単独ツーリング

2021年03月27日

先生の奥様の墓参り

2021.3.27

東京のコロナの緊急事態宣言が解除になったかと思いきや、宮城県が緊急事態宣言を発表し、飛び火したかのように、山形市に山形県内初の緊急事態宣言が出て、さらに、今日、寒河江市にも緊急事態宣言が出てしまいました。

今まで、陽性反応者が少なかった山形県も東京からの距離によるタイムラグなのか、隣接する仙台からは一気に拡大してしまった感が否めません。

「何よ今頃になって」と内心ボヤいていらっしゃる方が大勢いらっしゃると思います。

IMG_9731

そんな中、不要不急ではないものの、三蜜が避けられる状態ならと思い、自炊のカレースパゲティの昼食を済ませ、墓参りに行ってきました。

IMG_9733

ダイソーの自転車用のドリンクホルダーをホームセンターで買った金具に取り付けました。天気もいいので、早速、ペットボトルドリンクを買って出発しました。

山形市大森地区にあるべにばな霊園へと向かいました。いつものように、山形市街地は走らずに市街地東部の山のへりを北上し、ちょっとだけ国道286号を走って、滑川から村山東部広域農道(スーパー農道)のべにばなトンネルと大森トンネルを抜けるとべにばな霊園です。

IMG_9735

IMG_9736

この霊園は以前の記事、べにばな霊園へ墓参りと、バングラデシュ珍道中記の記事、キリスト教式納骨式で紹介しています。知人で山形大学農学部を定年退官した先生の奥様の墓地を紹介したことがきっかけで奥様の墓が、この霊園に出来上がりました。ツーリングで通りかかったら、必ず、お参りさせていただいています。

墓参りが終わったところで、公益社団法人べにばな霊園の理事長さんが愛車リトルカブを見つけてくださり、コーヒーを勧めてくださいました。有難く、事務所にお邪魔しました。

理事長さんの話によると、昨年はコロナの影響で新規の申し込みがほとんど無かったそうです。昨年は私の従姉も亡くなりましたが、その家では初めての仏様(他教では何というのか?)で、墓も仏壇も無く、未だに木の箱の中に眠ったままです。多分、ほとんどの仏様が同じ状態なのでしょう。

コロナに関わらず、以前から、仏壇の売れ行きが悪いことは知っていました。生活様式の変化で、新しい家には昔ながらの大きな仏壇を置くスペースは無く、通販でも買える小さな仏壇の売れ行きが伸びているそうです。

べにばな霊園も永代供養の需要が多く、供養塔を拡張する工事に入るそうです。

棺桶もネット販売している時代です。仏壇屋さんも慶弔含めたセレモニー会場も低空飛行の時代になってしまいました。

理事長さんはハーレーなどの大型バイクやオフロードバイクを乗り回されている方ですが、ロードバイクや釣りや山菜取り、登山などアウトドアに多趣味な方です。年配の方がハーレーを徒党を組んで乗り回しているのは、バイクが倒れたら一人では起こせないので、大勢で出かけるのだそうです。ハーレーに電動で補助輪が出てくる話など、面白い話をたくさん伺ってきました。

最近流行のハンターカブを注文したら半年待ちと言われたそうです。

理事長さんは近くの立谷沢川の法面に群生しているサクラソウを地元の人たちとともに手入れされています。

IMG_9739

満開の時期になると、霊園の駐車場を花見客に解放されています。ただ、昨年はコロナの影響で解放できなかったようです。

理事長さんと奥様に礼を述べ、「べにばな霊園」を後にしました。


himajintaro at 21:17|PermalinkComments(2)

2020年11月21日

二口峠は降雹、県道は険道⁉

鳩峰06

IMG_4028

標高が上がるにつれて気温がだんだん下がっていくことがわかりました。二口峠まで上ってきましたが、雨は止みませんでした。本当は、この辺りで昼食を取りたいところでした。

山寺から沢伝いに登山道を歩いてくると、ここに出ます。上の地図の黄色い破線が登山道ですが、この黄色というは、実は山形県道なのです。

この県道は「主要地方道仙台山寺線」という立派な名前がついていますが、山形県側は二口林道の分岐点から上は常に自動車は全面通行止めです。宮城県側は全て車道になっています。実質県道である国道を酷道と揶揄しますが、この県道は実質登山道である険道と呼ぶべきでしょうか。

