タイヤの皮むき第二弾 ~南陽市タイヤの皮むき第二弾 無くなった鉄道計画

2021年03月15日

タイヤの皮むき第二弾 獅子頭の蕎麦屋さん

白鷹町広野の美味しい超人気蕎麦店・千利庵の開店前に行くことができないのなら、遅山仙人の冬眠期間中に不足した栄養を補うため、長井市伊佐沢の「わこう庵」のもつ煮込み定食を食べに行こうとリトルカブを走らせました。

桜の古木で有名な「久保の桜」のすぐそばにある「わこう庵」に行ってみましたが、

IMG_8347

店主がケガをして休業中でした。

ちなみに、「久保の桜」は、老朽化して、かなり痛みが激しく、ホームページ等で紹介しているような状態ではなく、行ってもご期待には沿えないかもしれません。

IMG_8348

やむなく、Googleマップで調べたら、近くに蕎麦屋さんがあることがわかり、行ってみることになしました。案内標識も小さく、Googleマップが無ければ、迷うかもしれません。

地図x02

IMG_8349

獅子宿燻亭という蕎麦屋さんで、店の外に大きな獅子頭が飾ってあり、びっくりしました。

IMG_8350

そして、中に入って、またびっくり。

IMG_8351

いきなり、たくさんの獅子頭がお出迎えしてくれました。

IMG_8352

そして、奥の部屋にも獅子頭や人形などがたくさん飾ってありました。まるで、獅子頭の博物館のようでした。

IMG_8355

IMG_8356
IMG_8364

IMG_8360

店の人に尋ねると、獅子頭職人のオーナーがこの家を買い取り、蕎麦屋さんを始めたとのこと。

どおりで、無垢の獅子頭が何個か置いてあるなとは思いましたが、獅子頭を作る職人さんと蕎麦屋は想像できませんでした。

IMG_8366

畳に机と椅子で和モダンというところでしょうか。吊り下げ型の和紙の照明がオーブを連想させます。

IMG_8354

仙人が餅が食べたかったと言うので、注文したのは五色の餅と蕎麦の定食です。

IMG_8368

餅は柔らかく、仙人が喉に詰まらせるということはありませんでした。蕎麦は細麺でした。こちらも柔らか目でした。

IMG_8369

仙人が音信不通になってから、しばらくぶりのツーリングで、契約できたスマホについて根掘り葉掘り聞きだしました。

ソフトバンクのガラ携の料金滞納で取引停止になり、ブラックリストに載ってしまいました。そろそろ、契約できるのではないかとソフトバンクに聞きに行くとダメだの一点張りだったそうです。

私と山仲間S氏が心配して、格安スマホを紹介すると言っても聞く耳を持たなかった仙人が隠れ家から一番近いauに行って相談したようです。

そこでは、どうしたら契約できるのかを親切に教えられ、気を良くした仙人は、そのまま、auのスマホを契約したようです。かけ放題で機種のローン込みで5千円代とのことでした。

しかし、着信を受けるの手間取り切れてしまうことが多く、画面の文字が小さいとか、間違って違うところを押して、変な画面が出るとか、コマーシャルのメールが頻繁に届くとか愚痴ばかりでした。

使いこなせなくて、四苦八苦している様子が良くわかりました。設定を変えることで環境が良くなると説明しましたが、自分が操作できなことに対するコンプレックスの強さを感じました。

今回、いろいろ仙人と話しているうちに、教員をしていた時にはパソコンの操作があまり得意でなかったことが判明しました。スマホは基本パソコンなので、仙人の苦悩がよくわかりました。

仙人のスマホへの苦悩がわかったところで昼食の時間が終わりました。獅子頭の店を出て、北に向かいました。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タイヤの皮むき第二弾 ~南陽市タイヤの皮むき第二弾 無くなった鉄道計画