冬眠中にリフォーム トイレ改造便器交換編冬眠中にリフォーム トイレ改造吊戸棚編

2020年03月14日

冬眠中にリフォーム トイレ改造壁作り編

前回、トイレの便器交換を紹介しました。今回は、トイレと脱衣所(洗濯機置き場)との間のアコーディオンカーテンを壁にした話です。

大工だった父は、トイレと脱衣所の間に立川ブラインドのアコーディオンカーテンを取り付けました。その後、築37年の経年劣化で大分傷んできたので、アコーディオンカーテンは取り外すことにしました。

IMG_4304

本来は、壁を作ってから便器を交換するところでしょうが、アコーディオンカーテンのままの方が間口が広く取れて、施工性が良かったので、便器の交換を先にすることにしました。

ホームセンターで材料を探したときに、材料を見て壁のイメージがすぐに湧きました。

IMG_4306

ツーバイフォー(2✕4)の角材を壁の枠にして、組み立てを始めました。

IMG_4309

ただ単に壁にするのは面白くないので、両側全面を壁板で張るのではなく、壁の厚みを利用して収納スペースを作ることにしました。

IMG_4308

ネットで面白そうな箱を見つけました。

IMG_4311

IMG_4312

板を張って見えなくなる所以外は、ニスを塗りました。

IMG_4313

IMG_4339

IMG_4340

杉の無垢板を張り付けましたが、施工中の写真を撮らなかったので板の継ぎ合わせがわかりません。床板のフローリング材と同じように板の両端を凹凸に加工してはめ込む方法です。

一枚一枚の凸の部分に釘を打ち込み板を固定します。その時は、釘の頭が凸からはみ出て凹がはめ込めなくならないように、大工道具の釘締めと呼ばれる道具の先端を釘の頭に当てて、玄翁(げんのう、トンカチ)で釘締めの尻を叩くと釘の頭が板の中に沈んでいきます。

今回は無垢板を取り付けるために釘と目ネジを使いました。

IMG_4398

IMG_4336

木材の裁断は父が残してくれた大工道具を使いました。角材、板材、竹の棚材は全部のこぎりで切り落としました。

IMG_4399

トイレの外側には竹の棚板、内側には箱を取り付けました。

IMG_4400

壁が出来上がったら、扉の取付です。扉もホームセンターの既製品を使いました。少し長かったので、ホームセンターで切り落としてもらいました。

IMG_4401

IMG_4402

小口が無垢のままなので、白いテープを貼り付けました。

IMG_4403

IMG_4407

蝶番は大きくて取り付けやすい物でした。床と鴨居との間隔の調整に手間取りましたが、何とか一発で取り付けることができました。

IMG_4410

レバー取付部分のテープを切り落とし、扉専用の金具を取り付けました。

IMG_4408

IMG_4411

IMG_4415

IMG_4538

洗濯機側の窓の下に取り付けてあったタオル掛けを今回の壁の部分に付け直しました。

蝶番がきしんで鳴くので、潤滑剤を注入して出来上がりです。

次回は、今回取り付けた壁の外側の上に吊戸棚を取り付けたことと、トイレの内壁を塗装したことを紹介します。






himajintaro at 04:01│Comments(0)よもやま話 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
冬眠中にリフォーム トイレ改造便器交換編冬眠中にリフォーム トイレ改造吊戸棚編