前回紹介したように、ここから、宮城県側の眺望が望めたのですが、それは昔の話で、今は木が茂って見通しが悪くなってしまいました。

そのまま、山形県側に下ることにしました。

IMG_4029

蔵王連峰の稜線沿いに走っていると雹が降ってきました。どおりで寒いわけです。とにかく、降ってくる白い塊から逃げるように、視界の悪い二口林道を一気に下っていきました。

DSC02261

山形県側のゲートから林道高沢馬形線に入りました。この林道は平成10年10月に完成した比較的新しい林道です。雨は、ほぼ止みました。

DSC02262

この林道はアニメ「おもいでぽろぽろ」の舞台になった山形市高瀬地区の一番上の集落・高沢に抜けていきます。何年か前に山形市外縁部一周のツーリングをした時に高沢側から入ろうとしましたが工事中で断念しました。

DSC02264

途中、山寺地区の山寺小中学校に抜けていく林道五郎平林道の分岐点があります。

DSC02263

DSC02266

この時期だけに道路の両側は草が伸びていましたが、路面は比較的平らできれいでした。山形市が管理する林道は、どの道も管理されています。

DSC02267

来年の杉の花芽がたくさんついていました、これが春先に花粉となって国じゅうに飛び回り、花粉症の人たちにとっては大きな迷惑になります。

IMG_4033

子供のころ、杉の枝をゆすって黄色に飛び散る花粉を見て喜んでいました。幸いなるかな、花粉症になった経験がないのですが、職場で花粉症のためにマスクをしているたくさんの人たちを見るのは忍びないものがあります。

IMG_4037

高沢の集落に到着しました。ここから、少し下ると「おもいでぽろぽろ」に出てくる朝の紅花畑のシーンのモデルになった畑があります。また、さらに下ると高畑 勲監督やスタッフがベースキャンプとして民泊したお宅があります。

そのお宅には仕事で何度も訪れたことがあり、JR高瀬駅などのセル原画を見せてもらったことがあります。

鳩峰08

高瀬からは広域農道のべにばなトンネルを抜け、午後2時前には帰宅しました。

結局、持参した昼食は手を付けませんでした。


himajintaro at 06:52|PermalinkComments(0)

2020年11月14日

秋保温泉でおはぎを買う

2020.10.30

前回、定義如来名物の三角油揚げは、定義でなくても買えるという話題を紹介しました。

実は、昨日(11/13)にも三角あぶらげ さとうに立ち寄りました。昨日は、霊山登山の帰りに、ツーリングと同じルートをマイカーで走り、立ち寄ったのですが、「あぶらあげ売り切れ、豆腐あります」の張り紙がしてありました。時刻は、ちょうど午後2時でした。どうも、毎日数量限定で揚げているようでした。

鳩峰04_2

前回の続きですが、三角あぶらげ さとうから北へ山道を越え国道286号のミニストップの交差点に出ました。ここは、元々、十字路交差点ではなく、山形から名取川に架かる橋を渡って仙台市と秋保温泉を結ぶ道路に直角にぶつかる道路でした。

IMG_3951

このT字路を左折すると秋保温泉、右折すると仙台市に行けるのですが、仙台市に向かう名取川左岸の道路のバイパスを右岸に作って、現在のミニストップのある交差点ができました。

IMG_3952

今回、名取川を渡って一旦右折し、すぐ近くにあるガソリンスタンドで給油しました。上山の24時間営業のガソリンスタンドで給油してから152km走行し、1.7リットル給油し、計算上89.4km/リットルになりました。多分、過去のツーリングの最高記録と思います。

私のリトルカブの燃費が上がっている一方で、全く自分で手入れをしたことが無い遅山仙人のスーパーカブは、毎回のツーリングで50km代/リットルを維持しており、2サイクル並みの燃費になっています。

燃費はコースや走り方にもよるので一概には言えませんが、丸山モリブデンを入れてから燃費が良くなっていると感じています。

ガソリンスタンドから秋保温泉へと戻り、温泉街にある主婦の店 さいちに向かいました。ここも、Googleマップで調べておいた店です。秋保温泉はおはぎが有名ですが、どうも、このおはぎの製造元がスーパーマーケットだったようです。

温泉街はウイークディの金曜日でしたが、Go To Travelキャンペーンの影響なのか、お客さんがたくさん歩いていて、観光シーズンの土日を思わせるような状況でした。

