撥水剤はモンベルだけど...蔵王温泉スキー場でタケノコ取り

2020年06月22日

チングルマの楽園へ

2020.6.12  御田ノ神湿原

6/5のタケノコ取り「タケノコ取りに行くぞ!」に参加できなかった山仲間S氏から蔵王(ざおう)・御田ノ神(おだのかみ)のチングルマが満開だと言う情報を得て、タケノコ取りから丁度一週間後、御田ノ神に出かけました。

御田ノ神湿原はどこにあるかというとタケノコ取りで紹介した横川堰の真北にあります。

横川堰御田の神

今回は山仲間の遅山仙人には声を掛けず、単独でリトルカブで蔵王エコーラインを上って行きました。平日ということもあり、午前8時ごろ自宅を出発しました。登山靴と、いつものフレンチプレスコーヒー一式、昼食もリトルカブに載せて行きました。

いつもなら距離を長く取って緩やかに上り、エンジンに負担の少ない蔵王温泉経由を利用しますが、今回は上山市内から蔵王エコーラインを目指しました。上山市永野から胸突き八丁の上り坂になりリトルカブのエンジンが悲鳴を上げます。9千回転を優に超え、負担が大きくなりますが、今年、広島高潤のオイルからエーゼットに切り替えたこともあり、性能を確認できる良いチャンスでもありました。

IMG_6454

上山市永野からリトルカブを抜くことができず、逆に離されていった運送会社の自家用バスを蔵王温泉への分岐点のある上山市猿倉で抜いてもらい写真に納まってもらいました。

IMG_6456

下界では曇りでしたが、上に行くほど天気が良くなりました。

IMG_6458

森林限界まで上ると青空が見えてきました。県境越境自粛の平日なので交通量は極端に少ない、快適なツーリングでした。

IMG_6459

遠方に蔵王熊野岳が見えてきました。

IMG_6461

宮城県の看板を過ぎると駐車場まではもうすぐです。

IMG_6460

蔵王刈田岳へのリフトがある駐車場の一番山形県側にリトルカブを停めました。ここで、一応、登山靴に履き替え、カメラ、双眼鏡、フレンチプレスコーヒー一式をサブザックに詰めて、山形県側に戻るように道路を歩きます。

御田の神02

標高1,550mの御田ノ神付近には雪が残っていました。

IMG_6479

山形県の看板のすぐ脇から御田ノ神湿原に入ります。

IMG_6462

御田ノ神湿原は蔵王エコーラインからすぐに入れる場所にあります。一般の観光客でも普通に行ける場所です。木道が整備されて歩きやすい環境にあります。坊平高原(ライザスキー場)と刈田岳を結ぶ登山道が横切っています。

DSC02184

DSC02185

DSC02173

DSC02183

DSC02197

DSC02188

チングルマだけではなく、ワタスゲやハクサンチドリ、イワカガミ、ハクサンコザクラなどの高山植物が一斉に花を咲かせていました。

この湿原には、丁度4年前の2016.6.12に山仲間5人で訪れています。その時の様子は「蔵王御田ノ神湿原 20160612」で紹介しています。花の写真も何枚か揚げています。


IMG_6470

避難小屋のそばでコーヒータイムとしました。

IMG_6471


IMG_6472

今回は買ったばかりの双眼鏡が役に立ちました。ペンタックス・リコーの対物25mmの8倍を夏秋のキノコ採り用に買ったものです。

以前は、木道が整備されていない時は湿原のどこにでも行けたのですが、やみくもに湿原に入られないために木道が整備されました。遠景の花の様子を見るには双眼鏡が一番です。

登山の服装で写真を撮っている方や一般の観光客の方もいましたが、さすがに双眼鏡を持って来た人はいませんでした。

DSC02210

IMG_6468

後2週間もするとコバイケイが満開になるかもしれません。

IMG_6476

IMG_6475

帰るころにはガスってきました。

DSC02218

リトルカブを停めた駐車場に戻り、パラダイスゲレンデのある中央高原に向かうことにしました。片貝沼の四阿(あずまや)で昼食を取ることにします。



himajintaro at 21:30│Comments(0)単独ツーリング | 登山

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
撥水剤はモンベルだけど...蔵王温泉スキー場でタケノコ取り