

ここには、父の実家の一基五尊が眠っています。

先代のご住職は旧制山形中学校(現在の山形東高等学校)の野球部で夏の甲子園でエースピッチャーとして活躍された方です。現在は、娘さんが後を取られています。

以前、蝋燭の火で失火し、現在は鉄筋コンクリートの本堂と庫裡になっています。

この後、近くの蔵米(くらまい)だんご武田米店に立ち寄りました。米屋さんですが、自家製の団子も美味しく、米の配達とともに量が多いと団子の配達もしてくれます。

日曜日は店は休みですが、店主が知り合いで、用事があったために立ち寄りました。

この近所は、前述のとおり、寺町と呼ばれ、この町の街づくりをしている羽州寺町界隈振興会という団体があり、この店主は団体の会長をしています。私も、この団体に所属しています。

西隣のBar Ber Shop しみずは行きつけの床屋さんです。さらに西隣の富輪(ふうりん)商会から、今のリトルカブを買いました。

さらに、ここから北にあるうなぎ・郷土料理あげつまも行きつけのお店です。オーナーが団体の会員のため、総会や会議等で使わせていただいています。高級料理店で敷居が高いと言われていますが、私たちがここで宴会をするときは5千円以上出したことはありません。

寺町を後にして、パソコンの組み立て用の材料調達で清住町にあるパソコン工房に立ち寄りました。ノートパソコンを分解修理していたのですが、CPU用のグリスの手持ちがなかったので、ここに立ち寄りました。

IMG_3589

パソコンの部品も、ほとんどがネットで買える時代ですが、数百円の小さな部品は店で買った方が早いのです。ただ、パソコン専用となると、山形市内ではこの店しかありません。一般的な電子部品なら山形の秋葉原、笹原デンキを利用します。

最後に、山形霊園に向かいました。元々、寺町の唯法寺の檀家でしたが、寺の敷地には空いている土地が無く、この霊園に墓地を求めました。その後、葬式仏教に嫌気がさし、ハガキ一枚で住職と檀家総代あての離団届を出して檀家を辞めて、現在、無所属となっています。

IMG_3590

この墓地には、私の先祖、三尊が眠っています。高台にあり、山形市内が一望できる良い場所にあります。

IMG_3591

この日は、計六基十三尊のお参りを済ませました。

コロナの影響で、葬式仏教にも陰りが見え始めています。コロナ以前から、仏壇や墓石が売れない時代になってきました。改めて、宗教を見つめ直す、いい機会だと思います。

himajintaro at 06:04|PermalinkComments(0)

2020年10月23日

翁山のリベンジならず、白鷹山へ

2020.10.16

昨年11月22日、山仲間3人で山形県尾花沢市と宮城県加美町にまたがる翁山(おきなさん)に登山をする予定で登山口に向かいましたが、予想より多い積雪により途中で断念しました。この時の様子は蕎麦屋「ふくろう」の天ぷらは増量進行中で紹介してます。

そこで、今年こそはリベンジとして10月16日に翁山を登る計画を立てましたが、山仲間S氏が腰を痛め、遅山仙人が音信不通となり、翁山はあきらめて、単独で白鷹山に向かうことにしました。

白鷹山03

山形市の西部、白鷹丘陵の最高峰・白鷹山(しらたかやま)は山形市におけるお天気情報の山として昔から市民に親しまれてきました。白鷹山が曇ると雨が降ってくるという言い伝え通り、しばらくすると雨が降ってきます。現に、白鷹山から西に延びる尾根には東日本をカバーする雨雲レーダーが設置されています。

白鷹山は県民の森湖沼群の南西部に位置し、カルデラ外輪山を形成しています。

干ばつの年に白鷹山に登る途中、水の入った瓢箪を転んで落としたため蓋が外れて沼がたくさんできたという昔話が残っています。

湖沼群の中の曲沼(まがぬま)は10月2日のツーリングで紹介したジュンサイの生息地です。

白鷹山01

登山ルートはたくさんありますが、私は山辺町畑谷の嶽原(たけばら)から登って、山形市門伝の大平に下りてくるパターンが大半です。

嶽原は私の母が生まれ育った所で、私は幼いころから従弟たちと何度も白鷹山に登っています。しかし、台風9号の土砂崩れにより通行止めになっていました。

IMG_3412

IMG_3413

やむなく、大平に引き返して、大平から登ることにしました。

白鷹山02

IMG_3414

大平のT字路には道標が立っていますが、登山道の入り口には標識が無いので分からにかもしれません。そのまま、道路なりに進んでも登山口に出ますが、大回りなので、登山道に入ります。

