逆回り墓参り日本一の栗の木へ

2020年10月29日

遊園地の成れの果て

2020.10.18

毎月恒例のお墓参りの最終地点、山形霊園でお参りを済ませた後、久しぶりに、墓地から上に登っていきました。

山形霊園から僅か登っていくと、昔、花夢花夢(かむかむ)というお花畑と遊戯施設が併設されたレジャー施設がありました。

様々な種類の園芸種の花々が広大な敷地に咲き乱れて、見る人々の心を癒しました。

IMG_3600

さらに敷地内には、大観覧車、ゴーカート、パターゴルフ、ボールプールなどの遊戯施設とジンギスカンや軽食が取れる食堂やオリジナルの土産物や草花の売店などがありました。

IMG_3597

大人から子供まで、じゅぶんに楽しめるレジャー施設でした。季節により咲いている花も変わり、私も子供たちを連れて何度も出かけました。

IMG_3599

ところが、この施設を経営している建設会社が経営破綻してしまいます。バブル全盛期に公共事業を手掛ける中堅企業でした。

IMG_3603

ウィキペディア(Wikipedia)に簡単な経過が載っていますし、ネット検索するとたくさんの写真が出てきます。

プロゴルファー横峯さくらさんのお父様が再建に乗り出しますが、頓挫してしまいます。

IMG_3601

花夢花夢は元々、林地開発と都市開発の許可を受けて造成されたのですが、経営者が倒産したことにより、横峯さんは、再度、開発許可を取り直す必要に迫られました。

ところが、敷地全体を借地としていたため、所有者の同意が許可の条件となりました。無数にいる登記簿上の地権者と地権者の死亡による法定相続人の数は想像を絶する数となりました。

IMG_3598

現存する所有者と相続人全員を特定し、同意の判を得るには、莫大な費用と膨大な時間がかかることがわかり、再建計画は頓挫してしまいました。

駐車場には太陽光パネルが設置してありました。

IMG_3594

大観覧車は鋼材の原料として解体して売られていきました。

IMG_3596

建物はほとんど残っていますが、朽ちて崩れ落ちるのは時間の問題です。

IMG_3618

職場の宴会でジンギスカンを食べたことを思い出します。

IMG_3602

管理者のいない花夢花夢は草木が生い茂り、元の山林に戻っていきます。

IMG_3605

ゴルフ練習場だけが開発許可を受け、営業を続けています。

IMG_3604


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
逆回り墓参り日本一の栗の木へ