仙人をキャンプに連れて行くぞ!硫黄の臭いが漂うカルデラ湖「潟沼」へ

2020年08月24日

無かった弁当

2020.8.21

スーパーおーばんで弁当を買いたいという遅山仙人の達ての希望が叶えられるかどうかわかりませんが、兎に角、旧国道13号を北上しました。できるだけ、片側2車線の新しい国道13号を走らない努力をしました。

地図005

村山市林崎から国道13号に右折し、本飯田の交差点で右折して旧道に入るのですが、原付は右折レーンも含めて3車線以上の交差点では自転車と同じように二段階右折をしなければなりません。二段階右折をしてもいいのですが、それではツーリングとしてはつまらないものになります。狭くとも悪路でも、自動二輪は嫌って通らない新しいルートを見つけるのが原付ツーリングの良さです。

今回、上の図のように林崎で国道を横断し、JRの跨線橋の手前から県道の北側を巻いて農道に入りました。砂利道のこのルートは、ちょうど本飯田の交差点に繋がっていました。急がなくとも回れです。

途中に仙人ご所望のスーパーおーばんがありましたが、大方の予想通り午前10時開店でした。このことは、集合場所のJR千歳駅で仙人から言われたときにiPhoneで調べておいたのですが、仙人が9時開店だと譲らなかったので、論より証拠で旧道沿いにある支店を見せることにしたのです。

地図003

スーパーおーばんの一号店に向かいました。尾花沢市街地にあり、一号店だけに小さくて古い店舗です。尾花沢は現在の大相撲佐渡ヶ嶽部屋の親方(旧琴の若)の出身地で、スーパーおーばんの社長は地元後援会の会長です。現役時代に大相撲で勝つと花火を揚げ、安売りセールを行うことで有名なスーパーです。現在は、佐渡ヶ嶽部屋の力士が勝つとセールが始まります。

開店15分前に到着し、開店を待ちました。開店と同時に入店し、総菜コーナーに行きましたが弁当がありません。総菜は少しずつ並べられ始めましたが、弁当は製造中のようでした。

コンビニで買うように忠告していたにもかかわらず、頑としていうことを聞かない仙人は弁当が無いことにガッカリしていました。私は、ほら見たことかと、ほくそ笑んでいました。

おーばんの新しい大きな店にはあったのかもしれませんが、昼の弁当の需要から考えるともっと遅い時間に売れることは想像に難くないのです。コンビニと違って田舎のスーパーでは当たり前かなと思います。

仙人は気を取り直して、餅と漬物を買いました。この餅ですが、本人は昼に食べずに、自分が持ってきた、いつもの得体のしれない炊き込みご飯を食べていました。仙人は買うことよりも見ることに興味があるのです。なので、買い物に時間がかかるのです。結果的に餅と漬物は食べずに捨ててしまうことになります。

買い物を終え、スーパーを出て国道347号を東進しました。

IMG_0682

母袋(もたい)地区に入ると「おっぱい山(二ッ森)」が見えてきます。誰が付けた名前なのか。私は7年前に亡くなった山仲間から聞いた覚えがあります。

地図006

国道347号のルートについては度々紹介していますので割愛させていただきます。

まずは、鍋越トンネルを抜けて宮城県加美町に入り、宮崎地区から鳴子温泉をめざしました。

himajintaro at 07:00│Comments(0)ツーリング | 買い物

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
仙人をキャンプに連れて行くぞ!硫黄の臭いが漂うカルデラ湖「潟沼」へ