IMG_3416

沢沿いの畑の中の道を進むと、ようやく案内標識が出てきます。

IMG_3419

IMG_3420

IMG_3421

杉林の中に入ります。

IMG_3422

IMG_3423

杉林を抜け、尾根の立ち上がりの所に「うがい場」と呼ばれる水場があります。ここから先は水場が無いので、ここで美味しい水を汲みます。

IMG_3425

IMG_3426

うがい場周辺は平成天皇で有名になったユキツバキの群生地になっています。

IMG_3428

尾根を登り始めると東北電力の送電線の鉄塔が立っています。私たちの生活にとっては欠かせない電力線ですが風景を台無しにしていると言っても過言ではありません。

IMG_3429

IMG_3430

ここから急登が始まります。階段になっているので歩きやすいのですが、このルート最大の難所です。

IMG_3431

ブナ林になり、途中に大きなブナの木が登山道の真ん中に立っています。

IMG_3432

今年の5月に作ったのか、「大鷹ぶな」という手作りの看板が枝にかけてありました。白鷹丘陵では最大のブナの木です。もっと低い山で、このぐらい太いブナの木は鶴岡市の日本海側にある高館山にあります。

IMG_3433

上から見ると、こんな感じです。写真下

IMG_3434

大鷹ぶなを過ぎると登りは緩くなり、右斜面はカラマツの林に変わります。

IMG_3435

左はブナ、ナラ、右はカラマツの登山道を進むと上山市の放牧場からのコースと合流します。

IMG_3436

IMG_3437

ここから、尾根を800m進みます。尾根のトップを走る以前からの登山道と幅の広い登山道が並行して走ります。幅の広い登山道もしばらく前にできたものです。

20年以上前、山仲間O氏と山スキーで大平から放牧場に登り、そこから幅の広い登山道を登っていきました。山頂直下までスノーモービルが走っていたので、山スキーで登りやすく、帰りも快適に下ることができました。

IMG_3438

私は右の道を歩きました。

IMG_3439

尾根沿いにブナが続き、真っ赤になるモミジなどは、まだ色が付いていませんでした。

IMG_3440

まだ、朝の8時半ごろで空気も澄んでいて、カルデラの外輪山である東黒森山、その奥に山形盆地が広がり、蔵王連峰、甑岳、村山葉山の山々が良く見えました。

IMG_3441

IMG_3442

幅の広い登山道はここで終わりです。ここから、少しだけ登りがきつくなります。

IMG_3443

朝の横からの光がブナの影を登山道に落としています。

IMG_3444

昔、嶽原の祖父から「天狗の相撲取り場」という場所があると教えられました。急斜面で夏はとても登れないので、3月の初め、雪が硬くなったところを見計らって、その場所に登って行ったことがあります。その場所が、上の写真の奥になります。

とても、相撲が取れるほど広い場所ではありませんが、ちょっとだけ尾長が平らになっています。天狗は宙に舞うことができるので、ちょっとだけ平らな場所があれば良かったのかもしれません。

IMG_3447

山頂直下で、一旦、南側にトラバース(巻いて)します。

IMG_3448

トラバースした先はT字路になっており、南陽市小滝から登ってくる石段と合流します。こちらが白鷹山の表玄関となります。

IMG_3449

IMG_3451

石段はとても急で、経年変化で水平の部分がとても狭くなっていて、大人の足では蟹股かカニの横歩きでないと登れません。

少なくと40年前は水平部分は、もっと広かったことを記憶しています。多分、登山人口が増え、特に、毎年、多くの小学生が山形市少年自然の家の宿泊学習で大挙して訪れているので、だんだん石が土の中に食い込んできたためと思います。

日陰で湿度があり苔生しているため滑りやすく、下りが特に危険です。脇にロープが張ってありますが、大人の手が届く高さでないため、慎重に下りる必要があります。

IMG_3452

山頂付近には太い杉の木があります。雷で何本か幹割れしたために伐採されて、以前より本数が少なくなりました。

伐採された杉を製材して作った柱が実家に使われています。山辺町畑谷の製材所が母方の遠縁の親戚にあたり、大工だった父が実家を建てました。かなり樹齢が古いため、とても細かい木目の良い柱です。

IMG_3453

IMG_3454

大平から、ちょうど1時間。時刻は午前8時40分です。この時間は、誰もいません。

行基開山により丑寅の守り神の虚空蔵菩薩を安置しています。毎年5月13日はお祭りです。昔から、この日は「高い山」といわれて、参拝客が山形市内から徒歩の行列をなしていたそうです。