この日、職場の同僚がGo To Travelキャンペーンを利用して気仙沼の民宿に泊まりに行き、途中、松島経由で行ったそうですが、観光客の車で10km以上の大渋滞だったそうです。

今回のツーリングの昼食に、おはぎを買おうと思い、主婦の店 さいちに立ち寄りました。

IMG_3959

駐車場は車が一杯で交通整理のためにガードマンが誘導していました。二輪専用の駐車スペースがあったので難なく入ることができました。

IMG_3957

店内に入るとご覧の通り。おはぎコーナーは一方通行になっていました。

IMG_3956

あんこ、納豆、ずんだ、きなこ、などがありました。店の人と親しく語るオジサンが、あんこ2つ入りの物を大量にカゴにいれていましたが、旅館の人風でした。

IMG_3958

私は好きなあんこのおはぎを買い求め、次の目的地に向かいました。


himajintaro at 08:09|PermalinkComments(0)

2020年11月10日

三角油揚げは定義如来でなくとも買える

2020.10.30

鳩峰03

阿武隈川に別れを告げて、丸森町と角田市の市街地を走らずに、一気に北上して、宮城県柴田町船岡の中心部に抜けていきました。船岡は白石川沿いの千本桜で有名な所です。今年の春の桜は、コロナの影響があったのでしょうか。

昨年9月、消費増税前に船岡で中古車を買いました。今は、欲しい車がネットで見っけられる時代になりました。仙台市から白石市までの国道4号線沿いは比較的賑やかな通りで、中古車の店もたくさんあります。その関係で、去年から今年にかけて、何度か船岡に行きましたが、桜の季節は行きませんでした。

IMG_3928

丸森町から北上し、4号線を横切り、さらに、北上して、赤い鳥居の拆石(さくせき)神社を目指します。その交差点を左折し、林道を上っていきます。

IMG_3930

IMG_3931

IMG_3932

林道といっても、つづら折りや急なカーブは殆どありません。馬場という集落を過ぎると多少山間のカーブがありますが、すぐにT字路になります。

IMG_3933

予定では、このT字路を左折するつもりでした。工事中で左折できずに、右折することになりました。

ところが、このシーンどこかで見たことがあります。T字路に警備員がいて、まわり道の看板がります。ここで、停まって自分の記憶を確かめました。デジャブです。私は霊感は強くありませんが、時々、デジャブのシーンに出くわすのです。

IMG_3934

右折して山道を下って、やっと気が付きました。この道路は、今まで何度も走ったことあります。山形市内から仙台空港への近道です。村田から名取・岩沼に抜けるための細くて狭い峠道です。ツーリングの時は山形市に帰る道として使います。昨年も松島からの帰りに、この峠を越えました。

IMG_3935

10年以上前から改良工事が行われていました。今年は国道286号の笹谷峠が夏の期間が通行止めだったことにより、仙台方面に行かなかったために、トンネルが完成したことを知りませんでした。国土地理院2万5千分の1地形図には「志賀姥ケ懐トンネル」と表示されていましたが、気がつきませんでした。

鳩峰04_1

IMG_3936

新しいトンネルをくぐって、スポーツランド菅生(そごう)への交差点を右折しました。この交差点を直進すると村田町に出て、笹谷峠を越えて山形市内に向かうことができます。

IMG_3937

スポーツランド菅生は道路の右側にありますが、入り口ゲートは左側にあります。

IMG_3938

道路右側の大きなコースはオンロードのコース、左側はオフロードのコースになります。昔、モトクロスの元山形県チャンピオンだった山仲間O氏(故人)とオフロードのモトクロス競技を見に来たことがあります。彼は、昔、スポーツランド菅生の競技役員をしていたことがあり、彼の話の中にゲストで来た前川清の元カノ、アン・ルイスがよく出てきました。

IMG_3940

スポーツランド菅生から東北自動車道をくぐって、T字路を右折し、途中、Googleマップで見つけた薪窯パン 麦家を探しましたが見過ごしてしまいした。この道路は東北自動車道沿いに村田から仙台に向かう道路ですが、大型車の交通量が多く、チンタラ、チンタラ走っていると迷惑がられる道路です。薪窯パン 麦家は近日中に再度挑戦することにします。

