先生の奥様の墓参り梅の花と老いたうるさいウグイス2匹

2021年04月04日

覚醒した遅山仙人

2020.4.2

4月1日は、海外ではエイプリルフールの日であり、日本では特有の文化である年度初めの日です。前日、隣の職場で、このブログを温かく非難していた同い年生まれのカブライダーが職を去っていきました。

この日、自宅に帰ると寂しさがこみ上げてきました。彼とは今まで同じ職場になったことはありませんでした。出身学校は違うけれども同級生のような感覚でした。

ぽかっと空いた隙間を埋めるかのように、夜、遅山仙人と電話で長話をしました。

翌朝7時ちょうどに、仙人から電話がかかってきました。仙人曰く、「珍しく、朝5時に目覚め、腹が減って朝ご飯を食べた。」とのこと。覚醒した仙人のツーリングへの催促でした。真室川を目指すことにしました。

仙人の隠れ家に8時に向かうと約束し、準備をして7時半に自宅を出ました。出がけに、いつもの如く、30分のタイムロスがありましたが山辺町、寒河江市、河北町谷地、尾花沢市から国道13号に入り、道の駅尾花沢でトイレ休憩としました。

IMG_9817

ここから、さらに国道を北上し、猿羽根山(さばねやま)トンネルを潜り、舟形町の小国川手前から右折して旧国道47号を鳴子温泉方面へと走りました。

地図001

IMG_9818

朝、仙人から電話が来た時に、以前から、仙人が地図を見て新庄市の東側に北上する道があると言っていたのを思い出して、旧国道47号から北上する広域農道(スーパー農道)を走るプランにしました。

IMG_9819

鮎釣りのメッカ、小国川に架かる橋の上からは残雪の村山葉山が良く見えました。この日は山形県の川釣り解禁二日目でした。すると、仙人が私を渓流釣りに連れて行くと言い出しました。期待しないで待つことにしました。

IMG_9820

仙人が言っていた新庄市の東側を走るルートは、広域農道で間違いありませんでした。仙人は自分の地図を見ながら、狭い砂利道を想像していたようです。IT弱者でGoogleマップはおろかGoogleアースも見ることができないので、雪があって通れないという勝手なイメージを作り上げていたようです。

以前にも紹介しましたが、仙人は新しいアンドロイドのスマホを手に入れました。しかし、思うように使いこなせません。「変なボタンを押してしまって、姉ちゃんの写真が出てくる。壊れそうで怖い。」と話します。

ワンクリックが苦手で長押しになります。「スマホは地面に叩きつけなければ壊れることは無い。慣れるしかない。」と伝えました。元々、コンピューターが苦手な教師だったこともあり、習うより慣れろが難しいのかもしれません。

とにかく、自分のイメージと全く違う道路だったことに驚愕するばかりでした。

IMG_9825

良い天気がしばらく続き、この日は鳥海山が富士山のように見えました。これが庄内地方の酒田市から真南に見ると、山頂から左側に長く緩やかに日本海まで伸びているので、異なる山になります。

新庄や真室川方面からは南東から見ることになり、山の形が変わります。

新庄市街地を通らずに、比較的アップダウンが少なく、途中から県道に入る快適な道路を走ると積み上がった木材が現れます。

IMG_9828

これが銘木と言われている金山杉です。乾燥させるため、きれいに積まれています。この杉が現れるたので金山町に到着したことになります。

IMG_9827

ここから、国道13号を横切り、真室川町へ向かいました。


himajintaro at 11:36│Comments(0)グループツーリング | 道路

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
先生の奥様の墓参り梅の花と老いたうるさいウグイス2匹