羅名さんのレトルト大作戦覚醒した遅山仙人

2021年03月27日

先生の奥様の墓参り

2021.3.27

東京のコロナの緊急事態宣言が解除になったかと思いきや、宮城県が緊急事態宣言を発表し、飛び火したかのように、山形市に山形県内初の緊急事態宣言が出て、さらに、今日、寒河江市にも緊急事態宣言が出てしまいました。

今まで、陽性反応者が少なかった山形県も東京からの距離によるタイムラグなのか、隣接する仙台からは一気に拡大してしまった感が否めません。

「何よ今頃になって」と内心ボヤいていらっしゃる方が大勢いらっしゃると思います。

IMG_9731

そんな中、不要不急ではないものの、三蜜が避けられる状態ならと思い、自炊のカレースパゲティの昼食を済ませ、墓参りに行ってきました。

IMG_9733

ダイソーの自転車用のドリンクホルダーをホームセンターで買った金具に取り付けました。天気もいいので、早速、ペットボトルドリンクを買って出発しました。

山形市大森地区にあるべにばな霊園へと向かいました。いつものように、山形市街地は走らずに市街地東部の山のへりを北上し、ちょっとだけ国道286号を走って、滑川から村山東部広域農道(スーパー農道)のべにばなトンネルと大森トンネルを抜けるとべにばな霊園です。

IMG_9735

IMG_9736

この霊園は以前の記事、べにばな霊園へ墓参りと、バングラデシュ珍道中記の記事、キリスト教式納骨式で紹介しています。知人で山形大学農学部を定年退官した先生の奥様の墓地を紹介したことがきっかけで奥様の墓が、この霊園に出来上がりました。ツーリングで通りかかったら、必ず、お参りさせていただいています。

墓参りが終わったところで、公益社団法人べにばな霊園の理事長さんが愛車リトルカブを見つけてくださり、コーヒーを勧めてくださいました。有難く、事務所にお邪魔しました。

理事長さんの話によると、昨年はコロナの影響で新規の申し込みがほとんど無かったそうです。昨年は私の従姉も亡くなりましたが、その家では初めての仏様(他教では何というのか?)で、墓も仏壇も無く、未だに木の箱の中に眠ったままです。多分、ほとんどの仏様が同じ状態なのでしょう。

コロナに関わらず、以前から、仏壇の売れ行きが悪いことは知っていました。生活様式の変化で、新しい家には昔ながらの大きな仏壇を置くスペースは無く、通販でも買える小さな仏壇の売れ行きが伸びているそうです。

べにばな霊園も永代供養の需要が多く、供養塔を拡張する工事に入るそうです。

棺桶もネット販売している時代です。仏壇屋さんも慶弔含めたセレモニー会場も低空飛行の時代になってしまいました。

理事長さんはハーレーなどの大型バイクやオフロードバイクを乗り回されている方ですが、ロードバイクや釣りや山菜取り、登山などアウトドアに多趣味な方です。年配の方がハーレーを徒党を組んで乗り回しているのは、バイクが倒れたら一人では起こせないので、大勢で出かけるのだそうです。ハーレーに電動で補助輪が出てくる話など、面白い話をたくさん伺ってきました。

最近流行のハンターカブを注文したら半年待ちと言われたそうです。

理事長さんは近くの立谷沢川の法面に群生しているサクラソウを地元の人たちとともに手入れされています。

IMG_9739

満開の時期になると、霊園の駐車場を花見客に解放されています。ただ、昨年はコロナの影響で解放できなかったようです。

理事長さんと奥様に礼を述べ、「べにばな霊園」を後にしました。


himajintaro at 21:17│Comments(2)単独ツーリング | 墓参り

この記事へのコメント

1. Posted by べにばな霊園   2021年03月30日 10:07
先日はゆっくり話もできなくて失礼いたしました。また今度、お越しくださいませ。
2. Posted by 閑 甚太朗   2021年03月30日 20:32
理事長様
先日はコーヒーを頂きご馳走様でした。
また、寄らせていただきます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
羅名さんのレトルト大作戦覚醒した遅山仙人