来年は沖縄にツーリングに行こう!!千本だんごを買い占めた

2021年04月10日

JRは無人駅でもバリアフリー化を進められるか?

2021.4.2

真室川駅を出た後、奥羽本線沿いに走って、新庄市内を南北に縦断して、大石田町に抜けることにしました。

地図004

最初に立ち寄ったのが、羽前豊里駅です。

IMG_9858

三角屋根の小さな駅でした。

IMG_9859

壁に沿って作られた木製の長椅子が特徴的です。ダイヤの写真は撮ってきませんが、秋田まで直通の列車が結構走っています。

以前、一度だけ、新庄乗り換えで普通列車で秋田まで往復したことがあります。

IMG_9860

山形新幹線が新庄まで延伸したことにより、新庄以北は線路幅が広軌から狭軌に変わるので乗り換える必要があります。それまでは、秋田まで特急列車が走っていたので、山形からは乗り換えが要らずに、今よりも早い時間で秋田まで行くことができました。

現在は、新庄まで山形新幹線を利用し、タイミングが良ければ大曲で秋田新幹線に乗り換えることで3時間半ぐらいで行くことができます。

しかし、210Kmの隣県秋田まで3時間半に対して、3県を跨ぐ360Kmの東京は2時間半で行けるので、山形にとって秋田は物理的に遠い存在です。

IMG_9861

羽前豊里駅から泉田駅に向かいました。

IMG_9862

ちょうど、下りの列車が入っていました。

IMG_9864

年齢不詳、男女不詳の年寄りが列車にも乗らずに一人佇んでいる風に見えました。

IMG_9866

この駅は単線がゆえの行き違い駅と思われます。ホームを挟んで上下の線路があります。このため、駅舎から跨線橋を渡って、ホームに降りることになります。

IMG_9867

先ほどの年寄りが遅れてホームに降りてくると、開口一番、「年寄りは階段上るの大変だろうな。何で豊里駅のようにすんなりホームに入れないのか。」と、今起こった実体験を基に感想を呟いていました。

この視点は、現代社会においては大切なものです。

先日もネットニュースに車椅子の女性の無人駅の利用に対するJRの対応が載っていました。

高齢化と人口減少による過疎化が進み、駅はどんどん無人化されてきました。

IMG_9869

無人駅化とバリアフリー化は切っても切れない問題だと思います。単純に無人化だけを進めていくと、大きな社会問題を抱えてしまうことになります。

IMG_9870

全ての公共交通機関は社会責任を果たす義務があります。

JRは無人駅でもバリアフリー化を進められるか?

見ものです。

泉田駅から新庄市内へと向かいました。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
来年は沖縄にツーリングに行こう!!千本だんごを買い占めた