IMG_3943

そのまま、北上して、もう一つ見つけておいた三角あぶらげ さとうに立ち寄りました。ローソンがある交差点の左角です。

IMG_3944

仙台市の定義如来の三角油揚げは有名です。何度も行ったことがあり、定義如来にお参りというより油揚げを食べに行くと言っても過言ではありません。

今回、丸森町から秋保(あきう)温泉への最短ルートをGoogleマップで探しているうちに、ルート上に前述の薪窯パン 麦家三角あぶらげ さとうを見つけたのです。

この店は定義如来のような油揚げを揚げているシーンを見られるわけではありません。店の中でも揚げたてを食べられるようでしたが、今回は土産用に5枚求めました。

IMG_3942

家に持って帰ってから焼いて食べましたが、定義如来より、こちらの店の方がジューシーさがあります。この店の場所は、山形から来るには中途半端な場所にありますが、ツーリングならば途中での買い求めには良い場所であると思います。

三角油揚げを買った後、この店から山道を越えて、国道286号のミニストップ仙台坪沼店のある交差点を目指しました。


himajintaro at 21:43|PermalinkComments(0)

2020年11月08日

鉄道むすめ・丸森たかこさんがお迎え

2020.10.30

鳩峰02

飯坂温泉の温泉街を走らず、一路、伊達市保原を目指しましたが、時間的に朝8時前で通勤ラッシュに出くわしました。朝夕の通勤ラッシュを外すために市街地に近い部分では時間帯を外すか、遠回りでも裏道を走ることを心がけていますが、今回だけはピンポイントで当たってしまいました。

IMG_3899

保原から阿武隈急行梁川駅に向かう頃には天気も上がり、今通ってきた道に虹もかかってきました。

IMG_3902

梁川駅では阿武隈急行の車掌・丸森たかこさんがお迎えしてくれていました。

ill-PU44

トイレ休憩をしていると上り列車が入ってきました。

IMG_3900

ここからは阿武隈川沿いに下っていきます。天気も良くなり、ツーリング日和となりました。

IMG_3907

川沿いで何か、面白い物を見つけました。玉づくりに仕立てた盆栽かと思いましたが、これは菊でした。これだけの数なので、かなり、手間がかかっていると思われます。これだけの規模の玉づくりを見たことがありません。ちょっとした、観光地になり得ると思います。

IMG_3908


兜駅の手前で通行止めになっていました。対岸の道が迂回路になっていました。

IMG_3909

IMG_3911

IMG_3914

橋の上で小休止。朝、雨の中を走ってきたので、ウエスで付着した泥などを拭き取ってから出発しました。

IMG_3910

兜駅を過ぎると工事個所が見えてきました。

IMG_3915

IMG_3916

猿跳岩を過ぎると川沿いに走る道と山を越えて丸森町に抜ける道とに分かれますが、山越えの道は通行止めになっていました。

IMG_3917

猿跳岩の先でも対岸の工事中の個所が見えました。間もなくすると、T字路となり、左折して橋を渡り、元の道へと戻りました。右折すると、あぶくま駅に行くことができ、川沿いの狭い道をそのまま走ると阿武隈ライン舟下り乗船場に出て、丸森町の町中へと道は続きます。このルートは2018.9.17の福島市信夫山と阿武隈川ライン下り 阿武隈川編で紹介しています。

IMG_3918

橋を渡って元の道へ戻ると工事中で片側交互通行になっていました。工事個所から対岸を見るとあぶくま駅の駅舎を川の上に見つけました。

IMG_3922

阿武隈川に架かる阿武隈急行の鉄橋ですが、なかなか、良いタイミングで列車は来ません。撮り鉄ならばスマホで時刻表を見ながら三脚を構えて大砲のようなレンズで列車が来るのを待ち構えるのでしょう。

IMG_3924

また、片側交互通行でした。

IMG_3926

丸森駅に入る所から左折します。この交差点の手前の交差点に丸森駅の案内板がありますが、そこは旧道でまっすぐ丸森駅に行ってしまうので、4輪車ならこちらの交差点を左折した方が良いと思います。

IMG_3927

ここからは、丸森町の町中も角田市の市街地も通らずに、まっすぐ北上し、福島県に別れを告げて、宮城県柴田町の千本桜で有名な船岡へと向かいました。


himajintaro at 09:43|PermalinkComments(0)