桜咲く通勤路龍神の桜は一分咲き

2020年04月18日

昨年の霞城公園東濠の桜

昨日の記事「桜咲く通勤路」で書いた霞城公園の東濠の桜を写真で紹介します。

下の写真は昨年の今日、2019年4月18日に撮影したものです。いつものツーリング仲間である遅山仙人と他の山仲間3人で花見の宴会をしました。東濠に架かる東大手門前集合の時に撮りました。

57272111_2153115114743722_1058176587641389056_n

57303405_2153115201410380_4449041078716203008_n

昨日も紹介したように、現在では手に入れることができなくなった台湾ヒノキを主な柱に使い、国産のヒノキやヒバ、大分産のクロマツを贅沢に使って東大手門を復原しました。昨日は「復元」という文字を使いましたが、今日は「復原」を使っています。

NHKの大河ドラマなどの時代考証で活躍されている平井聖先生(東京工業大学名誉教授)に、この東大手門についても監修していただきました。元と全く同じものを作る場合は「復元」だそうです。山形城東大手門の歴史資料が少なく、歴史的には何度も建て替えられているので、いつの時代の建築にするかの問題がありました。

想定や予想で作る場合は「復原」という言葉を使うが妥当だと言う平井先生の助言により霞城公園の東大手門は公式には「復原」としています。

57484963_2153115158077051_403883185324163072_n

東大手門の完成とともに毎晩の大手門のライトアップと桜の時期のライトアップも実施されるようになり、昼夜を問わず多くの観光客が訪れるようになりました。

時代劇の撮影でも何度もロケ地として使われてきました。

57485105_2153115134743720_3137952820704051200_n

57387448_2153115314743702_8949501604684365824_n

東濠沿いはJR東日本の奥羽本線が走り、新庄市まで山形新幹線が往復します。桜が見られるこの時期は、JRの列車が速度を緩めて、車窓から桜を楽しめるようにと粋な計らいがなされています。

58443097_2153115261410374_1525765614117847040_n

昨年は午前中から夕方まで霞城公園の桜の下で宴会で盛り上がっていましたが、今年は霞城公園が桜の期間封鎖されてしまったので、残念ながら花見の宴会はできませんでした。

コロナウイルスのいち早い終息を願い、来年の桜に期待します。

himajintaro at 09:09│Comments(0)観光 | イベント

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
桜咲く通勤路龍神の桜は一分咲き