タケノコは焼いても良し、天ぷらにしても良し撥水剤はモンベルだけど...

2020年06月19日

オープンガーデンと墓参りのパッケージツアー開始

2020.6.7 墓参りとオープンガーデンそら

今年も山形市神尾(かんの)にある「オープンガーデンそら」の開園日になりました。2年前、大学の先輩から自分の奥さんが6月の第一日曜日の午後1時から、オープンガーデンをしているという話を聞いて、初めて訪れました。

ついでに、親類縁者の墓参りもして、単独ツーリングのパッケージツアーにしてきました。オープンガーデンが開園していない11月から5月までは墓参りだけのツアーを欠かさずやってきました。

ただ、今年の3月だけは休日のほとんどの時間を実家のリフォームのために費やしたため、墓参りに行くことができませんでした。

IMG_6341

最初に訪れたのは、山形市内が一望できる山形霊園です。ここには、私の家族と父方の親戚の墓があります。ここからは、いつも季節の移り変わりで月山と葉山の変化を楽しめる場所になっています。

山形霊園から市道三本木線を一気に西蔵王まで駆け上がります。

IMG_6364

次に訪れるのは、「オープンガーデンそら」です。今年で開園8年目だそうです。オーナーの先輩の奥さんとも親しく話をさせていただけるようになりました。

IMG_6363

IMG_6365

IMG_6347

IMG_6348

IMG_6343

IMG_6344

IMG_6349

IMG_6351

IMG_6354

赤と黒のストライプのカメムシも恋の季節でした。

IMG_6362

オーナーさんに来月もお邪魔することを告げて、山形市街地へと降りていきました。

IMG_6367

途中、葉が白くなっている木を見つけました。写真ではわかりにくいのですが、所々の葉が白っぽくなっています。この時期になると、この木が特に目立ってくるのですが、この木は猫が喜ぶマタタビです。実をたくさんつけていました。この実で果実酒を作ると、とても美味しいのです。場所を覚えておきます。

IMG_6369

墓地2か所目は山形市緑町にある「唯法寺」です。ここには、父方の祖父母、父の兄夫婦が眠っています。この寺は浄土真宗大谷派ですが、昔、最上義光(もがみよしあき)という城主が14の浄土真宗大谷派の寺を一か所に集めたことから「寺町」と呼ばれているエリアです。

この寺はろうそくの火で焼けたため、寺町では唯一の鉄筋コンクリート作りの高床式にしたことから敷地内に駐車場を持つ寺院でもあります。一部を除いて寺町の寺院は敷地の中に来客用の駐車場を持っていないのです。山形市の中心部に近いところにある寺町は駐車場の敷地を取れる余裕がありません。

IMG_6370

次に向かったのは、山形市の市街地北東部、山家本町(やんべほんちょう)にある「金勝寺」です。ここには父の姉夫婦と同じ墓に山仲間の遅山仙人の身内が眠っています。以前から紹介しているように、私と遅山仙人は血のつながりはないけれども遠縁の親戚になります。

IMG_6372

金勝寺から山形市街地を横断して、西部の丘陵地帯へと走り抜けます。

IMG_6374

向かった先は山形市村木沢の等栄寺です。ここには、母方の祖父母、母の弟夫婦、母の姉、弟、他の親類が眠る墓があります。上の写真中央にある巨木は山形市の保存樹に指定されています。

IMG_6382

等栄寺から出羽丘陵を上って行きます。途中、麦秋を感じさせる風景に出会いました。

IMG_6384

旧山形市立双葉小学校のすぐ近くにある墓地です。ここには奥さんの祖父母と父が眠る墓があります。

IMG_6387

帰る途中、奥さんの実家に立ち寄り用事を済ませ、富神山の南側を下って柏倉の集落を走っていると、「桜とともに最上川に散った命」でも紹介したバイカモの花が咲いていました。毎年、柏倉の水路にはたくさんのバイカモが花を咲かせています。山形市内では一番バイカモの生息面積が広い地域です。

IMG_6389

IMG_6395

この日はいい天気でした。空の青さもそうですが、空気が澄んでいて気持ちが良く、いい墓参りができました。

himajintaro at 05:46│Comments(0)単独ツーリング | イベント

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タケノコは焼いても良し、天ぷらにしても良し撥水剤はモンベルだけど...