単独ツーリング

2019年10月15日

墓参りと栗拾い 2019.10.5

毎月恒例の第一日曜日午後からの「オープンガーデンそら」と親類縁者の墓参りのうち、墓参りを前日に行きました。

IMG_2236

今回、最初の月命日が10月5日の新しい仏様が増えたため、前日の土曜日になりました。

IMG_2240

IMG_1826

10月5日の墓参りの二週間前に山形市大森にある「べにばな霊園」(写真上)に行きました。この霊園の理事長さんは知人で、2019年03月29日の記事「べにばな霊園へ墓参り」で紹介してます。

理事長さんが最近の葬儀事情を教えて下さいました。家族葬が一般的になったそうです。私の職場でも、家族葬が増えて、形式的な香典を受け取らない喪主さんもいます。また、葬儀をせずにお骨を霊園に持ってきて永代供養塔に収める遺族もいるそうです。

この日も、山形市内の叔母さんが亡くなり、四国に住んでいる身内が墓地と墓石を注文し、お骨を預けて行きました。親戚は山形に誰も住んでいないそうです。

また、こんな話を聞いたことがあります。介護施設のケアマネージャーさんの話ですが、一旦、高齢者を施設に預けると滅多に家族は会いに来ないそうです。え、という話ですが、これでは、家族葬はおろか焼いて終わりも当たり前かもしれません。

少子高齢化が進み、一人暮らしは当たり前。亡くなっても住んでいた土地と建物は相続放棄される物件が山形市内でも増えているという現実です。

IMG_2241

IMG_2244

この寺院(写真上)には、遅山仙人の身内と私の父方の伯父、伯母が同じ墓の中に眠っています。実は、もう二人、やはり父方の叔父、叔母の墓があると言われています。まだ、確認が取れていません。

私は父方の身内から長らく疎遠になっています。それというのも、父の死後、父の実家の寺を菩提寺としていましたが、葬式仏教に疑問を持ち、しばらく前に檀家を止める離檀届を出してしまいました。墓が寺には無く、別の霊園にあったためにスムーズに離檀できました。

また、私が毎年、新年はバングラデシュで迎えるため、年賀状に今年もバングラデシュで新年を迎えましたと書くので、父方の身内は私がバングラデシュに在住していると思い、不幸があっても誰も連絡してくれませんでした。

父方の兄弟姉妹は、宇都宮に住んでる異父妹の叔母しか生存していません。その叔母も私以外、父方の身内とは長らく疎遠になっています。でも、叔母から未確認の情報が流れてくるのです。

IMG_2245

IMG_2249

妻の実家の集落管理の墓地に行く途中、今では誰も使わなくなった白鷹町への旧道で栗が落ちていたので拾いました。山の栗にしては、少し大きめでした。

IMG_2251

IMG_2253

30分ほど栗拾いをした後、最後の墓地に向かいました。

IMG_2254

帰宅後、栗は一晩水に漬けておきました。

この日、口先が黄色い新鮮なサンマが北海道から送られてきました。2本を刺身してすぐに食べました。

IMG_2267

IMG_2269

IMG_2272

IMG_2275

一晩漬けた栗は皮を剝き、栗ご飯を炊きました。今年2回目の栗ご飯です。前回は、置賜東部線で栗拾い 2019.9.20で拾った栗で栗ご飯にしました。

IMG_2256

前回は、私一人で全部皮を剝きましたが、今回は虫嫌いの妻にも手伝ってもらいました。一晩水に漬けておいたら、栗虫の幼虫が一匹だけ浮いてきました。あとは、全く、虫はいませんでした。

IMG_2306

IMG_2307

昨日のサンマを焼いて栗ご飯と去年取って冷凍しておいた天然ナメコの味噌汁とともに秋の味覚を味わいました。

IMG_2309



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年10月12日

塩竃へチャナチュールの配達 2019.9.24

毎回のバングラ渡航で必ず買ってくるのが、現地のスナック菓子であるチャナチュールです。ちょっと辛くて、スパイシーで止められなくなる、ビールのつまみには最高の代物です。

70443217_520993365394385_6020215526628786176_n

日本からは日本酒、焼鳥のタレ、竹串、さらに自炊するための調味料や菓子類、お土産などを大量に持ち込みます。帰りは、その分そっくり無くなるので、隙間を埋めるべく、チャナチュールを大量に買い込んできます。

友人知人へのお土産にチャナチュールを配っていたら、何人かのチャナチュールファンができてしまいました。我が息子も、その中の一人なのですが、日本で買えるサイトを見つけたけれど、すぐに売り切れるとぼやいていました。

今回、日本在住のベンガル人の方から手に入れることができるようになったので、友人知人たちに注文を取ったところ、早速、オーダーが来ました。

71207244_419125208955143_4874846902400581632_n

今回仕入れたチャナチュールですが、兄弟ブログ「バングラデシュ珍道中記」で紹介しています。

宮城県塩竃市(しおがまし)在住の〇十年前の女子高生からもオーダーが入り、宅配便で送るか、直接持って行こうか考えた挙句、ガソリン代の方が安いリトルカブ配達にしました。