この日、祖母と母は、山頂でワラビの味噌汁を売ったそうです。

IMG_3455

山頂からは外輪山の西黒森山、その奥に村山葉山、頭だけ見える鳥海山、月山、朝日連峰の障子ケ岳、小朝日岳、大朝日岳を見ることができました。

この日、月山は初冠雪でした。

IMG_3460

IMG_3461

山頂の南西側には小屋があります。

IMG_3472

以前は、山仲間と元日に白鷹山に元朝参りをしていました。早朝に山辺町長御一行が登った後、私たちが登りました。この小屋で毎年同じグループや畑谷の親戚たちと顔を合わせ、新年の挨拶をしました。

IMG_3473

泊まることも可能ですが、近くには水場が無いので水を汲んで登る必要があります。小屋の裏にバイオトイレがあります。

IMG_3467

IMG_3469

トイレは比較的きれいに利用されていました。

IMG_3470


IMG_3465

白鷹町で建てた米沢藩主上杉鷹山にまつわる碑が立っています。

山頂で30分休憩を取りました。

IMG_3478

気温が低いので、アルマイトのやかんから湯気が立っています。軽量化のため、いつものフレンチプレスは持ってきませんでした。

魚肉ソーセージをお茶請けに、仙人が好きなブルックスのモカをいただきました。

IMG_3498

30分の休憩後、同じ道を戻りました。

IMG_3445

途中、大鷹ぶなの近くでシメジ2本を見つけましたが、他には全く見つけることができませんでした。

IMG_3500

うがい場の近くでナラタケ、ナラタケモドキを見つけました。ナラタケモドキはピークでした。いつもより、3週間から1ヵ月遅れています。

先に見つけたシメジもナラタケモドキ、ナラタケの後に出るので、まだ出始め、2週間後ぐらいにピークになると思われます。

昨年は秋に雨が降らず水不足でキノコは殆ど出ませんでした。

今年は、猛暑で遅れています。マツタケもマイタケも遅れています。ほかのキノコも遅い状態です。遅れて出たころには気温がぐっと下がって、ろくに出ないで終わることも考えられます。

IMG_3501

大平に戻り、11時前には帰宅しました。

IMG_3512

写真上 ナラタケモドキ(山形ではオリミキと言います)

IMG_3510

写真上 ナラタケ(山形ではクリモダスと言います)

IMG_3511


写真上 シメジ(傘が取れてしまいました。山形ではネズミシメジとか、色、形で様々な呼び名があります)

少しだけ取ったキノコは味噌汁にして食べました。

遅山仙人の動向が気になる読者の方がいらっしゃいます。多分、番組制作会社の方々もそうだと思いますが、後日、アップします。




himajintaro at 12:30|PermalinkComments(0)

2020年06月27日

蔵王温泉は閑散として...

2020.6.12  御田ノ神湿原

IMG_6502

太くて短めのタケノコがたくさん取れ、満足してリトルカブで下山することにしました。

IMG_6506

天気が回復してパラダイスゲレンデもはっきり見えるようになりました。鳥兜山から蔵王温泉でも眺めようかと、一旦、蔵王中央ロープウエイの鳥兜駅までリトルカブを走らせましたが、考えてみれば駅のそばまではバイクで行くことができないことを思い出し、紅葉峠で引き返しました。

fig_dl01_01

元来た市道ドッコ沼線を引き返しました。平日なので、山菜取りの車以外ほとんど走っていませんが、郵便局の赤い軽ワゴンが上ってきました。

IMG_6507

蔵王ロープウエイ樹氷高原駅の真下でカメラを構えているとタイミングよく発車のベルが鳴り、山麓線のゴンドラが降りてきました。

2E7030F3-4505-429D-9148-7AABD62EC618

ついでに上ってくるゴンドラも収めました。上りも下りも人の姿がありせん。乗務員以外乗っていないのでしょう。

3FD470EC-E059-49D3-8653-34F6B14C0A68

IMG_6522

蔵王温泉は平日ということもあり閑散としていました。もちろん新型コロナウィルスの影響が多分にあります。本来なら、サクランボの季節でもあり、高山植物も見ごろの時期なので、平日であってもゴンドラを使って、つい先ほどまでいた中央高原や地蔵岳にたくさんの観光客がいてもおかしくない時期なのです。

IMG_6523

ひと汗かいたので温泉にでも入って行こうと考えていたら、給料日前で財布の中身が僅少であることに気が付き、そのまま自宅に帰ってしまいました。

IMG_6524

今回は、蔵王高原ラインから久しぶりに成沢林道を走って帰りました。成沢林道については、後日、機会があったら紹介いたします。

次回は今回取ったタケノコで料理をした記事をアップします。


himajintaro at 06:41|PermalinkComments(0)