ニシンなタケノコ汁タケノコは焼いても良し、天ぷらにしても良し

2020年06月17日

宮城県から水を盗んで...

2020.6.5 タケノコ取り

取ったばかりの美味しいタケノコをおかずにして、山形と宮城の県境で昼食を取っていると目の前の道路から次々とタケノコ取り帰りらしき車が現れ、山形県側に走り去って行きました。このことを遅山仙人が気にしていました。

下の写真の正面奥から軽トラなどが現れては走り去って行きました。右下は七ヶ宿町や蔵王町へ続く横川林道です。一昨年、仙人も同行した「林道ダブル走行 南蔵王林道県境~七ヶ宿中心部編」で紹介しています。しかし、仙人はこのツーリングをすっかり忘れていました。

IMG_6241

仙人が道路の先がどうなっているのか気になって仕方がないので、案内することにしました。

IMG_6242

この道路の先に何があるのか?この先には、宮城県から水を盗むために作ったと言われている「横川堰」という農業用水路があるのです。盗むとは穏やかではないのですが、本来、宮城県に流れる横川の源流から山形県上山市へ県境を越えて水を流しています。横川の横から取っているのでまさに横取りです。横川は七ヶ宿ダムに注ぎます。

この水路の歴史は古く、文政四年(1821年)と約200年前に遡ります。

横川堰

30年以上前の話ですが、この用水路の改修工事の設計発注をしていた山形県の農業土木事務所に、私は広域農道(スーパー農道)の設計のため出向していました。赴任初年度に、この「横川堰」に連れてきてもらいました。そこで、林道最終地点の駐車場から横川の取り入れ口まで歩いて行きました。

上の国土地理院2万5千分の1地形図を見るとわかりますが、水路は横川源流の水量豊富な二ッ石沢から取水しています。そして、一枚石沢を横切り、トンネル二つを潜り、県境を越えています。最初は県境はトンネルではなく、下の写真のように掘割で道路沿いに水路が走っていました。

IMG_6243

林道の途中、所々にタケノコ取りと思われる車が何台か入っていました。

IMG_6245

IMG_6246

林道の東側に杉ヶ峰、屏風岳、不忘山の南蔵王の山々を眺めることができます。

IMG_6247

突然現れるのは県境をまたぐトンネルです。奥を覗くと山形県側の明かりが見えます。

IMG_6254

ここからは開渠(かいきょ)と呼ばれる蓋がかかっていな水路になります。

IMG_6248

IMG_6249

林道の終点は広い駐車場(改修工事時には資材置き場として使われた)があり、二つ目のトンネルの入り口が見えます。ここからは歩かないと横川の源流の取り入れ口に行くことはできません。

IMG_6251

トンネル入り口には横川堰の沿革が書かれた石碑が立っていました。

IMG_6252


この横川堰については、私の兄弟ブログバングラデシュ珍道中記」に登場する悪友が、同じ山形県農業土木事務所で働いていた関係上、記録を残しています。YouTubeにあるので紹介します。

「水土里の水源アーカイブ」
 https://www.youtube.com/watch?v=U2jWEGsz_uk

「ふるさと塾アーカイブ」 
 https://www.youtube.com/watch?v=G5E5G-Eet3o

昔から全国にあった水騒動の一つで、江戸時代には他県から提灯の明かりで測量をしながら水を持ってきたという先人たちの努力が伺い知ることができます。

慣行水利権という昔からの水の権利も明治なってから、ようやく、宮城県から認められるという歴史が今に続いています。

現在では蔵王エコーラインを車で走れば行けるようになった観光地・蔵王刈田岳を源流とする横川から、上山市の南東部に広がる田園地帯を潤す貴重な水資源を頂戴していたという事実を仙人に、とくと話して聞かせました。

IMG_6255

仙人が興味があったのは横川堰の歴史よりも林道が走るブナ林でした。仙人は人の歴史は大好きなのですが物の歴史は興味がありません。物も人が関わるのですが、歴史上の有名人しか興味の対象にならないのです。

林道沿いの鬱蒼としたブナ林を褒めちぎっていました。そんなにいい場所だと思うのなら、今度、一人で来ればいいと振りました。国道13号の交差点を東に折れると、誰でもわかる一本道なのですが、とても一人では来ることのできないのが仙人なのです。

取ったばかりのタケノコを来られなかった山仲間S氏の留守宅に届け、解散としました。





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ニシンなタケノコ汁タケノコは焼いても良し、天ぷらにしても良し