IMG_2097

日の出前に自宅を出発し、国道286号笹谷峠をめざしました。

IMG_2100

前日まで天気が悪く、強い風が吹き荒れて、最悪、宅配便に切り替えることも検討しましたが、朝、天候が回復したのが幸いでした。

IMG_2101

ただ、路面は木の枝が散乱していました。

IMG_2105

IMG_2110

IMG_2111

笹谷峠からは、山形市内が眺められるぐらい天気が回復していました。

IMG_2112

宮城県側もたくさんの枝が落ちていました。乗用車では気になる量でした。帰りは道路管理者が片付けたのか、全く無くなっていました。

IMG_2113

仙台市内を横切ると塩竃までは近いのですが、50ccで仙台市街地を走るのは嫌なので、川崎町から秋保に入り、2019.9.22の記事「岩出山へ  定義の三角油揚げ」の逆ルートで大和町、大郷町を経由して、塩竃に入ることにしました。

IMG_2115

途中、カラハナソウという天然のホップを見つけました。雌花の中にビール用のホップと同じような黄色い苦み成分が出来上がっています。

ホップは苦みだけではなく、雑菌を抑える働きがありますが、カラハナソウも同じ効果があるので、昔からドブロク作りに使われてきました。

IMG_2117

IMG_2118

彼女との待ち合わせ時間まで30分の余裕があったので、道の駅おおさとで休憩を取りました。

ここからは、片側二車線と交通量との戦いです。できるだけ、二段階右折と大型車両を避けるため、念入りに下調べして、待ち合わせ場所のJR仙石線本塩釜駅へと向かいました。

塩竃01

塩竃02

IMG_2120

ここまでは、仙台市街地を走りたくないため、かなり遠回りしましたが、約束時間の午前9時30分丁度に本塩釜駅に到着しました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年09月11日

初めての庄内  妻からのお使い

羽黒山から次の目的地、JR陸羽西線・狩川(かりかわ)駅前のハーブ研究所・スパールに向かいました。

狩川

IMG_2958

IMG_2959

株式会社ハーブ研究所として、オーガニックの洗剤や化粧品を製造販売している会社です。元々、狩川駅前で旅館業を営んでいられたオジさんが、体に直接使うものだからというので、健康にこだわってオーガニックの物を作られています。

現在はわかりませんが、最上川の河川敷でフランス料理で使われる食用の鳩を国の許可をもらって飼育していたはずです。

オジさんのこだわりと独特の語り口が評判を呼び、山形県内の各地で講演を依頼されてきました。

IMG_2955

我が家でも、妻が廃油と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)とハーブを使い石鹸づくりをしています。

年2回、バーゲンセールで全品半値になります。ハーブ研究所でバーゲンセールをするときは、FAXで手作り石鹸の素を注文して送ってもらっていますが、庄内に行くというので、お使いを頼まれました。

IMG_2957

お使いが終わった後は、国道47号を最上川沿いに東に走り、いつものように、大石田経由で自宅に戻りました。

IMG_2970

IMG_2973



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年09月09日

初めての庄内  霊峰月山を越えて

六十里越01

寒河江ダムで朝食を済ませ、国道112号月山新道、月山インターチェンジから先は自動車専用道路となるため、月山沢(つきやまざわ)から右折して、月山(がっさん)の温泉旅館街・志津を目指します。

IMG_0336

月山01

IMG_2914

弓張平に上る途中、月山新道が見える所あります。月山沢から一気に標高差を稼ぎます。ここから先はクラゲ見るために月山を越えてで紹介した通りです。

IMG_2916

弓張平から湯殿山(写真上・左)と姥ヶ岳(写真上・右)が見えます。姥ヶ岳の右側に月山があります。山形市内から見ると一つの山のように見えますが、実際はラクダのコブのような3つの山から成り立っています。

IMG_2917

月山登山、月山夏スキーのベースキャンプ姥沢に分かれる交差点を直進します。

六十里街道01

10年以上前の話ですが、春5月、この交差点から鶴岡方面は除雪がされておらず、山スキーで国道112号沿いに歩いてゆきました。山形県西川町と当時、朝日村(現在、鶴岡市)との境の大越まで行き、そこから朝日連峰の尾根沿いに正午前まで登って行きました。

折り返し、山スキーのビンディング(登山靴をスキー板に固定する金具)を固定して滑り降り、大越の上にあるマイクロウェーブの反射板のところで昼食としました。

一緒に行った山仲間(バイクの師匠)は、反射板の真下に缶ビールとスイカを雪の中に埋めておきました。雪の中で冷やした缶ビールとスイカは汗ばんだ体を冷やすには最高でした。

