硫黄の臭いが漂うカルデラ湖「潟沼」へキャンプでタンドリーチキンパーティ

2020年08月27日

鬼首吹上高原オートキャンプ場へ

2020.8.21

鳴子カントリークラブの木陰で昼食を取り、目的地の鬼首吹上高原オートキャンプ場へ出発しました。

地図007

今回のルート設定は国道47号を全く走らずに横切るだけとして地図上で考えました。加美町宮崎から鳴子温泉に行くためには、どうしても国道47号を走ることになるために、最後は林道を使いました。林道は鳴子温泉街の中心部に繋がっています。

復路も国道47号を使わないルート設定をしました。

IMG_0710

鳴子温泉は旧国道47号沿いに旅館が立ち並んでいます。JR鳴子温泉駅を過ぎ、国道47号と秋田県湯沢市に向かう旧国道108号のT字路交差点から荒雄川を渡り、鳴子ダムに上っていきます。

IMG_0711


鳴子ダムについては2019年08月25日の「花立峠、鍋越峠ツアー  鳴子ダムで誰かの噂話をする」で紹介しています。

旧国道108号は交通量が少なく、50ccカブでは快適なツーリングができます。国道108号に合流すると俄然交通量が多くなり、走るのも気を使います。

地図008

国道から鬼首に入り、キャンプ場や間歇泉(かんけつせん)に向かう入り口に看板が立っています。

IMG_0761

オートキャンプ場を取り巻くように道路が走っていますが時計回りの一方通行になっていました。

ちなみに、鬼首までは山形県最上町から花立峠を越えるつもりでしたが、7月25日の豪雨で通行止めになった模様で、今回のルートにしました。この峠については2019年08月24日の「花立峠、鍋越峠ツアー 花立峠を越える」で紹介しています。

山仲間S氏は先にチェックインを済ませてワゴン車で入場していました。私たちも受付を済ませ入場しました。車は1台1,600円、バイクは1,100円です。他のオートキャンプ場にありがちな区画はなく、草原の自由な場所でキャンプが楽しめます。

取説1

取説2

受付でキャンプ場使用の説明と燃やせるごみの袋が渡されます。ゴミは分別すれば置いて帰れる仕組みです。所々に炊事場もあります。

温泉施設があり、自販機の入場券を買って入ることができます。割引券を渡されます。自販機には入場者用に割引料金の500円のボタンを押すように説明を受けます。以前は、無料で入り放題だったそうです。回数券を買い複数人で使うのが一番安いようです。

割引券

とりあえず、到着したので、一服したのち、遅山仙人は温泉に入り、テントを張ることにしました。


この記事へのコメント

1. Posted by はじめまして。   2020年08月31日 08:06
5 ここは文句なしの素晴らしいキャンプ場ですね。うちも近々行こうと予定しています。

25年前からほぼ毎年行ってるけど、温泉が入り放題だった記憶は無いですね。県境を超えた「とことん山キャンプ場」では温泉が入り放題です。こちらも予約不要のキャンプ場でお薦めです。
2. Posted by 閑 甚太朗   2020年08月31日 19:50
コメントありがとうございます。友人によると、25年以上前の話のようです。自販機が無く、温泉の建物も、もっと大きくスタッフもたくさんいたそうです。
「とことん山キャンプ場」は小安峡ですね。30年以上前に山仲間と原付で行ったことああります。現在はどうなっているのか、行ってみたいと思います。情報ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
硫黄の臭いが漂うカルデラ湖「潟沼」へキャンプでタンドリーチキンパーティ