この日は快晴で、西川町大井沢や朝日連峰、庄内平野、鳥海山がくっきり見えて眺望抜群のロケーションでした。

IMG_2918

IMG_2919

月山は湯殿山と姥ヶ岳に隠れて見ることができません。

IMG_2922

前述の大越です。ここは、西川町(手前)と鶴岡市(奥)の境であり、朝日連峰(左)と月山(右)の境になっています。この付近は、月山新道・月山第一トンネルの真上に当たります。

六十里街道02

元々の六十里越街道は西川町志津から湯殿山の左尾根を越えて、出羽三山信仰の霊場・湯殿山神社の入り口に下りて、さらにそこから、もう一つ山を越えて鶴岡市田麦俣につながっています。この道は、出羽三山信仰の街道として栄え、全国から大勢の参拝客が足を運んだルートです。国土地理院2万5千分の1地形図に緑線で表示しています。

IMG_2924

大越を下って行くと、月山第一トンネルの鶴岡側の入り口(写真上)の縦長の白い建物が見えます。その上の山の窪みが大越になります。大越の右を登っていくとマイクロウェーブの反射板2枚が小さく写っています。ここで、雪の中に埋めた缶ビールとスイカを食べました。

六十里街道03


IMG_2923

月山第二トンネルの山形側の入り口(写真上)のすぐ上を走っています。そして、写真下のように山形側の入り口の建物が目の前に見えます。

IMG_2925

ここからは、田麦俣までは間近です。

IMG_0351

IMG_0350

七ッ滝で休憩し、田麦俣に下りました。

IMG_0353

クラゲ見るために月山を越えてで紹介したように、多層民家の茅葺屋根は2棟だけになってしました。

ここからは、月山新道に入って鶴岡市内をめざしました。



himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)

2019年09月08日

初めての庄内 2013.8.22 寒河江ダムで朝食

まだ、遅山仙人とはツーリングに行ってない、リアのショックアブソーバーがノーマルだったころの頃の話です。

自宅からは、鶴岡市や酒田市へ行くよりも福島市へ行った方がはるかに近いので、金山峠と稲子峠を越えて国道399号を走って福島や宮城に出かけていました。

同じ山形県内でも日本海側(庄内地方)へは遠いので、なかなか出かけることがなかったのですが、思い切って、月山の六十里越(旧道)を走って、日本海側に出かけてみることにしました。

朝5時出発して、紅葉の本導寺を行く 2014.10.26のルートを走りました。

途中、この年も汚れていた横岫(よこぐき)の新水ヶ瀞ダムを見ながら、本導寺へ向かいました。

IMG_0324

IMG_0327

国道112号の風吹大橋(かざほこおおはし)の真下から一気に国道112号に駆け上がります。

寒河江ダム

この風吹大橋には思い出があります。寒河江ダムが工事中で付け替えしていた国道112号の風吹大橋の先が土砂崩れで通れなくなりました。

この時、大井沢出身の大学の研究室の同期と朝日連峰縦走を予定していました。山形から月山に行く路線バスに乗り、寒河江ダムの先の月山沢で降りて、大井沢行きのバスに乗り継ぐはずでした。

土砂崩れで月山まで行けなくなり、バスは本導寺行きに変わりました。本導寺を降りて、同期3人で国道112号にある湯殿山神社まで登山リックを背負って登りました。そこから、風吹大橋を渡り、土砂崩れがあった斜面の上に作られた作業道を歩いて、土砂崩れ現場の先に出ました。

そこには、同期の父親が迎えに来てくれていました。同期の家に泊り、迎えに来てくれた父親のガイドで2泊3日の朝日連峰縦走を達成しました。

実は、この同期の家というのは2016年に公開された映画「いしゃ先生」のモデルになった大井沢の女医・志田周子(しだちかこ)先生の家だったのです。この当時は、同期から先生について詳しく教えてもらい、先生の伝記や短歌集があったので借りて読んでいました。

後年、先生の人生が映画化されるとは大井沢の人たちは誰も思っていなかったでしょう。

IMG_0328

IMG_0330

寒河江ダムに着いたのは6時半ごろでした。朝食の準備をしていたら、ロードバイクで寒河江ダムの駐車場に上がってきた人がいました。寒河江市内から早朝走ってきたそうです。これから、折り返して寒河江に戻って着替えて朝食を済ませ、職場に向かうそうです。

朝飯前のスポーツとはいえ、自転車でここまで来るのは相当の運動量と思います。お気を付けてと見送りました。

IMG_0329

朝食は焼きおにぎりと野菜入りの卵焼きとスポーツドリンクとレギュラーコーヒーです。この時は、まだ、アルマイトのやかんは登場しません。登場まではしばらく時間を要します。

IMG_0331

朝食を済ませたら、月山沢から志津に向かって、パワー不足のリトルカブを目一杯アクセルを吹かして登って行きました。


himajintaro at 07:00|PermalinkComments(0)